「転職をしようかな」と思ったときに自分にする7つの質問!

「転職しようかな」と思っているということは不満は抱えているけど、はっきりしていないという状況だと思います。

今の仕事に不満を持っていても、なかなか転職に踏み切るのは勇気がいることですよね。

転職したところで良くなるかも分からないし、明確に目標が決まっている人も少ないかと思います。

そこで今回は転職をするか迷った時に自分にすると気持ちが固まる7つの質問をご紹介します。

「転職しようかな」と思ったときに転職するにしても今の仕事を続けるにしてもしっかり考えておくと、今後のキャリアに役立つので、考えてみてください。

 

「転職しようかな」思ったらとことん考える

「転職しようかな」と思ったということは、少なからず今の状況に不満があるということです。

そして不満はっきり分かっていない状況であることが多いでしょう。

不満がはっきり分かっているのであれば、「転職しようかな」とはならず、転職して環境を変えるのか、今の職場で問題を解決していくとするかなっているはずです。

「転職しようかな」となっている時は、

 

何が不満なのか
どういう状況ならいいのか
自分にどんな仕事があっているのか
今後どうなっていきたいのか

 

 

がはっきり分かっていないときでしょう。

「転職しようかな」と思っている時はここら辺をはっきりさせていくことが重要になってきます。

ここからはそれがはっきりする自分への質問を紹介していきます。

 

1.今後の自分を考える質問

どうしてもきつくてやめてしまうのであればしょうがないですが、例え好きなことを仕事にしていてもきついときはやってきます

そういったときに自分の方向性がはっきりしていると乗り越えられますし、自分の方向性がはっきりしていると、将来後悔もしにくいです。

まず方向性を決める質問をまとめたので、こちらを考えてみてください。

質問1.5年後 10年後どうなっていたいか

はっきりと決めることは難しいですが、5年後10年後ある程度どうなっていたいかを考え、そこに向かっていくとやりがいも生まれやすいです。

楽しくて楽しくてしょうがないことをやっているのであればいいのですが、辛さ7割楽しさ3割くらいでやっているのであれば、将来のなりたい像がありそこに向かっていくと充実して働けるようになります

まず5年後10年後どうなっていたいかをできるだけ明確に考えましょう。

ここは感情に任せて、かっこいい営業マンになりたい、家が欲しいなどからスタートしてもいいです。

難しいようなら・年収1000万・ワンストップで1つの仕事を回せるようになるなど、まずは欲を箇条書きしていくと、明確になっていくでしょう。。

質問2.今の会社でそれを叶えるためにどのくらい時間がかかるか

その将来像に向かっていくのに膨大な時間や障害があるようであれば、転職をした方がいいです。

逆に立ち向かっていきたいと思えるようであれば、今の会社で目指した方がいいしょう。

また立ち向かい方も考えていくと、価値観がはっきりします。

もしなりたい像に向かっていく際に障害があるのであれば、それは本人やさらに上司に伝えましたでしょうか?

改善する努力をせず転職してしまっては同じようになる可能性も高いです。まずは解決に向かいましょう。

質問3.自分の本当にやりたいことは何か

こんなことをやっていきたい、これをやっている時は夢中になれるということを仕事にした方が、充実していきます。

生活費を稼ぐためと割り切ってもいいですが、仕事によっては結構楽しいものもあり、苦しんで仕事をするのはもったいないです。

・分析が好きだからデータ分析に携わる仕事がしたい
・メンバーに生き生きして働いてもらえるようなサポート役がしたい
・色んな人と関わる仕事がしたい
・文章を書く仕事がしたい


など自分なりに何をしていきたいのかをスキル関係なしに見ていきましょう。

スキルが無くてもできるものもかなりありますし、今が一番若くてスキルは習得しやすいので、スキルはまず置いておいて考えていきましょう。

http://stensyoku.com/2018/06/03/%e5%90%91%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%8c%e5%88%86%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%9f%e9%81%a9%e8%81%b7%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%90%88/

質問4.転職をするのに障害は何か

「転職しようかな」と思っているということはメリットとデメリットがあるということです。

メリットしかないこと、デメリットしかないことなら迷うことはないです。

そこでやってほしいのは転職に対する障害をまとめていくこと。

ここで考えて欲しいのは一般的な転職を何度もすると印象が悪いなどではなく、自分事に落とし込んだ障害です

・親の反対を押し切るのが面倒
・新しい職場でもうまくやっていけるか不安
・今の会社も気に入っているところはある
・今の自分の状態で辞めて今後良くなっていくのか不安
・忙しくて転職をしている時間がない


など気持ちの面の不安も物理的に時間がなかなか取れないという障害も書き出してみましょう。

改めて書き出してみることでメリットとデメリットを比較できるので、転職に対する迷いは晴れていきます。

こういった一般的なことと自分の持っているものを照らし合わせ、考えていきましょう。

自分のレベルが分からない場合は、第3者、転職エージェントなどに相談して確認してみましょう。

 

2.今の自分をはっきりさせる質問


なりたい像などで方向性を考えた後に自分が今どこにいるのか、どのような状態なのかを整理していくことで、転職するかしないか決めていけます。

以下の3つの質問で自分の現状を整理していきましょう。

質問5.転職しようかなと迷っている理由を明らかにする

「転職しようかな」と迷うの理由は人それぞれです。

なぜ転職しようと思っているのかを整理していきましょう。

・自分で何とかできること
・改善していくかもしれないこと
・転職してもどうしようもなさそうなこと


などが転職しようか迷っている理由である場合は今の仕事を頑張るという選択も出来ます。

また3つ目の転職してもどうしようもなさそうなことは大きく見積もりがちで、転職によって改善していくことの幅は広いです。

転職しようか迷っている理由を整理していき転職することで、改善してくか考えましょう。

質問6.自分には何ができてどんなスキルがあるか

自分を棚卸しして自分には何ができるかを考えていくことも必要です。

好きなことをやるのもいいですが、適性があってあまり労力を使わずに結果を出せることをしていればあまり嫌にもならないので、自分に何ができるかを整理していくことで転職すべきかはっきりします。

自分が得意なことをやっていて好きなことに転職をした場合もこんなことではなかったとなってしまう可能性があるので気を付けていきましょう。

自分を整理する自分のキャリアの棚卸しの仕方は以下でまとめているので、こちらもご覧ください。

http://stensyoku.com/2018/03/25/%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%92%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3/

質問7.今の会社をすんなり辞められそうか

「今辞められたら困る」などは会社の都合なので、無視しても問題はありませんが、やはりお世話になった会社に泥を塗るのは嫌ですよね。

止められるから辞めないというのは違いますが、プロジェクトの途中や引継ぎをせずに辞めてしまうのは、避けたいところです。

どのタイミングなら辞めても問題がなさそうか、自分として気持ちよく辞められるかを整理しておくことも必要です。

全く気にならないのであれば、これは必要ありませんが、悪いことをしたかもという気持ちは自分に残って自尊心を下げてしまう可能性があるので、ちゃんとしていきましょう。

 

番外編「転職する」と「転職活動する」は違う

就職で言い換えると分かりやすいです。就職するは“会社に入る”ことですが、就職活動するは“自己分析 企業研究 イベント参加”ですよね?

なので今の環境に不満を持っているのであれば実際に「転職活動」をしてみて、環境が良い方向に進みそうか考えることをお勧めします。

カウンセリングだけでも無料なので受けてみましょう。動かなければ不安や不満は解消されません。

まずはリクルートエージェントに相談がおすすめ

「転職しようかな」と迷っていて、第三者に相談したいなと思ったときにおすすめなのがリクルートエージェントです。

  • 求人数が10万件以上と圧倒的に多い
  • 転職支援者40万人以上で実績が多い

という点からおすすめです。

求人数が多いので色んな仕事を見ることができ、合った仕事や世の中を見ていくことができますし、実績がある分サポートがしっかりしているでしょう。

忙しいとは思いますが、これ以上きつくなると動く気もなくなってしまうかもしれないので、「転職しようかな」と思っているのであれば、リクルートエージェントに相談することがおすすめです。

 

「転職しようかな」と迷ったら転職活動から

今回は「転職しようかな」と迷っている時に自分にする質問について紹介しました。

転職を決意するのは難しいことで、残った方がいい人もいます。自分の将来と真摯に向き合って転職するかしないか決めていきましょう。

またこれで転職していこうと考えた方にはこちらの記事がおすすめなので、以下の記事もチェックしてみてください。

http://stensyoku.com/2018/02/21/%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%b9%e3%81%8d2%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%81/