転職の企業研究で大切な3つのポイント!成功者のやり方を徹底分析!

転職の企業研究はポイントを押さえれば超簡単

転職における企業研究ってとても大切です。

自分の仕事とはかなり長い時間付き合っていくことになるので、仕事を選ぶ際は入念に企業研究をしていくと思います。

企業研究をしっかり行うと以下のことを知れるので、その企業は自分に合っているのかということと、効果的にアピールしていく方法が学べます。

・どういう雰囲気なのか
・どういうことをどういう風にやっているのか
・どういう人を求めているのか


ただ企業研究もやみくもにやると、無駄であふれていることが多いです

そこで今回は企業研究を効率的に、最短で必要な情報を得られるように、大切なポイントを3つにまとめました。

転職していく際に必須の考えなので、ぜひチェックしてください。

 

転職の企業研究のやり方

転職で企業研究をしていくにあたって、まずはやり方について紹介していきます。

この記事では基本的に企業研究のコツを紹介していくので、根本のやり方を知りたい方はこちらもご覧ください。

【関連記事】どこよりも詳しい!転職を成功に導く企業研究の具体的なやり方!

企業サイトを細かく見る

当たり前ですが、転職の企業研究をしていく際、企業のサイトを見ることは欠かせません。

また転職の企業分析をする際に、見ておくべきポイントは以下の通りです。

  • 自分の求めているものがありそうか
  • 望むキャリアは実現できそうか
  • 雰囲気が合いそうか
  • 企業が求めている人物像に当てはまりそうか

と言ったような点です。

以上のことを見てくために、「代表挨拶や社員インタビュー」で会社の雰囲気を、「IR情報や事業内容」で、何に力を入れて同業他社とどう違いがあるのかを、「採用ページ」で求めている人物像を見ていくことで、企業サイトでの企業研究が進むでしょう。

口コミサイトを利用する

企業のリアルな情報を手に入れるためには、口コミサイトを利用していくのも良いでしょう。

ネット通販で初めての物を買うときに、口コミを見るように、企業も口コミを見ることで、企業研究はより良く進んでいきます。

より具体的な雰囲気や昇進のスピード、仕事内容などを知りたい場合は、口コミを利用することがおすすめなので、転職する際は、企業の口コミも利用していきましょう。

【関連記事】企業の内部の情報を知れ!転職の企業研究に企業の口コミを利用するべき理由

会社四季報を見る

会社四季報という、色んな企業の情報が載っている本があります。

会社四季報では、具体的で定量的な「事業内容」「業績」「業界順位」などが分かるようになっているので、実際どんなことをしているのかであったり、他社との違いを知るのに非常に便利です。

会社も一つの事業だけしていることは少なく、多角化していっているので、そういった点についても知っておいた方が面接では役に立ち、その情報も会社四季報で知ることができるでしょう。

また他社との違いは、転職の面接でも聞かれるので、会社四季報を読んでおき、他社との違いを明確に伝えられるようにしていきましょう。



知っている人に話を聞きに行く

リアルで情報を聞きに行く方法を探すといったことも大切です。

同業界や同職種で働いている友人に話を聞く、希望企業に勤めている人とSNSで繋がり話を聞くなどと言った方法をしていくと、より転職の企業研究が進むでしょう。

もしそういった事が難しいようであれば、転職エージェントを利用することでも、リアルな情報を聞くことができます。

転職エージェントは主に求人を紹介してくれる会社ですが、その求人も実際転職エージェントが足を運んで、様々な調査をして求人を紹介しているので、企業サイトでは知ることができない情報を知ることもできるでしょう。

企業研究にも転職エージェントを利用して、転職を効率的に進めていきましょう。

【関連記事】20代に本当におすすめできる転職エージェント6選!男性も女性も!【2018年度最新版】

 

転職の企業研究で大切な3つのポイント

ここからは、実際に企業研究をしていくにあたって、大切なポイントを3つに分けて紹介していきます。

この3つを抑えるだけで、企業研究が効率的に進み、自分に合った企業を見つけやすくなるので、ぜひやっていってください。

1.情報の出どころを確認する

企業研究をしていく際、情報の出どころを確認することは、非常に大切です。

ここからは、ネット社会が広がっている中、転職の企業研究での情報をどう扱っていくかというところを紹介していきます。

・情報に優先順位をつける

企業研究していく際に、企業のHPや転職サイト、口コミなど様々利用すると思いますが、情報がありすぎるので、情報を選んでいく必要があります

ネットの口コミなども時には有効になりますが、本当かどうか定かではありません。

評価制度に納得をしているかや、社内の雰囲気はどうかといったところには意見や合う合わないというところも入ってくるので注意が必要です。

こちらもはっきりとした正解はありませんが、例えば友人の噂などは情報の出どころがはっきりしないので、「そういう見方もあるんだな」くらいにとどめておきましょう。

・一次情報に触れる

転職活動だけでなく、普段から意識するといい事ですが、情報の発信者から遠ざかるほど情報はあいまいになります

例えば、“実際に働いている人から聞いた話”を友達からされたとすると、友達の解釈が入るので、情報が少しずれている可能性があります。

企業HPや転職エージェントの話を聞きつつ、実際に働いている人の話や、口コミも利用していきましょう。

【関連記事】転職の企業研究は企業の口コミを利用するべき理由

欲しい情報は出来るだけ発信者に近いところから取ってきましょう。

・真に受けすぎない

信頼できる人からの情報でも真に受けすぎないというところが企業研究のコツです。

事業内容や売上などの客観的なものでない場合、少なくともその言っている人の意見が入るので、「そういう意見もある」と言う風に判断していくのが良いです。

「○○さんが働きやすいって言っていたから就職した」と言う理由で転職してしまってあなたに合わず、「○○さんはこう言っていたのに」と嘆いても遅いです。

どうしても仲のいいい友人などの意見は、重要に感じますが、真に受けすぎないようにしていきましょう。

多くの情報を集めることにより、確かな情報になっていきます。

2.働いてからのことも見通す

新卒での就職活動ももちろんそうでしたが、転職は新卒よりすぐに戦力として求められるので、スピード感があります。

ここでは、転職でどういう企業研究をしていくと、より良く働けるかということを紹介していきます。

・新卒ほど研修はしっかりしていない

基本的に新卒入社時より研修は少なく、即戦力として求められ、仕事をしながら覚えていくという形になってくことがほとんどです。

そのため転職の企業研究は働いてからのことを考え、つけられる知識をつけておくことをおすすめします。

以下の3つのことを知っておくと、役に立ちます。

・そこでの仕事でどういう知識が必要そうか
・競合他社はどのなのか
・業界の基礎的な知識


こういった入社してからのことも見通して企業研究することで、面接の
評価も上がります。

・業界での立ち位置を知ることで業務もより良く

自社が扱っている商品、業界での優位性などをしっかり知っておくことで、今後商品やサービスを紹介する際に役に立ちます

また転職直後も新卒で入ったときと同じように余裕がなくなるので、転職前に業界での立ち位置などの企業情報を知っておくと、かなり業務に差が出てきます。

自社のみならず自分の扱う商品やサービスについて、実際に仕事が始まる前、できれば面接前に完璧にしておきましょう。

3.面接で活かせるようにする

「企業研究ってどこまでやればいいの?」となるかと思いますが、最終的に面接で活かせるようにするまでやるのが良いでしょう。

転職の面接でよくされる質問は、以下の記事でまとめているので、これにしっかり自分なりの答えを用意できるまで、やっていきましょう。

【関連記事】転職のカンニングペーパー!転職面接でよくされる質問40選!

・知れば知るほど自分が何を出来るかはっきりする

新卒と転職では社会人経験の有無という違いがあるため、今までの自分の経験をどう活かせるかというところが、企業が採用をするかの大きな決定要因になってくると思います。

そこで企業研究ですべきなのは、自分の経験が活かせる場所を探すことです。

営業職でも売るものが違うと、やり方も変わってきますので、具体的に知っておくと、自分の持っている能力で活かせるところを見つけることができます。

自分の強みが分からない方はこちらもチェックしてみてください。

http://stensyoku.com/job%e2%80%90change/career/strength/

・わからない部分は逆質問出来る

面接で「何か聞きたいことはありませんか?」と言われたときに、何もないのはやる気がないようにも思われてしまいます。

そこで逆質問をする際にやっておくといいのが企業分析。

例えば「チームを大切にしている」などといった社訓や方針を見かけた場合、「会社として具体的にどのようにチームを大切にしているか」や「そもそもなぜチームを大切にするようになったか」などといった質問で、より深い企業の一面を知ることができます。

こういった自分の軸を持った上での逆質問は面接の印象も非常にいいので、逆質問を出来るくらい企業分析しましょう。

逆に調べて分かることを聞いてしまうと、評価を下げてしまう可能性があるので、しっかり準備していきましょう。

逆質問についてはこちらでまとめているので、こちらも見てみてください。

「最後に質問は何かありますか?」と聞かれた時、なんでもいいから何か聞かなきゃとその場で思いついたことを話していませんか? もちろん何も言わ...

・複数企業比較し差を明確にする

転職でも必ずと言っていいほど「ほかの企業は受けていますか?」と聞かれます。

そういった際の返答を明確にするためにも企業分析を行っていきましょう。

「他の企業を受けていますか?」と聞かれて「はい」と答えると以下のように質問が続いていきます。

「どのような企業を受けていますか?」
「仮に全てから内定が出た場合どうしますか?」
「その企業の中から第一志望を選ぶ基準は何ですか?」


はっきり回答できないと、企業選びをしっかりできていないという印象を与えます。

さらにちゃんと自分で整理できていないと、入社後のミスマッチが起こる可能性も高くなります。

自己分析もやっておく必要がありますが、企業を比較でき差を明確にできるまで、企業分析していきましょう。



 

未経験職種でも企業研究で評価アップ!

今回は、未経験職種に転職する際の効果的な志望動機について紹介しました。

新卒時代に比べ実際に働いている期間があるので、企業研究もより細かくやっていかないともったいないです。

その企業が自分に合っているか効果的なアピールができるかというのをはっきりさせるまでやっていきましょう。

しっかり企業研究をして入社に向けて弾みがつくので、確実にこなしていきましょう。

【転職を考えているあなたにおすすめの記事】

転職のやり方って? 「転職しようかな」と一度でも思ったことがあるかと思います。 ですが、「転職するのも時間がないし、新しいこと覚えるのも...