売る力は求められ続ける!営業転職でキャリアアップしていく流れと方法!

営業マンは転職でキャリアアップしやすい!

営業の仕事をしている人は今こそ転職をしてキャリアアップをしていく時です。

仕事をしていくと、やはり「もっといい立場になっていきたい」「もっと年収をアップしていきたい」と言う気持ちが出てくるかと思います。

もちろん昇進したら大変になりますし、「お金は足りてるしいいや」と思うかもしれませんが、昇進や昇給と言うのは自分の仕事が認められているということなので、やりがいに繋がります

そして今の時代転職もしやすくなっていますし、営業は業種によっては著しく縮小していってしまうので、業界を選んでいくことも営業として活躍していくのに大切です。

今回の記事では営業の転職でキャリアアップをしていくことについてまとめました。

営業職の人は転職しようとまで思っていなくても、一つ長期的なキャリアについて考えるきっかけになると思うので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

優秀な営業マンは今こそ転職へ


優秀な営業マンこそ転職をする時代が来ています。

理由としては以下のような事が挙げられます。

・営業も物によっては必要なくなる
・人材が流動的になりトップに仕事が集まる
・今有効求人倍率が上がっている


技術の発展による機械への移り変わりや、ネット取引が主流になっているので、あえて営業をしなくても売れるものも増えていて、営業の価値が良くも悪くも変わっていっています

どれだけ力があっても、自分はどの業界に身を置くのか考えていかなくては結果を出すのが難しいでしょう。

また、インターネットがどんどん私たちの生活に浸透していっているので、トップの個人に対して仕事が集まるようになっていき、よりレベルと評判を上げていかなくてはなりません。

そして有効求人倍率も今上がっていて転職もしやすくなっているので、今こそ優秀な営業マンは転職でキャリアアップを考えるべきでしょう。

 

営業職の種類

営業職といっても、企業向けなのか個人向けなのか、車などの形あるものを売っていくのか、コンサルティングなどのサービスを売るのかなどで大きく変わってきます。

ここでは営業の種類について紹介していきます。

営業の種類

営業は大きく分けて以下の5つの項目で、やることや必要な能力が変わってきます。

まず営業の種類について簡単に説明していくので、転職してキャリアアップしていく際に参考にしてください。

・有形か無形か

有形というのは、車や洋服や飲料などの形あるものを売っていく営業で、無形はコンサルティングや、教育、保険などの形のないものを売っていく営業です。

有形の営業のメリットとしては、やはり売りやすいことでしょう。

物が決まっているので、いかに売るかというところに集中できるので、件数は立てやすくモチベーションも保ちやすいです。

逆に無形だと、どういう人にどういうものを売っていくかから考えなくてはならないので、売るのは難しいでしょう。

しかし無形では考えることが多いので、成長しやすいとも言われています。

・個人か法人か

個人、消費者に向けて売っていくのか、法人、企業に向けて売っていくのかでも営業は大きく変わってきます。

個人に売るのであれば、もちろん論理的でわかりやすい話し方も必要ですが、仲良くなるだけでも買ってくれる人はいるので、仲良くなるコミュニケーションが特に大切でしょう。

法人営業でも仲良くなることも必要ですが、担当に営業して、担当がまた社内の稟議に上げて、認めてもらえないと購入してもらえないので、論理性がより必要です。

営業で転職していく場合ここの個人か法人かを合うものにしていくと、キャリアアップしやすいでしょう。

雑談力を上げる!初対面の人との雑談で絶対守るべき3つの方法!

・既存か新規か

いわゆるルート営業と言われている、もう取引がある企業に営業としていくか、まったく新しい顧客を作っていくかといった点も営業で転職する場合、考えるところでしょう。

既存に対する営業の方が楽に思えますが、既存の営業も苦手な人はいても、長く付き合っていかなければならないこともあり、人によってはストレスが溜まってしまいます。

逆に新規はほとんど断られるので、精神的に少し過酷ですが、相性が悪い人と上手くやっていく必要は少ないので、人によっては気持ちが楽でしょう。

・大企業かベンチャー企業か

企業の規模を意識はしていても、正確に大企業とベンチャー企業の営業の違いを理解している人は少ないので、しっかり確認していきましょう。

まず大企業の方が基本的に営業に集中しやすいです。

大企業であれば、部門が細かく分かれているので、商談をして成約したらその後は違う部署に任せるといったことが出来ます。

しかしベンチャー企業であると、営業周りの雑務も自分でやっていくことが多いので、50人以下のスタートアップに行ったら、2.300人の大きい企業よりやることの幅は2倍ほどに増えるでしょう。

”ベンチャー企業の方が成長できる”と思われがちですが、大企業の方が営業力をつけていくのであればいい場合が多いです。

・商材が有名か無名か

商材の認知度も営業の転職で意識した方がいいポイントでしょう。

有名であれば、営業相手も知っていることが多く、どこまで説明すればいいのかを読み取る能力が特に大切で、無名であると、いかに分かりやすく話すかということが大切になってきます。

また有名であれば、その商材のおかげで売れるということがありますが、無名だと完全に自分の力になってくるので、差がつきやすいでしょう。

無名の営業で大きく結果を残すと、営業転職でキャリアアップしていく近道になります

 

営業のキャリアアップの3つのパターン


営業が転職してキャリアアップするパターンは、以下の3つです

営業を極めスペシャリストになる
色々経験しジェネラリストになる
思い切って独立をする


ここでは営業職の人が転職してキャリアアップしていくパターンについて説明していきます。

営業を極めスペシャリストになる

とにかく営業職を最前線でやり続け、営業としてスペシャリストになっていくことです。

比較的職種の垣根がなくなってきている今、一つのことを突き詰めてなれる像は「市場価値が高い」でしょう

また営業として転職していくのであれば、転職直後の立場や給料も比較的良い場合が多いので、一番やりやすいキャリアアップの方法です。

ただ同じことをずっとやっていると自分で限界を決めてしまい、ある日から満足して努力しなくなるという時期が来てしまうので、常に自分を律する気持ちは必要になってきます。

色々経験しジェネラリストになる

職種として営業以外をやってみるということもそうですが、売る物を変えるであったり、既存営業から新規営業に切り替えていくであったり、経験を増やしていくキャリアアップもあります。

職種を切り替えたては苦労することもありますが、営業から企画に回ったり、マーケティングも経験したりということをしていくと、ビジネスを全体視できるようになるでしょう。

ビジネスを全体視できるようになると、管理職になった際に色んな所に目が行き届くようになり、自分のチームをうまくまとめることができます。

またジェネラリストになっていくには、人を動かすマネジメントスキルも身につけていくと、良いでしょう。

優秀なリーダーには共通点がある スティーブ・ジョブズのように無理難題を目標に掲げるもどんどん成功させていってしまうリーダーってかっこいいですよ...

思い切って独立をする

営業は独立がしやすい職業です。

サービスや物を作っていく必要はありますが、良いものがあれば自分で売っていく力があるので、自分で事業をしていくにも営業力があるとやりやすいです。

飛び込み営業なども減っていますがまだまだあるので、やりたいことや、作りたいものがあったら独立を考えるのも一つの手でしょう。

 

昇給や管理職になっていくためには営業一筋が速い

短期的に昇給や昇進を目指すのであれば、営業一筋で力を蓄えていくのが良いでしょう。

色んなことをやっていくことにより、長期的に幅広い力が身に着き色々出来るようになっていきますが、短期的に結果を求めるのであれば同じことをやっていくのが良いでしょう。

自分のできることを整理していき、それを求めている企業に行くことで、職位を上げたり給料を上げていくことができます。

色んなことにチャレンジして長期的に幅広い力を身につけていくのか、営業として突き抜けた力をつけていくのか考えていきましょう。

営業職のやりがいとは? 「営業ってノルマがあってきつそう」 「知らない人に怒られて辛い」 「接待で飲み会ばっかり」など 営業...

 

無形法人営業がおすすめ

営業としてまた営業職に就いていくのであれば、無形法人営業が良いでしょう。

無形法人営業であれば、自分で考えることも多く、やればやるほど結果が出ます。

地位や給料のためにも、成長のためにも無形法人営業が良いでしょう

無形法人営業が一番能力が付く

営業職の転職でキャリアアップをしていくにあたって、無形の法人営業をおすすめする理由は、一番能力が身に着くからです。

コンサルティング営業や、人材の営業や保険の営業などは、あるものを売るのではなく、自分で顧客に合わせて組み合わせ、さらに法人だと会社の色んな人に認められなければ売れません。

営業の分類の中でも無形の法人営業が一番難しいですが、その分能力が身に着くので、転職でキャリアアップしていくには良いでしょう。

人によって結果が大きく分かれるので、結果を出せると一気に昇給昇進などということも良くあります

規模が大きい

インターネット業界や人材業界など、無形商材の方が扱う規模が大きいことが多いです。

有形であれば物が決まっているので、いかに多く売るかでしか考えられませんが、無形であれば組み合わせで大きくもしていけますし、法人である方が取引額が多いことが多いです。

今後の世の中のことも考えると、規模がもともと大きくて大きくなっていくものが営業転職でキャリアアップしていくために良いので、特に上に挙げたインターネットや人材の業界が良いでしょう。

ただ精神的にきついことは多い

自分が頑張らないと結果は出ませんし、扱っているものによっては、数か月契約が取れないといったこともあるでしょう。

そして、いきなり電話をかけたりしていくので、怒られたりすることも多いです。

無形法人営業をしている部署に行くと、よく分かりますが、精神的に病んでしまう人も一定数います。

慣れてしまえば大丈夫ではありますが、ある程度きついことは覚悟していかないと、つぶされてしまうでしょう。

ストレス耐性の高め方って? あなたはストレスに強いと胸を張って言えますか? 職場に怒られたり失敗したりしてもめげずに、果敢に仕事を取って...

 

営業マンのアピールのポイント

ここでは営業マンが転職してキャリアアップしていくために、アピールしていくポイントをまとめました。

営業として転職をしてキャリアアップをしていく際に参考にしてください。

とにかく売れることをアピール

まず営業マンとして売れるということは必須条件ですが、しっかり目標に対して100%以上の結果を出していたり、同期で一番の売上だったりすれば、とにかく売れるということでアピールできるでしょう。

売れることは営業に本当に必要なことなので、いかにして売れるかというアピールが転職でキャリアアップしいていくには必要です。

売る能力は下でも説明しているので、身につけていきましょう。

専門性をアピール

専門知識を身に着けて営業につかっていけるというアピールも効果的です。

営業も知識があることとその知識をうまく相手に伝えることができれば売れるので、専門分野で誰にも負けないくらい知識があるとアピールしていけるでしょう。

営業マンとして結果を残していく、キャリアアップをしていくためには、常に情報収集していくことが大切です。

リーダーシップをアピール

売れる力にプラスして、組織を変えていったり、人と協力して大きなことをしたりしたこともアピールポイントになります。

営業として転職してキャリアアップしていくのであれば、企業側も今後管理職を任せるつもりで採用していくので、リーダーシップをアピールできるのは強いでしょう。

仕事でもそうですが、どうしてもない場合はリーダーシップを発揮した他の経験を持ってきてもいいので、人を動かすエネルギーがあると伝えることが大切です。

リーダーシップをアピールしていき、管理職になっていくためにもよりリーダーシップを身につけていきましょう。

結果を出せるリーダーマネージャーは本を読んでいる プレイヤーとして成果を上げられる方でも、人をまとめる立場になるとパッとしない方も実は結構いま...

 

営業のレベルを上げていくために必要な考え

営業職として転職してキャリアアップをしていくにあたって、営業のレベルを上げていくということも必要です。

ここでは営業のレベルを上げていくために必要な考えを説明していきます。

逆算をする

営業職は自分から動いて目標を達成していく仕事です。

とにかく目標を達成していくことが大切でしょう。

逆に言うと自分が工夫さえすれば目標が達成できる職業とも言えるでしょう。

そういった工夫をしていくためには、逆算していくことが非常に大切です。

例えば新規の飛び込み営業をしていて月に100万円の売り上げを目標としたときに、自分の実力も踏まえ以下のような目標の設定の仕方になります。

当たり前ですが、自分の成約率を理解しておいて、目標から逆算をしっかり行い、日々の行動を決めていくと、営業で結果を出しキャリアアップしていけるでしょう。

ロジカルシンキング(論理的思考)ができると仕事の質が上がる 社会人に必要な能力の一つとして、ロジカルシンキング(論理的思考)が挙げられます。 ...

自分の商品がどういう影響を与えるか知る

結果を出していくにあたって自分の売る商品がどういう影響を与えるか、しっかりりかいしていくということも大切です。

理由は以下の2つです。

・モチベーションに繋がる
・顧客視点に立てるという


営業は特に心が折れやすく「もういいや」となり、手を抜きたくなってしまう職業なので、モチベーションに頼るのも違いますが、自分の商品がどういう影響を与えるかを考えると、モチベーションに繋がるでしょう。

また自分の商品を最終的に使うのは誰かを考えることも忘れてはいけません。

例えばBtoBで卸のようなことをやっていても最終的には、消費者の手に渡るので、消費者がどう使うか、どう感じるかを考えていくと営業として結果が出るようになるでしょう。

まず動く

営業としてキャリアアップをしていくのであればとにかく動くことが大切です。

そもそも営業は量をこなせばある程度結果は出ますし、量を追っていかなくては質も高めていくことができないので、量をこなしていくことで、転職でキャリアアップという道も広がっていくでしょう。

とにかく行動量を増やしましょう。

ここで注意してほしいのは時間で測るのではなく成果で測るということです。

「今日も10時間働いた」という形ではなく「今日は20件訪問した」というように。

時間で区切っていたら、だらだらしていてもやった気になってしまうので危険です。

営業をしていると、同じ商品で同じようなことをしているのに売り上げに差が出ます。それはなぜなのでしょうか?今回は営業マンが成約率を高めるために必要...

 

営業マンのキャリアアップを支援していくれるエージェント

キャリアアップをしていくにはパートナーである転職エージェント選びも大切です。

ここでは営業マンのキャリアアップの転職を支援してくれるおすすめのエージェントを紹介します。

リクルートエージェント

営業として転職してキャリアアップをしていくのであれば、まずリクルートエージェントに登録するのが良いでしょう。

そもそも求人数が圧倒的に多いので、転職の際の選択肢を広げられるので、おすすめのエージェントです。

リクルートエージェントは常に10万件近い求人を用意していて、次に来るエージェントは多くても2.3万件程度です。

そもそもサービスが良くなくては求人を載せたいという企業も増えていかないので、まずリクルートエージェントは営業の転職に登録しておくべきでしょう。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら→リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントも営業職で転職してキャリアアップしていくのに非常におすすめです。

リクルートエージェントに比べると、実績や求人数は少し劣ってしまいますが、営業職に強いと公言していて、独自のパイプをもっていたり、営業色の面接対策に優れていたりします。

業界的にはIT、Web、ゲームの業界に強いと言われているので、そういった業界を目指している方に特におすすめです。

転職エージェントもいくつか使って色んな意見を聞いたり、比較しながらやっていく方がより良くキャリアアップしていけるようになるので、こちらのマイナビエージェントも利用してみてください。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら→マイナビエージェント

BIZREACH(ビズリーチ)

もう一つ営業で転職をしてキャリアアップをしていくのにおすすめなエージェントはBIZREACH(ビズリーチ)です。

BIZREACH(ビズリーチ)はスカウトサービスと言って、自分の情報を登録をしておくと、企業側から「うちの企業にきませんか?」という連絡が来るサービスになっています。

ある程度の結果を持っておくことが条件になりますが、企業側から「転職してぜひうちにきてくれ」と言われるわけなので、条件はいいものが多いです。

待つことにはなりますが、こういったサービスに登録しながら自分でも探して言ったり、スキルアップをしていったりすることで、転職でキャリアアップ出来るようになるでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイトはこちら→転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

営業は転職してキャリアアップしよう

今回は、営業で転職をして、キャリアアップをしていく方法を紹介しました。

物を売る力は今後も必要ですし、今は転職が非常にしやすいので、営業職の人は今こそ転職をしてキャリアアップをしていくべきです。

転職も一定の技術を持ってやることによって、キャリアアップしていくことも色んなキャリアを歩んでいくこともできます。

あなたの力をより活かすためにも、あなたの力を必要としている企業に出会うためにも転職も視野に入れてキャリアアップしていってください。