若手でも転職したい”とりあえず3年働け”の理由と3年以内の転職について

「とりあえず3年」務めた方が良いの?

日本では新卒で入った会社にとりあえず3年は勤めろと言いますよね。

この前提自体も今は崩れがちではありますが、確かにある程度続けないと適性が分からないのも事実。

ただあまり考えずに、守っているだけでは、より良いキャリアを歩めるとは言えないでしょう。

今回の記事では入社から3年以内に退職を考えているまだ3年まで少し遠いけどやっていける気がしないという人に向けて、今後のキャリアの支えになっていけるような情報を紹介していきます。

現状なんとなく不安を抱えている方は、ぜひ読んでみてください。

 

まずは「転職活動」という考え方もある

この記事に反応した時点であなたはまず転職活動」をしてみるといったことも視野に入れて行動していくことをおすすめします。

とりあえず3年ということが気になっているということは、そこに対して疑問や不満を抱いているからです。

その疑問を時が解決してくれる場合もありますが、考えずに働いていくと不満にも慣れて、なんとなく働いて居酒屋で上司の愚痴を言うか、転職するのも面倒になりなあなあで続けていくことになります。

転職エージェントに登録をして、相談をしに行ったからと言って、絶対に転職しなくてはならないわけではなく、企業の求人を見たり、色んな仕事を見たりして、改めて今の会社に残るという選択もできるので、転職活動をしてみてください。

MeetsAgent

以上の前提からとりあえず3年についてまとめていきます。

 

なぜ「とりあえず3年」なのか

まずなぜとりあえず3年と言われているのかということを、説明していきます。

入社したてでも転職を考えている人はぜひチェックしてください。

企業が作り出した言葉

とりあえず3年という言葉自体、企業が作り出したと言われています

確かに3年務めないと能力も、経験も、適性もわからないことが多いですが、企業側が3年務めてもらわないと、採用教育費を上回る利益を得られないことが多いからです。

大体新卒だと1人採用するのに100万円、入社から1年ほどは給与を上回る利益を上げられないので、そこでも200万円ほどの費用がかかってくるので、それを返して利益が出始めるのが2年、黒字になるのが3年というイメージです。

それを考えると、嫌になってしまっている企業で企業基準で働くのって嫌じゃないですか?

嫌だけど辞めるわけにはいかない?そんなことはありません。

今の時代第二新卒を求めている企業も多くあるので、大丈夫と胸を張って言えます。理由は以下で詳しく説明していきます。

とりあえず3年務めた人が言うこと

上司もとりあえず3年働かないと、仕事の楽しさも適性も見えてこないと言うと思います。

ですが、それってとりあえず3年働いて楽しさが見えてきた人が言うことですよね。

信じて頑張ってみてもいいかもしれませんが、人はそんなに単純に出来ていないので、3年働いてもあなたには何も見えてこないかもしれません

とりあえず3年という一般的な基準に当てはめるのではなく、以下のように自分基準で目標をもって考えていく必要があります。

・あと1年やりがいを見出すために働いて無理ならやめる
・辛いけど修行と思ってとにかくスキルアップを目指す

 

転職に不利になる

転職に不利になるということは確かにあります。ですが、現職の勤務期間なんて一つの判断基準でしかないですし、明確な目的や辞める理由があれば、あまり不利に働くこともないです。

むしろ若さも転職市場では大きな武器になるので、疑問を抱えながら3年働くより、早く動いてしまった方が有利な場合もあります。本当にとりあえずで3年過ごしてしまうと、転職時に「3年間何やってたの?」となりかねません。

本当に転職に不利になるかはやってみないと分かりませんし、第二新卒の転職の市場もかなり伸びているので、不利になるとは言い切れないでしょう。

本当に嫌になってしまったときに、辞めるという選択肢を持つためにも転職活動をして、ある程度転職について理解をしておくと、より良いキャリアを歩めるようになります。

また実は第二新卒も転職でかなり有利になってきているので、一度考えてみてください。

http://stensyoku.com/job%e2%80%90change/how-to-change-of-job/what-the-second-new-graduates/

 

とりあえず3年より前で転職を考える場合

ここからはより具体的に、とりあえず3年より前に転職を考えていくことについて紹介していきます。

転職を考えている人はしっかりチェックしましょう。

理由によっては不利にならない

目標を明確にしている心身に支障をきたすレベルであるなど、客観的に見て退職する理由がもっともであれば、不利になりません。

3年以内で退職している人も3割いますし、ZOZOの田端信太郎さんなど1年ほどで会社を辞めてスターになっている人もいます。

とりあえず3年もそうですが、理由もよく分からず信じていることは改めて意味を考え自分事に落とし込んでいきましょう

心身に支障をきたすレベルならすぐにでも離れるべき

体調を崩しがちになったり、気分が晴れない状態が1.2週間続いたりしたらすぐにでも離れた方が良いです。

そういった状態を我慢して続けていると、確実にガタがきてどこかで長期休みを取るか、生産性の低い状態を続けていくことになります

私もかなり厳しいベンチャー企業で働いている時は気持ちを折ってしまって休職する人を何人も見ました。

体や心を壊さないためにも以下に当てはまる人はとにかく離れることを考えてほしいです。

・毎日会社に行きたくない
・働く前に比べて体調を崩しやすくなった
・目が覚めても体を起こすに大きな気力がいる
・吐き気や胃痛、めまいが良くする
・電車に飛び込んでしまおうか考える

 

とりあえず3年働いても何も見えてこない

とりあえず3年って決断を先延ばしにしているだけです。

今やりたいことは見えていないかもしれませんが、見つける努力や良くしていく努力をせず、世間の目を気にしてとりあえず3年務めようと考えている人は間違いなくとりあえず3年務めても何も見えてきません。

私も就活時や新卒の時にあまり考えずに働いていた友人に現状を聞いても、愚痴や不満がほとんどです。

とりあえず3年は一つの基準にはなりますが、自分なりに考えたキャリアを考えていくことが、就活や転職時のみならず大切になってきます。

転職する意味をしっかり考える

私も第二新卒で転職しましたし、新卒3年以内の転職は肯定派ですが、中身はしっかり考えていく必要があります

転職することで状況は変わっていきますし、何度も転職をしている人が多数派になっていますが、やはり早く自己実現していく、より良く働いていくためにはどういう状況が理想かということはしっかり考えていく必要があります。

仕事に関してももちろん、今までどういう風に人生を送ってきたかや、何を大切にしているかを振り返って、どういう状況だとより良く働いていけそうかを考えていきましょう。

 

会社を辞めないことにもリスクはある

新卒で入った会社を辞めることは日本ではかなりリスクが高いと言われています。

しかし実は会社にいつづけるリスクもあります。

時間が一番大切

物理的な話なら時間が一番大切です。

時間があればお金を稼ぐことも、好きな人に会いに行くことも、好きなことをすることも出来ます。

嫌な仕事をしているのであればその分リフレッシュを多く必要としたり、長時間働いていては一番貴重な時間を浪費することになります。

生きていくために仕事をしていると思いますが、その仕事でなくても生きていきますし、より少ない労力で成果をあげられる仕事が確実にあります。

あらためて時間と言う観点から会社にいるリスクを考えてみましょう

その会社で結果を残しても優秀かは分からない

長年会社にいることのデメリットとしてはその会社でいい結果を残せるようになっても、他の組織で活躍できるかは分からないということです。

その会社でずっと働いていけるのであればリスクではありませんが、倒産や人事異動で鬱になってしまうなんて言うことも考えられます。

そういった際に1社を長く経験しているだけでは、他の役に立つ技術が身に着いておらず、転職もしづらくなる可能性もあります。

3年務めると辞めにくくなる

入社3年以降は退職率がグッと下がります。

4年目以降は居心地がかなり良くなって、大きな理由がなければほとんど退職しなくなります。

一つのことを長く続けるということもいいのですが、新しいことに挑戦する気持ちもなくなっていき、新しいことに挑戦しないことのリスクも大きいです。

新しいことに挑戦することにより、やりたいことや適性が見つかったり、経験が増え仕事もより良くできるようになるので、挑戦しなくなることはリスクになります。

 

もし現状に不満不安があるなら始めの一歩は今のうちに

この記事にたどり着いたということは少なからず現状に不満があるのではないでしょうか?

そういった際に転職していくのは時間もないし、大変だしという人におすすめしたいのが、転職サイトに登録だけしておくことです。

始めの一歩を踏み出すのが一番大変で、そこを乗り越えれば坂を転がるように行動していけるからです。

最初からエージェントの人と話して、企業と面接をしてと考えるとめんどくさいからいいやとなってしまいますが、それでは不満不安は解消されず溜まってしまうので、まず一歩踏み出してみてください。

時が解決してくれる場合もありますが、このまま悪い方にいってしまって精神を病んでしまった場合には、一番大変な最初の一歩が踏み出せず、どんどん悪循環に陥ってしまう可能性があります。

始めの一歩さえ踏み出していればいざと言うときに次の一手を打てるので、今行動してみてください。

 

登録だけしておくと便利な転職サイト

グッドポイント

まだ自分から行動を起こすまでに至っていない人におすすめなのがこのリクナビNEXTです。

・グットポイント診断という独自の自己分析ツールがある 
・スカウトメールが来る

 

グットポイント診断という質問に答えるだけで強みが分かるツールがかなり良いです。

自分の強みが分かることで今の仕事にも役立てられますし、合っている仕事も見つけやすくなります

またスカウトメールといって条件を登録しておけば、あなたに合った求人からスカウトを受けることができるので、自分から動かなくても、希望に近い求人を見ることができます

 

3年以内はまずは「転職活動」から

今回は、とりあえず3年がどういうことかということと、3年以内の転職について説明しました。

とりあえず3年は目安としては良いですが、何も考えず従うべきではなく、自分なりにキャリアを考えていくことが必要です。

新卒3年未満の転職を扱うエージェントも増えてきていますし、嫌な状況が続くようであれば、「転職活動」をしてみてください。

選択肢を持つことで今の状況もストレスに感じにくくなりますし、改めて自社の良さを時間できることもあります。

また自分で動いて状況を良くしていくことができると、今後また苦しいことがあったときに前向きに改善していけるようになるので、ぜひ自分で行動してより良いキャリア、より良い生活を手に入れてください。

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...