会社を辞めたい…会社を辞める際に必要な全知識とするべきこと!

会社を辞めたい…

「理不尽なことで怒られる」

「毎日残業続きで夜ご飯すら落ち着いて食べられない」

「会社の空気が良くなくて、朝起きるのも嫌だ」

と言ったような会社を辞めたいという理由は色々あるかと思います。

安易に会社を辞めるべきではないですが、合わなくてストレスを抱えてしまう会社にいても、うつになってしまったり、体調を崩してしまったりなど、充実して働くのは難しいでしょう。

今回は、様々な理由から「会社を辞めたい」と思っている人が知っておくと良いことを紹介していきます。

本当に会社を辞めるべきかというところから、本当に辞めることになったら何をするべきなのかということを紹介していくので、「会社を辞めたい」と思っている人は、ぜひチェックしてください。

 

会社を辞めたいときに本当にやめるか判断する基準

会社を辞めたいと思っている人が、本当にやめるか判断する基準を紹介していきます。

今まで1.2社でしか働いていない人だと、相当悪質なブラック企業でもそれが当たり前となってしまっている場合がありますので、しっかり確認してください。

会社を辞めたい気持ちは長期的か

会社で働いていたら、「辞めたい、辞めようかな」と思うことは誰にでもあります。

「結果が上手くついてこない」「上司に怒られてしまった」など何かがあって、短期的に会社を辞めたいと思っているのであれば、会社は辞めない方が良いです。

逆に理由がはっきりしていても、していなくても、数週間以上辞めたいと思ってしまっているのであれば、辞めた方が良いかもしれません。

それでも続けた方が良い人もいるので、一概には言えませんが、あまり嫌な職場で働いていると、うつになってしまう場合もありますし、何しろ面白くないですよね。

今は働き方も、仕事も色んな種類があるので、あなたに合った仕事を見つけることで、楽しんで働くことも可能です。

数週間以上会社を辞めたいと思ってしまっている人は、本当に辞めることを考えた方が良いでしょう。

体調を崩しがちではないか

「今の会社に入ってから、体調をよく崩すようになった」「風邪の治りが悪い」などと感じている人は、すぐにでも辞めることをおすすめします。

残業が多いなど肉体的なものにしろ、会社の人間関係がうまくいかないなど精神的なものにしろ、体調に変化があるということは、相当合っていない証拠です。

このまま我慢していると、もっと大きな病になってしまい数か月単位で働けなくなる可能性もあるので、早めに辞めるのが良いでしょう。

スキルアップにつながる仕事か

今後生き残っていくため、年収を上げたり、良いポストに就いたりするためには、スキルアップをしていく必要があります。

世の中の変化のスピードがどんどん早くなっていると言われているので、スキルをつけていかないと、どんどんあなたの労働状況は悪くなってしまうでしょう。

単純作業や、成長する気がない人に囲まれているなど、スキルアップできていないと感じるのであれば、会社を辞めることを考えた方が良いです。

キツイからといってスキルアップしているわけではないので、ちゃんと実力がついているか考えていく必要があるでしょう。

自分では解決できない問題か

例えば「上司が好きじゃない」といった場合、異動できないか、「残業が多くて嫌だ」といった場合、効率的に働いて、残業を減らすことができないかなど、解決を試みましょう。

転職にもリスクはあるので、会社を辞めたい理由を無くすことが出来れば、リスクなく良いキャリアを歩むことができるでしょう。

なぜ会社が嫌になってしまっているかをしっかり言葉にして、一つ一つ解決できるかを考えていきましょう。

解決しようとしても無理だった、自分にはどうにもできない問題と言った場合、会社を辞める決断をすることがおすすめです。



 

みんなの退職理由

ここから世の中では、どういった理由から退職しているのかを紹介していきます。

退職理由は世間ではどういったことが多いのかを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

上司や経営陣と合わない

上司や経営陣など決定権を持っている人とやり方が合わないと働きにくく、会社を辞めたいとなるでしょう。

企業や仕事の方向性も決まってくるので、そこと合わないと、仕事も嫌で人も嫌で最悪になってしまいます

入社前には細かいことが分からないので、なかなか防ぎにくいことであり、毎年退職理由の上位に入ります。

労働環境が悪い

給料が安い、残業が多い、オフィスで必要なものが揃っていないなど労働環境が悪くて、会社を辞めたいと思う人も相当います。

労働環境が整っていないと、ストレスになりますし、自分の周りの人と比べて長時間働いているのに、給料が安いなどとなると、「今の会社辞めたいな」となってしまうでしょう。

環境の力は大きく、労働環境によって成長したり、充実したりが変わってくるので、労働環境は働くにあたって重要になってきます。

同僚など横とうまくいかない

同僚とうまくいかないのもなかなかのストレスでしょう。

人間関係がうまくいかないと、いくら好きなことをしていても充実しませんし、会社を辞めたいとなりがちです。

また人間関係が嫌であれば、同じ仕事で違う会社に行けばいいだけで、比較的簡単に転職できるので、退職理由として上位に食い込みます。

会社に将来性が期待できない

明らかに衰退産業であったり、赤字経営をしていたり、経営の仕方が下手なことが伝わったりしてしまうと、「この会社にいては将来不安」となり、転職をする判断をするでしょう。

いくら頑張っても、会社全体として結果が出ていないのであれば、将来も安心できず、昇給の可能性も限りなく低いので、退職理由として挙げられます。

この退職理由はしっかりしっかりしている人に多いでしょう。

他にやりたいことが出来た

他にやりたいことができたというのも、退職理由としてはかなり多いです。

仕事もやってみないと分からないことが多いので、実際にやってみたら違くて、他の仕事に興味があるといったことも起こってくるでしょう。

比較的前向きな退職理由なので、退職理由も伝えやすく、退職理由として使われるといったこともあります。

 

会社を辞めたいときにとるべき行動

ここからは会社を辞めたいと思ったときにとるべき行動を紹介していきます。

「いつ辞めても大丈夫」と言った状況を作ることで、ストレスもかなり減っていくので、一つ一つやっていきましょう。

最低3か月間は生活できる貯金をする

転職は転職活動を始めてから次の職場に勤務するまで、2~3ヶ月ほどかかると言われています。

在職中に転職活動をして、やめると同時もしくは数週間単位のブランクで次の仕事に就くのならいいですが、次の仕事を見つける前に会社を辞めてしまうと、金銭的に厳しくなるでしょう。

そのため、会社を安全に辞めるためには、3ヶ月は生活できる貯金をすることをおすすめします。

クレジットカードを作る

クレジットカードは、ブランク期間や務めてすぐは作りにくいので、今の会社を辞める前に作っておくべきでしょう。

また「どうしても会社を辞めたい、でも金銭的に頼れる人もいない」という人は、おすすめはしませんが、キャッシングの枠をとっておくと、もしもと言ったときに使えるので、役に立ちます。

キャッシュレス化が進んでいて、クレジットカードを使うことでポイントがたまったりもするので、会社を辞めたいと思ったら、やめる前にクレジットカードを作っておくのが良いでしょう。

転職活動を始める

今の会社を辞めて、お金を稼ぐ手段があればいいのですが、そうでない場合仕事を探していくことになります。

転職は転職活動を始めてから、次の仕事を始めるまでに平均で2~3ヶ月かかると言われているので十分な貯金をしている余裕がない」「仕事はやめたいけどブランク期間は空けたくない」という人は、在職中に転職活動を始めるのが良いでしょう。

次の仕事を見つけてから今の会社をやめることで、金銭的な心配、次の仕事が見つからなかったらどうしようという心配がなくなるので、安心して会社を辞めることができます。

また在職中に転職活動をすれば、「ほかに良いところが無くて今の会社に残る」という選択肢もとれるようになるので、おすすめです。

 

転職エージェントは在職中の転職にピッタリ

在職中に転職活動をしていくのであれば、まずは転職エージェントに相談をしに行くことをおすすめします。

転職エージェントは土日や平日の夜に対応してくれるところも多く、面倒ごとを全てやってくれるので、在職中の転職活動の役に立ってくれるでしょう。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントは、

  • ヒアリングをして自己分析を手伝ってくれる
  • 合う求人を紹介してくれる
  • 履歴書添削や面接練習で内定率をアップさせてくれる
  • 企業との連絡など面倒ごとを全てやってくれる

と言ったことをしてくれるので、転職エージェントを使うことで、合う企業を見つける確率、内定する確率を上げてくれるでしょう。

転職には色んな方法がありますが、在職中に転職するには、転職エージェントを使っていくのがおすすめなので、ぜひ利用してみてください。

まず登録するのにおすすめなのはパソナキャリア

会社を辞めたいと考えているのであれば、まだどういうところに転職しようか、もしくは転職自体するべきかというところも決まってないかと思います。

そんなときにおすすめしたいのが、パソナキャリアという転職エージェントです。

パソナキャリアは、転職者がどうしたら本当に充実できるのかということを第一に考えているので「非常に親身に相談に乗ってくれる」と言った口コミも多いです。

実際に調査に行った際も、「もっとより良く働ける人が増えて欲しい」「日本の社会を良くしていきたい」という人が多いので、無理に転職させることはなく、必要な情報をくれるでしょう。

そのため「まだ転職しようか迷っている」「自分にはどんな仕事があっているのかが分からない」という人にもおすすめな転職エージェントで、相談しに行くことで、今後満足感を持って働くためのヒントが得られます。

平日夜や土曜も相談を受け付けているので、ぜひパソナキャリアに相談しに行ってみてください。

パソナキャリアの公式サイトはこちら→パソナキャリア

転職エージェントについて詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください。

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...

 

退職の手順

退職にも手順があります。

もちろん会社によってある程度変わってきますが、一般的には

  1. 辞めたい1ヶ月以上前に退職願を出す
  2. 退職が人事に認められたら退職届を出す
  3. 仕事を引き継いで退職

と言った流れになります。

そのため、退職を決意してから、一般的に2ヶ月ほどかかってくるので、その間に転職活動を進めても良いでしょう。

また辞めるのに気が引けると有給休暇を残して辞める人もいますが、結局辞めたらあまり関わらないと思うので、有給休暇は消化して退職をすることをおすすめします。



 

会社を辞めるときに気を付けたい注意点

ここからは会社を辞めたいとなり、実際に辞める際に気を付けたい点を紹介していきます。

会社を辞める際、新しい職場に就く際は色んなトラブルが起きる可能性があるので、しっかり確認してください。

転職を重く考えない

確かに簡単に転職をするのはあまり良くありませんが、転職をあまり重く考えすぎるのも良くありません。

人は”慣れていることを変えるのに勇気が必要な生き物”なので、会社に長くいればいるほど転職はしにくくなります。

それでスキルアップできない会社にいたり、憂鬱になる会社にいたりすると、慣れはしますが、充実できずずるずる働くことになってしまうでしょう。

会社を辞めたいと思っている時は、「転職なんて自分には無理」とも「スパっと転職しよう」とも考えずに、「転職も視野に入れてキャリアを考えよう」と言った形で転職をとらえると良いでしょう。

前と同じことが起きないように客観的な意見も取り入れる

転職は悪いことではありませんが、会社が嫌で辞めたいとなってしまったのであれば、次に同じことが起きないようにする必要があるでしょう。

そういった際に役に立つのが客観的意見です。

客観的意見をもらうことで、色んな考え方ができ、色んな方法をとることができるので、合う仕事を見つけやすくなります

転職エージェントに相談するなどして、客観的意見を取り入れると、いい転職ができるようになるでしょう。

繁忙期に退職するのは避ける

繁忙期に退職しようとしても、引き留められる可能性も上がりますし、退職したいといったことも忘れられる可能性があるので、あまりおすすめできません。

繁忙期こそ「会社辞めたい」と思うかもしれませんが、できるだけ円満退職した方が、あなたも嫌な思いせずに済むので、繁忙期はできるだけ避けるのが良いでしょう。

 

「会社を辞めたい」と思ったらまず行動を起こそう

今回は、「会社を辞めたい」と思ったときに必要な知識としておくべきことを紹介しました。

「会社を辞めたい」と思うことは、たくさんあるかと思いますが、長期的に辞めたいと思っているのであれば、行動を起こしてみることをおすすめします。

  • 自分で解決できないか考える
  • 転職活動をして色んな仕事を見てみる
  • 色んな人に会って色んな価値観に触れる

などしていくことで、会社を辞めたいということを解決して、充実して働けるようになります。

「会社を辞めたい」とはよく思うかもしれませんが、放置してだらだら働くと、うつになってしまう可能性もあるので、行動して解決していきましょう。