20代に本当におすすめできる転職エージェント厳選6選【選び方&使い方】

いい転職にはエージェント選びが大切

転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。

転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、あなたのことを企業へプッシュするまでしてくれるので、転職の強い味方になってくれるでしょう。

ただ転職エージェントも、ピンからキリまであるので、自分に合わないところやあまり良くないところを使ってしまうと、むしろ転職の足を引っ張ってしまうこともあります。

そこで今回は、20代の大切なキャリアを決めるためのおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

20代で転職を考えている人にも、転職活動をしている人にも役に立つ内容になっているので、ぜひご覧ください。

 

20代で転職エージェントを使う理由

まずは転職エージェントを選んでいくにあたって、なぜ転職エージェントを使うのかといったところから考えていくと、正しい選び方ができるようになります。

ここでは20代が転職エージェントを使う理由を紹介していきます。

自分の良さを企業にプッシュしてくれる

転職エージェントは、面談を通じて、あなたのことを知り、合いそうな企業に紹介してくれます。

その面談では、合う企業を探すことだけでなく、客観的に見たあなたの良さを応募企業にプッシュしてくれるということが、転職エージェントを使うメリットです。

これがかなり有効で、面接で自分だけでは伝えきれなかったり、自分では当たり前になっているような強みを、第三者として紹介してくれるので、面接通過率が上がっていくでしょう。

そのため、転職エージェントを経由することで、同じ求人でも面接の通過率が変わってきます。

これは応募企業と繋がっている転職エージェントしかできないことなので、大きなメリットと言えるでしょう。

面倒ごとを任せられる

数ある求人から自分に合う企業を見つけたり、面接を設定したりなど面倒ごとを任せることができます。

  • 客観的視点で自己分析を手伝ってくれる
  • 企業とのやり取りを代行してくれる
  • 転職の進め方について一通り教えてくれる
  • 転職で困ったことをすぐに聞ける

といった点が、転職エージェントを利用するメリットでしょう。

企業も日本に約400万社あると言われていますし、合う企業を選んでいくのは非常に難しいです。

そういった際、客観的な視点を得ることができて、合う企業を見つけやすくなるでしょう。

また面接設定などが意外と面倒で、直接応募企業とやり取りすると、メールのマナーなどをいちいち調べてやり取りしていくことになります。

そういった点でも、20代で転職をしていく際にはエージェントを使うことはおすすめです。

合う転職エージェントを使うとキャリアアップの可能性が高まる

20代はキャリアアップしたり、新しいことをしたりするチャンスです。

30代になると即戦力として見られるので、よほど結果を出していないと大きくキャリアアップしたり、他職種に就くことは難しいでしょう。

20代は若さがあるので、今後大きく成長できると考えられ重宝されるので、入れなかった企業や、新しいことへの挑戦がしやすいです。

そのため20代の転職は結果よりも将来性や意欲を見られることが多く、人によって攻め方も大きく変わっていきます。

そのため自分をどう見せていくか、自分のどういったポイントで勝負していくのかといったところをしっかり考えていくことが必要です。

合った転職エージェントを見つけることで、より良い転職をしていけるようになるでしょう。

 

20代におすすめの転職エージェント6選

ここからいよいよ20代に特におすすめな転職エージェントを紹介していきます。

20代で転職経験が少ない中、転職が上手くいくかはエージェントとの相性の部分がかなり大きいので、いくつか登録してみて、比較をしていくことをおすすめします。

1.リクルートエージェント

まず第一に20代の方におすすめできる転職エージェントはリクルートエージェントです。

「なんだリクルートか他でも見たよ」と思っているかもしれませんが、本当におすすめなんです。

リクルートエージェントが20代の転職に本当におすすめな理由は以下の通りになっています

・非公開求人が10万件以上と給仕数が圧倒的に多い
・40万人以上の転職を支援していて実績がしっかりしている


というところです。

非公開求人というネットで公開していない求人が10万件以上あり、40万人以上の転職を支援してきているので、独自に合う企業を紹介するノウハウがしっかりしていると言えるでしょう。

求人が多くあることで、マッチする仕事を見つけやすいですし、実績がしっかりしているので、あなたに合う求人を紹介してくれたり、面接通過率のアップに役立つでしょう。

リクルートエージェントは、以上の点から20代の転職にに非常におすすめなので、ぜひ相談しに行ってみてください。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら→リクルートエージェント

2.パソナキャリア

パソナキャリアの良さは、サポートが充実しているところです。

他の転職エージェントでは、初回面談を30分ほどして求人紹介ということになってきますが、パソナキャリアでは1.5~2時間かけて面談してあなたを徹底的に深掘りして、「正しい転職」に導いてくれます。

転職しようか迷っている人や、キャリアが浅い人などの相談も親身に聞いてくれるので、「転職エージェント行くのちょっと面倒だな」と思っている人にこそおすすめです。

また転職活動がうまく行っていないと、さらに面談をしてくれ、なぜ転職活動が上手く進まないのかという相談にも乗ってくれ、サポートしてくれます。

自己分析を手伝ってもらう場、自分のキャリアを長期的に考える場としてパソナキャリアは非常におすすめなので、ぜひ利用してみてください。

パソナキャリアの公式サイトはこちら→パソナキャリア

3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは現場の責任者やトップとのパイプがあることも多く、独自の求人があったり、企業の内部について知ることができたりします。

企業との関係性もしっかりしているので、「マイナビエージェントからの推薦なら信頼できる」と面接の通過率を上げることができるでしょう。

取引社数は15,000社と、リクナビエージェントと比べ少ないものの、それにしても豊富に揃っていますし、業界問わず営業職に強いと言われています。

営業職を目指している、考えている20代には男女問わずおすすめできる転職エージェントです。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら→マイナビエージェント

4.DODA転職エージェント

DODAも求人数、非公開求人数が多いことが特徴になっています。

求人数でいうと10万件以上あるので、リクルートエージェントと同程度あり、業界最大級を言われています。

各業界に精通したアドバイザーがいて、あなたの志望企業の特徴に合わせた面接対策などをしてくれるでしょう。

企業と強いパイプを持っていて、DODA限定の求人などもあるので、『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』でしっくりくる求人がないという人は試してみてもいいかもしれません。

DODAの公式サイトはこちら→DODAエージェントサービス

5.JOBRASS転職エージェント

JOBRASSは応募したい求人を見つけて相談しに行けるエージェントです。

基本的な転職エージェントは、相談して合う求人を紹介してもらうことになるので、見れる求人は少ないですが、実際に色んな求人をみて「これって自分にどうですか?」と言ったようにエージェントに相談しに行けます。

基本はエージェントに相談→求人を探すですが、JOBRASSは求人を探す→エージェントに相談なので理想の企業に出会いやすいです。

またチーム制で運営しているので、あなたの転職を多角的にサポートしてくれるでしょう。

とにかく色んな求人を見てみたいという20代におすすめな転職エージェントです。

逆に良い求人はたくさんあるので、あまり定まっていない人は「あれもいい、これもいい」となりかねないので、おすすめできません。

JOBRASSの公式サイトはこちら→JOBRASS転職

6.ビズリーチ

このビズリーチは今まで紹介した転職エージェントとは違って、スカウト型の転職サービスです。

好条件や高収入の案件を多く持っていて、ある程度結果を残していると登録するだけでヘッドハンティングが来ることもあるので、好条件で転職していくことができるでしょう。

噂では20代でも1000万近い報酬で転職するなんて言った人もいますので、自分の市場価値を測るためにも登録することをおすすめします。

ビズリーチは特に何かするというよりはスカウトを待つというイメージが強いので、忙しくても手軽に利用できます。

忙しい人ほどビズリーチは転職の役に立ってくれるでしょう。

ビズリーチの公式サイトはこちら→転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

 

20代で転職するときまず登録しておくべきエージェント

転職エージェントをおすすめしてきましたが、20代が転職を始めていく際にまず登録しておくべきエージェントは『リクルートエージェント』と『パソナキャリア』です。

リクルートエージェントは求人数が特に優れているので、色んな企業を見ることができ、パソナキャリアはサポートがしっかりしているので自己分析を手伝ってもらうといったやり方が良いでしょう。

もちろんピンときたところをまず使ってみても、とりあえず全部登録してみてもいいですが、働きながら転職をしてくと時間がないので、まずはこの二つを利用してみると良いです。

パソナキャリアは土曜も対応しているので、平日に時間を作ってリクルートエージェントに、土曜にパソナキャリアにといったやり方をしていけば、時間もそこまで圧迫しないでしょう。

転職するしないもですが、キャリアを良くしていくためには行動して色々見てくのが一番早いので、まず業界最大手の『リクルートエージェント』と圧倒的なサポートの『パソナキャリア』に相談しに行ってみてください。

 

 

転職サイトと転職エージェントは違う

ちなみに転職サイト転職エージェントは違います。

転職サイト
求人の情報が載っていたり、転職に役立つ情報が載っているもの

転職エージェント
直接会いに行って、自己分析を手伝ってくれたり、面接対策をしてくれるもの

 

と言う分かれ方です。

転職のサポートを一括で任せられるのは転職エージェントなので、転職エージェントのみでもいいですが、転職サイトからも有益な情報を得られるので、登録しておくとより良く転職を勧められるでしょう。

20代の転職で登録しておくべきサイト

転職サイトでしか得られない情報もありますので、20代の転職で登録しておくと便利なサイトを紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは登録すると色んな求人に応募できるのはもちろん、独自の強み診断ツールの評判が非常に良くて、普段の仕事にも役に立つと、やってみている人も多いです。

転職する際に自分の強みを客観的に理解していて、アピールすることが非常に大切になってくるので、ぜひ強み診断してみてください。

サイトとしても業界最大手ということもあって、求人数も多く、リクナビNEXTは転職者の80%が使っていると言われています。

新卒の時にリクナビに登録したように、転職ではリクナビNEXTがある意味基準になってくるので、登録して色々やってみましょう。

リクナビNEXTへの登録はこちらから→リクナビNEXT

キャリコネ

キャリコネは転職の2チャンネルと考えていただくとイメージしやすく、実際働いていた人、働いている人の口コミを見ることができます。

正直転職エージェントも応募企業もほとんど良いことしか言いませんが、その企業の裏側まで知ることができるのでおすすめです。

転職でも入社してから「あれ言っていることと違う」ということもありますが、口コミを見ておくとそういったミスマッチが減るので、口コミは見ておくべきでしょう。

またみんながどんな理由で転職しているか、どういったキャリアを目指しているのかというところも見ることができるので、キャリアを描いていくといった点でも参考にできます。

ネット時代だからこそ口コミは重要になってくるので、ぜひ口コミも上手く利用して転職を成功させてください。

キャリコネで企業の口コミを見たい方はこちらから→10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

転職エージェントを選ぶポイント

転職エージェントは選び方を間違えるとむしろあなたの足を引っ張ってしまいます。

ここではどういった転職エージェントが良いのかということを判断できるよう、選ぶポイントを紹介していきます。

質の高い求人を多く持っているか

サポートも大事な観点ですが、そもそも良い求人を持っていなくては、どれだけいいサポートができても役に立たないでしょう。

業界特化型のエージェントもいいですが、業界特化型の良さは、

その業界に合わせた面接練習を受けられる
その業界の求人が多くある


というところなので、正直大手のエージェントもその業界に精通している人はいますし、業界の求人も多くあるので、あまり変わりはないと言えます。

まず求人数が多いということは良い転職をしていくために非常に大切でしょう。

サポートのレベルが高いか

求人数の次に大切なのが、サポートの良さです。

いくらいい求人を抱えていても、そこから内定をもらうことができなければ、あなたには何のメリットもないでしょう。

行ってみるのが一番早いですが、行く前から知るためには実績を見てくことをおすすめします。

転職のサポートをたくさんしているということは、ノウハウがたまっているので、サポートのレベルも高いことが多いです。

求人の多さサポートの良さという点からも、リクルートエージェントを一推しで紹介しています。

土曜や平日夜も対応してくれるか

退職して転職をしてくのであれば時間はありますが、基本的に退職して転職することはおすすめできません。

退職をしてしまうと、

給料の入る見込みがないから不安
もっと悪い職場にしか就けない可能性がある


といったデメリットがあります。

そのため平日夜や土日をメインに転職活動をしていくことになるので、その時間に対応しているエージェントを選んでいくことが大切です。

場合によっては2度3度行くことになる可能性もあるので、できるだけ平日夜や土日対応している転職エージェントが良いでしょう。

ここでは『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』などは平日夜や土曜なども対応しているので、おすすめしています。

転職は平均して2~3ヶ月の長期戦なので、こういった日程面でも使いやすいエージェントを選んでいきましょう。



 

20代で転職エージェントを使う流れ

ここでは転職エージェントを使っている流れを紹介していきます。

20代で転職エージェントを使うコツも紹介しているので、しっかりチェックしていきましょう。

選んで登録

まずはどの転職エージェントに登録するかといったところですが、基本的に総合エージェントで間違いないでしょう。

よほど業界などが決まっていない限り、20代では自分の可能性を狭めない方が良いので総合エージェントをおすすめします。

総合エージェントはここで紹介している『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』のことです。

転職成功者は平均で4~5社登録していると言われているので、20代の転職を成功させるためには、何社か登録して、合うところと取引を進めるといった方法をおすすめします。

連絡が来て面談に行く

転職エージェントによって変わってきますが、メールか電話で連絡が来て日程調整をし、面談しに行くことになります。

面談に関して勘違いしがちなのが、「はっきり決まっていないとダメなんじゃないか」ということです。

確かに自分の軸がはっきりしている方が、転職するにしてもしないにしても進みやすいですが、20代で軸がはっきりしている人はそこまでいません。

「転職しようかも迷っている」「自分の将来が分からなくなってきた」というレベルでも、相談に乗ってくれるので、気軽に利用できるでしょう。

検討段階であれば特に『パソナキャリア』がおすすめなので、ぜひ利用してみてください。

面談をして持ち帰るのもあり

面談をしたら合いそうな企業の求人を紹介してくれますが、そこで無理に応募させられるということはありません

エージェントも転職のプロなので、あなたに時間がないことは理解した上で進めていくので、合わないかもしれないところでも無理に受けさせて時間を奪うようなことはしないでしょう。

いち早く転職したいという人もいますが、急ぐと合わない企業に入ってしまう可能性もあるので、じっくり考えて一度持ち帰るのも良いです。

面接練習・履歴書添削

企業に応募するということになったら、面接練習や、履歴書・職務経歴書の添削をしていきます。

大きな転職エージェントであれば、その職種や業界に精通したアドバイザーがやってくれるので、よりリアルな面接練習ができるでしょう。

また面接練習と言えど、基本的に聞かれることは同じなので、しっかり準備しておくことをおすすめします。

自己紹介(簡単な来歴)
どういった仕事をしてきたか
自分の性格はどういったものか
志望動機は何か
5年後10年後のキャリアをどう考えているか
退職理由は何か
今まで力を入れたことは何か


などを簡単にまとめられるようにしておきましょう。

準備なしで挑んでもいいですが、自分でどういったことをアピールしていくかしっかり考えそこにアドバイスをもらった方がよりよい時間になります。

模擬面接は役に立たない?転職エージェントの面接練習を徹底的に使いこなすコツ

以下で転職面接でよくされる質問についても紹介しているので、転職する際に考えてみてください。

転職のカンニングペーパー!転職面接でよくされる質問40選!

 

20代で転職エージェントを使うデメリット

20代での転職にはエージェントを使うことがおすすめですが、もちろんデメリットもあります。

ここでは20代で転職エージェントを使っていくデメリットについて紹介していくので、しっかりチェックしてください。

転職エージェントに流されて転職してしまう

転職エージェントも商売なので、できたら転職をしてもらいたいという気持ちもありますし、企業によって紹介料が変わってくるところもあります。

転職エージェントも「A社よりB社の方が利益が大きいからB社を紹介しよう」「最近C社に紹介できていないからC社も求職者に紹介してみよう」といったようなことを考えている可能性もゼロではないです。

転職エージェントは良くも悪くも第三者の意見なので、「確かにそうかも」と流されて転職エージェントの都合のいい転職をさせられる可能性もあります。

これから注意点も紹介していきますが、20代でもしっかり自分の軸をもって転職エージェントを使うようにしていきましょう。

連絡は結構来る

転職エージェントに登録すると、放置をしていても連絡は結構来ます。

もちろん転職が終わってそのことを伝えれば連絡は来なくなりますが、やみくもに登録しまくると、色んな所から連絡が来て面倒でしょう。

転職成功者は平均4~5社登録していると紹介しましたが、逆にそれ以上だと管理できなくなってしまう可能性が高いのでおすすめできません。

まず何社か登録して、合わないと思ったところはどんどん切っていってしまうのが良いでしょう。

転職エージェントに行く手間が増える

転職エージェントにも行くことになるので、物理的な行く場所は増えます。

もちろん転職エージェントを使うと効率化できるので、全体として使う時間は少なくなりますが、わざわざ行くのは面倒という人には向いていないでしょう。

転職エージェントにも行って、応募企業にも行ってとなると忙しくなってしま場合もあるので、仕事の繁忙期葉できるだけ避けるといったことも必要になってきます。

20代だと忙しいかもしれませんが、できるだけ時間に余裕を持って転職活動をしていきましょう。



 

20代が転職エージェントを使う際に注意するポイント

20代の転職はエージェントを使うことをおすすめしますが、注意点もあります。

ここでは20代で転職エージェントを使っていく注意点を紹介していくので、面談に行く前にしっかりチェックしてください。

自分の軸を持つ

ある程度自分の軸をもっていかないと、時間もかかりますし、結局どうしたらいいんだということになりかねません。

転職エージェントは便利ですし、強い味方になってくれますが、「どうしたらいいですか?」という質問に答えることはできないでしょう。

面倒ごとは任せても、自分のキャリアは自分でしっかり考えていく必要があります。

自分の軸を定めないまま転職を進めていくと、エージェントに都合のいい転職をしてしまうか、なかなか決まらないということが起こります。

自分の棚卸しをしてしっかり軸を定めましょう。

【関連記事】自分のことを理解する!転職に必要な自分のキャリアの棚卸しの方法!

長期的な目線を持つ

とにかく今業務時間が長いのが嫌だから、残業の無いところが良いといった転職はやめておいた方が良いでしょう。

今嫌なことを解決することに重きを置いた転職では、2.3年経つとまた嫌な面が出てくる可能性があります。

もちろん今の嫌な部分を解決していくことも大切ですが、5年後10年後を見据えて決めていく必要があります。

深夜残業や休日出勤などの激務はほとんどの人が嫌いかと思いますが、逆に暇すぎても「今後大丈夫かな」となりかねません。

今やりやすいようにするという短期的な視点と、今後どうなっていきたいかという長期的な視点で、職場を選んでいく必要があるでしょう。

時間を確保する

いくら転職エージェントに面倒ごとを任せることができても、ある程度時間はかかります。

転職エージェントに登録してから内定が出るまで平均で3か月と言われていますし、その間に履歴書を作成したり、自己分析をしたり、面接練習をしたりといった時間もあります。

土日などである程度対応できますが、繁忙期などで忙しいとどっちつかずになってしまうでしょう。

仕事が嫌になっている人は繁忙期ほど辞めたいかと思いますが、繁忙期に転職活動を開始するのではなく、エージェントに登録したり、自分の棚卸しだけをしておいて、繁忙期が過ぎたらじっくりやっていくというのが良いです。

また忙しくても何もしないのではなく、転職エージェントに登録したり、自己分析はやっておくようにしましょう。

転職するにしてもしないにしても、動き出さないと現状は変わっていかないので、まず今一歩踏み出しておくと、時間ができた時に一気に進めていくことができます。

せっかくなので、今何かしら行動を起こしてみましょう。

人は行動を起こすのが苦手と言われているので、行動を起こす癖をつけるだけで社会で成功する可能性が一気に上がります。

最初の一歩としてぜひ『リクルートエージェント』とパソアキャリア』だけにでも登録してみてください。

 

20代こそ転職エージェントを使ってより良いキャリアを!

今回は、20代におすすめの転職エージェントを紹介しました。

20代におすすめの転職エージェントはまとめると以下の通りです。

リクルートエージェント 業界最大手で、41万人以上の転職支援と10万件以上の求人数がある。まず登録するべき転職エージェント。
パソナキャリア カウンセリングに力を入れていて、他社の約2倍の時間をかけて、あなたを徹底的に深掘り。「どういったところが合うのかわからない」「転職すべきか迷っている」という人にもおすすめ。
マイナビエージェント 人材業界大手企業で、大企業との独自のパイプを多く持っている。営業職に強く、業界的にもITやゲーム系の企業の強いので、そういったところを目指す人は使うべき転職エージェント。
DODAエージェントサービス 求人数が10万件以上と業界トップクラスで、独自の求人も多い。「しっくりくる求人がない」「とにかくたくさんの求人を見て自分の価値観を固めたい」という人に特におすすめの転職エージェント。
JOBRASS転職 求人を見てから相談しに行くことができるので、無駄になりにくい。自分の価値観がある程度固まっている人に特におすすめの転職エージェント。

※クリックすると公式サイトに飛べます

20代の転職は分からないことだらけですが、20代こそ転職を成功させるためにエージェントを使っていくことをおすすめします。

20代で転職エージェントを使うと

・面接の通過率が上がる
・合う企業に出会いやすくなる
・転職を効率的に進めることができる


といった良さがあります。

20代での転職は大きくキャリアアップしたり、未経験の仕事に就くチャンスでもあるので、エージェントをうまく使って、より良いキャリアを描いていってください。

【関連記事】

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...