初めての転職は不安だらけ!20代の転職で不安を減らす方法9選!

20代で初めての転職が不安でしかたない…

転職って不安ですよね。

人はそもそも新しいことに不安を抱くように出来ているので、転職をしていくという人生を左右するようなことであれば、20代であろうと不安を抱くのは当たり前です。

ましてや20代で転職をするということは初めてか多くても2.3回といったところでしょう。

ただ、あまり不安が強すぎて行動が中途半端になってしまったり、転職をしたいのに不安から諦めてしまうと、自分の可能性を狭めてしまいます。

転職の不安は完全に消すことはできませんが、減らしていくことはできます

今回は、20代で初めて転職をしていく際の不安をやわらげ、転職を成功に導く方法を紹介していきます。

この記事に書いてあることを実践すれば転職に対する不安は減っていき、転職の成功は近づくので、ぜひ試してください。



 

転職は不安で当たり前

ごくたまに新しいことが楽しみでしょうがない人がいますが、ほとんどの人は転職を始め環境が変わること、新しいことに少なからず不安を抱えます。

人は何が起こるかわからない、はっきりしていないことに対して不安を抱くので、転職で一日のほとんどを過ごす職場が変わることは楽しみな反面不安もかなりあるでしょう。

しかしその不安はみんな抱えるものですし、転職の知識がついて進んでいくにつれ薄まっていきます。

一次的な不安なので、あまり深く考えすぎず行動をしていってみてもいいかもしれません。

不安を抱くことは必ずしも悪いことではなく、準備をしっかりするようになるので、転職を成功に導いてくれることもあります。



 

20代の転職の不安を減らしていく方法

不安を持っているのは当たり前ですが、不安を持ちにくい人はちゃんと行動して、不安を解消しているということが多いです。

行動することでしか不安は解決していけないので、ここではその不安を解決していく行動をまとめました。

1.現職をより良くしていけないか考える

もう散々考えたと思いますが、今一度現職でより良く働けないか考えてみてください。

現職でより良く働けるようであれば、転職しないので不安もないですし、より良く働けないと心の底から思うのであれば、「もう転職するしかない」となって吹っ切ることができます。

転職は悪いことではありませんが、解決しようともせずに現職を辞めてしまったら、次の職場でも嫌なことがあったらすぐに辞めようとなってしまうでしょう

20代や30代の前半ならまだしも、30代後半になり、経験によるスキルが身に着いていないと、転職先もなくなってしまいます。

転職の面接でも「何か改善しようとしましたか?」と聞かれるので、まず現職でより良く働けないかを考えてみましょう。

2.ネガティブ発言を鵜呑みにしない

「入社数か月で転職したらもっと悪い職場になる」「ここでやっていけないならどこ行っても無理」など色んなことを考えてしまいますが、どれも100%正しいとは言えないでしょう。

世の中に企業も何百万とあり、一般的に悪いと言われている状況で転職をしてもより良い企業を見つける人も多くいます。

少し前に事件になりましたが、超一流企業に入っても、鬱になってしまう人もいるくらいなので、企業は相性です。

私の周りでも合うベンチャー企業で働いている人の方がやりがいをもって働いている人が多い印象があります。

ネガティブなことを全て無視するのも良くないですが、あまり考えすぎたところで答えもないので、鵜呑みにするのはやめた方がよさそうです。

3.何が不安かを書き出す

不安な気持ちは書き出すことで、軽減していけると心理学で言われています。

不安と言うのは分からない状態からきています。

転職する前は「どうかな、良くなっていくかな」と不安になりますが、実際新しい仕事を始めたらその不安はなくなりますよね。

そういったように不安は形にしていくことで和らいでいきます

紙に書き出し、自分はこういうところを不安に思っているんだなと客観視することで、気持ちは落ち着きますし、改善もしていけるようになります

この紙に書く作業と言うのは面倒ですが、本当にやってみると変わるので、ぜひ今紙とペンを持ってやってみてください。

4.転職した人の話を聞く

やはり今後どうなっていくかわからないと不安になってしまうので、転職経験者に話を聞くことで、どういうものなのかイメージすることができ、不安は減っていきます。

職歴や年齢などできるだけ近い人の話を聞きにいってみましょう。

その人も同じように不安を抱えていたはずで、実際転職してどうなったかということも聞いていけるので、役に立てることができます。

5.まず転職活動してみる

人って最初の一歩が本当に踏み出せません。

そして転職したいけど踏み出せない状態を続けていると不安はどんどん大きくなります

まず新しい仕事に就くと決めるのではなく、「転職活動」をしてみると気軽に始めることをおすすめします。

転職活動については以下の通りです。

転職 
職場を変えること

転職活動
色んな企業や仕事を見ていくこと

 

転職活動を通して自分を振り返ったりして成長もしていけるので、忙しいとは思いますが、まず一歩踏み出して、転職活動をしてみてはいかがでしょうか?

転職のやり方って? 「転職しようかな」と一度でも思ったことがあるかと思います。 ですが、「転職するのも時間がないし、新しいこと覚えるのも...

6.エネルギーに変えて行動する

不安をそのままにしておくと、あれこれ考えてより大きくなるだけです。

転職しようかなと不安になっているのであれば、その感情をエネルギーにして行動していきましょう。

不安→どうしたら不安を解消できる?


という風に考えをめぐらすことにより、不安をエネルギーに変えて行動していけるようになります。

20代だと職歴やスキルの不安が大きいと思いますが、それは行動によって良くしていけるので、不安という感情のパワーで行動していくと良くなっていくでしょう。

不安だからといって何もしないのではなく、感情を利用して行動力を上げていきましょう

7.偉人の本を読む

偉人の本を読んで自分の中でスケールを大きくしておくことで転職の不安はなくなっていくでしょう。

私もスティーブ・ジョブズの本を数年前に読んで定期的に読み返しますが、読んでいるとなんでこんなことにビビッているんだろうと自分を小さく感じます。

偉人であれば私たちの考えられないレベルで勝負しているので、その本を読むことにより自分の小ささを痛感できて、不安どうこうもなくすことができます

また偉人の自伝はそれ以外でも熱くなるところや、人生の指針になるところが多くあるので、読んでおくことをおすすめします。

優秀な人は本を読んでいる? 興味深いデータがあります。 年収3000万円を超える人は、平均で月に9.88冊本を読んでいて、ほとんどの人が...

8.気持ちを発散する

考えない時間を作るということも大切です。

不安を持っているから悪いというわけではありませんが、持ちすぎると行動できなくなってしまったり最悪の場合鬱になってしまうこともあります

気持ちを発散させることを定期的に行っていきましょう。

・友人に愚痴を聞いてもらう
・好きなことにのめりこむ
・昼まで寝ている


などなんでもいいので、不安を一時でも忘れられる方法を持っておき定期的にしましょう。

日ごろからストレスを溜めないためにも非常に重要です。

9.自己分析をして理由を考える

スキルがついていない、入社歴が浅いのに転職をするなどの不安がある場合、自己分析をして理由を考えていきましょう。

こういったことを「突っ込まれるんじゃないか」「突っ込まれたらどう答えよう」と思ってしまっているから不安になってしまいます。

しかしあなたなりに理由があっての行動だと思います。

自分では逃げてしまっていると思っていても、よりやりたいことを求めて行動を起こしているのでマイナスにはなりません。

自己分析をして「自分はこういうことを大切にしていて、現職はここが違ったから転職をする」という風に考えていくことで、スキル不足やキャリアへの不安はなくなっていきます。

自分のキャリアの棚卸しはどこまでやる? あなたは自分の客観的に見た強み、イメージ、人物像などを正確に把握できていますか? この自分のこと...

 

不安でも20代で転職をするべきか

不安ということは「危険かもしれない」と感じているということです。

不安でも転職をするべきなのかは、あなたの状況によって変わってきます。

ここからは不安に打ち勝って転職をしていくべきか、転職をやめておくべきか、を状況に合わせて紹介していきます。

不安でも転職するべき人

まず不安でも20代で転職するべき人の特徴を紹介します。

ここに当てはまっていたら、おそらく続けてもあまり良いことはないので、転職を考えてみてください。

・仕事がやりたいことではない

仕事の内容がやりたいものでない場合は、多少の残業も苦痛ですし、成果を上げていくのも難しいでしょう。

今の時代色んな種類の仕事があるので、楽しんでできる仕事、充実感を持ってできる仕事も必ずあります。

20代でやりたいくない仕事をやっているのであれば、今後ずっと我慢しなくてはならないので、不安でも今一歩踏み出して転職をすることをおすすめします。

今は第二新卒と言って新卒入社1~3年で転職する人を求めている企業もいるので、一度やりたいことを整理して、合う仕事があるか見てみましょう。

第二新卒とは?第二新卒の意味と転職サイトおすすめまとめ!

・人間関係が無理

多少歩み寄ったり、部署の異動を申し出てみたりしても、人間関係が良くなっていかない場合、転職をするべきです。

人間関係の悩みは一番深いもので、そこに不満があると大きくストレスが溜まります。

私もいくつか仕事をしたことがありますが、好きな仕事で悪い人間関係より、あまり好きな仕事でなくてもいい人間関係の方が働きやすかったです。

相手を変えるには部署異動か転職しかないので、部署異動しても無理な場合転職を考えていきましょう。

・体に支障をきたしている

違法残業などのブラック企業はもちろんですが、そんなに悪条件ではない企業でも合わなくて体調を崩してしまう人は必ずいます

体調を悪くしてしまうくらいであれば合っていませんし、最悪の場合長期の休暇が必要になることがあるので、転職を考えていきましょう。



転職すべきではない人

ここからは、今は転職をするべきではない人の特徴を紹介していきます。

ここに当てはまっていても転職して充実する人はいますが、20代のキャリアを歩んでいく一つの目安として見ていってください。

・一次的に嫌になっている

今まではより良く働いていたのに上司に「お前はこの仕事合ってないんじゃないか?」など言われ一時的に嫌になっているのであれば、今は転職しない方が良いでしょう。

過度な我慢も良くないですが、どれだけ合う仕事をしていても、怒られたりきつくなる時はやってきます。

自分の感情が一時的なものなのかそうでないのか判断していきましょう。

・仕事内容自体はやりたいことである

物によってはやりたいことが激務であるという状況も存在します。

やりたいことでも毎日終電や、寝る時間もない状況だと「転職しようかな」というように考えてしまいがちです。

ですがやりたいことで生活していけている状況は非常に恵まれています。

まずどうにかして効率化をしていけないか、余裕を持って働くことができないかを考えていきましょう。

・なんで転職したいのか理由が明確じゃない

転職したい理由が明確でないと、仕事を変えても同じように不安や不満を抱えることになります。

とりあえず嫌で転職してうまくいく人もいますが、ギャンブル要素が大きくなるので、お勧めできません。

「転職しようかな」と思ったらどういう風に働いていけるのが理想なのか考えてみましょう。

「転職をしようかな」と思ったときに自分にする7つの質問!

 

不安でも20代の転職活動を成功させるコツ

不安だと行動していくのも少し勇気がいりますが、不安だと普通の人は動けません。

ただ、より良いキャリアや成功を手にしていくためには、不安にも立ち向かって自分で答えを出していく必要があります。

ここでは不安でも動いて転職をしていく方法をまとめたので、「転職しよう」と思ったら参考にしてください。

転職の目的を明確にする

転職して状況は良くなっていくのか、自分のやりたいことはできるようになるのかという点が大きな不安になっていくと思います。

そこで転職の目的を明確にして、「ここが良くなればいい」という基準があると、その基準を満たしていけますし、不安も少なくなっていくでしょう。

やりたい仕事が他にできたのか、もっと休みが欲しいのか、もっと給料がほしいのか、人によって求める企業も条件も変わってきます。

不安だとなんとなくで転職してしまいがちですが、それでは合う企業にも巡り合えませんし、面接を通過することも出来ません

もちろん目的も求めるものいくつもあると思うので、優先順位をつけて条件を分類していきましょう。

いったん転職は置いておいてスキルを磨く

良い職場に就けないかもしれないという不安があるのであれば、スキルアップをしていくというのも一つの手です。

経験やスキルが無くても合う企業を見つけることは可能ですが、ある方が選べる企業の幅は広がります

どうしても不安で本当に一歩も踏み出せないというのであれば、期間を決めてスキルを磨いていきましょう

期間を決めないとだらだらなってしまい、その企業で向かいたい方向に向かっていればいいですが、あらぬ目的地にたどり着く場合もあるので気をつけた方が良いかもしれません。

転職の面接では実績の話もあるので、この間に実績を上げていくというのも一つの手です。

スキルアップしていくためには以下の記事に書いてあることを実践していくといいでしょう。

できる人ほど基本に忠実!仕事ができる人の特徴を徹底分析!

最初の一歩を踏み出す

転職しようか迷っているけど不安ということは行動していかないと解消していきません。

転職をしようと決めていなくても転職エージェントに登録するや、今の会社でやりたい仕事ができるように上司に相談するなど、解決策を打っていきましょう。 

不安に思っているということは少なくとも疑問点があるということなので、一歩踏み出すことにより状況は好転していきやすいです。

時間もなく気持ちに余裕もないかもしれませんが、もっと気力がなくなったときに何もできず泣き寝入りしないためにも、今行動を起こしましょう。

転職しようか悩んでいる… もっと色んな事をやっていきたい、今の会社に不満がある、やりたいことができたなど、転職したくなる瞬間は人それぞれだと思...

転職のプロに相談する

転職エージェントと言って求人を紹介してくれたり、合う仕事を一緒に探してくれたり、面接対策などをしてくれるサービスがあります。

転職のサービスと言うと、行ったら求人を紹介されて面接に申し込むというイメージかもしれませんが必ずしもそうとは言えません。

・緊急で転職していきたいのか
・転職しようか迷っているのか
・とりあえず色々仕事を見ていきたいのか


など場合によって対応も変わってきます。

もちろん企業に人を紹介して利益を出している企業なのである程度転職は勧めてきますが、今時企業に定着(半年勤務など)しないと利益が出ないところがほとんどなので、無理やり勧められるということはありません。

色んな相談を受けているので、一度迷っていることを転職のプロにぶつけてみることで、より良いキャリアが描けるようになるかもしれません

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...

 

20代の転職の不安を取り除こう

今回は、20代で転職をする際に抱える不安、その中でもどういったように転職をしていくかを紹介しました。

20代の転職は経験もスキルも少なく、転職自体も初めてなので、不安はつきものです。

不安を抱えること自体悪いことではないので、しっかり行動をしていくことでよりよいキャリアを描けるようになります

やってみずに転職は不安だからやめておこうとするのは非常にもったいないです。

20代であれば未経験職種に挑戦するチャンスも多くあるので、行動して自分のキャリアを良くしていきましょう。