使い方を失敗すると逆効果?転職エージェントを使いこなす7つのコツ!

転職エージェントは使いこなさないと逆効果?

転職しようとなったらまず転職エージェントに相談しに行くことをおすすめします

応募企業や職種がはっきり決まっていないときはもちろん、行きたい企業が決まっている場合にも、そこに合わせた面接対策などをしてくれるので、行った方が転職は上手くいくでしょう

しかし使い方を間違えると、逆に転職が上手く行かなくなる可能性があります。

使い方を間違えると今より働きにくい場所に勤めてしまい、最悪の場合鬱になるということも考えられるでしょう。

今回はそういった、失敗をしないために、転職エージェントを使いこなす方法を7つに分けて紹介していきます。

相性の悪い職場に就かないためにも、今後のキャリアを良くしていくためにもしっかりチェックしていってください。

 

転職エージェントに行かなきゃダメ?

転職と言うと、真っ先に思いつくのがリクルートエージェントをはじめとする、転職エージェントの存在だと思いますが、行かなきゃ転職できないのでしょうか?

結論からいうと”行った方が転職はかなりより良く進む”でしょう。

もちろん転職エージェントに行かずとも転職はできますが、

・ヒアリングから合っている求人の紹介
・履歴書・職務経歴書の添削
・業界・職種ごとの面接練習


などをしてもらうと、転職活動の効率が上がります。

転職エージェントは信用ならないと言っている人もいますが、もちろん転職エージェントに任せっきりでは転職は上手くいきませんが、しっかり自分の軸を持って利用していけば、より良く進められるようになります。

もう転職経験があったり、就活で頑張ったんだから大丈夫と思うかもしれませんが、期間が経つと忘れてしまうこともあるので、改めてという意味でもサポートしてもらうといいでしょう。

転職エージェントを使うにはメリットデメリットがある 転職する際に、「転職エージェントを使おうかな」と考える人も多いかと思います。 多くの...

 

転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントを使った転職の流れを説明していきます。

転職エージェントを使いこなすために、まず転職エージェントを使う全体像を理解していってください。

登録

まず登録するところから転職エージェントは始まります。

自分に合った転職エージェントを選んでいくことが転職成功に非常に大切になってくるので、しっかり見極めていきましょう。

以下でおすすめの転職エージェントはまとめているのでこちらをご利用ください。

転職エージェントはどれを選べばいい? 面接練習や基本マナーから求人の紹介まで、転職を支援してくれる転職エージェント。 転職者の9割がエー...

面談

登録したら転職エージェントから連絡がきて、面談の日程を決め転職エージェントと面談していくことになります。

面談前に自分の棚卸しや、面談の目的を決めるようにしていきましょう。

面談は以下の二つのことをしていきます。

①ヒアリングであなたの状況を確認
②求人の紹介


求人を紹介されてその場で申し込んでもいいですが、持ち帰って考えてもいいので、早く転職活動することもゆっくりやっていくことも出来ます。

企業への応募

持ち帰るなり最初の面談時になりに企業に応募していくことになります。

基本的に履歴書、職務経歴書を一緒に送ることになりますが、企業によっては面接で持ってきてというところもあるので、この付近から履歴書作成が始まるでしょう。

面接練習

応募企業との面接までの間に転職エージェントと面接練習をしていきます。

転職エージェントを使い倒すためには、人を変えて何度もやってもらうのが良いでしょう。 

(企業との面接)

ここで企業と面接があり、企業と面接時に転職エージェントとのやり取りはありませんが、基本転職エージェントを通して合否の結果がもらえます。

転職では面接は2~3回が平均となってくるので、ここではひたすら企業を調べ自分を伝えていきましょう。

内定後の交渉

晴れて内定が出たらそれで終わりではなく、給与やポジションの交渉をしていきます。

転職エージェントを使うことでこの交渉も代行してやってくれるので、変に気を使って思った要求ができなかったとなる心配も少なくなってくるでしょう。

どうしても自分でやりたいのであればそれもできるので、相談してみてください。

 

転職エージェントを使い倒す7つのコツ


ここから転職エージェントを使い倒すコツを説明していきます。

転職エージェントは”使い倒す”という意識が大切なので、しっかりチェックして転職を良いものにしていってください。

1.複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを使い倒すコツとして、相性がいいということもあります。

転職エージェントもそうですし、担当との相性なども良くないと使い倒すことができないでしょう。

複数転職エージェントに登録して、相性がいいところとメインでサポートしてもらうのがおすすめです。

また転職エージェントも

一般転職エージェント
業界特化転職エージェント
状況別(第二新卒など)エージェント


など色んな種類があります。

一般転職エージェントは多く求人数もあり、転職を全体的に見ることができるので、登録して、業界特化や状況別も決まっていき次第登録していきましょう。

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...

2.自分の状況を細かく伝える

転職エージェントを使い倒すためには自分の状況を細かく伝えていく必要があるでしょう。

キャリアのことは確かに個人的なことなので、あまり他人に話したくないとも思うかもしれませんが、転職エージェントもあなたに良い転職をしてほしいと思っています。

そういった際に自分の情報を以下に細かく伝えられるかで、転職エージェントのサポートの質も変わってくるでしょう。

  • 今までどういうキャリアを歩んできたか
  • 今後どうなっていきたいか
  • 自分はどういった性質なのか

などをしっかりまとめてできるだけ自分の現状や思いを伝えていくようにしましょう。

自分のキャリアの棚卸しはどこまでやる? あなたは自分の客観的に見た強み、イメージ、人物像などを正確に把握できていますか? この自分のこと...

3.面談の目的を決める

登録して面談をしに行くとなったときに、なんとなくで行ってもいいですが、面談の目的を決めることが大切です。

漠然と行ってしまっては漠然とした結果しか得られないでしょう

まだよく分からない状況だとしても、「なんとなく行く」のではなく、

・今の仕事は辞めたいけど分からないからまず情報が欲しい
・行きたい業界があるので、行ける可能性を知りたい
・やりたいことを見つけるヒントにしたい


など転職に対してあまり決まっていなくても、目的を決めることはできます。

しっかり目的を決めて面談を価値のあるものにしていきましょう。

4.応募企業の営業担当と話す

転職エージェントは求人を載せている企業に行っています。

問い合わせなり、営業なりで必ず関わらなければ求人は載せられません。

しかしあなたの担当になったカウンセラーが行ったとは限りません。むしろ行ったことの無い可能性の方が高いでしょう。

なので実際の企業の雰囲気を知るために、その企業を外からしっかり見ている営業担当と話すのがいいです。

資料に載らない雰囲気まで知ることができるでしょう。

5.フィードバックをもらう

応募企業の面接後に転職エージェントにフィードバックをもらいましょう

転職エージェントはあなたがどうだったのか応募企業から聞いているはずです。

ちょっときついことを言われる可能性もありますが、必ずあなたのためになりますし、転職では自分が出やすいので、そのフィードバックは転職だけでなく普段の仕事にも役立つでしょう。

自ら教えてくれる転職エージェントもありますが、なかなかはっきり教えてくれないので、メールでも電話でもいいので聞くと、転職がより良く進んでいきます。

6.内定後改めて他エージェントに相談

内定が出てそこにそのまま就職というのもいいですが、より自分の転職の成功率を上げたいのであれば、内定が出た状態で他のエージェントに相談しに行くことをおすすめします。

転職をしていると、内定が出ると求められて嬉しくなり、内定が出た企業が良く見えがちです。

そういったときに他エージェントに行き「内定を持っているのですが、判断基準を持ちたくて」ということをしていくと、より正確に職を選べるでしょう。

時間はかかってしまいますが、次の職場をより良くしていくために内定が出たら一度立ち止まって考える時間を作った方が良いです。

7.早めに転職したいと伝える

転職エージェントも結果を出さなくてはならないので、やはり早く転職しそうな人に力を入れます。

必要以上に転職エージェントの顔色を気にしなくてもいいですが、

  • 転職しようか迷っている
  • 一刻も早く転職をしたい

となったら後者は短期間で色んな求人が紹介されるでしょう。

まず求人を紹介してもらわなくては、転職エージェントを使い倒すことも難しいので、「いい求人があったらすぐにでも転職したい」というといいです。

転職しようか迷っている人でも、自分の理想に100%合った企業があれば転職するはずなので、間違ってもいないでしょう。

転職エージェントには必ずと言っていいほど「いつ頃転職をお考えですか?」と聞かれるので、「いいところがあればすぐにでも」と答え、内定が出てから考えることをおすすめします。

 

転職エージェントを使うときの注意点

次に転職エージェントを使い倒す際の注意点を説明していきます。

転職エージェントを使い倒すコツをしっかりやっても以下のことを破ってしまうと台無しになってしまうので、気をつけていきましょう。

嘘はつかない

面接ではもちろんですが、転職エージェントを使い倒す際も嘘をつかないということは非常に大切です。

もしかしたらばれない可能性もありますが、ばれたら確実に転職に不利ですし、つくろって入社しても大変な思いをするでしょう。

あくまで企業とは相性なので、転職エージェントの判断を正確にするためにも、嘘や盛ったりすることはないようにするといいです。

基本的に転職エージェントはあなたの転職を手伝ってくれるものなので、転職エージェントにいいように見られようとしてもデメリットしかないでしょう。

言いなりにならない

転職エージェントも商売としてやっているので、エージェント側の都合もあります。

「この企業は最近紹介できてないから持っていってみるか」「この企業は紹介料が高いから紹介したい」などといったように。

もちろん転職エージェントも利益のことだけ考えているわけではありませんが、利益のことを考えないと生き残っていけないのも事実です。

転職エージェントの言いなりで「ここが良いと思いますよ」と言われそのままその会社に入っても、充実していかない可能性が高いでしょう。

自分なりに軸を作った上で転職エージェントの話を聞いていくとより良い転職ができるようになります。

 

転職エージェントを使い倒して転職を成功させよう

今回は転職エージェントを使いこなす方法とコツについて紹介しました。

転職エージェントは非常に便利ですが、上手く使わないとより良い転職はできないでしょう

転職エージェントを使いこなすことで、転職の質も効率も上げていくことができます。

転職エージェントを使いこなして、より良いキャリアを描いていってください。

【関連記事】

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...