転職のやり方完全ガイド!この4つのステップで自分に合った企業に内定を!

転職のやり方って?

転職しようかな」と一度でも思ったことがあるかと思います。

ですが、「転職するのも時間がないし、新しいこと覚えるのも何かと面倒だし」と、なあなあで今の会社で働いていませんか?

転職をすることが今後のキャリアを必ず良くしてくれるわけではありませんが、合っていない企業で働いていると、面白くもなく、成長もしていかないといった最悪の状況に陥りてしまう可能性が高いでしょう。

今回は、そういった「転職しよう」と思っている人から、「今の会社で5年後10年後働いている姿を想像できない」という人のために、転職のやり方について紹介していきます。

転職のやり方を知っておくと、いつでも転職できるようになって、心に余裕をもって働けるようになるので、ぜひ最後まで読んで、転職のやり方をマスターしてください。

 

転職のやり方の4つのステップ

さっそく転職のやり方の4つのステップから紹介していきます。

ざっくりいうと転職のやり方の流れは以下のようになっていて、この後に面接が来て、内定をもらうという形になります。

まず転職の流れから紹介していき、その後細かい中身のやり方について説明していくので、順を追って読んでいただくと分かりやすくなっています。

1.自己分析をして自分の価値観を整理

まず転職のやり方として、自己分析は絶対に外せません。

もしかすると、「今の会社は違う」と思って、仕事中に自己分析が無意識に進んでいる人もいるかもしれませんが、言語化してまとめておくことが大切です。

人は感情の生き物で、極端な話、家にいるときと仕事をしているときの気持ちすら違うので、ちゃんと自分がどういうときにどう思うかということを知っておくと、良い転職ができるようになるでしょう。

転職のやり方として、まず自分と向き合ってどういった状況になっていけばいいのかということを、言語化していく必要があります。

2.転職サイトやエージェントで情報を集める

次に転職のやり方として、自己分析と同時進行で進めていきたいのが、転職サイトやエージェントで情報を集めるということです。

転職のやり方として、自己分析はしっかりやった方が良いですが、期限をある程度決めないと、いつまでたっても自己分析している状態になってしまいます。

さらに転職エージェントでは、求人を紹介するだけでなく、転職のプロが今までの知識を元に自己分析も手伝ってくれます。

そのため、転職エージェントに登録して、面談日を決め、そこまでにある程度自己分析を進めていくといったやり方が、転職成功者の進め方です。

流されて転職するといった心配もありますが、必ずしも転職エージェントに相談してその場で求人に応募しなくてはいけないわけではないので、安心してください。

3.求人に応募する

自己分析をある程度まで進め、色んな求人を見ていったら、次は求人に応募といった段階になります。

転職エージェントに相談をしに行くと、合いそうな求人を紹介してもらえますが、一度持ち帰るなり、転職サイトを見るなりして、しっかり考えていきましょう。

もちろん面接をしていくうちに判断していってもいいですが、内定が出ても行く気の無い企業と面接をするのは、正直時間の無駄です。

その求人のどこが良いのか、自分とどこが合っているのかというところをしっかり見ていきましょう。

ポイント.企業の口コミも利用しよう!

自分に合った企業を探すやり方として、企業の口コミを利用するのもおすすめです。

企業の口コミでは、リアルな働く情報を得られるので、良いと思う企業があったら口コミも見ていくとより良い企業を見つけることができます。

企業研究は口コミまで使うとうまくいく? 企業研究って結局どこまですればいいのかよく分からないですよね。 とりあえず企業のHPを見て志望動...

 

4.その企業に採用される対策をする

面接前最後の転職のやり方としては、”その応募企業に採用される対策をする”ということです。

転職の企業研究のやり方として、「自分に企業が合っているか」という点をはっきりさせることと、「応募企業に内定をもらう」という2つの観点でやっていく必要があります。

応募企業に内定をもらう企業研究のやり方としては、

  • 企業の求めている人物像を知る
  • 企業の目指しているところを知る
  • 企業が何をしているかはっきり知る

ということが大切になってきます。

企業の求めている人物像が分かることで、自分のどの点をアピールしていくと効果的か分かりますし、企業が目指しているものや何をやっているかを知っておくと「自分がどのように役に立てるか」ということをアピールできるようになります。

転職のやり方の面接前最後のステップとして、「応募企業に内定をもらえる企業研究」をやっていきましょう。

転職には企業研究が最重要 転職をしようとなった際、しっかり自分に合った結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか? 人や企業によって...

 

転職先(求人)の探し方

転職のやり方として次に転職先(求人)の探し方について紹介していきます。

求人に応募しないと、転職は進んでいかないので、しっかりチェックして、できそうなことからやっていきましょう。

転職サイト

まず一番簡単な求人の探し方としてあるのが、転職サイトです。

転職サイトは、登録するだけで求人を見ることができるので、転職のやり方としてはかなり簡単にでき、取り入れていくべきでしょう。

「今の仕事はちょっと違うかもしれない」と思っている人は、ひとまず転職サイトに登録だけでもしておくことをおすすめします。

もし今よりもっときつくなったり、精神的に追い込まれてしまったりした場合は「1から転職活動をするのも難しい」といった状態になり、嫌々今の会社で働くことになる可能性があります。

そういった際に一度転職サイトに登録だけしておけば、本当に嫌になったときにすぐ動けるようになるので、転職サイトに登録だけでも今のうちにしておきましょう。

サービスはすべて無料ですし、5分あれば登録できるので、ぜひやっていってください。

まず登録しておくのにおすすめなのはリクナビNEXT

転職のやり方として、まず登録しておくのにおすすめなのがリクナビNEXTです。

リクナビNEXTの良い点は以下の通りです。

  • リクナビNEXT限定求人が85%あり他では見られない求人がある
  • スカウトサービスがついている
  • 強み診断のツールが優れている

リクナビNEXTでは多くの求人を見ることができて、企業からのスカウトも受けられ、強みの診断もできるので、転職の強い味方になってくれます。

まず登録しておくべき転職サイトでしょう。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら→リクナビNEXT

転職サイトについて詳しく知りたい方は、こちらもチェック

転職サイトは比較して賢く使おう 転職する際に真っ先に思い浮かぶのが転職サイトだと思いますが、どんな転職サイトがあるかご存知ですか? 転職...

転職エージェント

転職先の探し方はもちろん、転職のやり方として転職エージェントが一番おすすめです。

転職エージェントでは、求人を紹介してくれるのはもちろん、自己分析を手伝ってくれたり、企業に合わせた面接練習までしてくれるので、転職の効率が一気に上がります。

転職エージェントには、転職をしようか迷っている人も多く相談に行き、エージェント側も話を聞いて転職する必要が無い場合、転職を止めるといったこともあるので、気軽に使うことができます。

まず「今の仕事はちょっと違うかもしれない」「もっと他にやりたいことがある」という人は、まず転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...

スカウトサービス

スカウトサービスと言って、自分の情報を登録しておくと、企業の方からスカウトが来るといったものも、転職のやり方としておすすめです。

スカウトサービスの良い点は、条件が良いことが多いということです。

ある程度実績がないとスカウトされるのも難しいですが、スタートアップ企業も増えていて、色んな能力が市場から求められていて、登録しておくと、かなりの好待遇で採用されることもあります。

登録してスカウトを待つだけなので、ほぼ手間はかかりませんし、転職のやり方としておすすめです。

「今の仕事は違うけど、何がやりたいのか分からない」という人は、ぜひ登録してみてください。

スカウトサービスでおすすめなのは、CMでもおなじみのビズリーチで、20代で年収1000万で迎え入れられたといった事例もあったりします。

色んなやり方をして、転職をより良くしていってください。

ビズリーチの公式サイトはこちら→転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

効率的な転職のやり方のポイント

ここからは、効率的な転職のやり方のポイントを紹介していきます。

転職の効率を上げていくことで、より短時間で自分に合う企業に出会える可能性が高いので、やり方をしっかり覚えておきましょう。

期限を切ってやる

転職は、自分から相手企業や転職エージェントに働きかけていかないと、現状は何も変わっていきません。

そして「まず自己分析をしよう」と漠然と思っていても、時間をある程度決めていかないとだらだらしてしまい、すぐに30代を超え、転職に不利な年齢になってしまいます。

仕事しながら転職活動していくと、かなり忙しくなるとは思いますが、忙しいからこそ時間をしっかり管理して、転職活動をやっていきましょう。

効率的な転職のやり方として、まず転職エージェントの面接を1週間後などに取り付けてしまい、そこに向けて、自己分析を終わらせるといったやり方をしていくと、効率的に進むのでおすすめです。

完璧な自己分析というのもいくらやってもほぼ無理ですし、転職エージェントも自己分析を手伝ってくれるので、ある程度見切りをつけてやってきましょう。

複数のやり方をやっていく

転職のやり方としては、色んな方法を使ってやっていくことをおすすめします。

転職の具体的なやり方として、挙げられる方法は、

  • 転職サイトで求人を見る
  • 転職エージェントに相談しに行く
  • 良い企業ないか知人に調査する
  • 業界誌や会社四季報を見ていく

などです。

色んな方法をとっていくことで、単純に出会える企業の幅も広がりますし、色んな経験をすることで、人生にいい影響があるでしょう。

サイトやエージェントも合う合わないあるので、色々使ってみて良いものを選んでいくと、より良い転職ができます。

 

転職のやり方の注意点

ここからは転職のやり方として、つまずきがちでなかなか内定が出なくなってしまったり、合わない企業に転職してしまわないように、注意点を紹介していきます

良い転職をするためにしっかり確認してください。

条件や人の話に流されすぎない

転職のやり方として情報収集は重要になってきますが、人の話にも、ネットの情報にも嘘や主観は入ってきます。

知り合いが働いていて「この会社残業やばいよ」などと言っていても、その人の部署だけということもありえます。

人の話やネットの情報を参考にはしていきますが、流されすぎるのは良くないでしょう。

しっかり自分の優先順位や軸を持つことで、必要以上に流されなくなるので、自己分析でそういった優先順位や軸をしっかりさせていきましょう。

転職エージェント選びをしっかりする

転職のやり方としてエージェントを使うことをおすすめしますが、選び方はしっかりしていきましょう。

転職エージェントは全面的に転職のサポートをしてくれる分、合わないところと進めていくと、非常にやりにくくなってしまいます

基本的に大手の転職エージェントであれば、それぞれの業界や業種に精通している人がいて、カウンセラーも多く在籍しているので、合わないことが少ないので、まず大手の転職エージェントに登録して相談してみると良いでしょう。

合う合わないは担当にもよるので、使ってみないと分からないところがありますが、使ってみて良いところと多く取引をするといったやり方がおすすめです。

 

まず登録するべき3つの転職エージェント

転職のやり方として、まず転職エージェントに相談すると良いということを紹介しました。

ここからはそういった転職をしていくためにおすすめな転職エージェントを紹介していくので、転職を始める際は利用してみてください。

1.リクルートエージェント

まず登録しておくべき転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは

  • 未公開求人が10万件以上
  • 41万件以上の転職サポート

と圧倒的な実績があり、転職でも業界トップと言われているので、まずリクルートエージェントは使うことをおすすめします。

また各業界、各職種に精通したアドバイザーを抱えているので、レベルの高いサービスを受けることができ、どんな人が使っても役に立つでしょう。

リクルートエージェントは転職するにあたって、まず登録するべきエージェントなので、ちょっとでも転職をしようと思っている人は、ぜひ登録して相談しに行ってみてください。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら→リクルートエージェント

2.マイナビエージェント

マイナビエージェントも業界の中ではかなり大きい転職エージェントなのでおすすめです。

特にマイナビエージェントは職種としては営業職、業界はITやゲーム、ウェブに強いと言われているので、そういった職種、業種を目指す人は登録しておくべきでしょう。

取引社数は15,000件以上と、リクルートエージェントに比べると少し少ないですが、優良企業が多いと噂されているので、良い企業に出会うためには、良いでしょう。

特に関東エリアの転職に強いと言われているので、当てはまる人はぜひマイナビエージェントを使ってみてください。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら→マイナビエージェント

3.パソナキャリア

パソナキャリアも転職をしていくのにおすすめな転職エージェントです。

パソナキャリアの良いところは、サポートに圧倒的に時間をかけて、深掘りしていくことで、通常面談は30分~1時間程度ですが、パソナキャリアは1.5時間~2時間ほど使って、あなたを徹底的に深掘りします。

パソナキャリアは方針としても「正しい転職」を目指していて、転職すべきではないと客観的に判断したら転職を止めることもあります。

利用者の声としても、「熱心に話を聞いてくれる」「夜遅くに相談もできる」と言った声が上がっていて、転職者に寄り添ったサポートであることが分かります。

パソナキャリアではあなたを深掘りして、自己分析も手伝ってくれるので、「転職しようか迷っている」という人にもおすすめです。

ぜひパソナキャリアで、転職するかというところから考えていってみてください。

パソナキャリアの公式サイトはこちらから→パソナキャリア

 

まずは総合転職エージェントに登録する

転職エージェントは業界特化型や、条件(第二新卒、ハイキャリアなど)によって特化したものもありますが、まずは総合転職エージェントを使っていくことをおすすめします。

確かに特化型のエージェントは、上手く選ぶと効率良く転職が進みますが、自分の幅を狭めてしまうことになるので、おすすめはできません。

「この仕事で生きていく」と決めているのならいいのですが、総合転職エージェントでカウンセリングを受けることで、思わぬ適性や好きなことが見つかることもあるので、まず総合転職エージェントで幅広く見るのが良いでしょう。

「転職しようか」「なんの仕事にしようか」と迷っている場合、親身にヒアリングをしてくれると言った口コミも多いことから、特に『パソナキャリア』がおすすめなので、ぜひ相談しに知ってみてください。

 

転職のやり方をマスターしよう

今回は、転職のやり方について紹介しました。

転職のやり方を知っておけば、いざというときに動けるようになりますし、すでに「今の会社ちょっと違うかも」となっているのであれば、「転職活動」をしてみても良いでしょう。

転職のやり方も間違えると、なかなか内定が出なかったり、合う企業に出会うことが難しくなってしまいます。

ここで紹介した転職のやり方は、各方面の転職者や転職エージェントに調査をして、まとめた方法なので、しっかり守ることで、合う企業に内定をもらうことができるでしょう。

ぜひ転職活動を始めて、合う企業を見つけてください。

【関連記事】どれを選べばいいの?転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント!