転職エージェントはしつこい?メリットデメリットと使い方を徹底分析!

contents

転職エージェントを使うにはメリットデメリットがある

転職する際に、「転職エージェントを使おうかな」と考える人も多いかと思います。

多くの企業と繋がっていて、転職者に対し無料で自己分析の手伝い、面接練習、求人の紹介をしてくれる転職エージェント。

転職者にとってはかなりありがたい存在ではありますが、「流されて転職をしてしまった」「連絡がしつこい」という人がいるのも事実です。

転職成功者はいい意味で上手くエージェントを利用して、自分の理想のキャリアを歩んでいきます

そこで今回は、利用者や業界の人に徹底調査し、転職エージェントのメリットデメリット、転職エージェントを使うべき人使わない方が良い人を紹介していきます。

転職を考えていて、自己流で転職活動をしていくのが不安な方は、ぜひチェックしてください。

 

そもそも転職エージェントとは

転職エージェントも、場所によって多少は変わってきますが、基本的な転職エージェントについて説明していきます。

リクルートエージェントに代表される転職エージェントは主に求職者に対して、以下のようなことをメインでやっていくものです。


基本的には、担当がついて1対1でやっていきますが、企業によってはスクール形式でやるところだったり、自己啓発できるところだったりといった内容を用意しているところもあります。

転職エージェントは基本何万人と転職の手伝いをしていて、実際紹介する企業にも行っているので、強い味方になってくれるでしょう。

転職エージェントを特に使うべき人

転職エージェントは使うデメリットもありますが、転職をしていく際ほとんどの人の役に立ちます。特におすすめしたい人は以下のような人です。

  • 転職が初めての人
  • まだ自分のやりたいことがはっきりしていない人
  • 面倒ごとをやりたくない人

転職が初めてで自分だけでやっていくと、内定が出るか出ないかをセンス任せにすることになるので、効率が悪いです。

また転職エージェントではいくつか質問をしてくれ、その質問であなたに合う企業を探してくれるので、やりたいことを見つけるヒントにもなります。

そして応募企業の選定や、スケジュール調整など面倒ごとを代わりにやってくれるので、面接に集中できるでしょう。

自分で直接企業とやり取りするとなると、「このメールのマナー大丈夫かなあ」や「早く返さないと悪影響かも」と意外とストレスがかかります。

面倒ごとを任せられるという意味でも転職エージェントは利用する価値があるでしょう。



 

企業側の転職エージェントを使う目的


企業側の使う理由も理解しておいた方が転職エージェントを使う際に役に立つので、企業側の目的を説明していきます。

ちなみにここでいう企業とは、転職エージェントに求人を載せている企業ということです。

自社に合う人を紹介してもらえる

転職エージェントは、企業に人を紹介して定着(半年間勤務など)をしていかないと収益が出ない仕組みになっています。

よって転職エージェントは、その企業に合った人を紹介しなくてはなりません。

またネットが発達しているので、良くない求職者ばかり紹介する転職エージェントはすぐ悪い評判をつけられ、発展してくことができないでしょう。

そのため、自社が求めている像を伝えておくことで、それに近い人物を紹介してもらえます

これが結構重要で単純に採用する人を見つけやすいということと、転職エージェントが一次面接の役割をしているとも言え、企業にとって時間を短縮できるところでしょう。

そういったように自社にある人を紹介してもらうことで労力を少なくいい人材を採用できるようになります。

応募者が増える

有名企業であれば、応募者が中途でも応募者が殺到して選んでいくことができますが、あまり有名でない企業はそもそも面接者を集めることすら難しいです。

企業側も消費者向けのBtoCの企業なら良く知られていますが、企業向けのBtoBであれば、一般人に知られることはないので、応募者を募るのは難しいでしょう。

企業として人気がないから人が来ないのではなく、そもそも企業向けのサービスをしているBtoBの企業は一般人に知られていないだけで、優良企業も多くあります

求職者としても転職エージェントを使うことでそういった企業を知ることができるので、メリットになるでしょう。

 

転職エージェントを使うデメリット


転職エージェントを使う際に、デメリットはしっかり確認してから使っていった方が良いので、まずデメリットから紹介していきます。

デメリットをしっかりチェックして、転職エージェントを使うか使わないか判断していきましょう。

エージェントに都合のいい転職をさせられてしまう可能性がある

今の時代は評判はすぐに回りますし、あまり合わずすぐやめられてもエージェントも困るのであまりないですが、転職エージェントも業者なので、利益や付き合いも考えて仕事をしています。

どうせなら利益の高い方、「この企業最近紹介できていないからこの企業を紹介しよう」など担当者の都合が入る場合も、考えられなくはありません

すべてに疑ってかかる必要はありませんが、自分でしっかり考えておかないと流されるということが、転職エージェントを利用するデメリットです。

しっかり自分でも判断軸を曲げないようにしましょう。

人気企業は結局難しい

転職エージェントも多くの人を紹介しているので、エージェントにあるみんなが就きたいような人気の企業はどうしても難しい、というのもデメリットです。

また難しいのはもとより、転職エージェントでは、基本的に内定が出そうな企業を持ってくるので、ちょっと難しいかもと思われる企業は紹介すらしてもらえないでしょう。

いくら履歴書や面接の対策をしてくれるからと言って相性がよくなかったりレベルの違う企業に就くことはできないといったところが転職エージェント使うデメリットです。

隠れた優良企業を見つけたい場合は、自分で転職サイトなどで探した方が手っ取り早いかもしれません。

転職サイトは比較して賢く使おう 転職する際に真っ先に思い浮かぶのが転職サイトだと思いますが、どんな転職サイトがあるかご存知ですか? 転職...

担当により差が大きい

もちろん何かしらの経験を積んだ人が担当についてくれますが、転職の相談はあなたが最初という人ももちろんいます。

不慣れな担当者に当たってしまうと、理想の転職が出来ない可能性もあるので、転職エージェントを使うデメリットと言えるでしょう。

また業界や職種によっても転職は大きく変わってくるので、その業界に精通した担当者が理想的な担当者になってきます。

この転職エージェントのデメリットを打ち消すには、あまり合わないと感じたら担当の変更を申し出るのも一つの手です。

転職エージェントに行くという手間が増える

転職エージェントを使うデメリットとして、物理的な手間は増えてしまうということもあります。

転職エージェントには自分から相談しに行き、基本的に最初に相談するのと、面接練習や履歴書添削をすることで2回1時間ほどは使うことになるでしょう。

求人の紹介や履歴書の添削などで通過率が上がり、結果として時間は短縮になる可能性はありますが、最初に時間を使うことになり、在職しながら転職していくのには、かなり多忙になってしまいます。

面接などに自信があれば、転職サイトのリクナビNEXTなどで直接応募した方が早いでしょう。

転職サイトとエージェントは違う 転職する際に色んな方法をとっていくと思いますが、その中でも勘違いされがちなのが、転職(求人)サイトとエージェン...

転職エージェントにも得意分野がある

転職エージェントにもそれぞれ得意な分野があり、出来ることが変わってきます。第二新卒専門、IT専門、営業専門を語っているところはもちろんですが、総合転職でも得意分野は若干変わってきます。

転職エージェントの優劣は、企業とパイプを持っているかという違いもあるので、より合う企業を見つけていきたい場合は、いくつも登録する必要があるでしょう。

また細かいところまでは実際使ってみないと分からない、といったところも転職エージェントのデメリットになります。

求人を見る量は限られる

転職(求人)サイトであれば、数千数万といった数の色んな記事を見ることができますが、転職エージェントで見れる企業は10~20といったところでしょう。

そのため、「転職エージェントに紹介されて転職したけど、転職してからもっと良い企業が見つかった」といったことも起こります。

ただ、転職エージェントは、”合った求人””ネットに公開されていない求人”を紹介してくれるので、求人の質は高いです。

転職エージェントで質の高い求人を見つつ、転職(求人)サイトで、たくさんの求人を見て、優良企業を見落とさない工夫が必要でしょう。

転職サイトは比較して賢く使おう 転職する際に真っ先に思い浮かぶのが転職サイトだと思いますが、どんな転職サイトがあるかご存知ですか? 転職...

転職エージェントによっては連絡が大量に来る

転職エージェント側からしても、企業に人を紹介したいという気持ちがあるので、登録や相談をしに行ったら、しっかり連絡を入れます。

相談しに行った転職エージェントを使って、しっかり転職をしていくのであれば全く問題はありませんが、登録だけをしてあまり使わないとなると、連絡がたくさん来て面倒ということもあるでしょう。

転職エージェントからの連絡がめんどくさいという人は、

  • 合いそうな転職エージェントをしっかり選んで登録する
  • 合わないと思ったらすぐにメールなどを停止する

といったことをしていくと、連絡が来て面倒ということはなくなるでしょう。

転職エージェントから電話が来ることもありますが、一度電話に出て「もう大丈夫です」と言ったら連絡はなくなるので、心配はないでしょう。



 

転職エージェントを使うメリット

次に転職エージェントを使うメリットを説明していきます。

求職者にとって転職エージェントをうまく使いこなすと、転職の成功率がかなり上がるので、しっかりチェックしてください。

客観的意見を得ることができる

転職において客観的意見をもらうことは非常に大切です。

自分について的確に理解している人はほとんどいませんし、面接官も人なので人によって感じ方は違うでしょう。

そういった面接対策という意味でも、仕事を見つけていくという意味でも、客観的意見をもらえることで、より良く転職が進んでいくということは、転職エージェントを使う大きなメリットです。

また相手は何人もの転職をサポートしてきたい人なので、自分の身近な転職経験のある友人などより的確なアドバイスをくれると言った点もメリットになってくるでしょう。

客観的意見を知ることで、面接の通過率は大きく上がっていくので、転職エージェントを使うメリットと言えます。

効率よく企業に会える

転職エージェントによって合同面接会など効率的に多くの企業に会える仕組みを持っているエージェントもあります。

また普通に面接していくにも、合いそうな企業をピックアップしてくれるので、行ってみて全然違ったということが少なくなるでしょう。

こちらは一人でやっていたら確実にできないことなので、多くの企業に会って判断したい人はこういった制度があるエージェントを利用することは大きなメリットになるでしょう。

転職フェアは意味がない? 「転職フェアなんて意味がない」 「電車広告で転職フェアの情報見たけどあれって何なんだろう」 「転職フェア...

表にあまり出ていない求人を紹介してくれる

転職エージェントに行く一番のメリットは非公開求人を紹介してもらえることです。

大手の転職サイトに載っていないような優良求人を紹介してくれる場合もあり、幅広く求人を見ることができます。

実は本当の隠れた優良企業は求人サイトに載っていなく、理由としては

ライバル企業に自社を知られないため
応募が多すぎてある程度選定した人しか会えない


といったことから、求人サイトに求人を載せていないです。

悩んでいる人、転職サイトで求人見ているけどなかなかピンとくるものがないという人は一度相談してみると、希望に合った企業に出会える可能性が一気に上がるでしょう

人事にプッシュしてくれる

面接で自分の魅力が伝えきれなかった場合、担当者が応募企業の人事にあなたの良さをプッシュしてくれると言ったことも、転職エージェントを使うメリットと言えます

担当者にも色々自分のことを話していくことになるので、担当者に伝わっているあなたの良さを伝えてくれます。

もうすでにやりたいことや行きたい企業が固まっている場合でも、こういったこともあるので利用するといいでしょう。

これだけが原因ではないと思いますが、個人的にもネットから応募した企業より転職エージェントを使った企業の方が面接通過率は高かったです。

第三者からの話はかなり信頼がおけるので、あなたの転職にかなりのメリットになるでしょう。

面倒ごとを任せられる

転職エージェントを利用することで、転職の際に必ず関わってきてあなたの時間を奪う、以下のことを任せることができるので、転職の効率が上がります。

  • 履歴書の添削
  • 求人探し
  • 面接日程の設定
  • 面接対策
  • 配属先やポジションの交渉
  • 入社関連手続き

履歴書や面接対策も自分で考えていく必要はありますが、自分だけでやるとダメだった理由を自分で仮説を立てて試していかなくてはなりませんが、対策をしてもらえると効率良く転職力を上げていけます

転職エージェントを今まで使ってこなかった人はエージェントを使って転職することで、かなり楽に転職出来るようになるでしょう。

退職トラブルの相談もできる

新しい職場とだけでなく、退職する会社とのトラブル相談もできることも転職エージェントを利用するメリットでしょう。

良く分からない書類にサインをして損害賠償をされたり、契約違反と言い辞めることに数百万要求されるということも、実例としてあります。

そういった退職のトラブルも相談でき、解決に向かっていってくれることも転職エージェントを利用するメリットです。

安全に退職するためにも転職エージェントを使っておくといいでしょう。

社内の雰囲気や資料に載らないことを知れる

転職エージェントは実際に求人紹介する企業に行っているので、資料に載らない雰囲気などを知れるというのもメリットでしょう。

自分で面接しに行くときも、場合によっては個室に通されるのみで働いている雰囲気などを知ることは難しいので、非常に職場を決める際に役に立ちます。

雰囲気が合うかというところもより良く働くためには非常に重要なので、転職エージェントを使って雰囲気がわかるというのは大きなメリットです。

早く転職できる

転職エージェントを利用することで、スピード感持って転職できるという点もメリットです。

最初から自分にしっかり合う企業を探し出し、完璧な履歴書や面接ができればいいのですが、そういった人はほとんどいません。

そうなると自分で試行錯誤していかなくてはなりませんが、転職エージェントを利用すると客観的に意見をもらえ、より通過しやすくなるので、メリットになっていくでしょう。

とにかく早く次の職場を見つけたい人は面倒でも転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

転職成功者が使っている転職エージェント


転職エージェントも相性がありますが、専門家や現役人事の意見を踏まえ、転職成功者が使っているエージェントを紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはどのサイトも勧めていると思いますが、それだけの理由があります。

そもそも非公開求人が10万件以上と圧倒的な数あるので、仕事の選択肢を増やすためにも登録しておくと転職成功に近づけるでしょう。

ただ求人数が多いだけでなく、40万人以上の転職を支援してきた実績から、各業界、職種に応じた質の高いサポートを全て無料で受けることができます。

リクルートエージェントのおすすめポイント
・求人数が圧倒的に多い
・40万人以上の転職を支援してきた実績
・土日や平日の夜も対応してくれる

転職や転職エージェントの基準を知るためにも、リクルートエージェントに登録をしておくと、より良く進めることができるでしょう。

リクルートエージェントは、「転職を初めてするから何から始めていいのかわからない」「サポート力が高い転職エージェントが良い」という人に特におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら→リクルートエージェント

DODA

DODAもリクルートエージェントとしのぎを削っている業界最大級の転職エージェントです。

約10万件の求人があり、大手・ベンチャー・外資、営業・企画・SEなど非常に幅広い仕事があるので、純粋にどんな仕事があるかを見るのにもおすすめとなっています。

DODAは相談をしに行って求人を紹介してもらうことも出来ますし、サイトから直接求人に応募もできるので、手軽に使えるところが良いでしょう。

ただやはり人気企業は応募が殺到しすぎてネットに載せておくことが難しく、非公開求人で優良企業が多くあるので、相談しに行くことをおすすめします。

DODAのおすすめポイント
・幅広い求人を持っていて選択肢が豊富
・サイトから求人を見て直接応募もできる
・超人気求人も多く扱っている

リクルートエージェントとは合う合わないの問題になってくるので、相談してみてしっくりきた方とメインで転職を行っていくのがいいでしょう。

DODAは、「まずは幅広く業界や仕事を見ていきたい」「大企業にも転職を考えている」といった人に特におすすめの転職エージェントです。

DODAの公式サイトはこちら→DODAエージェントサービス

パソナキャリア

パソナキャリアは求人数など規模においては、リクルートエージェントやDODAには劣りますが、サポートに対する姿勢が違います。

通常のカウンセリングは30分~長くても1時間ですが、パソナキャリアではしっかり深掘りするために1.5時間~2時間ほど使ってあなたを徹底的に深掘りします

また各業界・職種ごとにチーム体勢をとっているので、行きたい業界に対してより、細かい支援が受けられるでしょう。

DODAのおすすめポイント
・親身なサポートとの口コミが多い
・平日夜や土曜も対応してくれる
・しっかり深掘りしてくれるので自分の価値観を整理できる

リクルートエージェントやDODAは求人を見るために使っていき、パソナキャリアは自分の深掘りを手伝ってもらうために使っていくという使い方もおすすめです。

自分だけでは今後のキャリアがはっきり見えてこないという人は、ぜひパソナキャリアを利用してみてください。

パソナキャリアは、「転職が不安でじっくり相談しながらやりたい」「次の仕事だけでなく今後のキャリアまで考えて相談したい」という人に特におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリアの公式サイトはこちら→パソナキャリア

 

転職エージェントを使いこなすコツ

担当者の話を鵜呑みにしない

転職エージェントを使うデメリットでも話したように、担当者に都合のいい転職先に斡旋される場合もなくはないです。

転職エージェントをうまく利用するためには、自己分析を自分なりにやっていき、正しい情報なのか、自分のために言っているのか、商売のために言っているのか判断する力が必要でしょう。

転職エージェントからは、有益な情報を多く得られますが、すべて鵜呑みにせず自分なりに判断していくことが大切です。

またそこに自信がない場合は数社の転職エージェントと相談し、客観的な意見を手に入れることをおすすめします。

ある程度時間がかかるのは承知で進める

転職エージェントを通す分、理想の企業に当たる確率も上がるので何とも言えませんが、物理的にかかる工数が増えるので時間も増えがちです。

仕事が忙しく残業が常にあるような状態では、転職エージェントに行く時間を確保するのが大変になってくるでしょう。

ただ、一刻も早く転職したい場合も、また同じように転職したくなってしまわないように、じっくり相談して進めた方が良いかもしれません。

登録後ある程度連絡は入れておく

とりあえず登録して求人案内だけ見たいといった人に注意が必要です。

あまりこちらから連絡をしないともう決まったと判断され、案内が来なくなります

月に一度でもいいのである程度定期的にエージェントとは連絡を取るように心がけましょう。

「合えばすぐにでも転職したい」と伝えておく

転職エージェントもノルマがあり成果を出したいので、すぐに成果につながりそうな人には多くの求人が紹介されます。

ゆっくり進めていく場合でも「すぐに転職したい」と言っておいた方がよいでしょう。

複数の転職エージェントに登録をする

転職エージェントによって、企業とのパイプが変わってきます。

重複している求人も存在していますが、より良い企業を見るためには複数利用していくのがいいでしょう。

多くの企業を見ることができるという点もそうですが、転職が成功するかは転職エージェントとの相性にもよります

自分の言っていることをしっかり理解して求人を紹介してくれるか、力になるアドバイスをくれるかといったところは相性が大きいでしょう。

相性の良い転職エージェントを探すという点でも、複数応募して取捨選択していくのが良いです。

転職エージェントは使いこなさないと逆効果? 転職しようとなったらまず転職エージェントに相談しに行くことをおすすめします。 応募企業や職種...

 

転職エージェントはメリットデメリットをしっかり理解して使おう

今回は、転職エージェントのメリットデメリットについて紹介しました。

転職エージェントは使いこなせば、キャリア形成にとても役に立ちますが、使い方を間違えると転職歴だらけでどこも採用してくれないなんて状況にもなりかねません。

紹介したメリットデメリットをしっかり頭に入れて、自分の軸を持って転職エージェントを活用しましょう。

また、転職者への調査の結果から、転職成功者が使っているエージェントサービスを改めてまとめておくので、「転職エージェントを使ってみようかな」と考えた人は、ぜひ以下のエージェントを利用してみてください。

リクルートエージェント 10万件以上の求人、40万人以上の転職者をサポートしてきた実績
DODAエージェントサービス 10万件以上の幅広い求人、サイトからも応募できる
パソナキャリア サポート力が強く、どういったキャリアを歩んでいくかから相談できる

※クリックすると公式サイトに飛ぶことができます

転職エージェントのメリットデメリットをうまく活用して、理想のキャリアを歩んでいってください。

【関連記事】

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...