転職エージェントは複数利用するべき?成功者のエージェント活用法

転職エージェントは複数利用するべき?

「転職をしよう」と考えた時に、転職エージェントの利用を考える方が多いかと思いますが、巷では転職エージェントは複数利用するべきと言われています。

一説では、転職成功者は転職エージェントを平均して4.2社使っていたと言われていたり、転職エージェントを複数利用して、転職をしている人が多いです。

ただでさえ、忙しい中転職していく人が多いかと思いますが、なぜ転職エージェントは複数利用するべきと言われているのでしょうか?

今回は、そういった転職エージェントを複数利用するべきなのかというところから、複数利用していくときのポイントまでを紹介していきます。

今後転職しようか迷っている人、転職をしようと考えている人は、ぜひご確認いただき、転職を成功させてください。

 

転職エージェントは複数利用した方がいい

結論から申し上げますと、転職エージェントは複数利用した方がいいです。

理由としては、

  • 転職エージェントによって求人がかなり違う
  • 転職エージェントにも特色があり相性が悪いとやりにくい
  • 転職エージェントを比較しながら良いところを使っていける

といったことが挙げられます。

「忙しい中転職をしていくのに、何社ともやり取りできないよ」とお考えになる方も多いかと思いますが、転職エージェントとは頻繁にやり取りをしなくても転職していくことができるので、忙しくても2~3社と取引するのは難しくないでしょう。

ここからは、転職エージェントを複数利用した方がいい理由を詳しく紹介していき、複数利用する際のポイントを紹介してきます。

 

転職エージェントを複数利用した方が良い理由

転職エージェントは複数利用した方が良いと説明しましたが、ここからは、なぜ複数利用した方がいいかということを紹介していきます。

転職して、自分に合った職に就くために、しっかり集中して確認してください。

ぴったりの転職エージェントを見つけることができる

転職経験者であっても、未経験者であっても、的確にぴったり合う転職エージェントを見つけるのは難しいです。

扱っている求人はもちろん、転職エージェントは方針や分野まで常に変わっていくので、使ってみないことには”ぴったり合っているか”ということを判断するのは、難しいでしょう。

合わない転職エージェントと転職をしていくより、少し時間をかけてでも合うエージェント探しから始めた方が、転職もストレスなく進められるので、成功率が高まります。

様々な求人に触れることができる

転職エージェントを複数利用する一番大きな理由が、扱っている求人が違うということでしょう。

複数の転職エージェントを使うことで、単純に出会える求人数が増えるので、理想の企業に出会える確率が高まります。

また、転職エージェントも、何人も同じ企業に人を紹介していたら、「どういった人が評価されるか」「どういった質問が来るか」といったデータもあるので、面接通過率を高めてくれるでしょう。

理想の求人に出会うためにも、面接の通過率を上げるためにも、複数の転職エージェントを使うことをおすすめします

特色がそれぞれかなり変わってくる

転職エージェントも、効率重視でサクサク求人を紹介してくれるところ、じっくり自己分析を手伝ってくれるところ、など様々な種類があります。

ここに関しては、どれがいいというよりは、相性や目的によって変わってくるので、複数利用していくことで、どういった進め方が合うかということも理解できるでしょう。

後半で特色ごとにまとめた転職エージェント、どう使っていくと自分とエージェントの相性が分かるかといったことも紹介していくので、ぜひ確認してください。

様々な視点からアドバイスをもらうことができる

転職エージェントに相談をしに行っても、基本的に担当がついてその人としか話さないので、もちろん客観的に見ようとはしてくれますが、その担当の主観も入るのが現実でしょう。

合う企業を見つけたり、面接を通過したりすることは、かなり細かいところで決まってくるものなので、一人の意見ではなく、複数人から意見をもらった方が成功しやすくなります

また、ここで意見をもらっておくことで、自分の特徴や癖、良い点や悪い点を振り返ることができ、今後の仕事にも役立ちます

耳が痛いことを言われるかもしれませんが、しっかり耳を傾け、自分についてどういう印象をもつのかといったことも、分析していくと転職も上手くいくでしょう。

 

転職エージェントを複数利用するときのポイント

まずは転職エージェントを2~3社から利用する

転職エージェントを複数利用するといっても、とにかくたくさん登録しようといった形で進めていくと、扱いきれなくなってしまいます。

仕事を辞めて転職に力を入れるのであれば、5社程度扱っていくことは可能ですが、在職中に転職をしていくのであれば、2~3社が扱える限界でしょう。

1社に絞ってしまうと、転職エージェント自体や、担当、求人などを比較できないので、おすすめしませんが、多すぎるのも扱いきれなくなってしまうので考えものです。

まず2~3社に登録、相談しに行き、「合わないかも」と感じたら、違う転職エージェントを利用していくといった方法をおすすめします

合わないと思ったらまずは保留する

転職エージェントもかなりの数あるので、合わないかもと思ったら、一度置いておいて他のエージェントに相談してみるのが良いでしょう。

転職エージェントも直感で合わないと思ったら、なかなかその印象が変わることがないので、取引を続けても、時間の無駄になってしまいます。

そういった際に、転職エージェントの持ち駒を無くさないためにも、複数利用していくのがいいでしょう。

同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

気になる求人があったら、たくさん応募した方が良いんじゃないかと思い、同じ求人に複数の転職エージェントから応募する人がいますが、やめておいた方が良いです。

数年単位で期間が空いていれば同じ求人に応募もできますが、企業側としては、同じ人を短期間で何度も面接するメリットは薄いので、企業にとっては少し迷惑になってしまうでしょう。

魅力的な求人にどうしても採用されたい気持ちは分かりますが、逆に評価が下がってしまうので、気をつけていきましょう。

複数利用は隠さなくていい

転職エージェントには、複数エージェントを利用していることは、隠さなくても大丈夫です。

むしろ言ってしまった方が良いでしょう。

転職エージェントを複数使っていることを言わないと、他のエージェントから応募している求人を紹介されたときにごまかして答えなくてはならなくなるので、「こういった求人は興味ないのかな」と思われてしまいます。

転職エージェントは、担当がどの求人を持ってくるかもかなり重要なので、その精度を下げないために、複数利用は言っていった方がいいでしょう。

 

タイプ別の複数利用におすすめの転職エージェント

ここからは、タイプ別に複数利用するのにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

先におすすめから紹介していくと、以下の3つにまず登録して、相談することをおすすめします。

セットで登録することをおすすめするエージェント

リクルートエージェント
→求人数が多く様々な求人が見れる

パソナキャリア
→圧倒的なサポート力で徹底的に自分を深掘りしてくれる

JOBRASS転職
→ネットで求人を見てからエージェントに相談できる

 

ざっくりこういった特徴がありますが、詳しいおすすめポイント、利用法をここから紹介していきます。

リクルートエージェント

まず転職をしていく際に、おすすめのエージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、

  • 40万人以上の転職支援実績
  • 10万件以上の求人
  • 豊富な非公開求人

があるので、転職していく際にまずおすすめの転職エージェントです。

業界最大手として、40万人以上の転職を支援してきた結果からノウハウがたまっているので、どんな状況の転職者でも、役に立つでしょう。

リクルートエージェントの良くない口コミとしては、「担当者とあまり合わなかった」ということがありました。

人材最大手で人が多い分、担当に優劣はついてしまうでしょう。

ただ、担当は合わなければ変更できるので、問題なく利用することがでいます。

企業とのパイプも強く、幅広い求人が揃っているので、転職していくにはまずおすすめのエージェントです。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら→リクルートエージェント

パソナキャリア

パソナキャリアの良い点は、ずばり自己分析を徹底的に手伝ってくれるところで、普通の転職エージェントは面談1回30分程度ですが、パソナキャリアは1.5~2時間ほどかけて深掘りをしてくれます。

自分でやりたいことが分かり、将来のキャリアもかなり明確に描いているのであればいいのですが、ぼやっとしていたり、よく分からない場合は人の手も借りて、自己分析を進めていくと、何か見えてくるものがあるでしょう。

もちろん求人数も業界の中ではかなり多く、良い求人も見つかりますが、パソナキャリアはカウンセリングの口コミが非常に良く、「平日の21時にも対応してくれた」といった、口コミもあるので、強い味方になってくれます。

「自分が何やろうか迷っている」「自己分析とかよく分からない」という方は、ぜひ無料でパソナキャリアに相談してみてください。

パソナキャリアの公式サイトはこちら→パソナキャリア

JOBRASS転職

JOBRASS転職のおすすめポイントは、求人をたくさん見れるということです。

リクルートエージェントやパソナキャリアなど、一般的な転職エージェントでは、以下の流れて転職を進めていくので、見れる求人”数”は少なくなってしまいます。

転職エージェントを利用する流れ
転職エージェントに登録

転職エージェントから連絡が来て面談を取り付ける

面談をして担当が合いそうな求人を持ってくる


一方でこのJOBRASS転職は、まずネットで求人を見てから、転職エージェントに相談をしに行くことができます。

そのため、転職後に「こんなところあったのか、こっちの方がよかったかも」と思う可能性が減るので、ぜひ合わせて利用していくことをおすすめします。

「求人をたくさん見て、比較していきたい」といった方にJOBRASS転職はおすすめです。

JOBRASS転職の公式サイトはこちら→JOBRASS転職

 

しっくりくる求人がなかった時におすすめの転職エージェント

ここからは、上記の転職エージェントに相談してみても合わなかった場合に次相談するのにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

先におすすめの転職エージェントを紹介しておくと以下の通りです。

 

複数利用におすすめの転職エージェント

DODA
→求人数が多くリクルートエージェントといい勝負

JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)
→特に海外や外資系に強い

マイナビエージェント
→営業職、WEB系に強い

ワークポート
→未経験歓迎の求人が多い

 

こちらも非常にいい転職エージェントが揃っているので、気になるエージェントがあれば、こちらから登録してみても良いでしょう。

DODA

DODAは、求人数がリクルートエージェントと同レベルで日本トップクラスにあるので、「いい求人がない」と感じた時に、相談しに行くことをおすすめします。

もちろんリクルートエージェントなどの他の転職エージェントと被っている求人もありますが、非公開求人や企業との独自のパイプを持っているので、相談することで新たな求人を見ることができるでしょう。

また、満足度が非常に高い転職エージェントとも言われているので、「なかなか転職が上手く進まないなあ」と感じた時に、相談すると、転職がより良く進むようになります。

先ほど紹介した3つの転職エージェントに次いで、かなりおすすめできる転職エージェントなので、時間を圧迫しないのであれば、ぜひ相談しに行ってみてください。

DODAの公式サイトはこちら→dodaエージェントサービス 

JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

ジェイエイシーリクルートメントの良さは、英語を使う仕事や外資系の求人、ハイクラスの求人が多いということです。

売り上げ規模で言うと、リクルートエージェント、DODAの次と言われていて、かなり大きく、アジアを始め世界的に認知度の高いエージェントサービスです。

「外資とか海外求人ってなんか難しそう」と感じるかもしれませんが、みんながそう感じているからこそ、手を出してみるという価値はあります。

日本の企業とはかなり違った雰囲気で働けるところも多く、実力が認められると数100万の昇給などといったこともあるので、長期的なキャリアにいい影響を与えてくれるでしょう。

また、英語をビジネスレベルで身に着けていたり、外資系の結果主義で戦っていくと、実力はついていくので、「次の仕事では力を着けたい」という方には特におすすめの転職エージェントです。

もちろん難しい側面もありますが、外資系と言っても、英語が必ず必要なわけでもありませんし、しっくりくる求人が無かったのであれば、幅広く見ていく方が良いので、ジェイエイシー リクルートメントはおすすめです。

JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)の公式サイトはこちら→JACリクルートメント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの良いところは、それぞれの業界に精通したアドバイザーがいるので、業界について深く知ることができたり、業界ごとの面接対策が優れているところです。

採用業界で大手であるマイナビが、徹底的に企業を分析していて、企業の本音を聞き出しているので、転職に対して良い情報を得ることができるでしょう。

使った人からも「業界についての知識がすごい」「もっと早く使っておけばよかった」という声が多く、提供される情報に対しての満足度が高い転職エージェントです。

採用業界大手として、様々な人気の企業から、隠れた優良企業まで様々な企業とのパイプがあるので、ぜひ相談してみてください。

マイナビエージェントの公式サイトはこちら→マイナビエージェント

ワークポート

ワークポートのおすすめポイントは、未経験歓迎の仕事がたくさんあるので、新たな発見があるかもという点です。

エンジニアや、マーケティングなど、実績や特別な能力がないとできないと思われがちでそもそも転職のストライクゾーンに入れて考えていない人もいますが、今はかなり未経験の仕事にも就きやすくなっています。

理由としては、今日本は人不足と言われていて、有効求人倍率も高まっている点と、その対策として、難しいと言われる仕事でも早くできるようになる仕組み作りにも、企業は取り組んでいるといった点です。

そのため、「今の仕事は合っていないかもしれない」と感じている人は、未経験歓迎の仕事を見ていくことで、合う仕事を見つけやすくなるでしょう。

ワークポートは「なかなかいい仕事が見つからない」と感じている人におすすめの転職エージェントです。

ワークポートの公式サイトはこちら→ワークポート

 

転職エージェントは複数利用して転職を成功させよう

今回は、転職エージェントは複数利用するべきかということを紹介しました。

忙しさにもよりますが、転職エージェントは2~3社ほど利用していくことをおすすめします。

理由としては、

  • ぴったりの転職エージェントを見つけることができる
  • 様々な求人に触れることができる
  • 特色がそれぞれかなり変わってくる
  • 様々な視点からアドバイスをもらうことができる

といったことからです。

ぴったりの転職エージェントに出会い、色んな人からアドバイスをもらうことが出来れば、もう転職は成功したようなものなので、複数の転職エージェントに相談して理想の転職をしていってください。