転職で失敗しないための会社、仕事の探し方のコツと注意点!

転職は仕事探しが最重要?

転職は仕事を探して、面接をしていくという流れですが、仕事の探し方が非常に大切です。

合う会社を見つけることができれば、充実して働くことができるのはもちろん、面接も簡単に通ります。

企業としても「この人は自社と相性が良さそう」と思うと、多少のマイナス面があっても、内定を出すことが多いです。

今回は、そんな合う企業を見つけ、内定をもらうための仕事の探し方を紹介していきます。

相性の良い企業を見つけると、キャリアも生活もガラッと変わり、充実していくので、「今の会社はちょっと違う」と感じている方は、ぜひチェックしてください。

 

転職で仕事の探し方が重要な理由

まず転職において、仕事の探し方が非常に重要な理由を紹介していきます。

先に紹介すると、

  • キャリアをしっかり積み重ねるため
  • 結果を残すため
  • 能力的な自己成長をしていくため

といった点からです。

仕事の探し方が大切な理由をしっかり理解して、『正しい転職』を進めていきましょう。

キャリアを積み重ねるためには企業と相性が大切

人気企業はあっても、100人中100人に良い企業はありません

今活躍しているような人も、企業との相性が良く、しっかり能力をつけてキャリアを積み上げてきたからにすぎません。

また、面接の通過も能力やアピールの仕方も大切ですが、相性が良ければ通過率がグッと上がります。

条件面も大切ですが、相性の良い企業に出会わないと、成長することも充実することも難しくなってしまうので、仕事の探し方が非常に大切でしょう。

環境が変わることで一気に成果が上がることもある

前職で全くパッとしなかった方が、転職をしてトップセールスになるといったことが実は頻繁に起こっています。

その転職をして結果を残し、昇給や昇進、自己実現をしていくためには、仕事の探し方をしっかりして、合う企業に就職する必要があるでしょう。

自己成長にも環境が非常に大切

社会人としての成長は、ほとんど入った会社で決まると言っても過言ではありません。

環境が与える影響は非常に大きいので、みんなが成果を出そうと努力をしている企業に入ることができたら、苦労せず努力できるようになるでしょう。

今後のキャリアを長い目で考えたら、どの仕事をするかは非常に大切なので、しっかり選んでいく必要があります。



 

仕事の探し方のコツ

ここからは、仕事の探し方のコツを紹介していきます。

正しい仕事の探し方をすることで、充実したキャリアを歩んでいくことができるようになるので、ぜひ確認してください。

仕事はやめずに転職活動をする

原則として、仕事はやめずに転職活動を進めていくことをおすすめします。

理由としては、

  • 収入源が無くなると焦ってしまう
  • 今の会社より良いことろが見つからない場合がある
  • 半年以上ブランク期間が続くと転職に不利になる

といった点からです。

どうしても時間が無くて、やむを得ず今の仕事を辞めて転職するのであればいいのですが、できたら今の仕事を続けながら、内定をもらうのが理想でしょう。

仕事をしながら転職活動を行えば「いい条件の企業がない、今の会社に残ろう」といった判断もできます。

転職には平均2~3ヶ月はかかると言われているので、今すぐ辞めたくても、せめて転職エージェントに登録は行って、仕事を辞めるようにしましょう。

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...

まずは自分の得意分野、好きなことの整理から

仕事探しをするにあたって、求人サイトを見たり、転職エージェントに相談をしに行ったりするかと思いますが、それより前にまずは自分の整理が必要です。

何度か紹介しましたが、転職は企業との相性が大切なので、企業との相性を見るために、まず自分を知ることが大切でしょう。

自分を知るために特に大切なのが、

  • 自分の得意なこと
  • 自分の好きなこと

を再確認していくことです。

「そんなこと分かってるよ」と思いがちですが、好きなこと得意なことは当たり前になっていて、改めて意識することは少ないので、しっかり自分と向き合った方が良いでしょう。

その企業だけでなく業界まで徹底分析をする

いくら良さそうな企業でも、業界が縮小していたり、ライバル企業が強すぎたりすると、働く上で上手くいかないことが増える場合があります。

また、面接で業界やライバル企業とどう違うかといったことは聞かれるので、しっかり確認していきましょう。

仕事の探し方としての企業分析をする範囲は以下の通りです。

応募企業、気になる企業はHPからニュースまで、出されている情報をすべて見るくらいのつもりで行い、その他に業界研究と、少なくとも2.3社のライバル研究は欠かせないでしょう。

徹底して、企業・業界研究をしていきましょう。

転職には企業研究が最重要 転職をしようとなった際、しっかり自分に合った結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか? 人や企業によって...

企業の文化について情報を集める

企業と合うか合わないか判断するためには、文化について色々聞きまわるのが一番いいと言われています。

仕事の内容は、似たようなことをしている企業もありますが、企業文化は根付いていて独特のものなので、違いが出るポイントになります

また、企業文化が合っていれば、多少辛くても充実して働くことができますし、内定ももらいやすくなります。

企業の文化については、

  • 実際働いている人
  • 求人を紹介してくれる転職エージェント
  • HPや企業インタビュー
  • 面接で雰囲気を見る

といったことをしていくと、ある程度知ることができるでしょう。

色んな方法で企業の文化を知るということを意識して、仕事を探していきましょう。

志望度についてランクをつける

転職で仕事を探していくにあたって、色々な企業を見ていくかと思いますが、しっかり基準を決めないと「ここもいい、あそこもいい」となりかねません。

そういったことに陥らないようにやって欲しいのが、企業についてランクをつけていくことです。

もちろん実際働いてみなくては分からないこともありますが、入社前に手に入る情報で、合う企業か判断をしていくために、情報を並べて比較していくことが効果的でしょう。

A社 B社 C社
仕事内容 3 5 4
給料面 2 3 4
残業時間 5 4 2
企業文化 3 5 4
会社や業界の将来性 4 2 4
自己実現できる 2 4 3

といったように大切な条件を並べて、それぞれが5点満点中どのくらいかを考えていくことで、自分の価値観もはっきりしていき、仕事が探しやすくなるでしょう。

迷った際は特に、要素に分けて、数字で考えるというのも試してみてください。

プロにアドバイスをもらう

転職を一人でしていくと、つまずいている部分が分からなかったり、なかなかうまく進まないということが起こりやすいです。

仕事探しは、プロから客観的な意見をもらい進めていくことで上手くいくでしょう。

転職を支援してくれる転職エージェントには、

  • ヒアリングをして客観的に見てくれる
  • 合いそうな求人をいくつか見せてくれる
  • 実際企業に調査をしていて企業の実態も知っている

といった特徴があるので、仕事探しに役立ちます。

今回紹介した内容もしっかり頭に入れていただきつつ、転職エージェントといった転職のプロにアドバイスをもらいながら仕事探しを進めていきましょう。

転職エージェントはどれを選べばいい? 面接練習や基本マナーから求人の紹介まで、転職を支援してくれる転職エージェント。 転職者の9割がエー...

 

転職で仕事を探す際の注意点

ここからは、転職の仕事探しをする際、絶対気をつけなくてはならない注意点について紹介していきます。

多くの方が、失敗してしまうポイントなので、確実にチェックしていきましょう。

当てはまるように書かれていることに注意する

求人情報において「○○な人」「△△の経験がある人」という項目があり、「これは自分のことではないか」と親近感を感じることがあるかと思います。

ただ、そう思われるように求人も書いている場合があるので、実際面接などでしっかり確認していく必要があるでしょう。

求人にも本音と建て前があるので、そのことをしっかり意識だけはしておかないと、流されて転職してしまう可能性が上がってしまいます

転職エージェントに流されない

具体的な求人の探し方は、

  • 転職エージェント
  • 求人サイト
  • 直接知っている企業に応募

といったことになってきますが、転職エージェントを使う際には注意が必要です。

転職エージェントは、企業に人を紹介することで利益が出るビジネスなので、転職することを進めてきて「とりあえず受けてみたら?」と促されることが多いです。

そういった際、とりあえず受けて受かったところに入ってしまうと、また「この会社は違うかも」となってしまう可能性があるので、注意していきましょう。

あまり合わない企業を受けても、時間の無駄にもなってしまうので、流れで決めずにある程度は吟味することで、転職がより良く進みます

情報を鵜呑みにしない

「企業はできるだけ人を採用したい」「転職エージェントはとにかく企業に紹介したい」など、それぞれの立場で叶えたい目標があります。

そのため、企業が自社の良い事しかアピールしないなど、情報が加工されて伝えられる場合が多いので、どの情報も鵜呑みにしない方が良いでしょう。

面接ではほとんど残業がないと言われたけど、入社してすぐから残業だらけになったといった声もあります。

情報源の取り扱い方

求人情報 良いところしか書かないので、
真意を読み取る必要がある
ネットの口コミ 偏った情報になる可能性が高いので、
たくさん集める必要がある
面接で伝えられること 不都合なことはあまり言われないので、
事実以外はあまり参考にならない
実際働いている人の話 面接や転職エージェント経由だと
利害関係があるので、できるだけ利害関係が
なく実際に働いている人を探す

実際働いている人に会ったり、企業の口コミもチェックして、しっかり情報を精査していきましょう。

企業研究は口コミまで使うとうまくいく? 企業研究って結局どこまですればいいのかよく分からないですよね。 とりあえず企業のHPを見て志望動...

 

転職で失敗しないために仕事の探し方を極めよう

今回は、転職で後悔しないための、仕事の探し方について紹介しました。

仕事の探し方さえしっかりすれば、面接通過率も格段に良くなり、転職が上手くいくようになります。

また、充実したキャリアを歩んでいくためには、合う企業に入るということが非常に重要なので、ぜひ仕事の探し方をしっかり学んで、良いキャリアを歩んでください。

仕事の探し方が学べたら、次は転職の具体的なやり方について見てみましょう。

転職のやり方って? 「転職しようかな」と一度でも思ったことがあるかと思います。 ですが、「転職するのも時間がないし、新しいこと覚えるのも...