転職で年収が下がる?転職することしないことのメリットとデメリット

転職は難しい?

「今の仕事はちょっと違うんだよな」と思っていても、「転職も面倒だし、難しそうだしなあ」と嫌々会社に勤めていませんか?

もちろん簡単に次の企業が決まるわけではありませんが、転職もかなりしやすくなっているので、転職も含め自分に合う企業を探していくことが、より良いキャリアを歩んでいくために必要でしょう。

今回は、今の仕事がちょっと違うと考えているけど、「転職するもの勇気いるしなあ」という人のために転職するメリットデメリットを紹介していきます。

今の時代40年同じ企業に勤める人の方が珍しくなっているので、ぜひ転職も一つのキャリアの歩み方として考えてみてください。

 

転職をするデメリット

転職をしていくにも、良いことばかりではないので、まず転職していくのにデメリットを紹介していきます。

辞めようと思っている理由としっかり検討して考えていくのが良いでしょう。

給料とやりたいことは基本トレードオフ

まれにやりたいことが出来て、転職すぐに給料アップする人もいますが、短期的にには給料が低くなってしまうでしょう。

また退職金なども下がってしまうので、お金の面では、減ってしまうこともあります。

もちろんそれも能力によりますが、新しいことに挑戦する際などは、過去の結果で見ることができないので、昇給は難しいです。

しかしやりたいことにしっかり取り組む方が結果も出やすく、年金や退職金は減っても生涯年収は多くなる傾向にあるので、やりたいことを見つけていくのが良いでしょう。

短期的でなく長期的にやりたいことや、給料を考えていくのが良いでしょう。

転職では解決することしないもある

やりたいことができた転職であれば、より良く働ける可能性が高いですが、何か不満がある転職をする場合注意が必要です。

特に

・人間関係
・仕事内容が合わない可能性がある

といったようなところは、転職して解決することも多いですが、解決するとは限らないでしょう。

逆に

・年収
・勤務地
・仕事の内容

などは変えていくことができるので、そういった点に不満がある場合は、大きなデメリットにはならないです。

一から覚えるのは大変

職種や業種が変わる場合はもちろんですが、今の仕事と近い職場に転職をしたとしても、やり方が違ったりして、体力を相当使います

外からの目線が役に立ち、業務が改善していくこともありますが、基本的に合わせるのに大変で、3ヶ月程度は仕事以外のことはほぼできないでしょう。

新卒の際もかなり体力を使ったと思いますが、転職でも同じくらい体力を使います。

新しい知識や能力が身につき、キャリアをより良くしていける可能性は高いですが、結構大変な思いをすることになるでしょう。

手に入れたものを失う

あなたの必死で覚えた仕事であったり、獲得した人事評価であったりを捨てていくことになります。

新しい職場では社会人としての経験がある分、今の職場より早く評価を得られる可能性は高いですが、大変ではあるでしょう。

ただ過去の成功に固執してしまうと、次の成功は得にくいと言われているので、難しいところではありますが、きついことには変わりありません。

 

転職をするメリット

ここから転職していくメリットを紹介していきます。

転職をうまくすると今後のキャリアを劇的に良くしていくことができるので、しっかり見ていきましょう。

幅広い知識が付く

例え同業種同職種に就く場合でも、商品の細かい部分や、働いている人が変わっていくので、色んな知識を身に着けることができるでしょう。

また違う職種や業種に転職する場合はもちろん色んな知識が身に着きます。

この考えが非常に大切で、営業でトップクラスになるのはちょっと難しいですが、営業×デザインで交渉力のあるデザイナ―になったり、営業×エンジニアで、プログラミングに詳しい営業としてであればかなり高いところにいけるといったこともあるでしょう。

今の仕事になかなか夢中になれない場合、今の仕事の知識は活かしつつ、他の知識と組み合わせていくと長期的により良いキャリアを歩むことができます。

長期的には給料も上がる可能性は高い

状況によってしまいますが、ほとんどの場合転職したら短期的に給料は下がってしまいますが、長期的には上がる可能性が高いです。

今の仕事の知識を活かすこともできますし、よりやりたい仕事なので、モチベーションを高く取り組むこともできるでしょう。

最近の企業は新卒じゃないと昇進が難しいといった企業も減っていて、むしろ中途社員が高い地位を占めていることが多いです。

今の社会は”いかに数字で結果を出すか”が大切なので、より良く結果を出せる方法を選んでいくことで、給料も上げていくことができるでしょう。

より良い仕事につける

転職しても解決しない場合もありますが、新卒だとしても2回目、転職している人は数回目の就職活動になるので、より良い仕事選びができるでしょう。

実際社会に出ているので、リアルを知っている状態で仕事選びができるのは強いです。

また知り合いにしても、学生時代に比べると働いている人がほとんどになると思うので、色んなリアルな意見を聞くことができるでしょう。

学生の時など人事の話は聞けるということもありましたが、人事は悪いことをあまり言いませんので、実際親しい人から、希望している業界などの話を聞けるのは強いです。

あまりそういう人がいないという人も、転職に向けて知り合いを増やすと、キャリアをより良くしていくことができるので、ぜひやっていってください。

評価がリセットされる

働いていると、良い評価だけでなく、悪い評価やイメージを持たれることもあります。

悪い評価をされてしまうと、昇進に影響が出るだけでなく、任せてもらえる仕事も変わってきてしまい、自分の幅を狭めることになります。

そういったように評価がリセットされるので、新たなイメージを着けることが出来て、仕事を進めていくことができます。

同じ仕事ばかりでつまらないという人は特に良いメリットでしょう。

 

転職しないデメリット

物事にはなんでもメリットデメリットがあり、もちろん転職しないことのデメリットもあります。

転職をするメリットに近くはなりますが、転職しないデメリットも考えていくことで、後悔しないキャリアを歩むことができるので、紹介していきます。

気づいたときには使えない人になる

もちろん1つの会社を長く続けて、その後転職してキャリアアップしていく人もいますが、良くも悪くも慣れてしまうので、気づいたときに使えない人になっている場合があります。

またいくら成長しようと思っていても、人は楽をするように出来ているので、強く律していったり、社外の人とコミュニケーションをとっていかないと難しいでしょう。

転職では転職の面接でもそうですし、転職後もそうですが、新たに評価されたり、必要とされなくてはならないので、頑張るきっかけになります。

社会人として成長していくには、いかに一日一日を大切にして、めんどくさいことをやっていくかといったところにあるので、外と関わっている方が危機感を持つことが出来成長できるでしょう。

その会社の評価と社会の評価は違うので、その会社で有能だとしても、社会的に使えない人になっている可能性があります。

倒産した際のリスクが高い

やむを得なく、辞めなくてはならない際に非常に困ります。

縮小している企業では、リストラも増えていますし、今時大企業でも倒産の可能性はあるので、そういったときに転職するとなると困るでしょう。

転職を視野に入れずに倒産を迎えてしまうと、その企業だけで使える人になってしまい、転職も難しいです。

世の中自体が不安定なので、転職も視野に入れて、動いていくのが良いでしょう。

不満には我慢するしかない

転職をしないのであれば、不満には我慢するしかないでしょう。

長く続けることで解消することもなくはないですが、基本的に自分が合わせなくてはいけません

そういった場合知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまい、やりたいことが分からなくなってしまったり、なぜか疲れていたりしてしまうでしょう

人は逃げ場がないと精神を病むと言われているので解消できる場所がないと、大変な思いをする可能性もあります。

マンネリ化して退屈になる

同じことを何年単位でずっとしていると、しっかり好きなことでない限りマンネリ化してしまうということがあり得るでしょう。

マンネリ化してしまうと、頑張って結果を出すというより、最低限やって時間をどう過ごすかという感覚になってしまうので、結果を出せなくもなってしまいます。

部署異動など柔軟にできるようであれば、ある程度は解決していけますが、転職した時のワクワク感ややる気になることはなかなか難しいでしょう。

客観的な自分の市場価値が分からない

自分の市場価値という言葉が使われて久しいですが、転職をしていかないと、自分がどの程度”社会で”通用するのかということが分かりません。

仕事を長く続ければ続けるほど、この感覚が強くなってしまい、転職した方が良いと思った際も、自分が通用するのかわからず、なあなあで仕事を続けるといったことも起きてしまいます

ここのデメリットは実際に転職をせずとも、転職エージェントに相談するなどしていき、転職をリアルに考えるというだけでも解決していくので、仕事に悩んだらやっていった方が良いです。

気づいたときには、転職できない、転職が怖いといった状態になってしまいます。

今働いている企業が伸び続ければいいのですが、業績が悪くなったら待遇も悪くせざるを得ないので、泥船に乗ることになってしまうでしょう。

 

まず転職活動をしてみる

転職しようか迷っているのであれば、「転職活動」をしてみることをおすすめします。

転職活動」とは、転職サイトを見て自分に合いそうな求人を探したり、転職を全面サポートしてくれる転職エージェントに相談をしにいくということです。

一番キャリアを考えるきっかけになるのが転職エージェントに相談することで、実際人に相談することで、自分がどんな仕事が向いていそうか、どういった職場なら勤められそうかといったことが分かるでしょう。

転職エージェントの初回の面談も1時間程度で終わるので、悶々と働くより、行動してしまった方が良い結果が出るでしょう。

転職エージェントも、紹介企業に定着してくれないと、利益が出ないので、無理に転職させられるということも少なく、「転職活動」してみた結果、やっぱり残ろうとすることもできます。

残ることになっても、無駄な時間にはならず、「色々見た中でもここが良い」となっているので、しっかり働いていくことができるでしょう。

今の仕事はちょっと違うと思ったら、まず「転職活動」してみてください。

転職の全面サポートを無料で向けたい方はこちらをチェック→20代に本当におすすめできる転職エージェント6選!男性も女性も!【2018年度最新版】

 

自分ができそうな仕事をチェックだけしたい方はこちら

転職活動をしようと思っても、「どうしても時間が取れない」という人は、リクナビNEXTを利用することをおすすめします

リクナビNEXTでは、求人を見れるだけでなく、条件を登録しておくことで、スカウトメールと言って、あなたを欲しいという企業から連絡を受けることができます。

グッドポイント

リクナビNEXTは転職者の8割が使っていると言われていて、スカウトメールや求人を見れる他、自己分析に役立つ非常に優秀な強み診断もあるので、あなたの転職の強い味方になってくれるでしょう。

3分あれば登録できますし、転職や今後のキャリアに役立つ情報満載なので、ぜひチェックしてください。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら→リクナビNEXT

 

転職のメリットデメリットを比較していいキャリアを!

今回は、転職のメリットデメリットについて紹介しました。

より良くキャリアを歩んでいくために色んな働き方を考えていかなくてはならない時代ですが、転職するかについては慎重に考えた方が良いでしょう。

メリットデメリットを天秤にかけて、状況によっては転職活動だけ始めてしまい、より良いキャリアを歩んでいきましょう。

転職エージェントはどれを選べばいい? 面接練習や基本マナーから求人の紹介まで、転職を支援してくれる転職エージェント。 転職者の9割がエー...