キャリアを大切に!転職を繰り返してしまう人の8つの特徴と対策法!

転職を繰り返すのは良くない?

転職を数回することに何の問題もありませんし、キャリアアップのためにどんどん転職していく人も今の時代たくさんいます。

しかし目的もなく数か月など短期間で何度もしてしまうとキャリアに傷がついてしまって、転職がしにくくなっていってしまうでしょう

今回は、短期間で目的のない転職を繰り返してしまい、キャリアを傷つけてしまう人の特徴を紹介していきます。

転職をする際や、仕事の取組み方で、仕事がしにくくなり、つまらなくなってしまう特徴を紹介していくので、しっかりチェックして、充実したキャリアを歩んでいきましょう。

 

転職を繰り返してしまう人の8つの特徴

早速転職を繰り返してしまう人の特徴を紹介していきます。

しっかり確認して、今後のキャリアをより良くしていきましょう。

1.大変なことがあると退避に向かう

働くということは大変なことなので、大変なことは必ずあります。

そこでどうしたら乗り越えられるかと考えられる人と、辞めてしまおうと考えてしまう人がいます。

もちろん辞めた方がいい状況にある人も多くいますが、あまり逃げてばかりいると面白さが分かる前に辞めてしまい、面白い仕事に出会える可能性が低くなってしまうこともあるでしょう

どうしてもきついときはしょうがないですが、辞めようと思っても一度踏ん張ってみましょう。その踏ん張りが5年後10年後強さになって返ってきます。

ストレスをうまく処理していく方法については以下でまとめているので、ストレスでどうしようもない方は以下もチェックしてみてください。

ストレス耐性の高め方って? あなたはストレスに強いと胸を張って言えますか? 職場に怒られたり失敗したりしてもめげずに、果敢に仕事を取って...

2.自分のことを理解できていない


本当の意味で自分が何が好きでどういうことをしたら楽しくて、どういうことが起こったら嫌なのかということが分かっていないと、転職を繰り返すことになります。

簡単に見つかることではありませんが、しっかり自分について向き合う時間が必要なので、忙しい中でも定期的に自分と向き合うようにしてきましょう。

たまに立ち止まっても好きなことや大切な物は逃げていきません。

  • 何が好きなのか
  • 何が嫌いなのか
  • 自分のキャパはどのくらいなのか
  • 自分は起こったことに対してどういう反応をするのか

といったように、自分のことをしっかり理解して、自分を分析していくことで、憂鬱な気分にならず働くことができるでしょう。

逃げて転職をしてしまっていると感じているのであれば、「逃げないようにしよう」と考えるより「自分はどういうときに逃げてしまうのか」をはっきりさせて、そうならないようにしていくのが先決です。

3.転職で問題解決していない

給料にしろ勤務時間にしろ仕事内容にしろ、転職で問題解決をできていないため、転職を繰り返してしまうかと思います

もちろん実際働いてみたら違ったということは多くありますが、働く企業を決める際は慎重になりすぎることはないくらい慎重になりましょう。

合わない企業で働くことも、転職を繰り返すことも、自分が苦しくなっていってしまいます。

もし今転職活動をしている、転職を考えている人がいたら、下記しているパソナキャリアというエージェントはじっくり時間をかけて一緒にやりたいことを考えてくれるので、一度相談しに行ってみてください。

転職エージェントのパソナキャリア

4.やりたいことを本気で考えていない

やりたいことと言えば簡単ですが、本気で考えていない人があまりに多すぎます。本当にその仕事はやりたいことなのでしょうか?一生やっていける仕事でしょうか?

また結婚を第一に考えているから安定している企業に勤めようなんて言う人もいます。

正解はありませんがここを本気で考えることにより、大変になったときに思い出し、踏ん張ることができます

何をしたいのかどうなっていきたいのか考えていきましょう

やりたいことの見つけ方については以下で紹介しているので、やりたいことが分からない方はこちらもチェックしてみてください。

やりたいことが見つからない… やりたいことって自分が望んでいることなので、本来であればすぐ出てきますし、一日のほとんどを費やす仕事はやりたいこ...

5.やりたいことがない


やりたいことや目標がなくて、どうしても頑張れないという方もいますよね。20代など若いころにはなおさらかと思います。

こういう期間はやりたいことを見つけるために転職をある程度していってもいいかもしれませんが、やはり仕事の楽しさはある程度続けないと分からないので、何とか踏ん張ることをおすすめします

何とか踏ん張りながら力をつけたり他の収入源を手に入れたりして、その後の生活を考えていきましょう。

私の知り合いであるベンチャー企業の社長も「欲だけはこっちから働きかけても持たせるのは無理だから、欲を自分の中で持っていないと成果は残せない」と言っていました。

やりたいことを見つけるという意識を捨てないように生活していきましょう。

6.自分の価値を上げていきたい

こういった前向きな動機から転職を繰り返す人ももちろんいます。

これは素晴らしい事なのですが、実際しっかり力がついて転職をしているかということを考えていきたいところでしょう。

個人的に自分の価値が上がっていると思っていても、次受ける企業には「大変なことに耐えられないんじゃないか」と思われてしまっては本末転倒です。

しっかり客観的に力がついているかの確認していくことをおすすめします。

7.飽きっぽい

今まで長く同じことをやってきたことがない、付き合っている人や住んでいる場所をコロコロ変えるといったいわゆる“飽きっぽい”人は仕事も続きにくいです。

そもそも何年も同じことをやるという感覚がないので、仕事を次々に変えてしまい、それが当然になってしまいます。

元々の性格として持ってしまっている人は仕事は続きにくいので、逆に短期集中型で色んなことを極めるチャンスがあります

実業家のホリエモンこと堀江貴文さんも飽きっぽいことを公言していて、飽きっぽいほど成長しやすいとまで言っています。

飽きっぽさを強みにしていくつものことに手を出していきましょう。

8.無力感がある

自分なんかだめだと思っている人も、転職を繰り返してしまいがちです

自分に自信がないので、辞めても誰も気にしないむしろ喜ばれると考えていたり、自信がないと辛いことがあるとすぐくじけてしまいます。

自尊心なんて言い方もしますが、この無力感は出来るだけなくしていった方が仕事もしていきやすいです。ダメな自分を受け入れる、少しだけ頑張って自分をほめるなどをして無力感を無くしていきましょう。

無力感がどうしても抜けない方は以下の記事も見てみてください。

 



 

転職を繰り返してしまう人の対策法

ここからは、転職を繰り返してしまう人の対策を紹介していきます。

転職を繰り返したくない方、今後充実感を持って働きたいと考えている方は、しっかりチェックしてください。

自分のことを知る

転職を繰り返してしまう人は自分への理解が薄いです。

自分はこれが好きで、これが嫌い、こういうことがあると嫌な気持ちになるなどしっかり理解していますか?

万人に良い企業は無く、より良く働いていくためには自分に合った企業を探していく必要があります

自分を知って企業を知って合いそうか、続けていけそうか考えていくようにしましょう。

また今辞めたくなっているけど辞めるわけにいかない人は、自分の嫌なことに関わらないようにしていきましょう。

辞めるくらいなら色んなやり方を試してからでもいいかもしれません。

自分のキャリアの棚卸しはどこまでやる? あなたは自分の客観的に見た強み、イメージ、人物像などを正確に把握できていますか? この自分のこと...

ストレス耐性を高める

転職を繰り返してしまう人って、生真面目な方が多いです。

「自分は役に立っていないのではないか」「こんなことでミスをしていては迷惑をかける」といった気持ちからあまり居心地が良くなく、いつの間にか嫌になってしまうという。

そういった人は、ぜひストレス耐性を高めてください。

ストレスも受けやすい人、受けにくい人がいて、ストレスを受けにくくすれば辞めたい気持ちも上手くコントロールできるようになります

ストレス耐性の高め方って? あなたはストレスに強いと胸を張って言えますか? 職場に怒られたり失敗したりしてもめげずに、果敢に仕事を取って...

転職で悪い点を改善する

転職を繰り返してしまう人は、今の職場が嫌になってしまいとりあえず辞めて焦って次の仕事を探しがちです。

そうなると、とりあえずよさそうなところに入社してしまうので、また嫌になって転職するという流れになってしまいます。

もし自分は転職を繰り返してしまっていると思っていて、次の転職は失敗したくないと考えているのであれば以下のように転職をしてみてください。

・今の仕事を辞めずに転職活動をする
・自分の理想の職場を真剣に考える
・とりあえずで仕事を決めない


仕事を辞めずに転職活動をしていけば金銭的には余裕があるので、焦った転職をする心配がなくなります。

またしっかり仕事を考えていくことで合う職場は見つかっていくので、求人を見る前に自分の理想を考えてそこに当てはまるような企業を見ていきましょう

なんとなく求人を見てしまっては「ここもいいしあそこもいいし」となってしまい判断ができなくなってしまいます。

転職のやり方って? 「転職しようかな」と一度でも思ったことがあるかと思います。 ですが、「転職するのも時間がないし、新しいこと覚えるのも...

辛くても修業期間と割り切る

辛いということは慣れないことをしているという証ですし、普通に生活してたらやっていないことをしているということです。

例え辛くて極限まで力を抜いて楽をしてやっていても、その普段一切やらないことをやった経験は、あなたの力になります。 

今後そういう人向けにした仕事をする際に役立つこともありますし、何より実体験の経験があるということだけでも、非常に有益です。

きつくて投げだしてしまいたいと思うこともあると思いますが、長期的に考えて修業期間と割り切ってしまいましょう

得意なことを仕事にする

仕事を一番投げ出しにくいのは得意なことを仕事にすることです。

好きなことを仕事にしても、上手くいかないと投げ出してしまいたくなりますが、あまり好きでなくても得意なことであれば楽にできるので、投げ出してしまいたいという気持ちにはなりにくいです。

人間の心理は「自己実現の欲求」より下の層に「承認の欲求」があり、やりたいことをするより先に認められることを求めているという説もあります。

【参考記事】
人間の欲求を知って仕事に活かそう!マズローの欲求五段階説!

好きで得意であることがベストですが、なかなかないかと思います。

好きなことと言われてもわからなくても得意なことなら、なんとなくわかるのではないでしょうか?

もし得意なこともわからない場合は以下の記事で強みの見つけ方としてまとめているので、こちらもチェックしてみてください。

転職はテンプレではダメ!転職で使える強みの見つけ方!

 

転職を繰り返してしまう人は、まずは自分のしっかり向き合うことから

今回は、転職を繰り返してしまう人の特徴を紹介しました。

転職を繰り返してしまう人の特徴を振り返ると以下の通りです。

転職を繰り返してしまう人の8つの特徴
1.大変なことがあると退避に向かう
2.自分のことを理解できていない
3.転職で問題解決していない
4.やりたいことを本気で考えていない
5.やりたいことがない
6.自分の価値を上げていきたい
7.飽きっぽい
8.無力感がある


上記に当てはまった人は自分にそういう要素があることを理解して直していき、転職の際は慎重に企業を選んでいってください。

企業は相性なので、しっかり考えて転職活動をしていくことで合う企業に出会える可能性が高まっていきます。