エージェントにはどんな服装で行けばいいの?

就職活動って何かと服装にうるさかったりというイメージがありますよね。転職をする際も服装はうるさいのでしょうか?

今回は転職の服装についてまとめたので、ご確認下さい。

 

 

1.エージェントへの服装はなんでもいい

1-1エージェントの役割

転職の求人を紹介してくれたり、面接練習などをしてくれる転職エージェントですが、転職エージェントは企業に人を紹介することで、収益を出しています。

そのため求職者の服装で転職が不利になるということはありません。

 

1-2アドバイスはもらう

面接に行く際に自分の髪型や服装に清潔感があるか不安な場合、エージェントに第三者からのアドバイスをもらうのは良い事です。

よって私服でも問題はありませんが確認のためにスーツで行くのもいいかもしれません。

 

 

2.スーツで行くのが無難

2-1エージェントに良い求人を紹介してもらうため

エージェント側もある程度見込みのある企業を紹介します。もちろん頼めば色々紹介してもらえますが、分相応の企業を紹介されるのが基本でしょう。そのためそういったときに良い企業を紹介してもらうためにバシッとスーツで決めるということが効果的だったりします。

もちろん見た目が良いからと言って評価は激変しませんが、TPOに合わせた服装が出来るというのはビジネスでの一つの能力でもあるので、そこでアピールしてみてもいいでしょう。

 

2-2人は見た目が9割!?

基本的に人と関わるときは、話している内容より、見た目やしぐさ表情の方が印象をきめると言われています。なので出来るビジネスマンはびしっとスーツを決めているイメージが強いです。

そのためしっかりした格好をして悪いことはないので、スーツで行くという選択をするのが最も無難で評価を得やすいです。

 

 

3.今の生活に不満があるなら一度エージェントに行ってみよう

休みが少ない、給料が安い、上司と合わないなど職場に対する不満が転職をすることで一瞬で無くなることもあります。

現状年に300万人ほど転職をしているので、一度転職を視野に入れて、エージェントに行ってみるという行動を取ってみてもいいかもしれません。

一から転職の相談をするのであればこちらのパソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリア

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていき、一緒に“正しい転職”を目指していきます。

転職をするべきかというところも相談に乗ってくれるので、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

パソナキャリア

 

まとめ

エージェントに行く際の服装は正直なんでも評価が下がることはありませんが、びしっとスーツで決めている方が、少しだけレベルの高い求人を紹介してもらいやすくなります。

面接本番の確認も込めてスーツで行ってみてください。