スカウト事業経験者に聞いてみた!転職で有利になるキャリアとは!

世の中にはスカウトサービスと言って、登録しておくと企業からマネージャーで採用のオファーを受けるなどスカウトされるサービスもあります。

もちろんスカウトされる人材はとても優秀で、違う企業でも即戦力として通用すると思われています。

ではどのようなキャリアを持った人がスカウトされるレベルなのか、どうしたら転職に有利なキャリアを作れるのか、スカウト事業部経験者からお話を聞いてきたので、お伝えしていきます。

 

1.基本は経験業種・職種が有利

1-1企業も条件を絞って検索する

スカウト事業は特にですが、企業はシビアに直近で結果を出してくれる人を求めているので、自社に近い空気だったり、サービスだったりを経験している人を条件を絞って検索します。

例えば営業にしても個人なのか法人なのか、無形なのか有形なのか、実力主義なのか年功序列なのかなどの条件から判断して自社に合うかということを考えています。

給料アップやキャリアアップを狙って、転職を有利に進めていきたいのであれば近い企業を選びましょう。また突き詰めた能力を身に着けることで転職市場から求められる人材になっていきます。

1-2すぐに成果を出しやすい

社会人数年経験して、色々出来るようになっているかとは思いますが、未経験のことや物を扱うとなるとまた新卒の時のように習得するまでにかなり時間がかかります。

やはり転職市場に求められるのは即戦力、もっと細かく言うとすぐに利益を出せる人材です。

あなた自身会社にどれだけの価値をもたらせるでしょうか?

必要なスキルは職種にも業種にもよって変わってきますが、自分がもたらすことのできる価値を持っておくことで転職も有利に進められます。

 

2.客観的に見てすごい経験をする

2-1新人賞などといったワードで検索をかける

スカウトサービスの場合フリーワードでの検索ができます。

そういった際フリーワードに検索する内容は企業によって違いますが、企業ももちろん結果を残している人が欲しいので、“新人賞”“社長賞”“一位”“連続達成”等のワードで検索をかけます。

なので出来るだけ目に見える結果を残しておくことが、転職を有利にしてくれます。

2-2未達を無くす

とはいえ社内で賞を取るのはかなり難しいので、長い間継続的に結果を出しておくと、キャリアはかなり強くなります。

2年連続毎月目標達成などは絶対数が決まっていないので、自分の今後のキャリアのためにも未達を防ぐことでいいアピールができるようになり転職も有利になっていきます。

2-3未経験のことをするのにも結果があるといい

未経験職種、業種にチャレンジする際も今の仕事で結果を残しておくと有利になります。

向き不向きもありますが、一つのことで結果を残せる人は、次のことでも結果を残せると思ってもらいやすいです。

また転職をしていくことになっても共通部分をアピールしていくことで、高評価を得られるので、転職を考えながら仕事をしていく人も、辞めるしもういいやではなく、結果を残せるようにしていきましょう。

 

3.転職で有利になるキャリアの作り方

今時終身雇用はなくなってきているので、数年後にしっかり転職市場に乗れる人材になっていきたいですよね。

そういった際に今のうちからやっておくべきことをまとめたので、ぜひ行動に移してください。

3-1とにかく結果にこだわる

上記しましたが結果が本当に大切です。

転職市場に乗っていけるような人物になっていくためには、「この人ならうちに利益をもたらしてくれる」と太鼓判を押してもらえるくらいにならなくてはなりません。

その根拠として一番はっきりしているのが今までの仕事の成果なので、結果にこだわりましょう。

結果が伸び悩んでいる人はこちらもぜひご覧ください。

3-2コミュニケーション能力を高める

コミュニケーション能力は本当に大切です。

「そんなこと分かっているし散々鍛えてきたよ」と思ったかもしれませんが、コミュニケーション能力は高ければ高いほどいいです。

転職活動でもスキルや経験はないけど、話を聞く姿勢や、質問の意図を組んで的確に答えているという理由だけで内定をもらう人がいます。

究極のコミュニケーションは”相手を良い気持ちにさせること”なので、今一度以下のことを意識してコミュニケーション能力を高めていきましょう。

・人の話をしっかり聞く
・相手主体のコミュニケーションをする
・質問に対して的確に答える
・スピードを相手に合わせる

 

人の話をしっかり聞くということは自分ではやっているつもりでも知らぬ間に自分の話をしてしまっている人や、自分主体のコミュニケーションになってしまっている人も多くいます。

自分は大丈夫と高を括らず、定期的に見直すようにしていきましょう。

3-3情報を得る

転職に限らずですが情報を得ることはとても大切です。

転職であれば、単純な話伸びている業界の方がいいポジションに行ける量も増えますし、面接の際にも役に立ちます。

また業界の成功者や著名な起業家などは例外なく情報収集に時間を費やしていて、ビルゲイツが年に50冊本を読んでいたり、最高の起業家と言われているイーロンマスクも若いころに1日10時間本を読んでいたと言われています。

最初から高すぎる目標を立てるのは続かないのでやめた方がいですがまず一日1分でもニュースサイトを見たり、本を読んだりしていきましょう。

3-4転職エージェントに行き転職の実態を知る

求人の紹介や面接練習などで転職をサポートしてくれる転職エージェントですが、一度自分を客観視するといった面では一度行ってみてもいいかもしれません。

今転職しないにしても、色々求人を見せてもらうことにより世の中を知ることができたり、自分の市場価値を理解することができたりします。

今後なりたい像になっていくために方向性を見極めるにも最適ではあるので、一度相談してみてください。

何もすぐに転職をしなくても長期的にフォローをしてくれたり、相談に乗った上で転職を止めてくれる場合もあるので、安心してください。

以下におすすめの転職エージェントをまとめているので、転職が気になっている方はこちらもご覧ください。

http://stensyoku.com/2018/01/08/%e7%9b%ae%e7%9a%84%e5%88%a5%ef%bc%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%92%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b8/

 

まとめ

転職を有利になるキャリアを作っていくためには、客観的に見て評価を得なければなりません。

今の職場で結果を出すコミュニケーション能力を高める情報収集をするということをしっかり行い転職市場に乗れる人物になっていってください。

 

グッドポイント