転職に筆記試験はあるの?-転職筆記試験のあれこれ

転職というと面接のみのイメージが強いかもしれませんが、転職活動でもまれに筆記試験が行われます。そのため転職をしていくにもある程度筆記試験に対策する必要があります

筆記試験は面接ほど重要ではありませんが、最低限ないと困るというところが問われるので、転職を意識している人はしっかり対策をして転職に臨みましょう。

 

 

1.中途採用で試験が行われる理由

1-1最低限の知識はあってほしい

あまりに漢字が読めないとか、頭の回転があまりに悪かったりすると仕事にも影響が出てしまい、いくら他が優れていても、ちゃんと仕事出来るのかなという考えになります。

そういった最低限の知識を持っているかという点で筆記試験を行います。

 

1-2性格が企業に合っているか

学校のテストのような能力を見る試験と、性格診断のような性格を見る試験があります

性格を見る診断では、純粋にその企業に必要な性質を持っているか、その企業と純粋に合うかということが分かるので、試験を行います。

 

 

2.転職の筆記試験は能力適性検査と性格適性検査

2-1能力適性検査

能力適性検査はその名の通りあなたの能力を見るものになっています。

その中身は企業によっても変わってきますが基本的には文章読解数学時事問題になってきます。

 

【文章読解】

文章読解でいうと

  • 漢字の読み書き
  • 正しい接続詞の選択
  • 意味の通るよう文章の並び替え

といった形で基本的な文章を理解する力が問われます。

 

【数学】

数学は知識を必要とするものというよりか、地頭の良さを測るための問題が中心になります。

  • 確率
  • 速度算
  • 推論

などが基本的な問題になります。

 

【時事問題】

時事問題はかなり企業によって異なります。

その企業が属している業界の基礎知識、最新知識の場合もあれば、日経平均株価のような社会的な基礎知識も出てきます。

業界の知識も、一般常識のような知識も身に着けておくことで普段から役に立つので、この記事を見たことをきっかけにして情報収集を習慣化しておきましょう。

個人的におすすめはNewsPicksというアプリの総合トップという欄には目を通しておくといいかと思います。

今まで私があってきた経営者やイケイケのビジネスマンは基本NewsPicksに目を通していました。

またもうやっているよって人はTHEBRIDGEというメディアもおすすめです。主にベンチャー企業の新しいサービスの資金調達などが載っているので最新の知識を手に入れることができます。

 

2-2性格適性検査

「性格適性検査」はその名の通り性格を見るものなので、正解不正解ではなく、この人はこのような性質がありますといった内容が結果として出てきます。

具体的には「目標は高い方だと思う」といった質問が出てきて、はとてもそう思う、ややそう思う、どちらとも言えない、あまりそう思わない、そう思わないから選ぶようなものになってきます。

 

 

3.筆記試験の対策

3-1能力適性検査の対策

【文章読解】

対策書があるのでそれを利用してもいいですが、基本的な文章の読解になるので、普段から読書をするように心がけましょう。読書が習慣になっている人は年収が高いなんて言う研究もあったりするので、ぜひ読書を習慣にしてください。

読書が習慣になっている人は特別漢字に弱かったりしない限り対策をしなくても一般的な物はほとんど答えたれるかと思います。

 

【数学】

数学は普段から鍛えられないので、対策をしておくと安心かもしれません。また数学も出来ると仕事をより良く進めていけるので、勉強しなおしてみることをおすすめします。

 

【時事問題】

時事問題は本当にニュースを見ておくということが大切になってきます。

上記二つもそうですがこちらもより大切なので、ニュースアプリや本、新聞、ニュース番組を定期的にチェックしていきましょう

 

3-2性格適性検査

・嘘はつかない

好まれる回答というものが存在しますが、出来るだけ嘘はつかない方が良いです。

そのテストをもとに面接をしていくので、嘘をついていたらばれますし、企業も自社と合うかというところを見ているので、ミスマッチを起こしてしまいます

 

・面接の受け答えだと思って回答する

面接で同じことを聞かれる可能性があるので、面接で嘘だと思われないように、面接の受け答えだと思って答えることが大切です。

 

・あまり好まれる回答をしない方が良い

上記もしましたが、好まれる回答というものが存在し、対策はできます。しかし間違った人物像が伝わってしまうと、面接で高い確率でばれて不採用になりますし、誤った人物像のまま入社すると、あなたが苦しくなってしまいます。

 

 

まとめ

転職の試験は「能力適性検査」「性格適性検査」があり、「能力適性検査」は主に文章読解、数学、時事問題があります。

「能力適性検査」は普段持っていると役立つ知識なので、しっかり意識をして身につけておいて、「性格適性検査」は対策をせず正直に答えることをおすすめします。

しっかり転職の筆記試験について頭に入れておいて当日困らないようにしてください。