向いている仕事が分からない?適職が見つかる合う仕事合わない仕事の考え方!

適職を見つけると人生が変わる?

あなたも

仕事に合う合わないなんて言うのは甘えだ

仕事は辛くても慣れるもの

と言われたり思ったりしていませんか?

確かにちょっと辛いからってすぐ逃げ出してはいけませんが、今の時代仕事は合う合わないで決めるべきです。

あなたの性質から、今までの環境であなたがより良くできる仕事というのがあるからです。

今回は合う仕事、合わない仕事の考え方と見つけ方を説明していきます。

今の仕事に疑問をもっている人はぜひチェックしてください。

 

仕事は合う合わないで決めるのが重要な理由

仕事は合う合わないで決める方が充実できますし、結果も出ます。

人付き合いが得意な人もいれば、細かい作業が得意な人もいれば、文章を書くことが得意な人もいます。

人はどうしても苦手克服をしていってしまうので、仕事を合う合わないで選ぶことは、悪いことのように思われますが、それはあまり良くない考えでしょう。

仕事の目的は成果を出すこと、利益を出すことなので結果を出すために最適な方法を選んでいくことが必要です。

そういったようにやりたいという気持ちもそうですし、得意か不得意かということも合う仕事合わない仕事には関わってきます。

成果が出る合う仕事を選んでいくことが大切です。



 

好きより得意を仕事にする

好きで得意な仕事があればいいのですが、どうしてもそういった仕事に巡り合うのは難しいでしょう。

そういった際に考えて欲しいのが得意ということを優先させるということです。

こういったように分けていくと、「好きだけど得意でない仕事」より「得意だけど好きではない仕事」を選んでいくと良いです。

理由としては人間の欲求は人から認められたいという「承認欲求」が強く、承認欲求が満たされていないと、自己実現しても満たされないと言われています。

つまり、いくら好きなことをやっていても人から認められないと充実できないということです。

また得意な仕事であれば、平均より結果が出せるはずなので、時間にも心にも余裕ができ他のことをやっていくこともできます。

合う仕事を探す際に今まで自分が”特別頑張っていないのに結果を出せた”ということを振り返って探すと良いでしょう。

 

合う仕事、合わない仕事の判断基準


合う仕事合わない仕事を判断する基準を説明していきます。

こういう状況だと合わない仕事なので、キャリアを考えた方が良いという条件を上げていくので、チェックしてみてください。

1.結果がでない

まず合う仕事合わない仕事の判断基準として、見てほしいのが結果が出ているかです。

得意なことを仕事にした方が良いので、結果がちゃんと出ていない時点で合わない仕事と判断した方が良いでしょう。

またどれだけ頑張れるかというとこも重要です。

得意でなくても頑張って改善していこうという気持ちが自分にあれば、今後伸びていく可能性がありますが、「怒られないようにやろう」としている場合、合っていないでしょう。

頑張っても結果が出ない」「そもそも頑張る気になれない」という人は合わない仕事をしている可能性が高いです。

2.1ヶ月以上辞めたい気持ちが続いている

合う仕事をしていても、

  • 上司に怒られた
  • 結果が思うように出ない
  • 面倒な仕事が続いている

などで短期的に辞めたくなることはありますが、合う仕事であれば1ヶ月以上辞めたい気持ちは続かないでしょう

よって1ヶ月以上辞めたい気持ちが続いている場合、合わない仕事と考えて、キャリアを考え直した方が良いです。

辞めたい気持ちが続いているのに、続けてしまっていると心身ともに疲弊してしまう可能性があるので、気をつけましょう。

3.なりたい像に近づいていない

辛くてもなりたい像に近づいているのであればやっていくべきですが、なりたい像に近づいていない場合は辞めることも考えた方が良いでしょう。

そもそも楽しくもなく、なりたい像にも近づいていないのになぜなっているんですかね。

仕事はお金もらうから辛いもの?

もちろん仕事は大変なことですし、お金をもらう分嫌なことや、面倒なこともしていくでしょう。

しかしそれを理由に仕事は辛いものだからつまらなくても、なりたい像に近づいていなくてもやるものと考えるのはもったいないです。

今人でが足りていないくらいで、仕事はたくさんあるのに、充実しない職場にいることは本当にもったいないでしょう。

自分に力じゃ他社では通用しない?

だったら力をつけましょう。どういう状況になったら他社から必要としてもらえるか考えて、その能力を身に着ければいいだけです。

今後は会社も守ってくれない状況になっていきます。

自分で考えて、充実した価値のある仕事をやっていきましょう。

4.会社のやり方に共感できない

ビジョンや理念もそうですし、自分の気持ちに反することをしていると、嫌になってしまうでしょう。

例えば、自分は人のキャリアを手伝いたくて人材企業に入ったのに、会社では利益やノルマの話ばっかりしているなどです。

やり方に共感できないとどうしても心にもやもやが残ってしまい、本来の力を発揮できないことがあります。

それが会社だから自分の気持ちを押し殺して働くということに慣れてしまうと、本当に自分が何をしたいのかわからなくなってしまうでしょう。

やることも大切ですがやり方も大切です

5.どうしても苦手な人がいる

今でも退職理由は人間関係が1位と言われているので、ある意味苦手な人はしょうがないでしょう。

部署異動などがあり、苦手な人と離れられる可能性が見えるのであれば、続けても良いかと思いますが、それが無いようであれば転職するのも手です。

苦手な人との付き合いは、本当にストレスになるので、どんどんストレスがあなたをむしばんでいってしまいます。

「人付き合いで転職するなんてダメなやつだ」と思う責任感の強い人ほど鬱になってしまったりするので気を付けてください。



 

合わない仕事を続けるとどうなるか


合う仕事を探すのも大変ですし、面倒なところもありますが、合わない仕事を続けることも大きなリスクがあります。

ここでは合わない仕事を続けるとどうなるかということを紹介していきます。

やりたいことがよく分からなくなる

合わない仕事についていると、自分の能力も発揮できませんし、気持ちも押し殺して働くことになります。

そういったように自分を押し殺す癖がついてしまうと、本当にやりたいことがよく分からなくなってしまうでしょう。

やりたいことを探すにはひたすら考えるのではなく、色々やってみることが大切です。

人は思っても行動せず、不都合な状況も甘んじて受け入れるように出来ているので、ちょっと行動していくことで、人生はかなり上を向くようになります。

仕事が合わないかもと思っていて、行動をしていない人はどんどんやりたいことがよく分からなくなってしまうので、気をつけましょう。

やりたいことが見つからない… やりたいことって自分が望んでいることなので、本来であればすぐ出てきますし、一日のほとんどを費やす仕事はやりたいこ...

結果はずっと出ない

合わない仕事をしていると結果はずっと出ません。

あなたのまわりにも必死に長時間働いているけど結果は一切出ていないという人いませんんか?

そういった人は合う仕事をしていないので、頑張っても結果が出ません。

仕事の結果は、能力×時間×集中力で決まると言われています。

合う仕事でないと、能力は発揮できませんし、集中もあまりできないので、いくら時間を使っても結果が出ないでしょう。

結果を出して認められたい、昇給して好きなものを買いたいといった人は、合う仕事を探すことが一番の近道になります。

 

合わない仕事を辞めて合う仕事に就く方法


今やっている仕事は合わないかもしれないと思ったでしょうか?

ここでは仕事が合わないと思った人に向けて、合う仕事に就く方法を紹介していきます。

もう少し今の仕事を頑張ってみようと思ったら、ここから先は見ず、以下の記事を見てみてください。

できる人ほど基本に忠実!仕事ができる人の特徴を徹底分析!

まずは自分の棚卸し

合う仕事に就くためには、まず自分を知っていくことが必要です。

ここでやりがちなのが”自分の好きなこと”を振り返ることですが、ここまで見てくれた人は分かると思いますが、得意なことの優先順位を上げて考えていきましょう。

得意なことは

自分は頑張っていないのに結果が出たこと
気づいたらしている行動や思考
自分にとって当たり前のこと


なので、今までの自分を客観視していかないと見つけにくいです。

自分を良く知る人に話を聞いたり、自分の過去を客観的に振り返ったりしていきましょう。

下記のようなツールを使うこともおすすめです。


グッドポイント

転職の流れについて知る

転職をするか判断していくにあたっても、まずは転職がどういう流れで進んでいくのかを知っておくと、将来像が見えてきやすいでしょう。

自己分析や、企業研修、何度か面接をするなど、転職にも意外と時間はかかるもので、内定をもらってから、「やっぱり今いる会社に残る」といった人までいて、転職は意外と複雑です。

まずは転職の流れについて知っていきましょう。

20代での転職はこれを見れば大丈夫 20代は未経験の職種にも挑戦しやすく、今後のキャリアの幅を広げていくチャンスがあり、毎年20代でもかなり多...

転職エージェントに相談をする

自己分析をして、自分のやりたいことをはっきりさせるといった点でも、転職の流れを知るといった点でも、転職エージェントに相談をすることで、はっきり見えてきます。

転職エージェントでは、ヒアリングをして自己分析を手伝ってくれるので、今後の歩み方についてはっきりしていき、実際に転職をする際に、求人を紹介してくれたり、面接練習をしてくれたりするので、非常に役に立ちます。

転職エージェントには、「転職しようかも迷っている」という人も多く訪れているので、「今の仕事を辞めて合う仕事を見つけたい」という人におすすめです。

転職エージェントに現状を話すだけでも、自分の中が整理されるので、「合う仕事を見つけたい」と考えている人は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントはどれを選べばいい? 面接練習や基本マナーから求人の紹介まで、転職を支援してくれる転職エージェント。 転職者の9割がエー...

どんな仕事があるのかを明確に知る

自分の得意分野を見ていくことも必要ですが、自分の中にあるものを整理していくだけでは、なかなか合う仕事を見つけられません

外の情報を手に入れに行かないと、自分の知っている仕事でしか判断ができないからです。

より得意なことを見つけやすくするためには、自分を知っていくことと、世の中の仕事を知っていくことが大切になってきます。

他業種の人に会いに行く
転職エージェントに相談しに行く
自分で事業を始める


などなんでもいいので、色んな仕事を知れる行動をしていきましょう。

仕事はどんどん増えていっているので、「仕事なんて大体わかるよ」と思わずに自分から情報を取りに行くことで、合う仕事を見つけることができます。

転職エージェントを使うにはメリットデメリットがある 転職する際に、「転職エージェントを使おうかな」と考える人も多いかと思います。 多くの...

インプットも大切に

合わない仕事を辞めて合う仕事に就くためには、色んな知識が必要になってきます。

転職するということが一番簡単で、安全ではありますが、事業を自分で立ち上げるという選択肢もあるでしょう。

色んな本を読んだり、色んな人に会っていくことで、人の生き方や価値観を知ることができるので、合う仕事を探すのに役立ちます。

忙しいとは思いますが、忙しいからこそ時間を作って、色んな面でインプットしていくと、合わない仕事を辞めて、合う仕事を見つけることができるでしょう。

優秀な人は本を読んでいる? 興味深いデータがあります。 年収3000万円を超える人は、平均で月に9.88冊本を読んでいて、ほとんどの人が...



 

仕事の合う合わないは重要!

今回は、合う仕事合わない仕事について紹介していきました。 

今の時代仕事の種類はかなり多くなってきているので、自分に合う仕事に就くことが今後生き残っていくためにも充実するためにも必要です。

「仕事が合わないのは甘え」と一方的に考えるのではなく、「なんで仕事が合わないと感じるのだろう、合う仕事って何だろう」と考えていくことで、充実したキャリアを描けます。

自分の将来は自分で守れるようにしていきましょう。