転職成功者には理由がある!転職に成功する人と失敗する人の違いと特徴

今働いている会社が嫌で転職したい!」今の時代はそう思われる方が多いかと思います。

あなたもこの記事を見てくださっているということは、転職を多少なりとも視野に入れているのでしょう。

酷なことを言うようですが、ただ転職をして環境を変えるだけではまた同じように会社が嫌になってしまう可能性が高いです。

ではどのようにすれば転職してより良い社会人生活を歩めるようになるのでしょうか?

今回は転職を成功させる秘訣として表面的に今の状況から抜け出すだけではなく、今後の社会人生活全体をよりよくしていける方法をまとめたので、理想の社会人生活を歩むためにお読みください。

 

1.優先順位を明確に決める

転職に成功する人の特徴 自分に何が大切かを理解している

転職に失敗する人の特徴 あれもこれもと理想を追う

給料も高くて、働きやすくて、残業もなくて、家から近いなど条件を上げていけばキリがないです。

自分をしっかり理解して、自分がどういう職場であればいいのか、外せないことは何か、逆に譲っても良いことは何かを明確にしている人が、内定も取れて転職後の後悔も少ないでしょう。

転職に成功する人は優先順位が明確に決まっている

今の会社もしくはもう辞めているようでしたらなぜ嫌になってしまったのでしょうか?

なんとなく嫌というだけでは転職しても改善していかず、また次もなんとなく嫌になってしまうので、何が嫌か、何が理想かを明確にしていきましょう。“明確に”というところがポイントです。

ダメな例
仕事量が給料と割に合っていない

 

いい例

毎日数時間残業があって、月に20万では安い。やりがいも求めたいが、まずは残業がかなりあるのであればその時点で25万ほどは欲しい。そして今は事務作業で退屈なのでより時間が長く感じてしまうので、大変でも毎日新しい人に会うような仕事がいい。

条件面での話になりましたが、今の不満だけでなくどのような状態であれば満足できるのか考えていきましょう。

 

転職に失敗する人はあれもこれもと条件の良いところに行く

転職に失敗する人の特徴として大きくあるのは、条件で企業を見るというところです。

条件で考えるということは、自分がどういうところがいいかというより、世間の評価や「こうあった方が良いんじゃない?」といったことで決めてしまっているので、転職してもすぐに不満が出てしまうでしょう。

転職に失敗しないためには、自分がどういうことを大切にしているかをしっかり考え、そこに合う企業を探すのが良いです。

結果として我慢してでも給料の高いところが良いとなるのであれば、きつくても納得感をもって働くことができますので、次の企業を決める前に一度しっかり自分の軸を考えると良いでしょう。

 

2.今の仕事は続けながら転職活動をする

転職に成功する人の特徴 仕事を続けながら転職活動をする

転職に失敗する人の特徴 とりあえず仕事を辞める

転職に成功する人は仕事を続けながら転職をする

今の仕事を辞めて転職活動をした方が集中して活動できそうですが、いつになったら収入が入ってくるのかがはっきりしていない不安は大きく、とりあえず決まったところに入ってしまいがちです

転職の面接であれば平日夜や土日に行っているところも多いです。

転職先を探すことで、自社が意外と良くて転職をやめるなんて言う人もいるので、よほど嫌で今すぐ辞めたいというわけでなければ、続けた方が良いです。

転職では内定から入社まで期間をくれるところも多いですし、面接で1か月くらいかかると言って落とされるようなことはほとんどないので、続けながらにしましょう。

やめて転職活動をしてなかなか決まらず、数か月たってしまう方が危険です。

そのため出来ることであれば今の仕事はやりながらなんとか時間を作って転職活動をしていくことが大切です。

転職に失敗する人は仕事を辞めて転職する

本当に毎日のように、土日も終電帰りなどであればすぐ辞めた方が良いですが、時間は何とか作ることができる人がほとんどだと思います。

その時間が作れるのに作らずに、仕事を辞めて転職活動を始めようとしても、結局だらだらしてしまい、転職活動が長引いてしまうでしょう。

仕事がない不安はかなり大きいですし、今の仕事よりいい仕事が見つかるという保証はないので、今の仕事を続けながらやっていくと、転職に成功していけます。

 

3.条件面にこだわりすぎない

転職に成功する人の特徴 自分にとって大切なことで企業を選ぶ

転職に失敗する人の特徴 条件で企業を見る

転職に成功する人は自分の大切なことを知っている

転職時には年収や福利厚生にどうしても目が行きがちですが、条件面ばかり気にしてしまって合わない企業に入ってしまうと、条件が良いばかりにまた嫌々続けることになり、下手したらうつ病になってしまいます

条件面は確かに大切ですが、本来やりたいことや自分に向いていることをしっかり軸として持ち、その中で条件のいい会社を探していくというやり方をするのが、転職に成功する人の特徴です。

若いうちの転職であれば、やりにくいけど高収入なところより、やりやすいところを選んで昇給を狙っていく方が、長期的な給料は上がる可能性が高いでしょう。

条件をなくてはならないものとあったらいいけどなくてもいいものに分けて、判断してくことが転職で成功できる人の特徴です。

転職に失敗する人は条件を優先する

転職に失敗する人の特徴として多いのがは自分のことがよく分かっていないということです。

自分のことがよく分かっていないから、大切なことが分からず条件で選んでしまいます。

条件も大切ですが、転職でも自己分析をしっかり行うのが、転職に成功する人の特徴です。

自分のことを理解する!転職に必要な自分のキャリアの棚卸しの方法!

 

4.自分の感覚だけで決めない

転職に成功する人の特徴 情報収集をして他人の意見も参考にする

転職に失敗する人の特徴 自分の今もっている感覚に固執する

転職に成功する人は自分の感覚が100%正しくないことを知っている

自分から見た自分と実際の自分は少なからずずれています。

企業も合わなそうな人は取りませんが、企業の目線からしたら利益さえ出してもらえればいいので、相手企業の判断任せにしていたら痛い目を見ます。

出来るだけ他の誰かに見てもらうことが転職成功の秘訣です。

友人に詳しい方などいない場合転職エージェントであれば無料で利用できるので相談してみてもいいかもしれません。

転職エージェントもお金が動いているので100%信頼はできませんが、プロなので、上手く利用すると転職をより良く進めていくことができます。

自分を客観視するいい機会にもなり、今後の仕事でも生きてきますので、ぜひ一度お試しください。

転職エージェントは基本無料で利用できますし、ダメだったら手を引けばいいだけなので、リスクもないので、利用してみてください。

20代に本当におすすめできる転職エージェント6選!男性も女性も!【2018年度最新版】

転職に失敗する人は人の話を聞かない

流されすぎるのも良くありませんが、人の話を全く聞かないのも良くないでしょう。

転職エージェントや友人、家族などの話も聞かないのではなく、流されるのではなく、何か言われたら一回自分の中で考えて、判断していくと良いです。

すべて自分に役立つアドバイスではないので、判断が必要ですが、その人がなぜそれを言ったか、自分はそれに対してどう思うのかを考えていくというところが、転職を成功させる人の特徴です。

どうしても人の意見は聞きにくくなっていくので、意識して意見を聞くようにしていきましょう。

 

5.一次情報を手に入れる

転職に成功する人の特徴 情報収集をしっかりしている

転職に失敗する人の特徴 噂話に流される

転職に成功する人は一次情報を手に入れている

企業の採用HPIR情報を見ているだけでは実際に働くことに対しての情報はほとんど得られません。

その情報も入社数か月の人や、もしかしたら外注で書いているかもしれません。

しっかり実際自分が行こうとしている業界や会社や部署の人に会いに行き一次情報を手に入れましょう。

企業HPなどを見て会社として求めている人物像や、ビジョンを知ることも大切ですが、多角的に判断するためには実際に働いている人に会いに行くことをおすすめします。

しっかりした企業であれば面接担当に「実際行くことになりそうな部署の人と会いたい」と言えば会わせてもらえることがほとんどです。

実際色んな人に会って話を聞いていきましょう。

企業の内部の情報を知れ!転職の企業研究に企業の口コミを利用するべき理由

転職に失敗する人は噂話に流される

転職に失敗する人の特徴としてあるのは、情報の出どころを確認せず、どんな情報も平等に扱ってしまうことです。

実際に働いていた人からの話や、その企業の本人の話と、友人から流れてきた噂話であれば、どっちが正しいでしょうか?

もちろん噂話が正しいこともありますが、情報の出どころが、企業に近い方が情報としての価値は高いでしょう。

そのため噂や、「あの企業って○○って聞くよ」といったような言葉に惑わされずに、情報を集めていくのが、転職に成功する人の特徴です。

 

6.様々な手段を利用する

転職に成功する人の特徴 色んな方法で転職をうまく進める

転職に失敗する人の特徴 偏ったやり方をする

転職に成功する人はとりあえずやってみて考える

転職に限らず物事はまず候補を出来るだけ出して、そこから絞っていくというプロセスが成功しやすいです。

そのため企業選びもそうですが、企業を選ぶ手段から色々試した方が成功する確率は上がります。

転職の手段
・サイトに登録
・エージェントに相談
・転職していることを人に伝え人づての紹介
・ハローワーク
・企業に直接連絡

上記のように色んな方法がありますし、人によって合うやり方は違います。

様々な方法を試し自分に合ったやり方を見つけていくことが転職成功の秘訣です。

思っていないところに良いやり方も眠っているので、いろんな方法を試してみてください。

どれを選べばいいの?転職を成功させるためのおすすめ転職エージェント!

転職に失敗する人はやりやすそうなやり方しかやらない

やりやすいところからやっていくのも大切ですが、転職もやり方は色々あるので、まずやってみて合う合わないを考えていくのが効率的でしょう。

人によって転職活動の仕方も合う合わないあるので、全然内定画でなくて、違うやり方を試したら、急に希望企業から内定がもらえたということもあります。 

転職も意外と色んなやり方があって合う合わないは重要なので、食わず嫌いせずに挑戦してみましょう。

 

7.応募企業を絞りすぎない

転職に成功する人の特徴 色んな企業をまず見てみる

転職に失敗する人の特徴 本当に希望の企業しか見ない

転職に成功する人は幅広く企業を見る

世の中に企業は何百万とありますし、あなたの知らない仕事や業界も数多く存在しています

ここだ!と思える企業があるのはいいことですが、転職をあまり繰り返し過ぎてしまうと今後のキャリアにも傷がついてしまうので、絞りすぎず最初は幅広く見ていきましょう。

また企業によって人の雰囲気とかオフィスの中の雰囲気がかなり変わっていて、せっかくの機会なので、転職活動で社会人として色んな企業を回ってみても面白いかもしれません。

食わず嫌いしていたところにこそ、あなたの生活をよりよくするヒントがあるかもしれません。

どんなにコミュニケーションが得意な人でも、初めての転職面接で自分の良さを100%アピールするのは難しいでしょう。

第一志望の企業の前に面接の雰囲気になれるためにも2.3社同時に応募するといったことが、転職に成功する人の特徴です。

転職に失敗する人は理想を追っている

転職に失敗してしまう人の特徴として、大きくあるのが、とにかく理想を追ってそこしか見ないことです。

理想を追っていくことも確かに大切ですが、理想のみではうまくいかないでしょう。

自分にとってすべての条件が最高という企業はおそらくないので、どこかで折り合いをつける必要があります。

結局あれこれ希望を叶える企業に入ったとしても、嫌な部分を無くす転職は、またないものねだりになり失敗していきます。

転職に成功する人は、ある程度折り合いをつけて、自分の大切にしていることを優先して、”より良い”企業を選んでいくことができます。

 

転職に成功する人と失敗する人の特徴

今回は転職に成功する人と失敗する人の特徴について紹介しました。

転職に成功する人も、失敗する人も特徴があり、なるべくしてなっています。

【転職に成功する人の特徴】
・優先順位を明確に決める
・今の仕事を続けながら転職活動する
・条件面にこだわりすぎない
・自分の感覚だけで決めない
・一次情報を手に入れる
・様々な手段を利用する
・応募企業を絞りすぎない

安易に転職をするなとは言いませんが、転職をする際は少しでも良い方向に向かうよう、転職活動中の人も、これから転職を考えられている方も是非この成功する人、失敗する人の特徴を参考にしていただき、より良い生活、より良い人生を手に入れてください。