ニートは正社員で就職できない?おすすめの仕事や就職する方法! 

ニートでも正社員として就職できる?

学校などにも行っていなくて、仕事もしていない人を俗にニートと言いますが、実際世間の目がきつかったり、正社員としてなかなか就職できないのが現実でしょう。

ただニートから復活して、輝かしいキャリアを歩んでいる人も多くいますし、ニートだからと言って、自分が社会で活躍するのを諦めるのはもったいないです。

特に20代から30代前半の若い世代であれば、今は求人も豊富にある状態なので、早めに就職活動をしていくことをおすすめします

今回はそういったニートが正社員として就職するコツや方法、心得を紹介していくので、これを見て実行していくことで、高い確率で正社員としてしっかり働くことができるでしょう。

内容も”すぐに就職先を探したい方”から”今すぐ働くのは怖いから徐々に就職活動をしていきたい方”まで役に立つ内容になっています。

ニートから正社員に就職を考えている方は、ぜひ最後までお付き合いください。

 

ニートでいるのはいけない?ニートでいることのデメリット

ニートのイメージが悪かったり、働かないことで自己嫌悪になってしまったりすると思いますが、行動を起こしやすくするために、ニートでいることのデメリットを整理して紹介していきます。

まずニートを長年続けてしまうとどうなるかということを、確認していきましょう。

ニート歴が長いほど就職しにくくなる

当たり前ではありますが、ニート歴は長ければ長いほど就職しにくくなります。

特に体調を崩したなどの特別な理由がなく、数年単位でニートを続けてしまっている場合、労働意欲が低いと思われてしまうこともあるでしょう。

またイメージの問題だけでなく、ニートだと社会との関わりが極端に少ないと思うので、社会人として当たり前の部分が欠けてしまって、就職しづらいということも起こります。

ニート歴は短ければ「自分が本当に何がやりたいのかを考えていた」「スキルアップをしていた」などと言えますが、長引くとそれも難しくなってしまうので、就職しにくくなるでしょう。

年を取るとより就職先が無くなる

就職活動していくにあたって若さは武器になります。

若ければ、仕事も早く覚えて長く働いてくれるという期待が持てるので、未経験でも就職に有利に働きます。

ただそれも甘く見積もって30代前半が限界で、それ以上になってしまうと、就職先を見つけることが、ほぼ不可能になってしまいます。

ニートの就職の場合は若ければ若いほど有利なので、年齢のリミットがあるということも忘れないようにしましょう。

 

ニートから正社員で就職をする方法

ニートから正社員で就職するには、大きく分けて以下の3つのことをしていく必要があります。

  1. 自分と向きあって何が得意かを振り返る
  2. 求人を見ていく
  3. 転職エージェントに相談する

下に行くにつれて、人と関わったり時間を使ったりなど、ハードルは上がっていきますが、就職に直結するようになっていくので、できる範囲でやっていきましょう。

自分と向きあって何が得意かを振り返る

ニートが就職活動をしていくにあたって、自分が何が得意かをしっかり振り返ることが非常に大切になってきます。

自分と向き合っているだけでは、就職活動は進みませんが、より良いキャリアを歩むために、自分が何が得意なのかを知っていく必要があるでしょう。

  • よくほめられること
  • 気が付いたらやっていること
  • 簡単に結果が出せること

などを振り返って紙に書きだすことで、自分が何が得意かということが見えてきます。

ニートが就職活動を始めるには、まず自分と向き合っていきましょう。

求人を見ていく

自分の得意なことを振り返り、自分がどんな人間なのかを考えていくのと同時に、求人を見ていく必要があるでしょう。

自分のことが分かったところで、それを活かせる仕事を見つけていかなくてはならないので、求人もしっかり見ていきましょう。

求人を見ていくには、求人サイトに登録をして、求人を見ていくのが良いでしょう。

中でも、ニートが就職活動するのにまず登録するべき求人サイトはリクナビNEXTで、業界最大級の求人数があり、転職者の8割が使っていると言われていて、未経験歓迎の仕事も多くあるのでおすすめです。

登録に2.3分時間はかかってしまいますが、登録しないと見ることができないリクナビNEXT独自の求人も多くあるので、まず登録してみると良いでしょう。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら→リクナビNEXT

転職エージェントに相談する

転職エージェントとは、リアルで相談をしに行き、求人を紹介してくれたり、合う企業を探してくれたり、面接練習をしてくれたりするところです。

転職エージェントに行くと、客観的に見て合う求人を紹介してくれるのはもちろん、今まで転職を支援してきた経験から、あなたがどうしたら理想の企業で働くことができるかを一緒に考えてくれます。

実際に転職エージェントに行くことになるので、面倒ではありますが、行ってしまえば一気に就職までの道は近づくでしょう。

転職エージェントにも色々あり、後半でニートが就職をする際におすすめの転職エージェントを紹介するので、ぜひチェックしてください。

早くおすすめの転職エージェントを知りたい方はこちらでそこまで飛べます→おすすめの転職エージェント

 

ニートが就職するのにおすすめな仕事

ここからは、ニートが就職するのにおすすめな仕事を紹介していきます。

なりやすさ続けやすさ手に職が着けられて5年後10年後も必要とされるといった点から紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

介護職

介護職は仕事内容は少し大変ですが、直接感謝されることも多くやりがいがあると考えている人も多くいます。

また介護職は人手が足りていなく、今後より高齢化が進むと言われているので、比較的就きやすく今後仕事がなくなる心配も少ないでしょう。

人と接する仕事ではありますが、高度なコミュニケーション能力は必要ではなく、話が苦手な人でも、介護職をしている人は多いので、安心してできるでしょう。

まずニートを抜け出して、さらに今後も仕事を失わないようにしていくのに介護職はおすすめです。

システムエンジニア

システムエンジニアは、サイトやアプリを作ったり、不具合を修正したりするのがメインの仕事になってくる職業です。

「ニートからそんな難しそうな仕事に就けるの?」と思うかもしれませんが、方法はあります。

未経験のニートがそのままシステムエンジニアになることは難しいですが、プログラミングのスクールに通ってある程度知識を身に着けることで、かなり就職しやすくなります

スクールに通うのはお金もかかりますし、面倒ですが、システムエンジニアは良いところがたくさんあるので、それだけやる価値があるでしょう。

まずあまり人と話さず、黙々とできるので、コミュニケーション能力に不安があってもできる仕事ですし、しっかり実務経験を積めば、給料もかなり良くなっていきます。

また今後よりIT化が進んでいくと、もっとシステムエンジニアは必要とされるので、仕事もなくならないでしょう。

また急に就職というよりは、ニート→スクール→就職とスクールを一つ挟むことで、社会に対する慣れも作れるので、スムーズに仕事に就けるでしょう。

体験レッスンが付いたおすすめのプログラミングスクールを紹介するので、ぜひ利用してみてください。

体験レッスン付きのプログラミングスクールの公式サイトはこちら→CodeCamp

飲食店

飲食店は労働時間が長く大変ですが、比較的就きやすい仕事ではあるので、まず社会経験を積んでいくといった意味でおすすめです。

また接客と言えど、基本的に話すことは同じですし、最初のころはクレーム対応などは上司に任せておくことができるので、コミュニケーション能力に不安があってもできるでしょう。

アルバイトから正社員に上がることもできたりするので「とにかく働き口を見つけなくては」と考えている人におすすめの職業です。

 

ニートから就職するには転職エージェントを使うのがおすすめ

ニートから就職していくには、転職エージェントを使っていくことをおすすめします。

転職エージェントは、求人の紹介から、履歴書の添削、面接練習、企業との条件交渉までやってくれるので、使っていくことで、ニートの就職はしやすくなるでしょう。

ここではニートが就職する際に登録しておくべき、転職エージェントを紹介していくので、ぜひ利用してみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブというレバレジーズ株式会社が運営している転職エージェントが、ニートが就職していく際にもおすすめです。

ハタラクティブは、完全に未経験でも正社員として就職できる求人を多く持っていて、ニートから正社員にもなっていくことが期待できるでしょう。

またヒアリングをして合う企業を紹介してくれたり、企業との面接日程を調整してくれたりを非常にスピーディーにやってくれるので、「早く正社員になりたい」というニートの方には特におすすめです。

もともと第二新卒やフリーター、既卒、ニートなどの就職支援で、成功率が80%を超える実績を持っているので、そういった点でも仕事を見つけられる可能性は高いでしょう。

ぜひハタラクティブと二人三脚でニートから正社員に就職してください。

ハタラクティブの公式サイトはこちら→ハタラクティブ

DYM就職

DYM就職といったサービスも、ニートからの就職におすすめです。

DYM就職では、正社員の求人が100%なので、フリーターやニートなどのキャリアに不安がある人でも正社員になっていくことができるでしょう。

また就職率は96%と非常に高い成功率を持っていて、ニートでも就職できる確率はかなり高いです。

書類選考をスキップできるなどスピーディーに就職活動を進めることができ、最短1週間で内定が出た実績もあるので、早く正社員になりたいという人は良いでしょう。

元々新卒の支援をしていたので、若年層の市場をしっかり理解していて、20代など若い方にとにかくおすすめです。

DYM就職の公式サイトはこちら→DYM就職

ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒もニートが正社員になっていくのにおすすめの転職エージェントです。

ちなみに既卒とは、”学校等を卒業して仕事に就いていない人”なので、広くとらえるとニートも入ります。

個別のしっかりしたサポートから内定率は86%と非常に高いので、ニートからでも正社員として就職できる確率は高いでしょう。

また他にはないウズキャリ既卒の良いところは、カウンセラーが全員既卒や第二新卒で、キャリアが不安で就職をしていく気持ちや市場を分かっているので、安心して使うことができます。

そういった点から、「ニートなんて恥ずかしいから言いたくない」「就職の相談をしに行くなんて不安」と思っている人ほど、このウズキャリ既卒はおすすめです。

ニートからの就職が不安な人はまずウズキャリ既卒に相談して不安を無くしていきましょう

ウズキャリ既卒の公式サイトはこちら→【ウズキャリ既卒】

 

ニートから就職する際の心構え

ここからは、ニートが正社員として就職をしていく際の心構えについて紹介していきます。

ニートから正社員に就職する際の大事なポイントなので、しっかりチェックしてください。

まず生活習慣を良くする

長期的に考えた際、仕事は夜勤より日勤にした方が、ほとんどの人にとって良いので、まず少しずつでも朝方の生活に戻していきましょう。

夕方まで寝ているという人は、むしろ1周させてしまって朝方にする方法もおすすめです。

働きだすと同時に朝方にしようとすると、働くキツさと早起きのキツさが同時に来て「行くのやめようかな」となってしまい、すぐに辞めてしまうと、さらに職に就きにくくなってしまいます。

また睡眠だけでなく、しっかり栄養のあるものを食べる、友人や家族でも良いので、コミュニケーションをできるだけとっていくといったことをしていくと、面接でどもることを防ぐことが出来たりするので良いでしょう。

”今”動き出す

あなたが今ニートなのであれば、一番就職しやすいのは”今”です。

もちろんニートであることは、就職活動をしていくにあたって、ハンデになることもありますが、ニートの期間は長ければ長いほど、就職に不利になります。

今こうして検索して、一歩踏み出そうと考えたのであれば、”今”なんでもいいので、動き出しましょう。

就職に対して動き出す方法としておすすめなのが、求人サイトに登録をして見ていくといったことです。

急に人に会いに行っても、疲れてしまうと思うので、どんな仕事があるのかというところを求人サイトで見ていくのが良いでしょう。

またニートにおすすめな求人サイトは、『リクナビNEXT』で国内最大級に求人数があり、ニートでもできる仕事も多くあります。

せっかく思い立ったと思うので、ニートから抜け出すのであれば、”今”ちょっと動き出す方法として、求人サイトを見てみましょう。

アルバイトから正社員になる方法を狙う

正直なところ、ニートからいきなり正社員になるのは難しいです。

不可能ではありませんが、「仕事はある程度していたけど辞めてニートになった人」や「コミュニケーション能力が高い人」「学歴がある程度高い人」などでないとかなり難しいと言えるでしょう。

そういった際には、正社員登用制度のあるアルバイトも視野に入れると良いでしょう。

アルバイトから始めることで、試してみて合わないようであれば早めに辞めるといった選択もしやすいですし、アルバイトを続けて正社員になるのであれば、ハードルは比較的低いです。

「バイトか~」と思うかもしれませんが、今アルバイトからの登用でもいい仕事に就けることもありますし、社会経験を積むといった意味でもおすすめです。

 

ニートの面接通過率をアップさせる方法

ここからはニートで就職をしていくにあたって、面接や書類の通過率をアップさせる方法を紹介していきます。

今から紹介することはをやっていくと、効率的にニートからの就職が進むようになるので、しっかり頭に入れてください。

ニート期間は正直に伝える

「ちょっとでも短く言いたい」という気持ちは分かりますが、ばれてしまう可能性が高く、ばれるとほぼ不採用になるので、やめておいた方が良いでしょう。

企業によっては、ニート期間より、あなたの意欲や人柄、能力を見てくれるところもあるので、ニートの期間だけが全てではありません。

偽るのにもかなり頭を使いますし、入った後も嘘をつき続けなくてはならず、大変なので、やめておきましょう。

意欲をアピールする

ニートについてあまりマイナスな表現は使わない方が、面接の通過率は上がります。

そのため「面倒で社会に出たくなかった」と言った理由でニートになっていたとしても、「本当にやりたいことが見つからず悩んでいた」とし「やりたいことが見つかりつつある」といった言い方をするのが良いでしょう。

経験があまりアピールできない場合、前向きな言葉で意欲を語っていくと、面接の通過率はぐっと上がるでしょう。

自分を営業するつもりで面接をする

企業にとって採用というのは、物理的にいうと『投資』です。

採用とは、会社のお金を使って人を採用し、その人に利益を生んでもらうといったことなので、企業は投資と考えています。

そのため、あなたは「御社で働かせてください」ではなく「私が入ったらこんな良いことがあります」ということをアピールしなくてはなりません

例え社会未経験だとしても、何かしらの能力があると思うので、それをアピールしていくと良いでしょう。

強みの見つけ方は以下の記事で紹介しているので、アピールポイントが分からない場合、こちらも見てみてください。

http://stensyoku.com/job%e2%80%90change/career/strength/

希望の仕事の知識をつける

ニートから転職していく際、未経験でも、実際に行動を起こして知識や使えそうな能力を身に着けることで、アピールになります。

志望動機としても、「私は○○に興味があり御社を志望しています。現に今○○の勉強をしていて、知識を身に着けています。」ということで、意欲が伝わりやすいでしょう。

未経験だから知らないことがあるのがしょうがないですが、「未経験なので勉強していきたいです」といっても「会社は学校じゃない」と思われ、採用されることはないでしょう。

今時グーグル検索でなんでも出てくるので、希望の仕事にどんな能力が必要か調べて、身につけていきましょう。

 

ニートから正社員に就職しよう

今回は、ニートが正社員に就職する方法について紹介しました。

ニートという立場は、社会では厳しくみられる面もありますが、できることをしていけば、正社員として就職するのも難しくはないでしょう。

ニートの期間が長くなってしまえばしまうほど、就職するのが難しくなってしまうので、今少しでも行動を起こしましょう。

まずは求人サイトを見るだけ見てみて、気になった仕事があったら、応募するか調べていくといった方法が、ハードルも低く、就職への一歩としておすすめです。

ぜひ行動を起こして、就職を近づけていきましょう。

リクナビNEXT