企業の内部の情報を知れ!転職の企業研究に企業の口コミを利用するべき理由

企業研究は口コミまで使うとうまくいく?

企業研究って結局どこまですればいいのかよく分からないですよね。

とりあえず企業のHPを見て志望動機や競合他社との違いを説明できるようにしとくくらいで終わらせていませんか?

そういった対策も必要ですが、それでは面接対策にしかなっておらず、それだけでは自分に合う企業かを判断しにくいです。

自分に合った企業を見つけるため、自分に本当に合っているか判断をするためには、企業の口コミを利用するといいでしょう。

今回は企業研究を面接対策と言うより、自分により合う企業を見つけるという観点での企業研究として、企業の口コミの利用方法について紹介していきます。

以下のような人は特におすすめの記事となっています。

・本当にこの企業でいいのか
・良さそうだけど入った後合うか不安
・企業研究ってどこからしていいのかわからない


転職でも企業研究をすることにより、自分に合った企業から内定をもらえるようになりますので、ぜひ試してみてください。

 

企業研究は「面接対策」と「自分に合う企業を見つける」ためにする

企業研究に企業の口コミが必要な理由として、まず企業研究とはどういうものか、ということを説明していきます。

転職にとって企業研究は非常に大切なので、しっかりチェックしてください。

多くの人は面接で答えられればいいと勘違いしている

とりあえず紹介してくれた企業でいいところを見つけて、そこに対して志望動機などを考えるために企業研究するという人がかなり多いです。

その観点も大切でやらなくてはいけないことですが、企業研究は紹介された企業がちゃんと自分に合っていそうか、より良く働けるようになるかを見るためにも大切です

転職サービスもいくつもあり、他のサービスを使えば違った企業も出てきます。

職場を決めるのは本当に大切なことなので、企業研究は「面接対策」と「自分に合う企業を見つける」という2つがあるということを、絶対に忘れないようにしましょう。

転職サービスで紹介されてちょっといいかもと思うと、この企業がなぜいいのかを考えてしまいがちです。

そういった際に「そもそもこの企業っていいの?」「自分に本当に合っている?」という問いをしてみることで、より自分に合った企業が見つけられるようになります

企業研究で「自分に合う企業か」をさらに深める

企業の概要や求めている人物像、やっていることを見ても正直自分に合っているのかは分かりにくいです。

志望動機も企業の良いところを言うのではなく、自分とその企業は合っていて、その企業で働くことで自分もその企業もより良くしていけますと表現していく必要があります。

転職サービスなどで紹介された企業であればある程度合っていることは間違いないですが、自分にとって最適な選択なのかを考えていく必要があります

そういったときに表題である口コミを利用していく理由があります。

 

企業研究に口コミを利用するべき理由

企業研究に口コミを利用することは、非常に大切です。

ここではなぜ企業の口コミが企業研究に必要なのかということを説明していきます。

情報操作が薄い

面接の際に面接官に質問できますが、あまり意味ないものもあります。

面接官はいい人を採用するという目的があるので、本音でネガティブなことを思っていても、会社として話しているので言わないということもあります。

その分口コミサイトの情報や実際に働いてた人から話を聞くことは損得がないので、正直なことが書いてあることが多いです。

もちろんその口コミの中にも、その企業が嫌いでひたすら悪口を書く人や、「全然昇進できないって書いてあったけど、自分には昇進しやすい会社だった」のようなことは起こります。

口コミには意見も入るので、鵜呑みには出来ませんが一意見として見ておくことは非常に役に立ちます

自分と同じ立場の人の話を聞ける

企業の雰囲気や評価制度などについて知りたかったら、転職エージェントに聞くか、直接面接のときに聞くかくらいになってきます。

上記したように面接官や転職エージェントは損得があるので、伝え方を工夫して伝えてきます。

またそういう人たちは実際あなたが働くところで働いていない可能性が高い(人事などは昔いたかもしれませんが)ので、本当にその企業で働く気持ちが分かっていない可能性があります

しかし実際働いた人がどう感じているかというところを口コミから知ることで、自分と同じ立場の人の話を聞けます。

口コミから面接で聞きにくいことを知れる

残業だったり、福利厚生だったり、昇給だったり、条件面は働くにあたって重要ですが、面接ではなかなか聞けないものですよね。

また面接で聞いたとしても、はっきり答えてもらうのは難しいでしょう。

そういった際に企業研究として口コミのサイトを利用していくことで、どういう人がどういう昇給したのかや、残業は実際平均するとどのくらいあるのかといった点が分かってくるようになります。 

しっかり口コミを確認していくことで、ネガティブ面まで入社前に知ることができ、判断していけるようになるでしょう。

 

企業の口コミを手に入れる方法

企業研究には口コミを利用することが大切ということが分かっていただけたと思うので、ここからは具体的な方法を紹介していきます。

企業研究として、企業の口コミを手に入れることは、比較的簡単にできるので、しっかり行動として、取り入れていきましょう。

SNSで繋がる

SNSで結構つながることができます。

Facebookであれば企業名で登録している人もいますし、Twitterで業界のことをつぶやいてるような人を見つけることも出来ます。

私も社会人になってSNSで知り合って人に会うこともありましたし、結構SNSで会うことは身近になっています。

ぜひ気になっている企業や業界の人にメッセージをしていきましょう。

返ってこないこともありますし、会ってくれない場合もありますが、転職のみならず思わぬ縁があるかもしれません

行動力があって動いている人に情報も人も集まるので、色んな面で行動していきましょう。

企業の口コミを集めているサイトを利用する

一番手軽なのはこの口コミをまとめているサイトを利用することです。

口コミを集めているサイトを利用する利点は以下の通りです。

・分類分けして口コミがまとめてあるので見やすい
・多くの人の口コミを一気に手に入れられる


給料についてや雰囲気について、仕事のスタイルや上下関係など分類分けして口コミがあるので、見やすく面接対策もしやすいです。

またリアルで会っても一人の意見しか聞けませんが、口コミを集めているサイトでは色んな人のリアルな働いていた情報を聞けます

以下のサイトは無料で利用できるので、ぜひ情報を集めてみてください。

企業の口コミをチェックする場合はこちらから→10万件の企業口コミ。キャリコネ
 

転職活動をしていることを周りに言う

同僚など社内の人は不都合が起こる可能性もあるので、やめた方が良いですが、友人などには転職活動をしていると伝えましょう。

いろんな人に言っていくことで、自分が目指している業界や企業の人を紹介してもらえる場合もあります

「転職ってあまりイメージ良くないから黙っていたいな」という気持ちも分かりますが、できるだけ言っておくことで上手くいきやすくなります。

そもそも職歴が短くても転職を考えていることは何も恥ずかしいものではなく、むしろ問題に対して改善策を打っているという点では、ちゃんと考えていると言えるでしょう。

 

企業の口コミを手に入れるなら「キャリコネ」がおすすめ!

上でも少し紹介しましたが、企業の口コミを手に入れるのであれば、「キャリコネ」といった転職サイトがおすすめです。

キャリコネの良い点は以下のような点です。

  • 43万社、累計3,700万人の社員の口コミ
  • 企業からの削除依頼を受けない
  • 面接のレポートが見れ対策ができる
  • 大手転職サイトを一括検索できる

43万社、3,700万人の社員の口コミがあるので、企業としては相当数網羅していて、あなたの探している企業や業界も見つかるでしょう。

また企業から口コミの削除依頼を受けても、違法性が無い場合基本受け付けていないので、信ぴょう性が高い情報が載っています。

さらには、面接対策や、大手転職サイトの一括検索までできるので、「キャリコネ」では、口コミを見ながら転職を一括で行うことができます

このサービスがすべて無料で利用できるので、転職が気になっているすべての人に非常におすすめなサービスです。

失敗しない、働いてから後悔しない転職をしていくために、ぜひ「キャリコネ」を利用して、口コミでも企業研究していきましょう。

キャリコネの公式サイトはこちら→10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

企業研究には企業の口コミを使おう!

今回は、企業研究には口コミを使うべきということに関して説明しました。

転職の際に企業研究していく場合、「面接対策」と「自分に合う企業を見つける」という二つの観点が大切になってきます。

そして「自分に合う企業を見つける」ためには口コミを利用するとより良い情報にたどり着けます。

口コミだけでなく、会社四季報、ホームページ、IR情報など必要になってきますが、口コミも忘れずにチェックして、より良く働ける企業を見つけていってください。



企業研究全体について知りたいからはこちらもおすすめです。

転職には企業研究が最重要 転職をしようとなった際、しっかり自分に合った結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか? 人や企業によって...