中途採用担当が語る!転職で成功する人と失敗する人の違い!

転職で成功する人と失敗する人の違いとは?

転職をしていく際に、「今より悪い状況になったらどうしよう」や「そもそも転職できるのか」と不安になることがあると思います。

転職をして、しっかり内定がもらえ良いキャリアを歩んでいく方もいれば、内定が出ない、転職したけど思っていたのと違ったとなってしまう方もいるでしょう。

転職で成功する人と、失敗する人の違いは、行動にあります

今回は、その転職に成功する人と、失敗する人の違いを紹介していきます。

転職を考えている方も、転職が控えている方もぜひしっかり確認して、合う企業から内定をもらってください。

 

転職に対する心構え

まずは、転職に成功する人、失敗する人の違いを心構えの視点から紹介していきます。

転職に対する心構えは、転職を成功させるうえで非常に大切なので、しっかり確認していきましょう。

良くしていくという強い意識が大切

成功する人 合わなかった点を整理し改善していく

失敗する人 とりあえずで転職をする

当たり前の話ですが、今の職場を一刻も早く辞めたいと思っていると、とにかく次の職場を探してしまいます。

転職で成功する人は目的を持って転職していくので、退職する理由を明確に持って、次の会社で同じこと起こらないようにします。

今の仕事が合わないと感じて、積極的に仕事を探していくのは良いですが、なぜ合ってないのか、どこが合っていないのかを考えていく必要があります。

ちゃんと目的を持って転職をしていくことで、応募企業の面接官にも計画性があると伝わり、内定ももらいやすくなるでしょう。

転職先に求める条件を明確にする

成功する人 求めることに優先順位をつける

失敗する人 あれもこれもと良いところを探す

休みが多く、やりたいことができて、残業時間が短くてなど、希望条件がありすぎで、転職先を絞れない方もいるかと思います。

希望は様々あると思いますが、条件は絞っていかないとなかなか企業を見つけることが出来ないでしょう。

自分の生活や望むものを再度見直し、優先順位をつけるところから始めてみましょう。

自分に足りていないことを素直に認め反省する

成功する人 足りていないところを理解している

失敗する人 自分はできる人と思って振り返らない

どんな成功者でも足りていないところや間違いはあるので、そういった点を素直に認め反省していくことができると転職はもちろん、今後のキャリアにも役に立ちます。

むしろ優秀な人は自分の得意なところも苦手なところも理解していて上手く人に任せられるので、大きな結果を残せます。

自分に何が足りていないのか、失敗をしてしまったときなど、悔しさや恥ずかしさに負けず、足りていないところを反省する癖をつけましょう。

自分本位にならない

成功する人 相手の立場になって行動する

失敗する人 自分本位で相手のことを考えられない

もちろん自分の欲求を満たすために転職をするわけですが、自分本位になっては良い転職はできません。

面接に早く行きすぎ、遅刻、提出書類の不備などから、入りたい理由など企業側のことも良く考え、転職を行いましょう。

相手の立場を考え転職をしていけると企業からも高評価を得られます。

相手の立場になるということは本当に大切です。

すぐに環境が変わることに恐れない

成功する人 環境が変わっていくことを恐れない

失敗する人 環境が変わることを恐れ行動しない

転職活動の平均的な期間は3か月で、1/3くらいの人は転職活動開始から1か月ほどで内定をもらえています。

転職活動を始めても腰が重い状態ではいい出会いを逃すかもしれません。

 

転職で成功する事前準備

ここからは、転職に成功する人と、失敗する人の事前準備の違いについて紹介していきます。

これから転職をする方は、特にしっかり読んでいってください。

十分な面接対策をする

成功する人 準備をしっかりしている

失敗する人 人材企業の言われるままに転職する

面接で素直な気持ちを話すのは大切ですが、かといって準備を全然しないのは良くないです。

面接とは自分を売り込む場所でもあるので、どう伝えたら自分の良さがちゃんと伝わるか、どのようにしていけば面接から会社のことをもっと知れるか、を面接練習からやっていきましょう。

質問集を作って親や友人にやってもらうのもいいですし、転職エージェントに頼むのも一つの手です。

面接の前ってどんな準備が必要? 面接には準備が必要なのは、よく言われることですが、実際どの程度準備すればいいのかよく分からないですよね。 ...

転職エージェントと力を合わせる

成功する人 転職エージェントを利用したおす

失敗する人 自力で全部やろうとする

転職は、転職エージェントと二人三脚でやっていくのが成功の秘訣です。

面接練習もそうですが、転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、どうしたら良い職場に巡り合えるか、どうしたら面接に合格することができるかなどのヒントをくれます。

転職もすべて自力でやっていくと労力が大きくなりますし、客観的な意見を得られないので、難航してしまうでしょう。

転職エージェントを利用するなら、どんどん頼って力を合わせてやっていきましょう。それで迷惑がられるようであれば担当を変えてしまいましょう。

転職エージェントは使いこなさないと逆効果? 転職しようとなったらまず転職エージェントに相談しに行くことをおすすめします。 応募企業や職種...

アピールポイントの整理をする

成功する人 アピールポイントを相手にわかりやすいように整理している

失敗する人 とにかく自分の良いところを話す

あなたの良いところは、山のようにあると思います。

その山のようにある良いところから、社会で仕事していくうえで役立つこと、もっと言うとその会社が欲している条件に近い良いところをアピールしていくと面接の通過率は上がります。

何をアピールするのかも大切ですが、どうアピールするのかといった点を自分でももちろんですし、頼れる周りの友人や先輩にも聞いてもらい、アピールポイントを整理してスムーズに伝えられるよう努めていきましょう。

自己PRはあなたを企業に対してあなたを採用すると良いこと、あなたを採用する理由を伝えるところなので、最も大切な質問といっても過言ではありません。...

転職だけじゃなく世の中の情報収集を怠らない

成功する人 色んな情報収集をしている

失敗する人 自分の感覚だけに頼る

転職をする際に一般常識や世の中で何が起こっているのか知ることがとても大切になってきます。

新たな仕事をする面でも、企業を選ぶ面でも非常に情報は価値があるので、普段からニュースのチェックや読書、異分野の人との会話をし情報収集をしていきましょう。

逆に転職にしろ物事がうまくいかない人は、「これってこうでしょ」と決めつけて、情報収集を怠ります。

一説では社会人になっても勉強をし続ける人は15%ほどしかいないと言われているので、情報収集を続け勉強しているだけで、上位15%になることができるでしょう。

 

転職に成功するための企業研究

企業のニーズを理解する

成功する人 企業のニーズを知りそこに対してアピールする

失敗する人 自分主体のアピールをする

「熱意のある人」や「積極性のある人」など、企業の求める人は似てはいますが、企業にもそれぞれどのような人が欲しいのかの違いはあるので、しっかりと企業側のニーズを確かめておきましょう。

方法としては、まずHPのビジョンや求めている人物像を確認し、抽象的でよく分からないところなどを、出来たらそこの人事の方に聞いてみましょう。聞くのが一番確実です。

転職の企業研究はポイントを押さえれば超簡単 転職における企業研究ってとても大切です。 自分の仕事とはかなり長い時間付き合っていくことにな...

未経験でも最低限の情報は集めておく

成功する人 未経験でも自分から情報を得にいく

失敗する人 未経験だからこれからやっていきますと言う

未経験職種、業種に挑戦する際に、「未経験なので一から学びたいです」という姿勢はあまり良くないです。

時間は限られているかとは思いますが、本やせめてネット検索だけでもいいので、最低限情報は集めておきましょう。

意欲は良いのですが、自分から情報を取りに行っている方がより熱意が伝わります。

未経験の仕事に挑戦していく人はこちらもチェックしてください。

未経験職種への転職の志望動機の書き方が分からない! 社会人生活を何年か続けていくうちに本当にやりたいことが見えてきたり、本当にこのままでいいの...

社員インタビューをする

成功する人 実際に働いている人から情報を得る

失敗する人 噂を鵜呑みにする

企業研究するにあたって、実際に働いている社員にインタビューするとリアルな情報を得られます。

もちろんその社員も人事の顔をつぶさないよう、いい顔はすると思いますが、人事よりはリアルな情報をくれるでしょう。

社員にインタビューする方法はさまざまありますが、一番おすすめなのが、面接の際に人事以外の社員との面会をお願いすることです。

色んな情報がありますが、やはり転職で実際に働いている人の情報が価値が大きいです。

もし選考への影響が心配であれば、内定が出た後に「最後に様々な人にいくつか確認したいことがあるので、現場で働いている社員に会わせてもらえませんか」と申し出ましょう。

業界のこともしっかり調べる

成功する人 業界のこと、競合他社のことまで細かく調べる

失敗する人 その企業のことしか調べない

企業だけを調べても、企業側からしたら「ではなぜライバル企業の○○社ではなくうちに?」となるので、業界をしっかり調査しその会社の業界での立ち位置も見ておきましょう。

全体から見ることにより以下のような情報を得ることができます。

・競合他社との違いが分かるから志望動機がはっきりする
・合う企業を見つけられる確率が上がる


「似たようなところもあるけどこういうところが御社でなくてはだめなんです」と言えると説得力が増します。

また単純に競合他社って似ているので、もしかするとそっちの方が良いかもしれません。

そういったように合う企業を見つけられる可能性も上がるので、業界や競合他社のことは確実に調べていきましょう。

転職には企業研究が最重要 転職をしようとなった際、しっかり自分に合った結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか? 人や企業によって...

具体的な企業研究の仕方

  • 求人情報サイト・企業HP

企業の規模感などから、理念、ビジョン、求めている人材まで知ることができるので、気になる企業が出てきたらまずここから始めましょう。

  • 業界誌

業界誌では、業界自体の情報や最新ニュースを知ることができ、専門知識も得られます。

興味ある業界がはっきりしている場合には、業界誌を読んでみると転職するのに役立つ情報を手に入れることができるでしょう。

  • 会社四季報

業界や企業の情報を客観的に見ることができるので、転職において企業のシェアがどのくらいなのか等の情報を比較検討できるので一冊持っておいて損はないです。

  • 転職イベント

業界や条件に分け、転職イベントを行っている企業も多くあるので、多くの企業からリアルに話を聞きたい際に利用するといいです。

自分のやりたいことがよく分からない場合、まずどんな会社や仕事があるのかはっきりわかっていない場合があるので、こういったイベントはそんな際にもおすすめです。

  • 社員インタビュー

生の声というのはとても価値があるので、関心度が高い企業は何とか実際働いている人にアポを取り、話を聞いてみましょう。

また口コミは大切ですが、噂はあまり気にしすぎると良くないです。それこそ実際話した人から数人経由すると、情報がかなり変わっている可能性があります。

噂を聞いたらどこからの情報なのか確かめ、あまり気にしすぎないようにしましょう。

  • 転職エージェント

転職エージェントは、一から転職する際にとても役に立ちます。企業の情報をくれるだけでなく、営業担当から実際の雰囲気も聞けるので、社内だけでなく他者から見た意見も得られるので、参考になります。

しかし営業担当も自分の成績は上げたいので、少し良く言う可能性もあります。過信しすぎは気をつけましょう。

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...

 

転職成功者の面接の仕方

身だしなみチェックリスト

成功する人 他者視点で身だしなみに気を遣う

失敗する人 見た目にこだわらない

転職成功者は身だしなみにも非常にこだわります。

転職成功者の身だしなみのチェックリストを設けたので、ぜひ転職前にチェックしてください。

身だしなみチェックリスト

✔スーツシャツにしわはないか
✔ジャケット腰部分の仕付け糸が取れているか
✔ほつれている部分はないか
✔シャツに汚れはないか
✔爪は清潔か
✔靴は磨いてあるか
✔靴のかかとはすり減っていないか
✔寝ぐせはないか
✔鼻毛、目やには付いていないか

遅れるのはもちろん早すぎても失礼

成功する人 5分前に面接会場に着く

失敗する人 遅刻する、15分以上前に着く

電車の遅延で遅れないよう早く行くことは良いことですが、面接会場に15分以上早く着くのも失礼です。

仮にあなたがホームパーティーを開こうとして準備している際に、集合時間よりかなり早く着く人がいたらちょっと面倒ですよね。

企業もあまり早く着くと空気が読めない人と思うので、5分前に面接会場にはつくようにしましょう。

正直に話す

成功する人 正直で誠実

失敗する人 過度に盛ったり嘘をつく

良く見られるように話したくなりますが、転職活動ではそれは本当に逆効果になります。

よく見られようと盛って話をすると、入社して期待をかけられますので、入社まで考えると大変になります。

1社目を何らかの理由で辞めて、次に踏み出すわけですから、より合う企業を見つけるためにも正直に話すことが大切です。

逆質問で企業理解を深める

成功する人 逆質問をする

失敗する人 逆質問はないという

基本企業の情報は一方的に公開されたものを見ているだけなので、競合他社との違いなど分からないことが多く出てくるかと思います。

そこでそういった点を逆質問したり、逆になぜ面接官がこの会社に入ったのか、なぜ続けているのかを聞くことで、より企業の理解が深まります。

また逆質問は企業に興味を持っているという意思表示にもなり、評価も上がるので、ぜひ挑戦していきましょう。

 

転職で成功する人と失敗する人の違いは少ししかない

今回は、転職で成功する人、失敗する人の違いについて紹介しました。

転職で成功する人は良くしていこうという心構えがあり、相手視点でしっかり準備をしていきます

転職で良い職場を見つけることも、面接で合格することも一定の技術ややり方があるので、ここでしっかり学んでより良い転職を叶えてください。