転職サイトとエージェントは違う?違いとおすすめの転職(求人)サイトを徹底比較

転職サイトとエージェントは違う

転職する際に色んな方法をとっていくと思いますが、その中でも勘違いされがちなのが、転職(求人)サイトとエージェントの違いです。

転職(求人)サイト
ネット主体で求人を見て応募する

転職エージェント
コンサルタント(人)に相談しに行く

といった違いがあります。

どっちもメリットデメリットや合う合わないがあるので、いい転職をしていくためには、自分に合った方法を選んでく必要があるでしょう。

これから転職サイトと転職エージェントの違いから、向いている人、メリットデメリットを紹介していきますので、転職をする際に役に立ててください。

 

転職エージェントとサイトの違い

まず転職サイトと転職エージェントの違いについて紹介していきます。

どちらが良いとかはなく、目的や、自分に合うかで決めていくのが良いので、しっかり確認してください。

転職サイトとエージェントの簡単分類表

ざっくり転職(求人)サイトとエージェントを分けるとこういった形になります。

転職サイトは、ネットで完結できて、利用できる求人が多い分、簡単に色んな仕事を見ていくことができますが、エージェントに比べると、内定獲得などは難しいでしょう。

転職エージェントでは、アドバイスをもらったり、求人について細かい情報をもらうことができるので、内定率も高まり、ミスマッチも減っていきます。

しかし転職エージェントでは、見れる求人は少ないので、思わる優良企業に出会ったり、格上の企業の採用されたりといったことはまずないでしょう。

転職先を自分で探すか手伝ってもらうか

転職サイトでは、転職先を自分で探していくことになりますが、転職エージェントは転職先を探すところから手伝ってくれます。

もし転職するかを迷っていたとしても、今までの転職支援経験から、転職すべきかというところから考えていってくれます。

ただその分時間はかかってくるので、自己分析が進んでいたり、いきたい企業が明確に決まっている場合エージェントの必要はないでしょう。

面接練習など転職に助言してもらえるか

転職エージェントを使うと、エージェントに会いに行くので、手間はかかりますが、転職に対するアドバイスをもらうことができます。

一方転職サイトでは、簡単に求人に応募できたり、強み診断ツールなどがあったりしますが、個別にアドバイスを受けることはできないです。

合う合わないはありますが、直接プロから助言を得られるのは転職の役に立つでしょう。

 

転職サイトが向いている人

ここから転職サイトを使って転職していくのが向いている人を紹介していきます。

転職サイトが向いている人は転職エージェントを使っても、上手くいかない場合もあるので、しっかり確認していきましょう。

自己分析がある程度できている

まず転職サイトが向いている人の特徴としてあるのが、自己分析がある程度すすんでいるということです。

転職エージェントではコンサルタントがあった企業を紹介してくれますが、転職サイトでは直接応募していくので、自己分析がある程度できている人は転職サイトの方が効率が良いでしょう。

やりたいことがはっきりしていたり、業界や職種をしっかり絞っているのであれば、まず転職サイトから見ていくのが良いです。

とにかく時間がない

転職サイトでは、登録をして、企業に応募という流れになるので、自分のペースでやっていくことができます

転職エージェントに相談をしに行くと、せかしてはきませんが、早く企業を紹介したいという気持ちはあるので、ある程度時間がないと難しいでしょう。

時間がないけど転職したい、今は時間がないけど準備をしておいて、時間を作ってやっていくという場合も転職サイトに登録しておくと後が楽になります。

田舎であったり近くに転職エージェントがない

近くに転職エージェントがない場合、ネットで完結できる転職サイトを使っていくことになります。

今住んでいるところから離れた場所に就職する場合も、まず書類選考をして、面接まで行けたら出向くということができるので、便利でしょう。

転職する意思は低い

転職(求人)サイトのいいところは、「転職しようかな、気になるな」くらいの気持ちでも使いやすいところです。

転職サイトでは、ネット完結で自分の適職を見ることができたり、求人を見ていくことができるので、自分のペースで転職活動をしていけるのが良い点でしょう。

まだ迷っているという人はまず転職サイトに登録して、求人や強み診断をしてみることをおすすめします。

転職サイトは比較して賢く使おう 転職する際に真っ先に思い浮かぶのが転職サイトだと思いますが、どんな転職サイトがあるかご存知ですか? 転職...
グッドポイント

 

転職エージェントが向いている人

転職サイトか転職エージェントか両方使うかといったところで転職のやり方が変わってくるかと思いますが、ここでは転職エージェントで転職をしていくことが向いている人を紹介していきます。

自分に合ったやり方を見つけていきましょう。

面倒ごとをしたくない

転職エージェントは転職の面倒ごとを任せることが出来るのが良いところです。

企業との面接日程の設定など自分でやっていくと、マナーなどいちいち考えてやっていかないと失礼にあたるかもとかなり気を使いますが、転職エージェントに任せれば楽になります。

また

あなたに合いそうな求人を選定してくれる
自己分析を手伝ってくれる
内定後の条件交渉も行ってくれる
退職の際のトラブルの相談にも乗ってくれる

など転職の際に面倒なことを任せられるので、面接に集中することができます。

自分のやりたいことがはっきり決まっていない

転職エージェントは客観的な視点から、自己分析も手伝ってくれるので、やりたいことがはっきり決まっていなくても、相談しに行くことができます

転職エージェントには「はっきり決まっていないと相談できないんじゃ」と思う人もいますが、むしろ逆で、転職サイトの方がはっきり決まっていないと、良い転職をしていくのが難しいです。

とりあえずで行くのは意味が薄くなってしまいますが、転職エージェントには迷っていることまで含めて相談することができるので、やりたいことがはっきり決まっていない人でもより良い転職ができるでしょう。

今の仕事を辞めたいと思っている

今の仕事を辞めたい今後のキャリアについて疑問をもっている、という人は転職エージェントを使って「転職活動」をしていくことをおすすめします

転職エージェントは基本無料で使うことができるので、難点はめんどくさい、時間がないといったくらいですが、「今の仕事ちょっと違うかも」と思って仕事をしていると結果もなかなか出ていきません。

むしろ一度転職エージェントに相談をしに行き、気持ちをしっかり整理していくのが良いでしょう。

転職エージェントに行くことで「自分は転職できるのか」「どの企業なら転職できるのか」「残るのが良いか転職した方が良いか」といったことがはっきりしてきます。

そのため、転職をしなかったとしても、「時間が無駄になった」のではなく、色んな選択肢がある中からあえて今の仕事を選んで働くことで、気持ち的にも仕事に充実感をもてるでしょう。

20代に本当におすすめできる転職エージェント6選!男性も女性も!【2018年度最新版】

 

転職サイトのメリットデメリット

転職サイトを使って転職していくにあたって、転職サイトのメリットデメリットを紹介していきます。

しっかり確認して転職サイトの使い方について確認していきましょう。

手っ取りばやく応募できる

転職サイトの一番の良さは応募までの気軽さでしょう。

転職エージェントを使うと、まず面談してからじゃないと、求人は紹介してもらえないので、応募までの時間はかかってしまいます。

その分転職エージェントの方が書類選考も通過しやすい企業に応募できますが、ある程度キャリアがしっかりしている人なら、転職サイトの方が良いでしょう。

いちいち動かなくていい

やはり転職をしていくのに、平日の遅くや土日に動いていくことになりますが、転職サイトではそれを最低限に抑えることができます。

転職では、企業の選定、企業分析、業界分析、自己分析をしていかなくてはならないので、時間がないです。

そんな中時間短縮を手伝ってくれるのが転職サイトの特徴になっているので、役立てることができるでしょう。

格上の企業にも挑戦はできる

転職エージェントでは、あなたに合っていてかつ採用されそうなところを紹介してくれるので、格上の企業に挑戦するのは難しいでしょう。

確かに格上の企業に採用されるのは難しいですが、挑戦しなければ絶対採用されることはないので、挑戦はできるのが転職サイトの良いところです。

キャリアもそうですが、待遇面などをもっと良い企業にと思う人は、転職サイトから格上企業に挑戦してみてもいいかもしれません。

転職も結果は重視されますが、交渉力次第でかなりレベルアップをしていくこともできるので、挑戦してみてください。

内定率は低い

転職エージェントに比べて、転職(求人)サイトは内定率は低いと言われています。

気軽に応募できる分、対策は転職エージェントに比べて手薄になってしまうので、内定率は低いでしょう。

転職エージェントでは、まず客観的に見て合った企業を紹介してくれ、そこの企業に向けた対策を行っていくので、内定率が高いです。

転職サイトで求人を見ながら、転職エージェントで転職力を上げていくといった使い分けが良いでしょう。

 

転職サイトで転職をしていく際に登録するべき3つのサイト

ここからは、実際に転職をしていく際に登録するべき転職サイトを紹介していきます。

転職を考えている人はまず以下の転職サイトに登録して、色々求人を見ていってください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職者の約8割が使っていると言われている最大手の転職サイトです。

毎週2.6万人が登録していると言われ、リクナビNEXT限定求人が85%あると言われていて、多くの求人に触れることができるので、まず登録しておくことをおすすめします。

またリクナビNEXTでは、自分の情報を登録しておくことで、スカウトメールといった転職のオファーも来るので、”とりあえず転職が気になる”くらいの人でも使いやすいです。

そしてリクナビNEXTには、独自の強み診断ツールもついているので、あなたの転職を有利にしてくれるでしょう。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら→リクナビNEXT

ビズリーチ

ビズリーチはスカウトサービスの転職サイトで、条件と情報を登録しておくことで、企業からスカウトがやってきます。

企業が「欲しい!」と思わないといけないので、ちょっと難易度は上がりますが、その分条件がかなり向上しやすいです。

一気にベンチャー企業の幹部になったり、年収1000万で迎え入れられたりといったこともあります。

結構スカウトも来ますし、企業側もあなたが結果を出せそうと思ってスカウトを出すので、輝ける可能性も高いでしょう。

登録するだけで、面接まで行くことができるので、ぜひ利用してみてください。

ビズリーチの公式サイトはこちら→転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

キャリコネ

キャリコネは転職の2chと言われていて、10万社の企業の口コミを見ることができます。

ネットショップなどで買い物する際も、結構口コミって重要ですよね。転職も口コミを利用することで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

企業の口コミを見てから、応募することもできますし、気になる企業の口コミを見るのに利用しても良いでしょう。

転職で企業の口コミを見る人は少ないですが、口コミは利用した方がミスマッチは減っていきます。

キャリコネで口コミを利用して転職をより良く進めてください。

キャリコネの公式サイトはこちら→10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

転職サイトの活用法

ここから転職サイトの活用法を紹介していきます。

転職サイトも上手く使っていくことで、効率が何倍にもなるので、しっかり確認してください。

いくつも登録する

転職サイトにはそれぞれ強みがあり、扱っている求人も大きく変わってきます。

明確にやりたいことがあれば、専門の転職サイトを使っていくのが良いですが、はっきり決まっていない場合、いくつか登録して合うところとメインで取引をしていくのが、効率が良いでしょう。

まずリクナビNEXTに登録して、足りない部分を他で補いというやり方がおすすめです。

リクナビNEXT

同じ求人に違う転職サイトから応募しない

同じ求人に違う転職サイトから登録は間違ってもしないようにしましょう。

結局相手企業には伝わるので、ちゃんと応募したことを覚えていない適当な求職者という印象を与える可能性があります。

同じ求人に違う転職サイトから応募しても、通過率があがるということはないですし、間違えて応募するのも避けるようにしていきましょう。

転職サイトでいいと思ったところを企業分析する

転職も企業分析や業界分析ということをしていくと思いますが、転職サイトでいいと思った企業を分析していくのが良いでしょう。

転職サイトで見つかるということは、採用される可能性はあるということなので、企業分析は無駄にならないです。

色んな企業の情報をとにかく見ていくことも大切ですが、まず条件をある程度決めて転職サイトを見ていき、そこでいいと思った企業を分析するといった風に進めていくのが良いでしょう。

 

転職サイトも使って良い転職を!

今回は、転職サイトとエージェントの違いと、活用法について紹介しました。

転職サイトは自分のペースで転職できるというのが良い点ですが、客観的な視点を得られないので、上手くいかない可能性も上がってしまいます。

ただ時間をあまり使わずに、面接までをネットで完結できるので、合う人には合う転職方法です。

忙しいとは思いますが、仕事を決めるのは大事なことなので、転職サイトもエージェントも試してみて、やりやすい方を重点的にやっていくのが良いでしょう。

自分に合った転職方法を見つけてより良い転職をしていってください。

【関連記事】

今の転職は転職エージェントの利用が主流 転職をしようと考えた時に、ハローワーク、直接企業を探す、友人の紹介、転職サイトなど色んな方法があります...