もう無理・・・転職活動に疲れた時の対処法!

転職活動に疲れた…

転職活動をしていくと、働きながらで休む時間が取れなかったり、不採用が続いてしまったり、自分を見失ってしまったりなど疲れてしまうときがあります。

私も転職活動で何社も不採用が続いたときはどうしようかと途方に暮れてしまうこともありました。

そのような自分の経験や周りの転職状況から、転職活動に疲れてしまったときにどうすると立ち直れるかどうしたら良い就活が出来るようになるかをまとめました。

転職をしている方も、これからする方も、考えている方も処方箋としてこの情報を持っておいてください。

 

 

1.まずは一度休む

転職活動に疲れてしまったときは、一度しっかり休むことをおすすめします。

疲れてしまっている時に転職活動を続けても、正常な判断をしにくくなってしまいますし、仕事のパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

ここでは、転職活動に疲れた時にどう休むかといったことを紹介していきます。

1-1精神を休ませる

転職活動で参ってしまっている際は精神がやられている可能性が高いです。

そういった状態で休んだ方がいい理由は以下の2つです。

  • 正常な判断が出来なくなり転職活動を誤る
  • 精神的な疲れを溜めると無気力になってしまう

・通常な判断ができなくなり、転職の判断を誤る

転職は現職や前職ではダメな理由をちゃんと解消しなければならないので、判断がとても大切です。

そういった際に精神がやられていて余裕がない状態で転職活動をしていくと、深いところまで判断する体力もなくなんとなくで決めてしまいがちです。

転職した先が実はもっと悪かった場合またすぐ転職するわけにもいかないので、より大変になってしまいます。

・精神の疲れを溜めると無気力になる

あまり精神的な疲れを感じるといわゆるうつ状態になってしまい、現職すら力が入らなくなってしまう場合もあります。

最悪の場合だと離職をして治療が必要になったり、働けなくなってしまう場合もあるので、今の職場も大変かもしれませんが、できるだけ精神に疲れを溜めないようにする必要があります。

1-2頭の切り替えを行う

面接で何度も不合格になってしまうと、自分が否定されているような気がして、自信を無くしてしまいます。

しかし相性が良くなかっただけで、あなたの能力や人格を否定しているわけではありませんので、その傷は基本的には少し休むとすぐに良くなります。

趣味に没頭したり、大切な人と会うなど自分を大切にする時間を作って自信を取り戻してください

思いつめてしまって焦ってしまうと空回りして転職先でもまた転職をすることになってしまう可能性があるので、少し休んで転職の目的をしっかり果たせる状態で転職活動を行いましょう。



 

2.転職の必要性を考え直す

転職活動に疲れてしまったとき、本当に転職が必要かを考えていくことも大切でしょう。

転職の必要がないと判断すれば、もうこれ以上疲れなくてもいいですし、「色々見たけどやっぱり今の仕事がいい」となれば、また仕事を頑張ることもできるでしょう。

ここでは、転職活動に疲れた時に、改めて転職が必要か考えるポイントについて紹介していきます。

2-1転職して悪くなることもある

仕事や企業に関して、転職前に得られる情報では、分からないことも多くあります。

おそらくあなたも今や前の会社でこんなはずじゃなかったということがあったかと思います。

隣の芝生が青く見えて、嫌なことがあると転職をしようと思うのは分かりますし、解決策として行動できているのは素晴らしいことですが、本当に転職したら良くなるのでしょうか。

私の経験からも一度数か月で退職してしまうと、転職はなかなか厳しくなってしまいます。

今悩んでいることは転職したら良くなっていくことなのか今一度確認してみましょう

2-2転職の条件をしっかり考える

仕事に対する、条件を今一度しっかり考えてみることで、より明確に軸を持って転職も出来るようになりますし、転職後もこれだけ考えてやったという点から、少し大変なことがあっても乗り越えられます。

今一度仕事としてもそうですが、もう少し制限を外してどういう状況ならより良くいられそうか、何が好きか、何をしていきたいかなどこれを機に考えてみるといいかもしれません。

自分のキャリアの棚卸しはどこまでやる? あなたは自分の客観的に見た強み、イメージ、人物像などを正確に把握できていますか? この自分のこと...

 

3.人と会う

転職活動に疲れたときは、人に会うこともおすすめです。

人に会うと転職がより進むようになったり、パワーをもらえたりするので、転職活動に疲れた状態を抜け出すことができるでしょう。

3-1転職をした人に話を聞く

どういった理由であれ行き詰ってしまっているので、転職を実際した人に流れを聞いていくと精神的にも物理的にも解決策が見えてくるかもしれません。

また転職してより良く働いている人であれば、「自分もこうなれるかも」と活力をもらえる場合もあるので、いろんな方にお会いしてみることをおすすめします。

  • なぜ転職したのか、その理由は解決されたか
  • 転職して良くなったこと
  • 転職して悪くなったこと
  • どのように転職したか

などを聞いていくと自分の転職活動に役立てやすいです。

3-2尊敬できる人に会いに行く

気持ちを前向きにしたり、今後のキャリアを前向きに考えていくうえで尊敬できる人に会い人行くのは大きな価値があります。

またこういったキャリアの転換期には半端に尊敬できる人ではなく、心の底から最大級に尊敬できる人に会いに行くことをおすすめします。

こういった弱ってしまっている時には「どうせ他人事と思っているだろ」と思ってしまい、人の話を素直に聞くことが難しいです。

そのため心から尊敬できる人にガツンと気合を入れてもらうと、気力が沸いてくるかと思います。

ぜひこの大事な時期に尊敬できる人に会いに行ってください。

3-3新しい人に会う

新しい人と会うことで今までになかった価値観を知ることが出来たりチャンスを手に入れることができたり気分転換を図れたりします。

転職活動に疲れてしまっている際は、新しい選択肢が必要な場合もあるので、新しい人に無理にでも会いに行くことをおすすめします。

自分の普段いかないところに出向き、人の話に耳を傾けてみましょう。

何かヒントになることやチャンスが確実に落ちていますし、転職のみならず人生に役立つので、ぜひ踏み出してみてください。

私はクラブでビジネスや人生、恋愛の相談を出来る友人ができ、その友人を通じてさらに知り合いが増えその人とビジネスをしたりということがありました。

新しいことに踏み出す時は怖いですが、踏み出してしまえばあとは自然に良くなっていくだけなので、一歩踏み出してみてください。

3-4転職エージェントに話を聞きに行く

人に会う一貫として、転職エージェントに行くこともおすすめします。

転職に行き詰った際に気持ちを察してくれたり、物理的に力になってくれるのは転職エージェントが一番かと思います。

実例や数々の転職を見てきたエージェントに相談することで、勇気づけられたり今後の行動に大きく違いが出てきます

無理に転職を勧められることもないので、一度相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

転職エージェントはどれを選べばいい? 面接練習や基本マナーから求人の紹介まで、転職を支援してくれる転職エージェント。 転職者の9割がエー...

 

4.効率を考えて転職をする

転職活動に疲れた際、転職のやり方を見直して、効率化を図るといったことも大切になってくるでしょう。

仕事をしながらだったり、かなり詰めて転職活動をしていると、物理的に疲れてしまっているということも考えれらるので、効率化して休む時間を作るということも大切でしょう。

4-1転職活動を見直す期間を作る

とにかく転職したいからといくつも同時に受けたり、不採用になったらすぐ次の求人に応募したりして疲れてしまっていたら、転職活動を見直す期間を作るといいかもしれません。

どのことにも言えますが、何が良くなくて何が良いのかしっかり振り返ることで、がむしゃらにやるよりも効率がはるかに良くなります

不採用になって焦って次に行く前に何が良くないのかもう一度確認する時間を設けてみましょう。

例えば給料や休み、転勤など形があるもので譲れる条件があれば譲って転職をするなども一つの手です。

定期的に人の目からも見てもらいながら見直し、より良い転職活動をしていきましょう。

4-2求人を絞って転職活動していく

とにかく転職したいからとたくさんの求人に応募したら内定をもらえる確率も増えるだろうと、とにかくいくつも求人に応募するとかえって効率が悪くなります。

それだけ自分の希望を満たせる求人があるのであればいいのですが、不採用のたびに職務経歴書や履歴書を書き直しているとかなり時間を取られ、対策の時間を取れず不採用に繋がってしまいます。

また転職エージェントなど求人を紹介してもらっていると、いくつか同時進行で求人応募を勧められますが、多くても同時応募は2社にしておいた方が良いです。

現職の手を抜いてしまっても、もし転職でより良いところがなかった場合困るので、現職にも力を入れつつ、しっかり企業を調べて面接を行える無理のない数が、経験上2社です。

軸をしっかり作って優先順位をはっきりさせ、それを満たしていける企業も優先付けを行い応募していきましょう。

内定をもらったら即承諾出来るというレベルの企業に応募しないと時間も費用も無駄になってしまう可能性もあります。



 

5.良質な情報に触れる

転職活動に疲れた時、判断力を落とさないためにも、良質な情報に触れることも大切でしょう。

転職活動に疲れたら、何も考えず休んでしまうのが良いですが、「どうしても転職したい」「休めない」と考えているのであれば、良質な情報に触れていきましょう。

5-1本を読む

伝記を読むことで熱くなったり自分らしい生き方を見つけることができるかもしれませんし、自己啓発で思ってもみなかった仕事に魅力を感じる場合もありますし、小説で価値観が変わり自分の新しい可能性に気づくことができる場合もあります。

本を読むことで世界中の賢い人と対話できることになるので、ざっと以下のような効果があります。

・論理的思考力が身に付く
・新しいことを知れる
・熱くなる
・語彙力が身に付き説得力のある話が出来るようになる

 

本の効果については下記の記事で詳しく書いているので、気になる方はこちらもご覧ください。

読書量が多い人は年収が高い? 定期的に読書していますか? 読書は大切とは分かっているものの、なかなか続かないですよね。 ただウォー...

5-2ニュースアプリを読む

ニュースアプリでは色んな情報を無料で知ることができるので、新しく面白いことを見つけられる可能性があります。

また色んな業界について知ることができたり、時事問題の対策も出来るので、普段から見ておくのが本当は良いのですが、転職時には必須です。

これを機にニュースアプリ一つでいいので、毎日見る癖をつけましょう。

知らないことを知っていくと脳も老化しにくく、いろんな話題についていけるようにもなります。

おすすめのニュースアプリは「NewsPicks」です。

私自身著名人のSNSをいくつかフォローしていますが、著名人がシェアしているニュースはNewsPicksのものが多いです。

著名人が見ているものを見ることでそういった方と同じ情報を持てることになるので、そういった方に近づきやすくなります。

またNewsPicksはニュースに対して専門家がコメントできるようになっているので、一方的ではなくいろんな意見が知れて、物事を多角的に見れるようになります。

取っていない人は今すぐ取りましょう。



 

6.転職に行き詰ったら転職エージェントへ

転職に行き詰ってしまって、転職活動に疲れてしまっているのであれば、改めて転職エージェントに相談をしに行くことをおすすめします。

もう使っているかもしれませんが、今使っている転職エージェントが合っていない場合もあるので、新しいエージェントを使ってみると、行き詰っている状態から抜け出せる可能性もあるでしょう。

6-1客観的視点と非公開求人

転職エージェントに相談することで得られることは、客観的視点非公開求人です。

転職のプロに相談することで自分だけの視点では気づくことができなかった点に気づくことができます。

さらに転職エージェントはネットに出していない求人を持っていて実際に相談をしに行くことでしか紹介してもらえません。

以上の2点から転職エージェントに相談することで転職の悩みが一挙に解決することもあります。

また転職の準備を一人ですべて行うとかなり時間を割かれてしまい、本業も転職もおろそかになってしまう可能性があります。

履歴書の添削や面接対策、自己分析なども手伝ってもらえるので、一人で一から転職活動をしている人にはとてもおすすめです。

転職に行き詰ってしまった人は一度相談してみましょう。

6-2おすすめはパソナキャリア

転職に疲れてしまった人、転職に行き詰っている人におすすめなエージェントはパソナキャリアです。

【パソナキャリアをおすすめする理由】

・他エージェントの倍の時間を使って面談してくれる

・15000件の非公開求人

・企業ごとの転職対策

 

パソナキャリアはまず面談時間が長いです。

経験則ですが基本的なエージェントは30分から長くても1時間ほどですが、パソナキャリアは1.5~2時間ほど時間を取ってじっくりどうしていくか一緒に考えてくれます。

また非公開求人も多く持っており、ほとんどの人が合う求人を見つけられるます。

そしてサポートが本当に手厚いので、企業ごとの履歴書や面接の対策を行ってくれます

行き詰っていても手厚いサポートでやりたいことが見えてきたり、自分のいけないところが分かったりしていくので、転職が進みます。

私が相談した経験からもおすすめなので、ぜひ相談しに行ってみてください。

パソナキャリアの公式サイトはこちら→転職エージェントのパソナキャリア

 

転職活動に疲れたらやり方を見直そう

今回は、転職活動に疲れてしまったときの対処方法について紹介しました。

転職に行き詰るのはとても大変だと思いますが、しっかり休みを入れながら転職や自分のキャリアについて考える時間を設け、人と会い、情報を収集していくことでより良い転職が出来るようになります。

あなたに合う素晴らしい企業もまだまだ眠っていると思うので、焦らず諦めず頑張ってください。

行き詰ってしまっている場合は、新しい転職エージェントに相談しに行くことをおすすめするので、ぜひ使ってみてください。

いい転職にはエージェント選びが大切 転職を考えた際、転職エージェントは非常に役に立ちます。 転職エージェントは求人の紹介から、面接練習、...