銀行員を辞めたい!銀行員の転職先と転職に成功するために必要なこと

銀行員を辞めたい!転職は何から始めればいい?

銀行員で転職する人は非常に増えています

他業種と比べ安定していて、離職率は非常に低かった銀行員ですが、AIなどの機械化によって仕事が減っていくという理由から、今転職していく銀行員の方がかなり増えているようです。

銀行は、ひと昔前まで安定したキャリアが歩めると、優秀な学生が集まって大人気な業界でしたが、今メガバンクと呼ばれる大手銀行も、採用に苦労しているくらいです。

ですが、銀行員と言うのはちょっと特殊な職業ではあるので、就職活動のように転職をしても上手くいかないでしょう。

今回は、銀行員が転職をしていく際に必要なことから、銀行員の方が転職の際間違えがちな注意点をまとめたので、銀行員を辞めたいと思っている人に役立つ内容になっているので、見てみてください。

 

銀行員の転職が増えている


ひと昔であれば、銀行員は安定していて、順調に昇給することができ、さらにローンや世間体的にも信用が高い、人気な職業でした。

ですが今はメガバンクでも人員を減らすなどと言われていたり、なかなか貸し先がなくゆうちょ銀行ですら、経営危機と言われています

そのため就職人気も下げってきていて、銀行員を辞めたいと、銀行員の転職エージェントの登録数もかなり増えていて、時代の移り変わりの時期です。

転職したから絶対良くなるわけでもないですし、銀行員が本当に向いている人もいますが、早めに自分のキャリアについて考えた方が良いでしょう。



 

銀行員が転職していくステップ


銀行員が転職していくにあたって必要なことは、自分が得意で好きなことを見つけることです。

銀行員を辞めたいと思ってから、実際転職するまでのステップはまず得意で好きなことを見つけていくことが必要となってきます。

ここでは銀行員を辞めたいと思ったときにやっておくべきこと、てんしょくするためのステップについて紹介していきます。

1.改めて自分のやりたいことを考える

自分のやりたいことを考えるということが非常に大切です。

仕事はつまらないものと開き直っていませんか?

もちろん大変な部分もありますが、本来仕事は楽しいこと、大変でもやりがいがあることなはずです。

なぜ銀行員を辞めたいのかから、今までどんなことに夢中になってきたか、何に達成感を感じたかを改めて整理してちゃんとやりたいことを見つけていきましょう。

やりたいことが見つからない… やりたいことって自分が望んでいることなので、本来であればすぐ出てきますし、一日のほとんどを費やす仕事はやりたいこ...

2.今あるスキルを整理

転職活動は企業に自分を売り込む営業です。

そのため、銀行員として積み上げてきたキャリアを改めて振り返り、自分には何ができるのかを考え直すことも非常に大切になってきます。 

志望企業は「自社の力になってくれる人」を探しているので、自分がその会社にどういったように貢献できるのかを説明できないと、内定をもらうことはできないでしょう。

自分のやってきたことを客観的に振り返り、自分には何のスキルがあって、何を得意としているのか今一度考えてみてください。

銀行員を辞めたいと考えてから、実際に転職活動を始めるまでに、一度は考えた方が良いでしょう。

自分のキャリアの棚卸しはどこまでやる? あなたは自分の客観的に見た強み、イメージ、人物像などを正確に把握できていますか? この自分のこと...

3.求人を探す

自分のやりたいことを考えて、スキルを整理したら、希望条件に合う求人を探していくことになります。

自分のやりたいことを考えたところで、はっきり決まらないと思いますが、どこの企業もいい面はあるので、ある程度考えてから求人を見た方が良いでしょう。

やりたい仕事まで絞ることができなくても

・どういう状況なら働きやすいのか
・逆に何が嫌なのか
・何が欲しいのか
・どういう生活が理想か


などを考えていくことである程度仕事を絞ることができます。

絞りすぎるのも良くありませんが、軸を作っていくのに良いでしょう。

求人を見ていくにはリクナビNEXTがおすすめ

銀行員を辞めたいと考え、まず求人を見たいという人はリクナビNEXTをおすすめします。

業界未経験

リクナビNEXTとは業界最大級の転職サイトで、

・求人を見ることができる
・企業からスカウトメールをもらえる
・強みの診断ができる


といったことが特徴なので、転職の強い味方になってくれるでしょう。

毎週26,000人が登録していると言われていて、リクナビNEXT独自の限定求人が85%となので、ここにしかない求人を見ることができ、合う求人を見つけられる可能性が高まります。

転職を検討しているのであれば、まず求人を見てみて、リアルにどんな仕事があるのかを知っていくことをおすすめします。

スカウトメールも独自の強み診断も本当に転職に使えるサービスですし、世の中を知るためにも、ぜひ利用してみてください。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら→リクナビNEXT公式サイト

 

銀行員が転職をするのに向いている職業

銀行員のスキルや特性を考え、転職していくのにおすすめな職業を紹介していきます。

やりたい事や得意なことは人それぞれですが、一つ参考にしてみてください。

公務員

公務員も今後減っていくと言われていますが、銀行員が転職して公務員になるということは非常に良くある流れです。

銀行員から転職して公務員になる人の理由として大きなものは「安定」でしょう。

比較的雰囲気も近いと言われているので、銀行員は自分に合っていると思うけど、将来が不安という人は公務員になるのは良い選択肢となってきます。

銀行員が転職するにあたって、取り組みやすい職業でしょう。

ベンチャー企業の管理部門

銀行員は数字に強いので、管理部門に転職をするといった人も増えています。

大企業で管理部門になっていくには、かなりの実績が必要ですが、銀行出身者である程度挑戦心のある人はベンチャー企業の管理部門に転職してみても面白いです。

公務員とは逆に近い形で、「銀行員は決まりきったことで退屈」「上下関係が厳しすぎて嫌」といったような理由で銀行員を辞めたいという人は、ベンチャー企業に転職も視野に入れてみましょう。

銀行員からベンチャー企業に行くことはなかなか勇気のいることですが、今は大企業でも安定ではなく、むしろ結果を出せばベンチャー企業の方が昇給や昇格のチャンスはあります

銀行員からベンチャー企業に転職する人も多くいるので、自分の性質ややりたいことを今一度考えてみましょう。

【関連記事】成長できる?ベンチャー企業に転職することのメリットデメリット!

営業

銀行員として、厳しい上下関係やマナーを身に着けているのであれば営業に転職をすると、力を発揮できるでしょう。

営業は法人か個人かまたは無形か有形かによってある程度違いはありますが、売る力はほとんど同じなので、営業力を身に着けると今後生き残っていきやすくなります

また銀行員から営業職に転職するのであれば、法人営業が良いでしょう。

マナーや丁寧な話し方を求められ、今までやってきた業務が生きてきやすいです。

そしてよりスキルアップをしていきたいのであれば、無形の営業が良いでしょう。

人材やインターネットサービスなど、無形は自分なりに考えて営業をするので、大変ですが一番スキルアップできます。

今までの経験を活かしつつ、スキルアップも目指すのであれば、銀行員から営業職の転職も良いでしょう。

 

銀行員の転職は早めの方がいい


正直銀行員の転職は早めの方が良いです。銀行員を辞めたいと思っているなら、早めに動き出すことをおすすめします。

銀行自体が経営難になっているところが多いですし、今後大幅な人員削減が予想されるので、転職市場に銀行員があふれライバルがかなり増えます

そこで銀行員を辞めたい、転職をしたいと思った際に何をすべきか。

まずするべきことは転職エージェントに相談をしに行くことです。

転職エージェントに相談をすることで、そもそもあなたは転職するべきなのか、あなたのスキルを活かした転職は出来そうか、あなたがより良く働けそうな求人があるかといったことをプロの目で見てもらえます。

非公開求人といって実際に足を運ばなくては紹介してもらえない求人も多くあるので、まず登録して相談しに行ってみましょう。

ここでは銀行員の方が転職する際におすすめのエージェントを紹介していきます。

業界最大手リクルートエージェント

まずおすすめできる転職エージェントが、業界最大手のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントはとにかく求人数が多いことで有名になっています。

非公開求人が10万件以上あり、また40万人以上の転職を支援してきた実績があるので、実績は確実にNo.1と言っていいです。

銀行員の転職の実績もおそらく数え切れないほどもっているはずなので、より的確なアドバイスがもらえるでしょう。

転職をしようといった気持ちまでいかなくても、銀行員を辞めたいと思った時点でも相談をしに行くことで、今度キャリアを歩んでいくヒントを得ることができます。

いくら自己分析をしても、企業分析がうまくても、合う企業に出会えなければどうしようもないので、まず求人数が多いリクルートエージェントに登録しておくことをおすすめします。

業界最大手、圧倒的実績のリクルートエージェントの公式サイトはこちらから 

20代ならマイナビエージェント

20代で転職を考えているのであれば、マイナビエージェントをおすすめします。

新卒のエージェントとしても同じみなマイナビエージェントは、若い転職者を求めている企業とのパイプが強いです。

また営業職の転職に強みを持っているので、営業職に転職を考えている人は、使った方がより良く転職が進んでいきます。

銀行員として転職するのでも、強い味方になってくれるでしょう。

マイナビエージェントにも非公開求人が多くあり、求人の約80%が非公開求人です。

銀行員を辞めたいと思っている人は、実際に行ってみることで、より良い企業に出会うことができるでしょう。

若手の転職に強いマイナビエージェントの公式サイトはこちらから

寄り添ったサポートのパソナキャリア

最後に紹介するのはパソナキャリアです。

あまり聞いたことないかもしれませんが、パソナキャリアも銀行員の転職に非常におすすめの転職エージェントです。

おすすめなポイントは各業界・各職種でチーム体制でやっているので、より専門的なアドバイスや実際の働く環境について聞けるので、銀行員の転職に役に立ってくれるでしょう。

またしっかりヒアリングをしてくれるというところも特徴としてあって、他エージェントの約2倍の1.5~2時間使って親身にヒアリングしてくれます。

銀行員は辞めたいけど、転職するのも不安でどうしたらいいのかわからなくなってしまっている場合、パソナキャリアは非常におすすめです。

寄り添ったサポートのパソナキャリアの公式サイトはこちらから

 

銀行員が転職をする際の注意点


銀行員は転職を含めキャリアを考え直す必要があると話してきましたが、転職して後悔している人ももちろんいます。

ここではそういったように転職して後悔しないように、銀行員が転職をする際の注意点を説明していきます。

銀行員を辞めたいという気持ちから転職して後悔しないためにも、必ずチェックしてください。

嫌だからやめるということをしない

「銀行員ってもう危ないのか!嫌だし早く転職しよう」と嫌だからという理由で転職すると確実に後悔します。

もちろん出発点は嫌になってしまったでいいのですが、自分の気持ちをしっかり整理していく必要があるでしょう。

行動しないものいけませんが、銀行員を辞めたいからと言って、考えずに行動すると後悔するかもしれません。

せっかく思い立ったのにここで止まってしまってはもったいないので、銀行員を辞めたいと思っているのであれば、転職エージェントに登録などの行動はしつつ、しっかり自分で考えていくことで、より良いキャリアが歩めるようになるでしょう。

転職エージェントも気持ちの整理を手伝ってくれます。

初めての転職だからと言ってリサーチを怠らない

調べることは非常に大切です。

初めての転職だからこそリサーチは必要になってきます。

転職自体についてもそうですし、志望企業についてもです。

企業側としても今人が足りていないところがほとんどなので、何とかして人を集めようと必死で、悪いところを隠す企業もあります。

銀行員を辞めて、転職していく際もしっかりリサーチはしていきましょう。

転職には企業研究が最重要 転職をしようとなった際、しっかり自分に合った結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか? 人や企業によって...

世間の価値観をしっかり理解しておく

厳しいことかもしれませんが、あなたの価値観はかなり高い確率で偏ってしまっているでしょう。 

そもそも価値観が偏っていない人なんてほとんどいないです。

そのためあなたが当たり前と思っていることが当たり前でないことが非常に多くあります

転職の際に価値観が偏ったままだと、仕事を選ぶ判断を間違える可能性があるので、銀行員を辞めたいと思った際には、世間の価値観をしっかり理解していくことをしましょう。

他業種の人と話す、ネットニュースを見る、今まで行ったことの無いところに行ってみるなど自分の経験を増やしていくことで、世間の価値観を理解することができます。

銀行員を辞めて転職する際は特に、”自分の当たり前は世間の当たり前ではない”と思い色んなことを学んでいきましょう。



 

銀行員は将来をしっかり考えるべき

今回は、銀行員が転職する際の成功法や注意点について紹介しました。

銀行が無くなることはかなり先ではあると思いますが、AIなどの機械化により、銀行員は今後どんどん厳しくなっていくでしょう。

そして銀行員を辞めたいという人もどんどん増えているので、転職市場も激化していくことが予想されます。

あなたは今勤めている銀行が経営難に落ちいり、AIがより賢くなって入ってきたときにでも必要とされる人でしょうか?

不安があるなら、転職かもしくはAIに負けず経営難でも必要とされるスキルを磨いていく必要があります

なぜ銀行員を辞めたいのかをしっかり考え、この先どうなっていきたいか、どうなっていては嫌かを見越して今の行動を決めていきましょう。