転職の面接ではエピソードが最重要?すべての話を伝わりやすくする方法

転職の面接にはエピソードが最重要?

転職の面接で「自分のことをうまく伝えられる自信がない」という方は多いかと思います。

100%相手に伝わりやすい話し方をするのは無理なものの、できるだけ自分のことをしっかり伝えた上で、合否の判断をしてほしいですよね。

面接で、自分のことをしっかり伝えるには、エピソードを使うことが非常に効果的です。

今回は、その転職の面接で使うエピソードについて、なぜエピソードを使うと伝わりやすくなるのかエピソードはどこから持ってくればいいかどう組み立てたらいいかということを紹介してきます。

面接のすべての質問に役立てることができるので、面接を控えている方はぜひチェックしてください。

 

なぜ転職の面接でエピソードが必要か

転職の面接では、エピソードが大切と紹介しましたが、そもそもエピソードってどういうことなのか、なぜエピソードが大切なのかということを紹介していきます。

面接官側の意見を踏まえ、エピソードの意味について紹介していくので、しっかり確認してください。

エピソードとは起こったできごとのこと

性格や価値観、能力はもちろん生まれ持ったものもありますが、今まで起こったことが作っています。

転職の面接では、その性格や能力を形作ったエピソードが非常に大切で、エピソードを使うことで、あなたの価値観や魅力をしっかり伝えることができるでしょう。

面接官はあなたが何を大切にしているのか知りたい

転職の面接では能力も大切ですが、人となりや価値観も非常に大切です。

極端な話、いくら優秀でも、価値観が合わなければ採用されることはないです。

エピソードを語ることで、価値観を知ることができるので、自社に合うかということも判断できます。

面接は能力だけでなく、価値観も見ているということをしっかり頭の中に入れておいた方が良いでしょう。

何を任せられるかも考えている

いくつもの部署で人を集めている場合はもちろん、応募部署が決まっていても「この人には何を任せられるか」「この人には何ができるか」を考えながら面接をしていきます。

その何ができるか、何を任せられるかを判断するにあたって、価値観が非常に大切で、エピソードを聞くことで、判断がしやすくなります

面接において、「何ができるか」「どのように貢献できるか」ということが非常に大切ですが、それをアピールすることができるでしょう。



 

エピソードの選び方と組み立て方

次にエピソードの組み立て方、分かりやすいエピソードの伝え方について紹介していきます。

エピソードは、相手は何の前提条件もない中で聞くことになるので、しっかり整理して伝えないと、伝わらないでしょう。

エピソードを効果的に伝えるためにも、しっかり確認してください。

今自分にある要素を書き出しなぜを追求する

例えば「行動的」であったり「論理的」「情に厚い」など、自分が持っている要素をまず書き出します。些細なことでもいいので、出来るだけたくさん出しましょう。

その後にどういうことがあってそう思えるのかを考えていきます。

ここで最初に思い付いた要素を分解していくと、経験にたどり着き、その経験がエピソードとして話す材料になります。

できるだけ色んな要素、エピソードを思い出して書き出していくことで、自己理解にもつながるでしょう。

印象に残っているエピソードから何を得られたか書き出す

先ほど紹介した方法とは逆の方法で、自分の中で思い出深い経験から自分を理解しエピソードを作っていくというやり方です。

これを行うことで、自分の中心の価値観をつかむことができます。

印象に残っている経験は少なからず自分に影響をおよぼしているので、自分が何を大切にしているかはっきりわかるでしょう。

企業の求めている人物像に合わせたアピールをする

エピソードがいくつもあってどれを選ぼうとなったときにおすすめなのが、企業の求めている人物に対してアピールできる内容を選ぶということです。

企業の求めている人物に合わせるというわけでなく、自分の持っている要素で企業が求めている要素に当てはまることをアピールしていくことになります。

いくつもエピソードがあって、どれを話せばいいかわからないという方は、企業の求めている人物像をチェックしてみましょう。

知り合いに聞く

客観的な自分像をつかむためには、よく知っている友人などに自分の印象を聞いて、そこから分解していきエピソードを見つけるという方法がいいでしょう。

上記の二つをやってみてもピンと来なかったり、何も出てこなかった人はこれを実行しましょう。

 

 

エピソードを話すときのコツと注意点

ここからは、実際に面接でエピソードを話す時のコツと注意点を紹介していきます。

話すエピソードを決めて組み立てた後は、伝え方が非常に大切なので、しっかり確認していきましょう。

表現には気を付ける

自分を出すことは大切ですが、表現には気を付ける必要があります。

エピソードは自分が色濃く出ているので、面接では武器になる反面、この人はダメだと思われる確率も高いです。

①きれいな言葉を使うこと②話の参加者(エピソードに出てくる人)にも敬意をもって話すこと③他人を否定するような表現は減らすことを意識して臨みましょう。

熱くなりすぎて話しすぎない

自分のエピソードは、自分が話している以上に相手は長く感じます

特に印象深いことなどは感情的に長く話してしまいがちなので、想定している半分くらいの量に抑えられるよう工夫しましょう。

その方が本当に伝えたいことが伝わりやすいです。

固有名詞は出来るだけ避け分かるように話す

自分の経験のエピソードを話す際、固有名詞やそのことを経験していなければわからない用語が自然と出てきていしまうと思います。ですがそれは出来るだけ避けましょう。

人は分からない言葉がいくつか出ると、理解するのが難しくなり、話が入ってきません

簡単な言葉に置き換えられるのが一番いいですが、どうしても無理な場合は、説明をつけることをお忘れなく。

伝える力は仕事で最重要 人にしっかり物事を伝えることって実は非常に難しいです。 その分伝え方が上手く、相手に苦労をかけず物事を伝えられる...

 

転職の面接はエピソードをうまく使おう

今回は、転職の面接で大切なエピソードの使い方について紹介しました。

エピソードをうまく使うことで、より良く価値観を伝えることができ、面接で有利になります。

エピソードをうまく使って、面接を潜り抜けてくださいね。