面接で聞かれて困る質問7選とその対策!

今回は転職の面接をしていく際、避けられないけど準備していないと困ってしまう質問と対策をまとめましたので、転職を考えてるもしくは控えてる方はぜひ一度お読みください。

 

質問1.前職でもっと頑張れたのでは?

【聞く意図】

その人がどれだけ考えて行動できるのか、また行動したのかを知りたくてこういった質問をあえて投げかけています。

 

【答え方】

確かに頑張れる部分はあったかと思いますが、私なりに納得いかないところは変えようと努力しましたが、転職をする方が早いと考え転職活動をしております。

と一度相手を肯定した上で、変える努力もしたけど、そこは譲れないから転職をすることでより良い環境に自分を置きたいということを伝えていきましょう。

 

【注意点】

環境はもちろん大切ですが、あまり環境のせいにする人と思われてしまうと、低評価に繋がります。しっかり自分で努力をしたところを伝えていきましょう。

 

 

質問2.〜の方が向いてるのではないですか?

【聞く意図】

本当にうちでいいのかといった点や熱意を改めて確認するために聞いています。また本当にこっちの方が合ってるのではないかと思われている場合も多くあります。

 

【答え方】

確かに〜も合っているかと思いますが、私の将来像として交渉力のあるエンジニアを目指しているので、よりそこに近づけるのが御社だと思いました。

 

というように相性だけでなくなりたい像があり、そこに最短で迎えるのがこっちだった、と言ったような他の理由も付け足す形で答えましょう。

 

【注意点】

ここはあまり反対しすぎないようにしましょう。ここであまり話しすぎると逆に取り繕っているように見え、印象が悪くなる可能性があります。

 

 

質問3.ブランク期間は何をしていましたか?

【聞く意図】

しっかり社会人として働いていけるか、また自分や自分のなりたい像がはっきりしているかを見るために聞きます。

 

【答え方】

アルバイトをしていたや、学校に通っていたなど、誠実に答えるのがいいです。

もちろんどうしようもなくブランクになってしまった方もいるとは思いますが、多くの方は何かしら自分の中に考えがあってブランク期間を過ごしたと思います。それをしっかり伝えましょう。

 

【注意点】

曖昧な回答はNG!ブランク期間はやはり企業も気になるので、はっきり何の目的があって何をしていたかを伝えた方が評価は上がりやすいです。

 

 

質問4.転職回数が多いようですが

【聞く意図】

企業もある程度在籍して結果を残してもらわないと、雇うことが損になってしまうので、すぐに辞めてしまいそうな人は採りません。

なので転職を短期間で繰り返す人を嫌います。そのため転職回数が多いと必ず突っ込まれます。

 

【答え方】

キャリアアップのためと胸を張って言いましょう。

もしかしたら酷い待遇を受けていたのかもしれませんが、あまりマイナスなことを言うと、愚痴っぽい人と思われがちです。

結局より良い環境を求めていくことは、結果を出して、会社や世の中に貢献することになるので、問題はないでしょう。

 

【注意点】

とにかくネガティヴは抑え込む。転職回数が多いことはネガティヴに捉えがちですが、上手く伝えれば武器にもなります。ネガティヴにならないよう気をつけましょう。

 

 

質問5.趣味はなんですか?

【聞く意図】

ずばり本当のあなたを知るためです。やはり率直に好きなものや、見返りがないのにお金や時間をかけているものというのは人となりが出やすいです。

長所短所では聞けない人となりが聞けます。

 

【答え方】

こちらは率直に答えて問題ないです。

熱くなって喋りすぎない程度に好きなことを語りましょう。

また趣味がない何て言う人もいるかと思いますが、趣味や好きなことは自然と引き寄せられてしまっているので、改めて自分が何に時間やお金を割いているか考えてみましょう。

 

【注意点】

相手に合わせない。読書やプログラミング、英語など意識が高いことを言う必要はありません。

薄っぺらい趣味としてあげてしまうと、面接官も「よく思われようとしているな」と気づくので、本当に好きなものをあげましょう。

 

 

質問6.挫折した経験はありますか?

【聞く意図】

大変なことを乗り越えていく強さがあるかどうかを知りたいからです。

いくら優秀でも仕事をしていく上でどうしようもなく大変なことは訪れるますし、そういった困難に対する強さを見ています。

 

【答え方】

エピソード→どう乗り越えたか→得たものという話の展開をしていくのがいいです。

またエピソードもできるだけ客観的に見て大変なことの方がいいです。

具体的に何が大変で、どのような行動でどういう結果が起きたか、どういう気持ちになったかというところまで話せたら、かなり評価アップにつながります。

 

【注意点】

弱みを見せたくないから「ないです」や軽いものを答えてしまうと、何かあったとき位耐えられないのではないかと不安に思われます。

本当に一番心が折れた、折れそうだったエピソードを持ってきましょう。

 

 

質問7.最近の関心事はなんですか

【聞く意図】

世の中に対して敏感で、継続して勉強をしているかというところを見ています。

今の時代いかに情報を持っているかで仕事が出来るか決まると言っても過言でないくらい情報は大切なので、そういったことを聞いています。

 

【答え方】

理想はその会社に何かしら関係のある話題で自分の意見も付け加えるといったものが理想です。

また出来たら常に、忙しい人は面接前だけでもニュースサイトを見るようにしておきましょう。

その企業が属している業界のニュースや競合のニュース等用意しておくとベストです。

 

【注意点】

ここはあまり好きなことではない方が無難です。

好きなことに関するニュースを面白く話せればいいのですが、一方的に話してしまうと、自分のことを話したいだけの人なのかと思われて評価を落としてしまいます。

一般的なものをチョイスしましょう。

 



 

まとめ

予想外の質問をされると戸惑って出てこなくなってしまう場合がありますので、しっかり色んな質問に目を通して、対策をしていきましょう。あなたの面接が成功することを祈っています。

 

http://stensyoku.com/2017/11/01/%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%ef%bc%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e3%81%a7%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%95%e3%82%8c/