現役人事に聞いた内定率がUPする転職の面接の心構え9選

ちょっとした違いで内定率をアップさせられる?

面接では心構えが非常に大切です。

もちろん面接でのテクニックや、コツはある程度存在しますが、ちゃんとした心構えで面接を受けることで、合う企業であれば不採用になることはないでしょう。

そこで今回は転職の本質を見失わないように、現役人事に聞いた、面接の心構えをまとめました。

転職の面接が控えている人も、転職が気になっている人もぜひしっかりご確認いただいて、内定率をアップさせてください。

 

内定率をアップさせる転職の面接の心構え

早速、内定率をアップさせる転職の面接の心構えを紹介していきます。

集中してお読みいただいて、面接での内定率を上げていってください。

1.面接はあくまで相性を確かめるためのもの

面接は、ある程度の伝え方はありますが、基本的には相性を見るものです。

企業側も利益を出すために採用活動しているので、入ってもらっても活躍できなかったり、すぐやめてしまいそうな人は採用しません。そのため優劣や成否ではなく相性を見ていると思いましょう。

求職者もつくろって内定を取ったところで続きませんし、相性を見ているということを理解していればよく見せようと緊張することもなくなります。

2.転職の面接で重要なのは「一貫性」

いくらいいアピールをしていても、話がコロコロ変わってしまっていては面接の印象は良くなっていきません

そこで一つ重要なのは「一貫性」です。面接で様々なことを聞かれますが、矛盾している回答をした場合、信用できないや自己分析が薄いと感じられますし、どっちが本当かわからないため、相性が良いのかわかりません。

一回の面接の中身でもそうですが、一次と二次で言っていることが変わっていたりしないようにしていきましょう

面接前に自分の価値観をしっかり見つめなおし、軸をしっかり作っていくと一貫性のある回答ができるようになります。

3.特別な経験はそこまで役に立たない

留学経験や起業経験など特別な経験を持っている人は、とても有利かといえばそうではありません。

重要なのはそのときどう思ってどう行動したか、目標に向かい素直に努力できたかです。

例年見ていると、結果はそこまでのことでなくても素晴らしい回答をして、志望企業から内定をもらう人も多くいます。

すごい経験がないと転職できないというわけではなく、ありきたりな経験だったとしても、あなたなりの努力やエピソードを語っていくことで、希望企業から内定をもらうことができます。

4.何かしらで印象に残ることが必要

マニュアルに従いすぎていると、他の求職者を同じ面接しかできず、不採用になる可能性が上がってしまいます。

人を一人採用するのに育成まで考えると何百万とかかりますし、有名企業の倍率は中途でもなかなか高いので、何かしら印象に残る必要があります。

そのためにも自分の良さや強みをしっかり理解してアピールできるようにしていきましょう。

面接は自分を売り込む営業です。



5.相手目線を持つ

見た目も話している内容も、自分本位では内定を取ることはできません

見た目に関しても、わざわざ不潔で行こうという人はいないはずなのに”清潔感が大切”と言われているということは、知らず知らずのうちに清潔感で印象を落としている場合があります。

一度親や友達など厳しくいってくれる人に確認してみましょう。

また話している内容も面接だからと言って話したいことをとにかく話すわけでなく、話すことは同じでも伝わりやすいよう相手目線で伝えていくようにしましょう。

6.転職の面接では場慣れも必要

この企業しかない!と一社しか面接しないのは少し危険です。

いくら以前に面接したことがあるからと言え、久しぶりの面接で100%自分の魅力を伝えていくのは難しいです。

私の転職経験としても3回ほど面接を実際重ねることで緊張も薄れていき言いたいことが言えるようになってきたので、ある程度面接を受けて場慣れしていくことをおすすめします。

7.聞かれたことに対し簡潔に答える

簡潔に答えるということは非常に大切です。

自分の経験をすごく見せるように長く語ったり、熱意を伝えるためにいたずらに長く話してしまうと、話が分かりにくいという印象を与えます。

また長々と話しても面接官は自分なりに情報を加工して覚えておくので、短く分かりやすくした方が親切です。

とにかく簡単で短く伝わりやすい内容を心がけましょう。

相手によって伝わりやすさは少し変わってくるので、相手のタイプに合わせた話し方を史ながら簡潔に話しましょう。

伝える力は仕事で最重要 人にしっかり物事を伝えることって実は非常に難しいです。 その分伝え方が上手く、相手に苦労をかけず物事を伝えられる...

8.面接官にあなたを次の選考に進ませる理由を与える

面接官になったつもりで面接後を考えてみましょう。さらに次の面接官にあなたのことを上げると言うときに通過させる理由を話すことになります。

面接官もあまり不出来な人を上にあげると、自身の評価にもかかわってきますし、人にはそれぞれ良いところはあるので、判断が難しいです。

企業が求めている像をしっかり把握し、あなたを面接通過させる理由を面接官が話せるような面接を心がけましょう

http://stensyoku.com/job%e2%80%90change/career/strength/

9.得られる情報はすべて自分から取りに行く

基本的にほとんどの人は情報収集が足りません。HPの情報はもちろん、転職サイトの口コミ、業界情報や業界での位置、実際働いている人からの情報等思いつくことを徹底的に並べ調べていきましょう。

私の知り合いで新卒時代31社中30社内定を獲得した現役人事の方は志望企業の業界での立ち位置や、欲している人物像は調べて自分なりに答えを出すということが大切だということを言っていました。

徹底的に企業分析をしていきましょう。

転職でも企業研究をしっかりやらないと採用されない? 転職の準備で必要なことは大きく分けると2つで自分の棚卸しと業界や企業の情報収集です。 ...

 

転職の面接で内定をもらうには心構えが大切

今回は、転職の面接で大切な心構えについて紹介しました。

転職の面接での心構えを振り返ると以下の通りです。

  1. 面接はあくまで相性を確かめるためのもの
  2. 転職の面接で重要なのは「一貫性」
  3. 特別な経験はそこまで役に立たない
  4. 何かしらで印象に残ることが必要
  5. 相手目線を持つ
  6. 転職の面接では場慣れも必要
  7. 聞かれたことに対し簡潔に答える
  8. 面接官にあなたを次の選考に進ませる理由を与える
  9. 得られる情報はすべて自分から取りに行く

以上転職の面接の心構えを話していきましたが、面接は形に当てはめるのではなく、自分で考えていくことが大切です。

面接で相性もわかりますし、今後の社会人人生が決まっていくので、しっかり心構えをして面接に臨みましょう。