転職で未経験職種の志望動機!未経験でも効果的な志望動機とは!?

未経験職種への転職の志望動機の書き方が分からない!

社会人生活を何年か続けていくうちに本当にやりたいことが見えてきたり、本当にこのままでいいのか不安になることがありますよね。

そんなときに新しいことに転職をして挑戦するハードルを高く感じてしまい、諦めてしまうのはとてももったいないです。

未経験業種でもしっかりとした志望動機があれば、合格率はグッと上がります

未経験職種に転職する際の志望動機の考え方をしっかり学び、理想のワークスタイルを手に入れてください。

 

未経験の志望動機こんな風に書いていませんか?

私は3年間営業職に従事してきましたが、情報収集していった際、マーケティングという職業にも興味が沸きました。詳しい内容は勉強中なのですが、興味のあることなので、話を聞いてみたいと思い面接をしていっています。

 

未経験だと何を書けばいいかわからないかと思いますが、上記のような志望動機ではなんで興味を持ったのか、入社したら何ができるのかがはっきりしないので、基本的に採用されることはないでしょう。

 

未経験の志望動機に盛り込むこと

未経験の志望動機にも通過しやすい内容というものがあります。

私が人材会社で見てきた未経験職種で内定をもらえた志望動機は以下の内容が書いてありました。

・なぜ興味を持ったか
・なぜあえて未経験のことに手を出すのか
・そのために今何をしているか
・前職の経験でそこでも使える能力
・前職と共通している部分

・なぜ興味を持ったか

未経験で志望動機を考える際、役に立つスキルを持っていることは少ないので、意欲がより大切になってきます。

そして意欲を確かめるためにもなぜ興味を持ったのかは面接官にとって重要になってきます。

社会人を再スタートさせるような困難にも立ち向かっていけるか、投げ出して元の職種へ戻ってしまわないかという観点が大きいです。

やる気や投げ出してしまわないという姿勢をアピールしましょう。困難に立ち向かった経験とかもあるとより良いです。

なぜこの職種、この業種に興味を持ったかを自分のエピソードとして話していくと特に効果的です。

・なぜあえて未経験のことに手を出すのか

一般的に考えたら、経験のあることの方が結果も出せて給料やポジションもいいところに行けるはずです。

それを踏まえた上で、今の仕事が嫌で変えたいという理由ではなく、長期的に自分のキャリアプランを考えた上でこうなりましたと志望動機を考えていく必要があります。

企業としてもできるだけ早く利益を出してもらいたいので、教えてもらうという姿勢ではなく自分から積極的に学んで、結果を出していくことをアピールすると効果的です。

・そのために何をしているか

興味を持って職にしようとしているくらいなら、何かしらの行動を起こしていると思います。その行動を伝えていきましょう

社会人は行動ベースで見られるので、「興味を持ちました」や「私にこれが合っていると思います」という根拠付けにどのような行動を起こしているかをしっかり伝えないとアピール不足になります。行動を第一に考え伝えていきましょう。

・前職での経験のアピール

行動ベースで判断されるので、前職での経験も上手く取り入れましょう。

基本的に前職の細かい業務などはあまりアピールの役に立たないことが多いので、「目標に対する姿勢」「めげない精神力」「実務遂行能力」など汎用的な能力を経験からアピールしていきましょう。

未経験でもある程度若くて成果を出せるマインドを持っていれば内定は出ますので、前職の経験で次の仕事でも使えるような内容をピックアップしていきましょう。

・共通項をアピール

例えば販売から営業になる場合などもお客様に何かを提供するという点では同じですし、事務からエンジニアといった場合もパソコン操作という点は同じです。

企業の力になるイメージをしてもらうためには、前職と新しく始める仕事の共通項をアピールして、こういうことができますというのが良いです。

例えば販売→営業であれば以下のようなアピールができます。

販売という職業は来た人に売るので、受け身なイメージもあると思いますが、個人の売り上げに差がつくのはそこではなく、迷っている人の背中を押すことです。

そういった点では営業も欲しいものを届けて購入していただく際に背中を押すということは同じなので、買うか買わないかの部分に強く、成約率を高めていくことができます。

 

このように何でもいいので共通のものを探していくことで未経験でも活躍してくれると思ってもらえます。

 

未経験の志望動機実例

悪い例
私は法人営業をしておりましたが、webの技術を企業でもどんどん取り入れており、私もより仕事を効率化させたく、webマーケティングに興味を持ちました。未経験なので、わからないことが多いですが精一杯やらせていただき、御社の利益拡大にお力添えをさせていただけたらと思います。

 

ふわっとしすぎて誰にでも言えてしまうことなのでなんの価値もなく、もちろん企業にも刺さりません。なぜ興味を持ったか、採用してもらえたら何が出来そうかを具体的に伝えましょう。

 

いい例

私は法人営業をしておりましたが、クライアントの課題を解決する際、webのデータであったり解析ツールがとても役に立ち、興味を持ちました。現在では自分で上司に交渉し社内のHPの改善を行っており、HPの閲覧数が私が改善を行うようになってから、120%ほどユーザーが増えました。

そして今webマーケティング周りの資格の勉強を毎日2時間ほどしております。そのため御社でwebのマーケティングをさせていただけたら、HPの閲覧数の改善はもちろん幅広くマーケティングを改善していくことがやらせていただき、利益に貢献させていただくことができるかとおもいます。

また3年の新規法人営業で培った精神力には自信があるので、根気強く取り組んでいきます。

 

ここまでの経験を持っている人は少ないかもしれませんが、「興味を持ったきっかけ」「自分から行動を起こして仕事を取りに行っている姿勢」「前職で培ったことのアピール」の独自性があり、しっかりやってくれるイメージが出来ます。

特出した経験がなくてもいいので、上記の3つのポイントはしっかり押さえ、面接官に役に立てるイメージを持ってもらいましょう。

 

未経験でも効果的な転職の志望動機は書ける

今回は、未経験職種へ転職する際の、効果的な志望動機の書き方について紹介しました。

未経験の職種に挑戦するのはハードルは高いですが、いくつもの職種を極めることで、新しいアイディアや仕事を生み出せるようになります

一つの分野を突き抜けてできるようになるのもキャリアとしては面白いですが、そこそこまでいけても極めることはなかなか難しいです。

ぜひ様々な職種にチャレンジし、自分の市場価値を上げていってください。