若手からベテランまで!営業職の方におすすめの本11選【2018年度最新版】

営業は本から学べることが非常に多い

「営業職は人と関わる仕事だから、現場で学ぶのが良い」とよく言われますが、”優秀な営業パーソン”になっていくには、本からも学ぶことをおすすめします

営業はいくら人と関わると言えど、作業になってしまいがちですし、人から教えてもらうのでは知識に限界があり、結果を残し続けるのは難しいでしょう。

優秀な営業職の方は、ほぼ確実に本を読んでいます。

本は営業を実例から学ぶことができるので、色んな実例を見て、使える手が一つでも増えれば、営業の結果はかなり変わってくるでしょう。

今回は、営業職の方におすすめの本を紹介していきます。

特に営業で成績を残している方に調査した結果を紹介していくので、ぜひ紹介する本を手に取ってみて、営業の結果をさらに上げていってください。



 

営業職におすすめの本11選

さっそく、営業職の方におすすめの本を紹介していきます。

以下の基準でおすすめの本を順番に紹介していきます。

おすすめの基準
・口コミの評価が高い本
・独自の調査で特に結果を出している営業マンが読んでいる本
・読みやすく、実践にすぐ活かせる本


実際営業に使えるトークの案から、営業に対する考え方営業でのメンタルケアの仕方など、様々な種類の本が登場するので、ぜひあった本で営業の成果を上げてください。

1.営業の魔法

この『営業の魔法』は、完全歩合制の外資系企業で2年間連続トップセールスになった著者が記した”すぐに結果がでる具体的な営業方法”が書いてある本です。

物語調になっていて、非常に読みやすく、テクニックの具体的な利用方法まで書いてあるので、すぐに結果に繋がったという声の多い営業本になっています。

本当に若手からベテランまで、役立つ営業の原理原則、その原理原則を効果的に使う方法が記されているので、すぐに役に立てることができるでしょう。

ぜひこの『営業の魔法』を読んで、営業の成績を上げていってください。

2.トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書

この本は特に”営業の基本”についてとことん知ることができる本になっているので、どんな方でもこの本をある程度しっかり読んで実践していくことで、常に一定以上の結果が出せるようになります。

著者は新人から営業リーダーまで15,000人を指導した実績があるので、様々な角度から営業について知ることができます。

営業で成績を残した人が書く本はよくありますが、営業を教えることで結果を出している方の本はほとんどないので、読んでみる価値はあるでしょう。

新人の営業職の方はもちろん、ベテランの方も読み直すことで基本を振り替えることができ、より結果がでるようになるので、ぜひ読んでみてください。

3.話し方入門

『話し方入門』は、『人を動かす』や『道は開ける』で全世界で何千万冊と売り上げている、”人と接するスペシャリスト”である、デール・カーネギーが記した、「話し方」についての本です。

この本を読むと間違いなくコミュニケーション能力が高まります。

理由としては、人の心をつかむ、魅力的な話し方を、テーマの選び方から、話す際の心構え、準備、始め方、終わり方まで、実例を用いて丁寧に解説しているからです。

この『話し方入門』を読むことで、話を聞く人の心理や、どういった話が人の心をつかむことができるので、営業のみならず、仕事全般から日常生活まで良くしていくことができるでしょう。

まだ読んでいない営業職の方には、本当におすすめできる名著となっています。

4.成約のコード デジタルツールと営業現場を連動する最強ノウハウ

この本は、特に”今”熱い本で、客観的なデータと人間的な営業を繋いで、圧倒的な結果を出していくことができる本です

この『成約のコード』ほど、デジタル時代とアナログ時代の営業をつなぐ本はないと言われ、今はもちろん、今後より大切になってくるでしょう。

特に営業は経験や感覚でやっている方が多く、もちろん経験や感覚も大切ですが、今売れている営業の方はみんなデータをしっかり踏まえた営業をしています。

この本を読むと、客観的なデータに基づいて、人間的な営業活動の成果をしっかり上げることができるので、ぜひ今後成果を出し続けるためにも、読んでみてください。

5.営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

この『営業』は、日本トップクラスの営業集団である「野村証券」でぶっちぎりの結果を残してきた著者が書いていて、特に”改善をしてぐんぐん結果を伸ばしていく方法”が書かれています。

営業の結果を出していくためには、「仮説→検証」をたくさんこなしていくことが重要になってきますが、その「仮説→検証」をより効果的に、よりスピーディーにしていくことをこの本から学べます。

プロセスごとに改善の方法が書いてあるので、「努力はしているけどなかなか結果がでない」「何がいけないのかわからない」という方に特におすすめの本です。

6.嫌われる勇気

『嫌われる勇気』は、人間関係に対する悩みを取り去る考え方を知れる本なので、営業力はもちろん、営業して断られても、いい意味で気にしない力が身に着きます

よほど屈強な精神の持ち主でない限り、営業職をしていると精神的に辛い時期もあると思うので、そういった際に潰れないためにも読んでおくことをおすすめします。

内容も会話調になっていて非常に読みやすいので、初めて本を読むという方にもおすすめです。

人間関係について悩まないコツを知ることができるので、「人間関係がなかなかうまくいかない」という方にもおすすめです。

ぜひ、『嫌われる勇気』を読んで、営業の成績アップといい意味で気にしすぎないメンタルを手に入れてください。

7.会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン

『数字を上げる人の営業・セールストークのキホン』は、リクルート全国トップの成績を残した伝説の営業マンの方が、「売らなくても売れる」営業マンになる方法を説いている本です。

「売れる営業パーソンと売れない営業パーソンの違い」から、「要領が悪くて人見知りでもトップ営業になれた方法」まで記されているので、どんな人にも役に立つでしょう。

この本を読むことで、”営業の本当のゴールとは何か”を知ることができ、好成績をキープできるようになります

「足は動かしているけど、なかなか結果がでない」という営業職の方は、ぜひこの本を読んで、好成績をキープできるようになってください。

8.3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50

『質問型営業最強フレーズ50』は、すぐに営業に使えるフレーズを知ることができるので、覚えて使っていくことで、”すぐに営業成績を上げる”ことができるでしょう。

簡単にできる方法で、実際に売り上げが上がったという声も多く、営業パーソンの中で特に評価の高い本です。

さらにこの本では、アポイントに労力をかける必要がなくなり、新規開拓がほぼ必要なくなる秘訣が記されています。

この本を読むと、売れる営業になり、アポイントや新規開拓の必要がなくなるので、営業の効率が圧倒的に上がっていくでしょう。

現役の営業職の方はもちろん、営業のマネージャーの方にもおすすめの本です。

9.学びを結果に変えるアウトプット大全

2018年の今、一番注目されているビジネス書と言っても過言ではない『アウトプット大全』ですが、営業職の方にも非常におすすめです。

『アウトプット大全』をおすすめする理由は、”学んだことを最大限生かす力が身に着く”からです。

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」など日本一発信している医者と言われている著者が、アウトプットについてまとめているので、短時間で効果的なアウトプットが学べます。

営業職の方も、どのようなアウトプットをするかで、結果が大きく変わってくるので、この『アウトプット大全』を読むことで、今後学びを結果に繋げることができるでしょう。

『アウトプット大全』は、特に営業について勉強をすでにしている方にこそおすすめです。

10.「ご指名社員」の仕事術: 「気がきく」「ギブ型」戦略で”声がかかる人”になる

営業職の方は、指名されることでより結果も出せるようになりますし、やりがいも見出せるようになります。

この『「ご指名社員」の仕事術』は、そんな「○○さんにお願いします」と言われるようになるコツを知ることができ、非常におすすめです。

指名されるレベルで仕事をこなすことができれば、今後AIなどで機械化が進んでも、仕事が無くなることがないでしょう。

『「ご指名社員」の仕事術』は、特に「今後のキャリアが不安」「営業をこのまま続けていっていいのかな」と感じている方におすすめの本です。

11.凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

この本は、特に”凡人が最強セールスマンに変わる”という点がポイントで、今まで結果を出せていなかった方でも、トップセールスになれるコツがたくさん盛り込んであります

売れる営業マンのセールストークを一から学ぶことができるので、今まで結果が出せなかった方や、新入社員として営業を始める方にもおすすめです。

この本では、”お客様”がどういう視点を持っていて、どういう行動、どういう売り方をすれば結果が出せるかということを学ぶことができます。

今まで結果を出せなかった方こそぜひこの本で鍛え直して、トップセールスになってください。

 

営業職は本で結果を劇的に変えられる!

今回は、営業職の方におすすめの本を紹介しました。

営業職の方におすすめの結果を圧倒的に上げてくれる本は以下の通りです。

営業職の方におすすめの本11選
1.営業の魔法
2.営業1年目の教科書
3.話し方入門
4.成約のコード
5.営業
6.嫌われる勇気
7.営業・セールストークのキホン
8.質問型営業最強フレーズ50
9.学びを結果に変えるアウトプット大全
10.「ご指名社員」の仕事術
11.凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク


本は、営業のノウハウも事例も学ぶことができるので、特に営業職の方は本を読んだ方が良いでしょう。

優秀な営業職の方はほとんど本を読んでいるので、ぜひ本から学んで、より結果の出せる営業パーソンになってください。

【関連記事】

営業マンは転職でキャリアアップしやすい! 営業の仕事をしている人は今こそ転職をしてキャリアアップをしていく時です。 仕事をしていくと、や...