お金が貯まらない!貯金の方法と年代別貯金平均額!

お金を貯めるって難しいですよね。ですが車やマイホーム、、結婚などを考えていくと、ある程度貯金があれば安心できますよね。

そこで今回は貯金をしていくために、貯金のコツと年代別の貯金額をまとめたので、しっかりお読みいただいて、貯金額を増額させていってください。

 

貯金のコツ1.まずは貯める決心を固める

最お金が貯められない人の特徴として以下のようなものが上げられます。

・目的がなく漠然と貯金をしている
・余った分を貯金すると成り行きに任せて貯金をしている
・支出と収入をはっきり理解していない
・必要なものと欲しい物が混同していて衝動買いを良くする

決心だけでもダメですが、大体このくらいで暮らすから残るのはこのくらいか見たいなやり方では、よほど収入がない限り、しっかり貯めることができません。

まずは今ここで、しっかり貯めていくんだと決意しましょう。

 

貯金のコツ2.自動積立を利用する

やり方としては引き落としを利用して自動的に積み立てていくと溜まりやすいです。

引き落として貯金をしてしまうことで、そもそも給料から引かれた額で生活をしていこうとなるので、支出を減らすこともできます。

人は習慣化した現状を変えることを嫌がるので、そうしてしまうと自動積立をやめるのが気持ち悪くなるので、ためやすくなります。

 

貯金のコツ3.まずは支出を減らす

当たり前ですが、収入から支出を引いたものになります。貯金のできない人の特徴として支出を理解していないというところがあります。

貯金できない人に「何に使っているんですか?」と聞いても「何に使っているのかわからないけど、とにかくお金がない」と答える人が多いです。

何に支出をしているのかを把握して支出を減らしていきましょう。

給料が上がっても余裕はできますが、上がった際には「給料あがったからいいや」と使ってしまいがちなので、いかに消費を減らしていくかということを考えて地道にやっていくことが必要です。

 

貯金のコツ4.家計簿はやめた方が良い

今度は消費を減らすためには何に使っているか把握する必要はあります。

しかし家計簿をつけると、一つの消費も書き漏らすことができないので、結局グダグダになってしまい、貯金なんて無理となりがちです。

家計簿ではなくざっくり支出を分類に分けて使っていくと良いです。

家賃などの固定費を全て引いたところから食費や娯楽費をいくら使うか決めるなどしていくことでお金の動きを把握しておくと貯金しやすくなります。

食費にはいくら使うと決めるなどある程度決めて、何に使っているのかを把握するようにしましょう。

 

貯金のコツ5.不要なものを捨てる

家の中や持ち物など、不要なものを捨てましょう。

一見関係ないように思えますが、不要なものを捨てる癖があると、物を買うときに本当に必要か、すぐ捨てないかと考える癖がつき無駄なものを買いにくくなるので貯金ができるようになります。

そのため無駄な物を買う確率も減っていき結果消費が減ります。

 

貯金のコツ6.財布を整理する

あなたのお財布、レシートやいらないポイントカードであふれていませんか?

財布が汚れていると、金運も落ちると言われていますし、割引券や本当にお得なカードが見つからなかったり、いくら入っているのかあまり考えず使ったりと、運勢的にも、物理的にも良くないことが起こります。

少なくても週に一度は財布の中身を整理しましょう。入ってくるお金もグッと変わってきます。

 

貯金のコツ7.ボロボロの財布を使わない

ボロボロの財布を使っていると、お金に対する意識も下がって、無駄遣いが増えがちです。

そんな立派なブランドものを買う必要はありませんが、擦れやほつれが目立ってきたら、買い替えるようにしましょう。

財布が汚いと、周りの人からもだらしないと思われてしまいがちなので、自己投資だと思い、きれいな財布を使いましょう。

 

平均の貯蓄額

20代は184万円

金融広報中央委員会(2016年)よると20代の平均は184万円となっており、20歳から仕事を始めている人と20代後半から仕事を始める人や、20歳と29歳では相当違ってはきますが、おおよそ2~5万円ほど月に貯金しているイメージになりますね。

また中央値は0円になります。半数以上の人は貯金をしていないようですね。

30代は395万円

30代になりグッと伸びて2倍ほどになりました。

30代になると結婚など今後にかかる費用に備え貯金をしている人が多いイメージがありますね。こちらは中央値が167万円、1/3は貯蓄なしという結果でした。

40代は588万円

また200万ほど増加して600万近くになりました。

20代から30代、30代から40代と200万ほど上がっているので、10年で200万、月1.7万円ほど持続して貯金しているというのが平均として導き出せます。

こちらの中央値は200万円、貯蓄ゼロは約1/3と30代とあまり変わりはないので、30代で貯金していない人は40代でもしないのかもしれませんね。

 

まとめるとこのようになりました。

結婚や車、マイホームなど自分の人生プランに合わせて貯蓄額を決めていくとより貯金が現実的になりますね。

 

まとめ

7つの貯金のコツ

❶まずは貯める決心を固める
❷自動積立を利用する
❸まずは支出を減らす
❹家計簿はやめた方が良い
❺不要なものを捨てる
❻財布を整理する
❼ボロボロの財布を使わない

 

貯金はなかなか難しいですが、一度癖がつくと貯めていけるようになるので、やり方を工夫しつつ、一時期少し辛抱をして貯金を始めましょう。早く始めれば始めるほど多くためやすいです。