仕事のメールを学ぶのにおすすめの本5選!文章で相手の心を動かそう!

仕事のメールの重要性が増している

メールの重要性、正しく理解していますか?

メールは多くの社会人が使うものですが、9割の人はメールで相手に不快感を与えてしまっていると言われています。

実際に会って話しているのであれば、表情や声のトーンなど情報がたくさんありますが、メールでは情報が文字のみなので、ちょっとしたことで悪い印象がついてしまいます。

またメールの印象を良くすることが出来れば、仕事がより効率的に進むようになり、昇進や年収アップをしていくこともできるでしょう。

今回はそういったメールの重要性と、仕事のメールの質を劇的に高めてくれる本を紹介していきます

後で詳しく説明しますが、メールは本で学ぶのが一番効率が良いので、ぜひ本でメールを学んで、昇進や昇給していってください。

 

正しいメールが書けないと印象大幅ダウン

メールは正しく書けないと、印象が大幅ダウンしてしまいますし、逆に相手を思いやった良いメールをかけると、仕事の人間関係をスムーズにしていくことができます。

メールは文字のみの情報ですし、しっかり考えて送ることができるので、小さなミスでも目立ってしまいますし、”しっかり考えて送れたのにミスする=ダメな人”となりやすいです。

そして、メールの印象が良くないことは、基本相手からは注意してもらえませんし、あなたにメールを教えた上司も、正しく書けていないかもしれません

相手に寄り添っていないメールを書いて、勝手に印象を落としている場合があるので、しっかり学んで、仕事のメールで相手の心を掴めるようにしていきましょう。

 

仕事のメールは本から学ぶのがベスト

仕事で伝わりやすく、相手の心をつかむメールを学ぶのは本から学ぶことをおすすめします。

ネットの情報でもいいですが、ネットの情報は正しくないものも多く、本の方が色んな人がチェックした内容になっているので、確かな情報と言えるでしょう。

また多くの人が評価したものを1冊読んでおくことで、仕事はかなりすすみやすくなるので、ぜひ本からメールを学んでみてください。

 

仕事で印象のいいメールの書き方を学ぶのにおすすめな本5選

いよいよここから、仕事で印象のいいメールの書き方を学ぶのにおすすめな本を紹介していきます。

おすすめの基準として、ネットの評判、独自に文章のプロに調査した結果を元に、

  • 相手の心を動かすメールを書く能力がつくか
  • 忙しいビジネスマンでも簡単に身に着けることができるか

と言った点から紹介していきます。

仕事で相手の心を動かすメールをかける人はごく一部なので、ぜひしっかり学んで、人間関係を良くしていってください。

1.イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

『イラッとされないビジネスメール 正解 不正解』は「東洋経済オンライン」や「プレジデントオンライン」など企業の重役やハイキャリアに人気の雑誌で話題になっているビジネスメールの本です。

仕事のメールの基礎の基礎から、実際に使えるテクニックまで書いてあるので、”書き出しからわからない”という人から、”メールのみでお金が動く取引をしている”と言った人まで使えます。

内容も、全国の約1,000社の役職者からの意見を集めたものなので、信用できるでしょう。

内容としても、文章についての本なので読みやすく、1日5分で相手の心を動かすメールが書けるようになるでしょう。

仕事でメールやチャットと言った文章の能力を高めていくのに、まずおすすめの本なので、ぜひ1冊オフィスに置いて、困ったときの処方箋にしてください。

2.超・箇条書き―――「10倍速く、魅力的に」伝える技術

日本では日本語の性質的にも、箇条書きはあまり重要視されていませんが、分かりやすい文章を書くのに箇条書きにまとめる能力は非常に大切です。

仕事のメールとして一番いい文章は、短くて内容が正しく伝わる文章で、その文章を一番作りやすいのは箇条書きです。

またこの本では、仕事のメールだけでなく、話し方に当てはめると、分かりやすい話し方ができるようになるので、「伝えるのが苦手」という人に良いでしょう。

シリコンバレーや戦略コンサルなどの、世界の最前線で戦っている人の技術を知ることができるので、読んで行動していくことで、結果を出せるようになります。

仕事のメールだけでなく「伝える力」について学びたいという人に、非常におすすめの本なので、ぜひ手に取ってみてください。

3.考えすぎて書けない人のための1分間メール術

この本は「そもそも仕事でメールを使ったことがないけどメールを使う仕事に就いた」と言った人や、「メールがとにかく苦手」と言った人におすすめです。

上の二つの仕事のメールに関する本はもちろん基礎から書いてありますが、”ある程度仕事でメールを使っていて悩んでいる人”におすすめの物になっています。

この本では、どう描きだせばいいかがリアルに書いてあるので、仕事でメールが書けない状態から、得意になっていくことができます。

「仕事のメールの書き方が全く分からない人」「新卒の社会人」におすすめの本なので、ぜひこの本で、メールの基礎の基礎を学んでください。

4.大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる

こちらの本は仕事のメールの書き方というわけではありませんが、心を動かすメールを書くためには、語彙力が大切なので、おすすめしています。

そもそも社会人で正しい言葉を常に使っている人はほとんどないので、綺麗な言葉使いをできるだけで、心を動かすことができるでしょう。

この本では、そういったように、正しく美しい言葉を学ぶことができるので、メールだけでなく、仕事全般に役に立ちます。

仕事は言葉の選び方、物の伝え方一つで、最高にも最悪にもなることがあるので、ぜひこの本で”大人としての言葉”を学んで、仕事のレベルをアップさせてください。

5.一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

こちらの本は、他のおすすめしている本に比べ、より”文章で心をつかむ”ということにフォーカスした本になっています。

文章を書くことを仕事にしているライターの間での人気が非常に高く、しっかり稼いでいるライターであれば、一度は読んだことがあると言っても過言ではありません。

主にライティング能力を身に着けるものですが、人間の心理を元に、心を動かす文章の書き方を紹介している本なので、仕事のメールを上達させるのにもおすすめです。

この本の内容を理解して、できるようになったら、ライターといってもいいレベルの文章力が身に着くので、ぜひ自分の武器を身に着けるためにも、読んでみてください。

 

本からメールの書き方を学んで仕事をレベルアップ

今回は、仕事でメールの重要性と、心を動かすメールを書くのにおすすめの本を紹介しました。

メールは、電話と違って返したいときに返せて便利なので、今後より重要になってくるでしょう。

また今仕事で心を動かすメールの書き方を学んでおけば、チャットなどでも役に立ちます。

本を1冊準備して、1日10分でもやっておくことで、文章で人の心を動かせるようになり、昇進や昇給に繋がるので、仕事のメールを勉強していきましょう。