必要なのは英語より敬語!敬語の使い方一覧表!

敬語をマスターすると信頼されやすくなる

敬語って難しいですよね。

世の中を見ていても、完璧に使えている人はほとんどいないように感じます。

そのためしっかり敬語をマスターすれば、信頼されやすく、話していることにも説得力が出てきます

そこで、今回は敬語の使い方について紹介していきます。

間違えやすい敬語よく使う敬語の一覧表も用意したので、ぜひ敬語を使いこなして、より良い人間関係を構築してください。

 

常に正しい敬語を使うべきではない

綺麗な言葉をつかえるのは魅力的ですが、あまりに綺麗に敬語を常に使っていても、固い印象を与えたり、とっつきにくいと思われることがあります

転職の面接の場面なんかでは正しい敬語を使っていて間違いはないですが、普段のコミュニケーションは相手に合わせた言葉選びをしていくことで、相手に気持ちよくはなしてもらえるようになります。

ここで敬語をしっかり学んで、使うべき時に使えるようにしていきましょう。



 

1.敬語の種類

そこまで厳密に敬語の種類を覚えておく必要はありませんが、尊敬語と謙譲語が混じってしまったりすると失礼になるので、そういったところの確認のために見ておきましょう。

1-1丁寧語

「です・ます」や「ございます」に代表される、相手のことを思って丁寧に話す言葉。どんな相手に使っても良い。

1-2尊敬語

主に目上の人に対して使う言葉。相手を持ち上げて話す敬語。

1-3謙譲語

自分がへりくだって相手を立てる敬語。謙譲語と尊敬語が混ざりやすく、注意が必要。

 

2.良く使う敬語一覧表(動詞)



 

3.良く使う敬語一覧表(名詞)

 

4.間違えやすい敬語一覧表



 

敬語の使い方をマスターしよう

今回は、敬語の使い方を一覧表にして紹介しました。

ちょっとしたことかもしれませんが、このインターネットが発展した時代だからこそ綺麗な敬語が使えることは武器になります。

伝え方もそうですが話す際の言葉の選び方で印象はかなり変わってきます。いつもガチガチな敬語を使うのではなく、正しい敬語を覚えておき場面によって言葉を使い分けていきましょう。

しっかり学んで、新しい武器を身に着けてください。

また敬語は伝え方の一種でありますので、伝え方についてもっと上達していきたい方はこちらもチェックしてみてください。

伝える力は仕事で最重要 人にしっかり物事を伝えることって実は非常に難しいです。 その分伝え方が上手く、相手に苦労をかけず物事を伝えられる...