才能ではない!クリエイティブな人の特徴と創造性を発揮させる方法!

どの世界にもクリエイティブな人が求められている!

あなたはクリエイティブと聞いて何を思い浮かべますか?

多くの方は美術や音楽などの芸術だったり、面白い広告を作ったりしている方だったりを思い浮かべると思います。

しかし、クリエイティブという素質は特別な環境にある人が必要なだけでなく、誰でも必要な時代になっています。

インターネットが発達した今の世界では、時代の流れが速くなっていて、新しいことはすぐに回ってみんな真似をするので、全てのことにクリエイティブさが求められるでしょう

そこで今回はクリエイティブな人の特徴と、クリエイティブになって独創性を発揮させる方法を紹介していきます。

クリエイティブさというのは、才能もありますが訓練で才能をひっくり返して身に着けることができます

ぜひ最後までお読みいただいてクリエイティブな人になって周りに差をつけてください。

 

クリエイティブとはどういうことか

クリエイティブになる方法を紹介していくにあたって、まずクリエイティブがどういうものなのかはっきり定義して、進めていきます。

クリエイティブと言っても人によって解釈が違うことがあるので、しっかりチェックしていきましょう。

独自の考えで新しいものを生み出す

クリエイティブは直訳すると独創性や独創的であるという意味でさらに独創という意味は、独自の新しい考えで物事を作り出すことです。

こう考えると芸術家だけでなく、セールスマンが売り方を考えたり、エンジニアが画期的なシステムを考えたりするのに、クリエイティブマインドが必要と言うのが分かるかと思います。

クリエイティブさはどこの世界でも発揮されている

どんな職業にもクリエイティブさが求められています

作業と思われがちなエンジニアも、手段を短縮させたり、新しいシステムを作って、仕事を効率化させたりすることができると、会社にかなり貢献出来るようになります。

またセールスマンも、どういった戦略を立てるのか、誰に売るのか、どう売るのかなどを既成概念をとり払って考えることができると、一気に注目されるでしょう。

そういったように、仕事で大きな成功をしていくには、クリエイティブさが必要です。

クリエイティブとは目標までの方法論

仕事や事業で求められるクリエイティブさは、簡単に表すと目的までの方法論です。

目的をどのように達成していくか、何を使っていくのかをうまく選択することで、目的に短期間で近づき、より面白く仕事が出来るようになっていきます。

そういった点から芸術家でなくてもクリエイティブさを持っていると、仕事がより良くなります。

日本人はクリエイティブである

クリエイティブ・マインドセットによると世界5か国5000人に対する調査で、日本以外の国の人は日本人が一番クリエイティブと答えたそうです

日本人は自分はクリエイティブではないという気持ちが強いかもしれませんが、クリエイティブさを身に着けるために自分はクリエイティブであるという自信が必要です。

他国から見ても日本はクリエイティブと思われているので、まず自信を身に着けていきましょう。



 

クリエイティブな人の特徴

クリエイティブな人はいつも奇をてらった考えをしていて、変り者なのでしょうか?

実はそういうわけではありません。もちろんそういった方もいますが、一見普通に見えても、とんでもなくクリエイティブな人もいます

ここでは、クリエイティブな人とはどういう人なのか説明していきます。

人間的である

クリエイティブな人は、人の心の動きに敏感な人が多いです。

芸術も広告も営業も、はたまた恋愛や家族関係でも、相手の心を動かすことができるので、クリエイティブな人はより人間的な心を持っています。

また自分独自の考えで相手の心を動かすことができるので、相手の立場になれるという素質も兼ね備えています。

自信があり失敗を恐れない

クリエイティブさは独自の思考なので、磨いていくのには否定されることも多くあります。

そのため発信していく自信と失敗をして否定されてもつぶれることなく、改善していけるという特徴もあります。

いくらクリエイティブでも発信していかないと意味はないので、自信とクリエイティブさはかなり密接な関係があります

多角的な考え方が出来る

クリエイティブな人は、いつも突拍子のないことばかり考えているわけではありません。

独特な絵画を描く人に一般受けの絵を描かせても上手いように、普通の考えも持っていてなおかつ独特な考えを持つことができ、多角的な考え方ができます

むしろ基本がしっかりしているからこそ、クリエイティブに問題を解決をしていけるようになるでしょう。

クリエイティブであるという自信がある

クリエイティブな人には、クリエイティブであるという自信があります。

クリエイティブであるという自信がないと、無難に無難に過ごそうとしてしまいクリエイティブさが発揮されないので、自信も非常に大切になってくるでしょう。

クリエイティブな人は継続して独自の考えで物事を良くしていけるので、クリエイティブであるという自信があり継続的な行動ができます。

困難なことでも解決していける

クリエイティブな人はどんな困難な状況でも解決していきます

困難と思われるような問題でも解決をしていくことで、クリエイティブになっていきます。

いかなる状態でも楽しんで解決していくのでクリエイティブな思考が身に着いていきます。

 

クリエイティブな人になる訓練法

クリエイティブという能力は才能ではなく訓練で身に着けることができます。

ここではクリエイティブになる訓練を紹介していくので、取り組んでいってクリエイティブになっていってください。

クリエイティブであるという自信を持つ

クリエイティブになるためには、クリエイティブであるという自信が必要です。

急にクリエイティブになれるような魔法はないので、体を鍛えるようにじっくり訓練していく必要があります。

成功体験を得たり行動して積み重ねていくことが大切なので、クリエイティブであると思い、挑戦していきましょう。

人間の行動を観察する

クリエイティブであるということは深層心理で人が何を考えていてどういうことを求めているか考えていくことが必要になります。

クリエイティブ・マインドセットという本でもMRIスキャナーを開発した人物が、子供がMRIに怖がって麻酔をしなくてはならなかったり、時間がかかってしまうことを実際に見て、宇宙船のようなデザインのMRIの機械を作ったという例があります。

自身の職場で活躍をしていくのであれば、エンドユーザーにどう届いているか相手はどう思っているかなど実際に足を動かすことでクリエイティブさのヒントが得られます。

発信していく

クリエイティブになったからといって百発百中で意見が通るわけでもありませんし、クリエイティブになるためには否定や反対されても発信し続け、改善していく必要があります

否定されてもめげることは出来るだけ抑え、かつ意見を突っぱねるのではなく、意見は聞いて改善していくことで、クリエイティブさが身についていきます。

自分考えを発信する場を設けていきましょう。

効果測定をしっかりする

クリエイティブになっていくためには効果測定ををしっかりする必要があります。

またクリエイティブさの効果測定はデータだけではありません

データももちろん大切で、自分が起こした行動がどういうことを起こしたのかをしっかり確認すると同時に、体験としてどう感じたのかという情報も手に入れていきましょう。

例えば広告にしても、どの程度効果を得られたということも大切ですが、その広告でどういう気持ちになったかという観点も大切です。

出来るだけ制限を外して考える

今までの常識や当たり前とされていたことを疑うことにより、クリエイティブな考えが沸いてきやすいです。

また常識や当たり前とされていることをひっくり返して考えることができると一般人から抜け出すことができます。

10年前の常識は常識ではなかったりするので、常識を守ることの物理的な意味が低くなっています。

こればっかりは常に常識にとらわれないようにしていかないといけないので出来るだけ制限をなくして考えられるようにしていきましょう。

毎日新しいことに挑戦する

クリエイティブさを身に着けていくために毎日なんでもいいので新しいことを一個していくとよりクリエイティブになっていけます。

時間の無い時は違う道で帰ってみる、目についた知らないことをちょっとネットで調べてみるなどして、毎日一個新しいことに挑戦するチャレンジをしてみましょう。

劇的にクリエイティブさが上がっていきます。

新しいことに挑戦するのは勇気がいるので、その勇気がないという人は、以下の記事も見てみてください。あなたの一歩をお助けする内容になっています。

最初の一歩を踏み出すのは本当に難しい… 人は何かやろうと思っても最初の一歩を踏み出すのが本当に苦手です。 良くも悪くも居心地のいいところ...

疑問を持つ

見慣れたものでも旅行者のように見ていくことで物事の本質を知る手掛かりになり、クリエイティブになっていきます

旅をすると視野が広がるとはよくいったもので、違う国を旅行すると、看板やレストランの会計の仕方から、アスファルトの質まで違ってきます。

見知らぬ地であればそれが新鮮に映り注目しますが、見慣れた地では何とも思わなくなります。

そういったように「これって何の意味があるんだろう」「この看板は何を伝えたいのだろう」と考えていくことでクリエイティブになっていきます

目に入った物なんでも「なんでなんだろう」と5歳児のように考える癖をつけましょう。



 

この本を読めばあなたもクリエイティブな人に!

今回の記事は、このクリエイティブ・マインドセットを参考に、他の書籍や学術書、編集部の知見を入れて、クリエイティブな人の特徴となり方を紹介しました。

まだまだこの本の良さを伝えきれていない部分があるので「もっとクリエイティブな人になりたい!」と思ったら、ぜひこの本を手に取ってみてください。

あなたをクリエイティブな人にしてくれ、あなたの仕事に驚くべき変化をもたらしてくれるでしょう。

 

特徴となり方を覚えてあなたもクリエイティブな人に!

今回は、クリエイティブな人の特徴と、なり方について紹介しました。

今の時代だからこそクリエイティブさはどんな職業にも必要になってきていて、クリエイティブさを手に入れることで圧倒的に他を出し抜けるようになります

また日本人はもともとクリエイティブさを持っていると言われ、訓練することで磨くことができるので、訓練してクリエイティブさを身に着けていきましょう。

クリエイティブになるメリットは計り知れないので、実際しっかり行動に移してクリエイティブさを身に着けていきましょう。