教養がない人がしてしまう失敗と教養の身に着け方!

情報過多の時代だからこそ教養は武器になる?

今の時代情報に溢れていて、簡単に情報が手に入る分、情報の質や正しさを判断するために教養が非常に大切になっています。

しっかりと教養も身に着けることで、情報をうまく扱えるようになるので、結果を出すことができるようになり、安心して仕事も任せてもらえるようになります

また本物の教養は応用が利くので、社会人は早急に身に着けるべきです

そこで今回は教養がない人がしてしまう失敗と身に着けるべき教養について紹介していきます。

「人からより信頼されたい方」「仕事でもっと結果を出したい方」「もっと多角的に物事を見ることができるようになりたい方」はぜひ最後までお読みください。

 

情報過多の時代に必要な教養とは?

まずは、情報があふれている時代に必要な教養について紹介していきます。

ここをしっかり抑えることで、「今度どうやって学んでいったらいいのか」「情報をどのように見分ければいいのか」といった点が分かるようになるので、必ず確認してください。

情報の価値を判断する力

情報には全く使えないものも、無駄なものもあります。

ネットには、ちょっとした本よりも価値が高い有料級の情報も、嘘も、操作された情報もあり、ネットの情報をうまく扱えるようになるだけで、仕事で結果を残すことができるでしょう。

教養を身に着けることで、そういった情報の価値を判断できるようになるので、教養は身に着けていくでべきでしょう。

情報を加工する力

教養を身に着けることで、情報を加工することも出来ます

今の時代情報は簡単に無料で手に入るので、情報を切り取ったり、まとめたり、わかりやすくしたりする情報を加工することができると、仕事で重宝するでしょう。

そういった情報を加工する力が高いと、得た情報をうまく人に伝えたり、役に立てたりすることができるので、教養が今こそ本当に大切になってきています

自然や人の根本にかかわる情報

身に着けるべき教養は、自然に関することや、人の根本にかかわることが挙げられます。

いくら時代が変わっても、人の根本の心理や、自然の仕組みなどは変わることがないので、学んでおくと役立つ場面がたくさん来るでしょう。

結局のところ世界は人間が作り出したものと自然で形作られているので、自然や人の根本にかかわる知識を身に着けることで色々なことに応用できるようになります。

先人の知恵を借りるために歴史を学ぶ

教養と言われ歴史を思い浮かべる人も多いかと思います。

歴史が注目される理由は「先人の知恵を借りるため」です。

歴史的にみても人は同じようなことを繰り返し続けているので、歴史を学ぶことにより、先人のやり方を真似たり、先人が起こした失敗を起こさないようにすることができます。

そのため、歴史も現代の社会人が身に着けるべき教養と言えるでしょう。



 

教養がない人がやりがちな失敗

ここからは、教養がない人がやってしまう失敗と、教養がないとどういったことになるかということを紹介していきます。

教養がないと、気づかぬうちに損をしてしまっている場合もあるので、しっかりチェックしていきましょう。

付き合う価値がないと思われる

やはりいい情報を持っている人、上手く情報を伝えられる人に人が集まります。

話をしていて全然分かっていないようだと付き合う価値がないと思われてしまい、知らず知らずのうちに付き合う価値がないと判断されてしまうこともあるでしょう

もちろん教養のある人でも知らないことはありますが、相手が持っていない知識や考え方を持っていると面白いかもと思ってもらえるので、日々教養を身に着けることをおすすめします。

教養を持っていて、貴重な情報を知っていることで、人脈を手に入れることもできるので、まずは教養から手に入れていきましょう。

知らないことを知らないままにする

教養は常に磨いていかないと、さび付いてしまいます。

そして人は知らないことだらけですが、知らないことをそのままにする癖がつくと、ざるに水を入れているように自分から知識がすり抜けていってしまいます。

私の周りも物を良く知っているな、賢いな、教養があるなと思う人は常に分からないことがあったら調べる人が多いです。

今時Google検索をすれば数分でそのことと周辺の知識を得ることができますし、知らないことを調べる癖がつくだけでかなり物を知ることができるので、調べる癖をつけていきましょう。

調べて分かることを聞きメンバーに負担をかける

教養がないと調べて分かることなのか、聞かなくては分からないことなのか分からずなんでも聞いてしまいます

もちろん分からないことをどんどん聞いていくという姿勢は大切ですが、調べて分かることを聞いてしまうと、相手の時間を奪ってしまうので、いい印象を持たない人が多いです。

また検索力と言われGoogle検索で解決策を見出すことができるようになれば、かなり多くのことを一人で出来るようになり有用な人物になっていけます。

調べたらわかることを聞いてしまっても、「調べれれば分かるだろ」と言われるだけなので、よく分からない人はむしろどんどん聞いて調べて分かることなのか、聞かなくてはいけないことなのか学んでいきましょう。

空気を読まない行動をする

教養があると相手の気持ちをより的確に理解できるようになるので、相手に寄り添った行動が出来るようになります。

また教養がなく自信がないと、それの裏返しで強い言葉ばかり使うようになったり、場にそぐわない奇抜な服装をしたりします

本当の教養とは何か」「どうしたら教養が身に付くか」といったところを考えて、教養を身に着けておくと、知識で一目置かれるようになり何者にも揺るがすことができない、”強い武器”を身につけられるようになります。



 

使える教養を身に着ける方法

時間を作って本を読む

活字離れが進んでいますが、やはり本を読むことで教養が養われます。

全く本を読まない人からしたら、本を読むことは面倒で大変なことだと思いますが、本を読むメリットは計り知れませんし、一度一冊通して読んでしまうと次からはすんなり読めるようになります

本を読むメリットは、以下のことが主に挙げられます。

本を読むメリット
・一流の知識に触れられる
・語彙力が身に付く
・自分が話すときも頭の中で整理して話すことができる
・脳が活性化される
・集中力が増す

・一流の知識に触れることができる

有名になっている本であればその道の専門家が書いて、一般人にも支持されているものなので、一流の知識に触れることができます。

知りたいことがあった時本屋に行くかアマゾンで調べて本から情報を吸収してみてはいかがでしょうか?

また本を毎日読む人は年収が高いなんていう研究もあったりします。

読書量が多い人は年収が高い? 定期的に読書していますか? 読書は大切とは分かっているものの、なかなか続かないですよね。 ただウォー...

・語彙力が身に付く

やはり語彙力を高めるためには、多くの言葉に触れる必要があります

そういった際本は何万語も入っているので、言葉の表現方法を知ることができ、語彙力を身に着けることができます。

語彙力を身に着けることで、色んな伝え方ができるようになるので、人間関係をスムーズにすることができ、仕事がうまくいくようになります。

・自分が話すときも頭の中で整理して話すことができる

これが私が本を読むようになって一番実感したことなのですが、本を読んでいるときは、頭の中で言葉を整理しながら理解していくので、頭の中で情報を整理する癖がつきます

そんな癖が一番活躍するのが自分が話す時で、自分が話している時も冷静に頭の中で整理しながら話すことができるので、わかりやすい話ができるようになるでしょう。

・脳が活性化される

本を読むことで、脳が活性されると言われていて、考えが鋭くなったり、アイディアが思い浮かぶようになります。

仕事で頭を使わなくなってしまうと、どんどん衰退していってしまうので、本を読むだ毛で、成長のきっかけを使うことができるでしょう。

・集中力が増す

活字の本の内容を理解するには、集中をしなくてはなりません。

そのため、本を読むことが癖になると、集中力が身に着くようになります。

集中力は仕事において非常に大切なので、役に立つでしょう。

優秀な人は本を読んでいる? 興味深いデータがあります。 年収3000万円を超える人は、平均で月に9.88冊本を読んでいて、ほとんどの人が...

ニュースアプリをチェックする

本を読むことで気になっていることを知れますが、新しいことを知るためにはニュースアプリが最適です。

情報は流れが速く本を書くのには時間がかかるので、最新の情報はネットから拾うのが良いでしょう。

ニュースアプリの種類はなんでもいいですし、似たようなことが書いてあるので一つでいいので、ニュースアプリを入れて読むようにしましょう。

テレビのニュースをチェックする

テレビのニュースも意外と良い情報があふれていますし、聞き流して注目するニュースが流れてたら見ることも出来ますし、今でいうとオリンピックや相撲の理事の話などは嫌でもある程度入ってきます。

ガチガチに食いついてみる必要はありませんが、聞き流していると意外といい情報を手に入れられます

新しいことに挑戦をする

やはり百聞は一見に如かずで経験から得られることは大きいです。

経験からは幅広い知識を得られることが出来るので、教養身に着けるために挑戦をして経験値を積み重ねていくのもおすすめです。

私もこのサイト運営を通じて、記事を書くことや記事のための学びはもちろん、サイトの中身のちょっとプログラミング的なところや、SNSでの発信も行っているので、幅広い経験が出来ています。

全く興味のないことをやる必要はありませんが、気になったことは挑戦してみることで色んな経験ができ教養が身に付きます

文化や芸術に触れる

芸術や文化も人間の欲求だったり根本の部分を表しているので、文化や芸術に触れることで教養を身に着けることができます。

・美術館
・博物館
・劇場での観劇
・歌舞伎


などは一人でも行けますし、友人や恋人とも行けるので、休日の過ごし方がワンパターンになってしまっている人は気分転換という面でも、新しいことに挑戦するという意味でもおすすめです。

興味の幅を広げて色んな教養を身に着けることは、充実した人生を送ることにも繋がります

純粋に楽しみながら、幅広い教養が身に付くので文化や芸術に触れることは本当におすすめです。

立場が違う人の話をよく聞く

同じような人と同じような会話もいいですが、たまには違う業界、違う職種、違う国の人など立場が違う人と普段と違う話をすることで教養が身に付きます。

立場が違う人と話すには2つのメリットがあります。

立場が違う人と話すメリット
・同じことを違う見方をしている
・全く違った経験をしている

立場が違うと同じ出来事でも違ったとらえ方をしているので、違った価値観を知ることができますし、立場が違うということは自分が想像しないような経験もしている可能性が高いので、そういった点が教養に繋がります。

普段の居心地の良い仲間と飲むのもいいですが、たまにはあまり関わりのない人と関わりを持ってみてはいかがですか?

自分よりレベルの高い人と付き合う

自分より物事を良く知っている人、自分より結果を出している人と付き合うことで教養を身に着けられるようになります。

良く付き合う5人の平均が自分と言われているように、レベルが高い人と付き合うと当たり前のように情報収集してるので、していない自分に焦りを感じますし、自分はまだまだだから頑張らなくてはと思えます

劣等感を感じることもありますが、ある程度劣等感があった方が成長につながるので、レベルの高い人と付き合うことで自分を高めていくことができます。



 

教養を身に着けて仕事のレベルをアップ!

今回は、情報過多の事態に必要な教養の身に着け方と、教養がない人がしてしまう失敗について紹介しました。

情報過多な今の時代だからこそ教養が大切になってきます。

今の時代だからこそ本物の教養を身に着けて、人生を充実させていってください。

優秀な人は本を読んでいる? 興味深いデータがあります。 年収3000万円を超える人は、平均で月に9.88冊本を読んでいて、ほとんどの人が...