文章力で仕事が変わる!ライティング能力を高めるおすすめ本14選

ライティング能力があると仕事が変わる

どんな仕事に就いていても、魅力的な文章を書く能力、つまりライティングの能力があると、仕事が劇的に変わります

今や文章を使わない仕事の方が少ないですし、もし文章を使わない仕事をしていても、ライティング能力が身に着いたら、文章も駆使して仕事を効率化していくこともできるでしょう。

今回は、ライティング能力を高めるのにおすすめの本を紹介していきます。

現役のライターから、WEBメディアの運営者、マーケティング担当、雑誌関係者にリサーチをしたものを紹介していきます。

分かりやすい文章相手の心を動かす文章直接売り上げに繋がる文章の書き方を知りたい方はぜひチェックしてください。

 

ライティング能力を高めるのにおすすめの本14選

さっそく、文章力を身に着け、ライティング能力を高めるのにおすすめの本を紹介していきます。

おすすめの基準として、

  • 専門家が勧めている本か
  • 口コミの評価が高い本か
  • 実際多くの人の仕事に役立てることができるか

といった点から、ライティング能力を高めるのにおすすめの本を紹介していきます。

ライティング能力を高めることで、仕事や日常生活に絶大なメリットがあるので、ぜひ気になった本から読んでみて、力にしてください。

1.一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

ライティング能力を上げていくのに、まずおすすめの本がこの「一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック」です。

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニックのおすすめポイント
・章が一つひとつ完結していて、読みやすい
・初心者から中級者までが知っておくべき文章の基本を学べる
・思わず読みたくなる心を動かす文章が書けるようになる

77個のテクニックが一つひとつの章で完結しているので、読みやすいですし、すぐに使えるテクニックが身に着くでしょう。

基本的に初心者~中級者向けのものですが、文章の仕事を10年以上している方も「改めて文章の基本を学ぶことができる」といった声もあり、おすすめです。

文章力を身に着けたい」「読まれる文章をかけるようになりたい」と思ったら、まず読むことをおすすめする本です。

2.考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

アマゾンでもベストセラーになっていて、平均評価も5点満点中4点を超える成績を出していて、幅広い人に評価されている「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」。

著者は、マッキンゼーを始めとする、世界の主要のコンサルティングファームでライティングを教えているバーバラ・ミントという人物なので、世界的権威の知識を学ぶことができるでしょう。

この本では論理的に分かりやすい文章を書くことができるようになるので、特に分かりやすいメールや報告資料を書きたいという方に特におすすめです。

ライティング能力と同時に、ロジカルシンキング(論理的思考力)も学ぶことができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

考える技術・書く技術のおすすめポイント
・専門家を始め、評価が非常に高い
・文章力と論理的思考力を同時に学べる
・世界の一流のライティングのコースを受けるのと同じ内容

新書で3,000円を超える値段なので、本としては少し高いですが、仕事を効率化することもできますし、文章で分かりやすく物事を伝えられるようになるので、リターンが大きいことは間違いないでしょう。

3.セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

この本では、「セールスライティング=物を売るためのライティング法」を学ぶことができます。

人によっては、広告や記事のライティングは、何かを伝えたり、企業のイメージアップをすると考えている人も多いかと思いますが、本来は最終的に売り上げに繋がらなければ、意味のない文章になってしまうでしょう。

場合によってはもちろん、企業のブランディングやイメージアップのための文章も必要ですが、ほとんどの人は売り上げに直接つながる文章を求められているかと思います。

この「セールスライティング・ハンドブック 」では、その売るための文章力から、文章での仕事の取り方までを学ぶことができるので、仕事で文章を使うすべての人の役に立つでしょう。

セールスライティング・ハンドブック のおすすめポイント
・「売るための文章を学ぶことができる
・文章での仕事の取り方まで学ぶことができる
・「売れる文章を作るための4U」など法則化していて分かりやすい

セールスライティング・ハンドブックは「文章で仕事をしていきたい」「コピーライターなど文章を仕事にしている」という方に特におすすめの本です。

4.あなたの文章が劇的に変わる5つの方法

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法は』、メールや資料作成といったことの仕事で使う文章力の基礎をカンタンに学ぶことができると、人気の本です。

分かりやすく面白い文章を書く方法をカンタンに学ぶことができるので、「一生付き合いたい本」との口コミもあったり、読んだ人の満足度が高いことが分かります。

長文から、ネット広告などの短文まで、人に「行動を促す文章」をかけるようになるので、確実に仕事に役立つでしょう。

あなたの文章が劇的に変わる5つの方法のおすすめポイント
・実務で使う文章力をカンタンに学ぶことができる
・「行動を促す」文章が学べる
・比較的読みやすく時間がない人でも文章力を身に着けられる

内容もすっと入ってきて、簡単に文章力を上げることができるので、「時間がないけど文章力を上げていきたい」という方におすすめの本です。

5.ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

1932年に初版が発売されて以降、70年以上もの間、アメリカを始め世界中でライティングバイブルとして読み続けられている「ザ・コピーライティング」。

431ページあり、薄めの辞書くらいあり、すべて読むにはなかなか骨が折れますが、”文章がどのように人の心を動かすか”が豊富な実例から学ぶことができるので、文章に携わる仕事をしている人は、どんどんアイディアが沸いてくるようになるでしょう。

ザ・コピーライティングのおすすめポイント
・元祖ライティング本で、廃れることのない原理原則を知ることができる
・事細かに書かれているので、辞書のような使い方ができる
・悪い例も書いてあるのでとにかく学べる
・”売り上げを上げる”文章が書けるようになる

著者のジョン・ケープルズは、アメリカで伝説のライターとして、58年間活躍し続けた人物なと言われています。

そのジョン・ケープルズが、58年の間に実証してきた結果を踏まえ、効果的な心を動かす文章について紹介しているので、「文章で物やサービスを買ってもらう」ことができるようになるでしょう。

また、効果の無かった広告や、問題などもついているので、しっかり学んでいくことができます。

文章に関わる仕事をしている人であれば、一度読んでおいて、後は本棚に置いておいて辞書のような使い方をすることで、売上を上げる文章を書くことができるようになるでしょう。

6.Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

SNSにも数多く取り上げられ、ライターやメディア運営者の中で、かなり話題になっているライティング本「ザ・マイクロコピー」。

「たった2文字を変えただけで、売り上げが1.5倍になった」実例があるなど、知っておくだけで売上に直接つながる文章力が満載です。

メールなどの長い文を読みやすくするのはもちろん、広告の文章や、SNSでの発信にまで使うことができるライティングの知識が身に着くので、文章に携わる人は読んでおくべきでしょう。

ザ・マイクロコピーの方法のおすすめポイント
・ちょっと変えるだけで成果が上がる方法が見つかる
・短文や効果的なボタンの配置の仕方も学べる
・アマゾンやグーグルなどのトップ企業が使っている方法を学べる

実際メディアの運営者で取り入れた人に調査しても「クリック率が倍近くなった」という声もあるので、効果は実証済みです。

ぜひ「ザ・マイクロコピー」でちょっとの違いで大きな成果を生み出してください。

7.学びを結果に変えるアウトプット大全

『アウトプット大全』は、本屋でも大きく取り上げられていたり、アマゾンで200を超えるレビューがあるなど、幅広い人から支持を得ている本です。

この本は文章に限らず、学んだことを効果的にアウトプットする方法を学ぶことができるので、読んでおくと成長の角度を上げることができ、一生役に立ちます

話し方、書き方、行動から相手を動かす方法、効果的に物事を伝える方法を学ぶことができるので、実務に役立つ部分が豊富にあり、読まないともったいないくらいの良書との声もあります。

著者も

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」
「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」
「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」

をしていて、『日本一アウトプットをしている精神科医』と言われているので、学び取るところは多くあるでしょう。

アウトプット大全のおすすめポイント
・書き方、伝え方、動き方を学ぶことができるので、結果に直接結びつく
・著者も圧倒的にアウトプットしていて、そのコツを学ぶことができる
・今後の成長スピードを上げていくことができる

うまく物事を伝える自信がない」「いろいろ勉強はしているけど成果に結びついていない」と感じている方に特におすすめのビジネス書です。

8.10倍速く書ける 超スピード文章術

『10倍速く書ける 超スピード文章術』はその名の通り特に”速く書く”ことに特化した本になっていて、「文章書くのが遅い」「なかなか言葉が思いつかない」という方におすすめです。

また、日経新聞などにも掲載され、各方面から評価を得ている、非常に信頼性の高い本を言えるでしょう。

この本を読むことで、分かりやすく伝わりやすい文章がとにかく速く書けるようになります。

著者もビジネス書ライターとして、一日300字しか書けていなかったのを、1時間で3000字かけるようになるまで成長していて、経験に裏打ちされた知識を得ることができるでしょう。

超スピード文章術のおすすめポイント
・1時間で3000字書くコツを知ることができる
・分かりやすい文章を速く書けるようになる

締め切りに間に合わない」「仕事が遅いと言われる」「文章が全然思いつかない」という方は、ぜひこの本でスピードアップを目指してください。

9.ネットで女性に売る

男性と女性では文章を見た時に感じるポイントが違く、合ったアプローチをしていかないと、効果が激減してしまいます。

女性同士でしたら、女性の特有の文章を読むときの気持ちが分かると思うのでいらないかもしれませんが、女性に向けた、女性がターゲットに入っている文章を書いている男性は確実に読んでおくべきでしょう。

「女性に売る」ために、文章の内容から、デザインまで学ぶことができるので、女性相手の文章を書いている人は、売り上げを確実に上げることができるでしょう。

女性に売るための文章ですが、細かい女性の心理を知ることができるので、仕事で女性と接する機会がある人は、役に立ちます。

ネットで女性に売るのおすすめポイント
・女性の細かい心理を学ぶことができる
・文章からデザインまで女性に売るための知識を得られる

ぜひこの本で、女性にも売れるようになって、売り上げを大幅アップさせてください。

10.伝える力

「難しいことを分かりやすく伝える」ことで人気になっている池上彰さんですが、この本は話し方だけでなく、分かりやすい書き方まで学ぶことができます。

池上彰さんは、もともと小学生に向けて分かりやすくニュースを伝えるということをやっていたので、相手に寄り添った誰にでもわかる文章を学ぶことができるでしょう。

アマゾンの評価も常に4を超えていて、非常に人気の本となっています。

また伝える力なので、話し方や話す際の準備の仕方も学ぶことができるので、仕事でのコミュニケーションが円滑になるでしょう。

伝える力のおすすめポイント
・子供でも分かる分かりやすい文章が学べる
・情報収集の仕方など表面的でなく根本的な伝え方について学べる
・この本自体が非常にわかりやすいという口コミが多い

相手を引き付ける文章、分かりやすい文章を書きたい人はぜひチェックしてください。

11.大人の語彙力

文章を書くのに正しい言葉を使うことは非常に大切です。

話し言葉であれば、内容以外に表情や声のトーンなど違う情報が多くあるので、多少崩した言葉使いでもいいですが、文章は間違いがしっかり分かってしまうので、正しい言葉を使うことが非常に大切になってきます。

正しく美しい日本語を使えるだけで、しっかりした人に見え信頼されやすくなりますし、文章で相手を不快にさせることが圧倒的に減ります

一説では正しい、美しい日本語を使える社会人は6%と言われているので、美しい日本語を使えることは武器になるでしょう。

大人の語彙力ノートのおすすめポイント
・コミュニケーションで恥をかくことが減る
・1対1の文章のやり取りに強くなる
・美しい日本語を使えるようになり、信頼されやすくなる

顧客とのメールのやり取りが多い方など、文章で1対1のやり取りをする人はぜひ読んで、文章での人間関係作りに役立ててください。

12.文章表現400字からのレッスン

いくら本を読んで文章力についての知識を学んでも、訓練して磨いていかないと大きな結果に結びつけることができません。

そこでおすすめなのが、この『文章表現400字からのレッスン』です。

この本を読むことで、「自分にしか書けないことをわかりやすく書く」ことができると言われているので、特にライターと言われる文章で物を売っている方の役に立つでしょう。

文章表現400字からのレッスンのおすすめポイント
・文章について訓練をしていける
・「誰でも書ける文章」から抜け出すことができる
・実践することで文章力が数倍に

また、訓練の方法がメインなので、この本から始めてもいいですが、他の本でしっかり学んでから、この本で訓練をしていくといった使い方をしていくと、文章力を圧倒的に高めることができます。

しっかり訓練することが大切なので、読んだら実践してみるということを忘れずにこの本を読んでみてください。

13.毎日読みたい365日の広告コピー

この本は、他のHow to本とは違い、実際に広告として使われた言葉が365個載っている本いなります。

ぐるなびやロッテ、JRなど有名企業が扱った心を動かす広告を見ることができるので、文章のアイディアが浮かぶようになったり、言葉の力の強さを再確認できるでしょう。

また、日本のトップレベルの広告関係者たちが作った、実際心を動かす文章を読むことができるので、純粋に見ていて楽しいです。

例文
「失敗したらダメ」
「失敗しても大丈夫」
人はどちらの方が
がんばれるのだろう。


といったような心の支えになってくれるような言葉も多くあります。

毎日読みたい365日の広告コピーのおすすめポイント
・実例しかないので、アイディアがわいてくる
・心の支えになる言葉に出会える
・言葉の影響力を改めて確認できる

広告などを扱っていて、「最近同じようなアイディアしか思い浮かばない」という方は、ぜひこの本を読んでみてください。

14.博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ

博報堂のスピーチライターとして活躍する中、大学などで言葉の持つ力について教えている、文章の権威である著者が書いた、文章力の本「短くても伝わる文章のコツ」。

博報堂は広告代理店として、日本で1,2を争う会社なので、日本でトップクラスに言葉で物事を伝える力を持っていると言えるでしょう。

企画書からメール、エントリーシートやSNSに至るまで、様々な面で文章力を上げることができます。

またスピーチライターとは、プレゼンで話すことを書いている人のことなので、プレゼンのコツを知ることもでき、仕事に確実に役立つでしょう。

短くても伝わる文章のコツのおすすめポイント
・日本トップレベルの文章を学ぶことができる
・企画書からSNSに至るまで各種の文章力を身に着けられる
・大学などで教えている権威のある知識を学べる

日本トップクラスの広告代理店で活躍していて、大学などでも文章について教えている著者が書いている本なので、文書力を身に着けたいと思ったら、外せない本となっています。

 

ライティング能力を身に着けると何が変わるか

ここからは、ライティング能力を身に着けると何が変わるかといったことを紹介していきます。

文章力はどんな仕事でも、劇的に変化させていく力を持っていますし、日常生活もより良くしていくことができるので、しっかり確認していきましょう。

集客力が身に着く

おそらくどんな業種でも、どんな会社でも集客は非常に大切かと思います。

また集客も全く新しい新規のお客を取り込むことと、すでに購入してくれた人にもう一度買ってもらうといった2種類の集客があります。

新規のお客を取り込むには、広告やWebサイト、SNSで文章発信していくことで、かなり効率よくできますし、既存のお客にはメールやDMといった形でアプローチできるでしょう。

そういったように文章力は、企業で働くサラリーマンの方から、経営者まで使える集客の能力と言えるので、非常に仕事に役立ちます。

仕事がスムーズに進む

文章力があると、社内コミュニケーションが効率的になり、仕事がスムーズに進むといったメリットがあります。

社内でも、

  • 書き置き
  • マニュアル作成
  • メールでのやり取り
  • 会議で使う資料

など多くの文字でのやり取りがあり、仕事でまったく文章のやり取りをしないという人はほとんどいないでしょう。

またこういった文章も100%相手にわかりやすく伝えられている人は少ないと思うので、相手に「これってこういうことでいいのかな」と考える負担を与えてしまっています。

この負担をなくせば、時間のロスも労力のロスもなくなるので、「○○さんの文章はわかりやすいな。○○さんは優秀だ」といったことになり、効率も評価も上がっていきます。



 

文章力を高める本の読み方

先ほど紹介した本を読んで実践をしていくことで、文章力、ライティング能力を身に着けることができますが、ここからはより効果的に本から文章力を身に着ける方法を紹介していきます。

どんな本の効果も2倍3倍にすることができるので、ぜひここだけでも読んで、ぜひ仕事の結果を倍増させてください。

文章構造を考えて読む

本には必ず伝えたいことがあり、その伝えたいことがしっかり伝わるように何人もの手で、編集、推敲され、世に出ています。

言葉選びもそうですが、文章の構造、見出しの階層、伝える順番などを考えながら読んでいくことで、その本をお手本にして文章力を身に着けることができるでしょう。

ざっくり本の内容を章ごとにまとめながら、文構造について考え、なぜ著者がその順番で書いているのかを考えていきましょう。

様々な種類の文章を読んで表現を身に着ける

今回は文章力を高めるおすすめの本を紹介しましたが、この本だけでなく様々な本を読んでいくことが大切です。

先ほど紹介した、ビジネス書はライティング能力を直接的に高めるのに非常に大切ですが、雑誌や小説、またはネットの文章なども非常に役に立ちます。

雑誌から短い言葉で人を引き付ける方法を学ぶことができますし、小説で人の感情を動かす文章を学ぶことができるでしょう。

また、仲がいい人の口癖が移るように、よく読んでいる文章に言葉も似通ってきます。

ビジネス書を習慣化して読んでいる人は、まだまだ少ないので、ビジネス書の書き方をしていては、自分のターゲットとしている相手の心を動かす文章が書けるとは限らないでしょう。

ぜひ貪欲に様々な文章に触れて、ライティング能力を身に着けてください。

400字程度で本の要約をする

要約を書くと、

  • 自分で重要だと思ったところを簡単に読み返せる
  • 文章の知識をすぐに実践練習できる
  • 文章で伝える力が身に着く

といったことがあるので、要約をしていくことをおすすめします。

また、要約も文字数の制限をつけてやった方がよく、無駄に長くしてしまうと、要約の意味が無くなってしまいます。

400字程度であれば、そこまで時間はかからない、しっかりまとめないと収まらないといった点でおすすめです。

毎回要約を書くことで、達成感にもつながるので、ぜひやっていってください。

本の内容を誰かに伝える

本はかなり集中して読んでも、内容の半分は次の日には忘れてしまっているでしょう。

そもそも、本に書いてあることを100%覚えておく必要はありませんが、やはり役立てられることは覚えておいた方が良いです。

そういった際本の内容をしっかり覚えておくためにおすすめなのが、本の内容を誰かに伝えるということです。

人に勉強を教えていたら、自分の理解が進んでいたということがあるように、人に伝えることでも学ぶことができ、記憶にもとどまりやすくなります。

ライティングの本を飲んだのであれば、ライティングについて学びたい会社の同僚や、友人に知識を共有していきましょう。

相手のためにも、あなたのためにもなります。

「これだ!」と思った本を何度も読み返す

今回紹介した本は、一冊読むことで文章力について知っておくべき基本を知ることができる本なので、何冊か読んで比較してみて「これだ!」と思った本を暗記するくらい読んでいくことをおすすめします。

いくつもの本を読んで、様々な知識をなんとなく記憶に残しておくより、一つでも二つでも、使えるスキルを身に着けた方が良いでしょう。

そして、その使える知識を身に着けるには、何冊も半端に手を出すより、1冊をしっかり呼んでいくことをおすすめします。

人は1時間後、1日後、1週間後に復習すると、記憶にしっかり残ると言われているので、これに合わせて4回読んでいくことで、本の内容をしっかり身に着けることができるでしょう。

ぜひ、「これだ!」と思った本を読み、1時間後、1日後、1週間後に読み直して、しっかり知識を身に着けてください。

 

本で文章力を高め、仕事の成果を劇的に上げよう

今回はライティング能力を高める本について紹介しました。

どの本も非常におすすめですが、特におすすめの本が以下の3冊です。

文章力を高めるのに特におすすめの本3選


ライティング能力を高めることで、仕事を効率化することも、ネットで集客することも、広告の効果を上げることもできます

いくらインターネット化やAIの技術が進歩しても、ライティングのスキルは一生食うに困らないと言われているので、ぜひ身に着けて仕事の成果をアップさせてください。

関連記事

優秀な人は本を読んでいる? 興味深いデータがあります。 年収3000万円を超える人は、平均で月に9.88冊本を読んでいて、ほとんどの人が...