大人は数学を勉強しよう!社会人が数学を学び直すことが必要な理由!

大人が数学を学び直すメリットは絶大

大人が数学を学び直すことで、頭の回転が良くなり、コミュニケーション能力が上がったり仕事の作業スピードが上がったりします。

そして今、考える力を身に着けるために数学をやり直す大人が増えています。

今回は大人が数学を学び直すことで起こる変化からおすすめの勉強法を具体的にまとめました。

  • もっと仕事をより良くしていくために出来ることはないかな
  • 数学を学び直している大人が増えているようだけど何なんだろう
  • 大人になって改めて数学をやってみたい

といった人に役立つ内容になっています。

日本は全体的に数字に弱く仕事が出来ないと言われているので、数学を学び直し数字に強くなって、自分の市場価値を上げていきましょう。

1.大人が数学をやり直すメリット

社会人が数学を学び直すことには、絶大なメリットがあります。

社会人が数学を学ぶためにも、数学を学ぶ効果を上げるためにも、どういうメリットがあるのかをまず紹介していきます。

1-1多角的に仕事に役立つ能力が身に着く

利益の計算や、データ活用時など早く正確に計算できるだけで便利ですね。

また概算力と言って、素早く大体の数値を暗算出来る能力も注目されており、概算力が身に付くと、スムーズに交渉を進めたり、仕事の時間短縮に大きな効果が期待できます

大人が数学をやり直すことで、以下のように多角的に仕事に役立つ能力を身につけられます。

・素早く状況判断ができるようになる
・効率良く仕事を進められる
・物事を改善していくスピードが上がる


大人が数学を学び直すことで論理的思考力を鍛えられ、仕事においても日常生活のおいてもメリットがあるでしょう。

1-2問題解決能力が鍛えられる

社会人には物事を論理的に考え、最善の方法で解決に向かう力が必要です。

その論理性の基本は数学で学ぶことができます。

数学を学び直すことは、論理的思考力を鍛えるのにぴったりで、一つの答えにどうたどり着くかを考えることで、最善の方法で物事を解決に向かう力が鍛えられます

短期的な問題を解決していく力も鍛えられますし、長期的に大きなことを達成していく能力も身に着くので、戦略性を身に着けることもできます。

ロジカルシンキング(論理的思考)ができると仕事の質が上がる 社会人に必要な能力の一つとして、ロジカルシンキング(論理的思考)が挙げられます。 ...

1-3数学は脳が鍛えられる

数学の問題を解いている際脳は、「問題を読み込む」→「戦略を練る」→「問題を解く」→「答えを導き出す」という風に4つのステージを経ます。

数学を学び直すことで、大人が普段使わない部分の脳が動き出すと言われています。問題と答えをつなぐ行為で脳が鍛えられます。

普段やらないことをやることで脳に刺激を与え、脳の老化を防止し、以下の効果が見込めます。

・記憶力が良くなる
・クリエイティブになる


記憶力はもちろん、今はどんな職業でもクリエイティブさが必要になってきているので、ぜひ数学からクリエイティブさを身に着けてください。

【関連記事】才能ではない!クリエイティブな人の特徴と創造性を発揮させる方法!

1-4数学をやり直すと考える癖がつく

数学は考えることが必要なので、学び直すことで考えることに対する慣れができ、物事をじっくり考えることができます。

数学ができて論理的思考力のある大人は、仕事でもプライベートでも何かに行き詰ったとき、違和感を感じたときに自然と答えに向かって考えだせるようになります

今の時代言われたことをこなしているだけでは、成功していくのは難しいので、数学を学び直し、考える癖をつけるとより良く仕事ができます



2.大人が数学ができると仕事がどう変わるか

ここからは、大人が数学をしていなかった時に比べ、数学をやり直したらどうなるかを紹介していきます

大人が数学で論理思考を身に着けると多角的に役立つのでぜひ集中てチェックしてください。

2-1コミュニケーション能力が高まる

意外かと思いますが、数学はコミュニケーション能力を高めるのに最適な方法です。

数学で論理を学び直すことで、以下のような力が身に付くので、コミュニケーション能力を高めることに繋がります。

数学で身に付くコミュニケーション力
・論理的に話を組み立てる力
・相手の話を整理して理解する力
・物事を客観的に判断する力


仕事で大切なコミュニケーション能力は、相手に物事をしっかり伝えたり、ちゃんと受け取ったりすることです。

コミュニケーションが上手くいかない、人に物事を伝えるのが苦手という人は、論理力を鍛えて、話をわかりやすく構成していく能力を身に着けると改善していきます。

そういった話を構成する能力を身に着けるためにも数学をやって論理を学ぶことが効果的です。

愛想もコミュニケーションにおいて大切ですが、コミュニケーションにおいて論理的になり言っていることに自信を持てると、表情にも余裕がでてより良く進めていくことができます。

コミュニケーションについては、以下の記事でもまとめているので、こちらもご覧ください。

コミュニケーション能力を高めるのにおすすめの記事
伝える力は仕事で最重要 人にしっかり物事を伝えることって実は非常に難しいです。 その分伝え方が上手く、相手に苦労をかけず物事を伝えられる...
分かりやすい話し方ってカンタンにできる? 実は人にちゃんと事実を伝えるのってとても難しいです。 私も研修の一環として、2人一組で一方が紙...

2-2仕事の処理速度が上がる

数学ができて論理性が高いと、作業を多角的に進めることができるので、仕事の処理能力が上がります。

仕事にはリズムが大切で、仕事自体のスピードを速くしていくというよりは、計画をしっかり立てて、仕事と仕事の間の時間を減らしていくことで効率化を進めることができるでしょう

大人が数学をやり直すと、そういった計画をしっかり立てて、仕事を順調に進める力も身に着きます。

実際私も学生時代数学は大の苦手で、数1Aですらそこまで出来ていませんでした。

数学を学び直したことにより、時間の配分何にどのくらいかかるかどうしたら効率が良いかなどと考えられるようになり、それまでの仕事が半分ほどの時間で出来るようになりました。

2-3できる仕事の幅が広がる

大人が数学を学び直すことで、数字に強いというイメージを与えられるので、細かく数字を扱う仕事も回ってきます。

数字アレルギーの社会人は、数字が関わってくるだけで苦手意識を持ってしまい、自ら仕事を遠ざけてしまうでしょう。

数字に強くなることで、数字をよく扱う仕事を任せてもらえるようになり、できることの幅が広がります。

また出世していけばしていくほど、部下の管理や経営にかかわることが多くなり、数字の管理を多くしなくてはならないので、数字に慣れておくと、出世した後が少し楽になっていきます。

2-4データ分析に強くなる

今データサイエンティストという職業が注目されていたり、データ解析や鋭い分析を出来る人は、社会で求められています

参考:データサイエンティストとは?資格(プログラミング等のスキル)・年収・将来性を解説!

今後もっとITの技術が発展していくき、ビックデータの活用やAIによる仕事などでさらなるデータ社会になっていくことが予測されます。

数学を学び直しておくことで、データ分析の基礎ができているので、仕事の幅が広がるでしょう。



3.大人が数字に強くなる方法


ここからは、大人が数字に強くなっていく方法を紹介していきます。

ある程度素質のようなものはありますが、数学の得意不得意は思考の癖でもあるので、誰でも数学を学び直し論理性を身に着けることができます。

また数学が苦手だという人の方が学び直すと効果が大きいので、以下の方法を試してみてください。

3-1日常から数字を意識する

社会人が日常からできることは、時間や売上、利益など日常で使っている数字を意識をすることです。

多いや増えているなどといった抽象的な表現を無くし、「○に比べて△は150多い」や、「先月比120%」などと言ったように客観で数字を考え伝えていくことが大切です。

数字を強く意識して日々の業務に取り組むと数字にも強くなりますし、客観的に判断できるので業務もよりよく進みます

3-2数学を学び直す

大人が手っ取り早く数字に強くなり、論理的思考を身に着けたい場合は数学を学び直しをするのが良いです。

さらに大人になって数学を学び直すと、持っている知識と結びつき新たなアイディアが生まれる可能性もあるので、ぜひ社会人になっても数学を学び直してください。

この記事の最後にも大人が数学を学び直しをするのにおすすめな本をご用意させていただいたので、ぜひ参考にしてください。



4.頭の体操(数学の実践問題)

ちょっとここであなたのひらめき力を試してみましょう。

数学はやってみるとかなり面白いので、ここで数学の面白さを味わって、大人から数学を学び直すとっかかりにしてみてください。

【数学の問題1】

1本ちょうど1時間で燃え尽きる紙の棒が2本あります。この紙の棒とライターを使って45分を正確に測ってください

回答
まず初めに一つの棒Aの両端、もう一つの棒Bの片方に火をつけます。そして棒Aが燃え尽きたら、棒Bの燃えていない側に火をつけます。そして棒Bが燃え尽きた時が45分です。

 

【数学の問題2】

見た目は全く同じ8つのボールがあって1つだけ少し軽くなっています。この8つのボールを天秤を2回使うだけで、1つ軽いボールを見つけてください。

 

回答
まず3つずつ天秤に載せます。釣り合ったら残りの2つを測ります。釣り合わなかったら軽いほうの3つのうち1つずつ天秤に載せます。釣り合ったら残りのボール、釣り合わなかったら軽いほうのボールが軽いとわかります。

 

【数学の問題3】

ジャケットとズボンが合わせて15000円の値段で売っています。

ジャケットだけの値段は、ズボンだけの値段よりも10000円高いです。
以上の条件だと、ジャケットとズボンはそれぞれいくらするでしょうか?

回答

ジャケット12500円 ズボン2500円

10000円と5000円と答えませんでしたか?

ひっかかりやすいですがそれでは5000円差になってしまいます。



5.大人が数学を勉強しなおすコツ


ここでは大人が数学を効果的に学び直し、力にしていく方法を説明していきます。

大人が数学をやり直すとき、コツを知ってからやるのと、やみくもにやるのでは、効率が数十倍変わってくるので、必ずチェックしてください。

5-1覚えるまで復習する

問題を見て「なるほど」と思うだけでも効果はありますが、大人の数学の学び直しをより良くするためには、覚えるくらいまでやっていくとより効果が望めます。

覚えるレベルまで勉強することで、上記した「問題を読み込む」→「 戦略を練る」→「問題を解く」→「答えを導き出す」のプロセスがしっかり身に付き、より論理的思考力が身に付くでしょう。

また覚えるまで勉強することにより記憶力も鍛えられ、記憶をしやすくしたり、脳の老化を防ぐこともできます。

大人が数学を学び直す際、何冊もパラパラやるよりは一冊を何周もする方が、効果が出やすいです。

5-2時間がない社会人は確率から学び直す

社会人で数学を学び直すといってもなかなか時間が取れないですよね。

現実社会にリンクしていて、大人が数学をやり直すのにおすすめな分野は確率です。

数学の中でも特に確率は、データを見る際に役立ち、目標設定や分析をしていく際に直接役立てることも出来るでしょう。

商談の際にデータを活用するといった場合にも、いろんなパターンでデータを活用できるので、どうしたら相手に伝わりやすいかというのをより考えられるようになります。

また確率はその他の数学の知識はあまり必要とせず、算数レベルの知識を使って頭の回転で問題を解いていく側面が強いので、やりやすく論理的思考力が上がりやすいです。

数学の中でも手っ取り早く学べ論理的思考力が身に付きやすく現実社会でも使うこともある確率をまず学び直すことをおすすめします。

5-3数学から統計学、物理学などに発展させていく

社会人には数学も役に立ちますが、統計学物理学といったものも学んでいて面白いですし、現実社会で役に立つところが多くある学問です。

少し前に出た統計学が最強の学問であるといった本の影響などでも注目されている学問なので、数学のみならず統計や物理といった発展もでき、より知識を蓄え活用していけるようになるのも数学を学び直す良い点でしょう。



6.大人の数学の学び直しにおすすめの本5選

実際数学は本を買ってやり直すというのが一番効果もありますし、お金を使うことによって、「この費用を回収しなくては」という気持ちにもなるので能力が上がっていきやすいです。

ここでは大人が数学を学び直すのにぴったりなおすすめ本をまとめたので、ぜひチェックしてください。

6-1数学アレルギー並みに苦手な方

 

その名の通り数学を簡単に早く復習できます。

数学が大切なことはよく分かったけど、やり直すのは大変だと思う人には特におすすめな本です。基礎の基礎からやり直しましょう。

実際数学が大の苦手だった私も、中学までさかのぼればすらすら理解できたので、多くの社会人はここまでさかのぼることで、良い学び直しになるかと思います。

 

6-2数学はまあまあ得意だった方

 

こちらももちろん基礎知識もありますが、内容がしっかりしていて数学の奥深い知識まで、独特な語り口調で導いてくれます

より深い数学の知識が得られるので、大人が学び直すことによって、実際の仕事などにより役立てることができるでしょう。

時間を取ってしっかり数学を学び直したい方には特にオススメの本です。

 

6-3社会人に有益な確率をとにかくやっていきたい方

社会人は確率から学んでいくのが良いと言わせてもらいましたが、その確率を大人が学び直すのにおすすめな本はこちらです。

全16冊出版している人気講師のシリーズで、Amazonの評価でも「苦手でもマスターできた」「確率の本としては一番わかりやすい」など分かりやすさに定評があるので、大人の数学の学び直しにぴったりです

知識が全くなくても取り組んでいけるくらいわかりやすいですし、確率は面白いので”大人が数学に興味を持つ”という意味でもこの本を解いてみてもいいかもしれません。

 

6-4手っ取り早く数学から論理的思考を学びたい方

 

簡単な数学を使い、論理的思考力が直接鍛えられる問題が記載されています。

数学自体の知識は少なめで、ひらめきといった面が強いですが、手っ取り早く論理的思考力を高めたい方はオススメです。

またIQテストやなぞなぞといったようなひらめき問題がお好きな方は、楽しんですらすら読んでいけるようになると思うので、純粋に趣味としてもおすすめです。

 

6-5文章題で分析力論理力を磨きたい人

この本は以下のような文章題中心の数学の問題になるので、数字的な強さはもちろん、社会人に必要な分析力や理解力も身に付きます。

例題
30円切手と50円切手がある。いま、2種類の切手を合わせて25枚買い、950円支払った。30円切手、50円切手それぞれ何枚買ったか

この本は本当に面白く、どんどん解いてしまって論理の面白さ痛快さが満喫できます。

「数学は大切だと思うけど学び直すのは面倒」「面白く取り組みたい」という社会人の方に特におすすめな本です

 



 

大人も数学を学び直してスキルアップ!

今回は、大人が数学をやり直すということについて説明させていただきました。

大人が数学をやり直すことで、以下のことが身に付き、仕事に大きなメリットをもたらしてくれます。

アイディアを発想する力、論理的思考力、物事を理解する力、業務を早くやる力

 

社会人になっても数学を学び直し、仕事の質を上げていってください。

ビジネスで相手にするレベルが上がっていくと色んな知識を持っている人を相手にすることが増えます。

大人が数学を学び直すことで、劇的に仕事が良くなっていくわけではありませんが、一つでも使える知識を身に着けて、今後の社会人生活を良くしていってください。

成果を上げられる人、自己実現をしている人になってくためにはこういったことをコツコツ積み重ねていくことが大切です。