ビットコインで現金が無くなる!?社会人なら知っておくべき仮想通貨の知識!

今様々なところでビットコインをはじめとする仮想通貨が話題になっていますよね。

クレジットカード払いが浸透していっているのと同じで、現金が無くなっていき、通貨も仮想通貨になっていくという見方をするビジネスリーダーも多いです。

そこで今回は仮想通貨についての基礎知識をまとめました。

仮想通貨は今後新たな支払い機能になる可能性があり、全員に関係することなので、仮想通貨の知識に自信がある人以外はぜひご覧になって頭に入れておいてください

 

 

1.仮想通貨とは

1-1主にインターネット上で取引できる国境を超えた通貨

仮想通貨とはその名の通り通貨のことで、主にインターネット上で取引出来て、円やドルのように国特有の通過ではなく、世界共通で取引出来る通貨です。

 

1-2貨幣価値の変動が激しい

世界中で使われる通貨なので、円安円高のように通貨価値を他の通貨に換算した時の価値が変動します

円やドル等の通貨は長い事使われていて通貨価値は安定するように国が操作しますが、そういったこともないので、貨幣価値の変動が激しく、この利ざやで株のように儲ける人がいます。

 

1-3ビットコインはその一つ

色んな仮想通貨がある中で、ビットコインはその一つで、今一番メジャーなものになっています。

今仮想通貨専用にオンラインショッピングモールが出来ていたりなど、使える場所もどんどん広がっていっています。

 

 

2.仮想通貨と普通の通貨は何が違うのか

2-1普通の通貨との二つの違い

「仮想通貨」や「暗号通貨」や「デジタル通貨」と呼ばれているビットコインですが、基本的に貨幣の一種なので円やドルと同じように考えてよく、違いは「形がない事」と「国境がない事」です。

 

2-2国境がないので簡単に送金できる

例えば日本在住で日本円しかもっていない人がアメリカにお金を送りたい場合、手数料が5000円前後時間も一週間ほどかかってきますが、仮想通貨であれば手数料も無料かかかっても格安で、時間も10分ほどあれば送ることができます。

 

2-3簡単に匿名で集金できる

インターネット取引を主にしていることから、QRコードを読み取るだけで送金することも出来ます

 

2-4値動きで利益を得ることができる

仮想通貨はドルや円と同じで、需要と供給によって価値が上下します。

ビットコインは2009年に誕生しましたが、2009年の誕生の近くでは1BTCは0.09円だったのですが、2018年1月現在約160万円と非常に高騰しています。こういった点から株のように利益を得ることも出来ます。

 

 

3.仮想通貨を利用するときの注意点

3-1使える環境がないと価値はない

支払いをしたり送金をしたり出来る仮想通貨ですが、お互いがアカウントを持っていないと取引ができません

今後使えるところはどんどん増えていくと予想されていますが、どういう目的で仮想通貨を持つのかしっかり考えた利用が賢いです。

 

3-2セキュリティをしっかりする

仮想通貨もハッキングや取引所の横領による被害も出ていて、2014年に日本のビットコイン取引所最大手のマウントゴックス社から当時価格で約470億のビットコインが紛失する事件が起こっています。

この事件はマウントゴックス社の社長マルクカルプレス氏の横領でしたが、こういった事件で一気に紛失してしまうという事件もあります。セキュリティはしっかりしている取引所を選びましょう。

 

 

4.ビットコイン取引はbitFlyerがおすすめ

4-1ビットコイン取引は取引所に登録が必要

仮想通貨を始めるのであればまずビットコインから始めていくことになるかと思いますが、ビットコインを買うためには取引所に登録をしなければなりません。

そこで登録所としておすすめなのが、bitFlyerというところです。

ビットフライヤー

4-2セキュリティがしっかりしている

bitFlyerはログインパスワードに加え、さらに確認コードを必要とする二段階認証を採用しているので、ハッキングの心配がかなり少なくなっています。

 

4-3大手企業が株主についている

みずほキャピタルやSMBCベンチャーキャピタル、リクルート、電通、GMOなど名だたる大手企業が出資されているので、倒産の危険性もかなり低く、信頼ができます。

 

4-4日本最大のビットコイン取引所

上記のような大企業が出資している日本最大の取引所なので、信頼できますし、周りでも使っている人が多いので、不明点を近い人に聞くこともしやすいです。

ビットフライヤー

 

5.仮想通貨の今後

5-1賛否が分かれている

誕生して10年足らずなので、学者や国でも貨幣として認めるか否かという意見は分かれていて、今後も国などの大きい機関が認めていくかというところで、使える場所であったり、規模というのは変わってくるので、気になる方や買ってみた方は常に仮想通貨の情報は仕入れておくべきですね。

5-2世界の貨幣を一つに

とはいえ便利さでいえば便利で、インターネットも普及した当時は反対意見もかなりあったので、発展していって現金が無くなるという見方が多いように思えます。

かじりついて利益を出すのは難しいかもしれませんが、今後情報を仕入れるためにも少し買っておいてもいいかもしれません。

持っていれば自然と情報を見るようになりますし、もしかすると一獲千金の可能性もあります。

 

5-3現金に価値がなくなる

可能性ですが、現金自体に価値がなくなって、形のない通貨のみしか使われないという可能性もあります。

実際そうなれば端末一つでものを買ったりすることができるので、近代的な世界になっていっている感じがしてたのしいですよね。

もちろん法整備やセキュリティ面での課題はあるものの、そういった便利になっていくのに一役を買うかもしれないので、目が離せません。

 

 

まとめ

ビットコインを代表とする仮想通貨は、主にインターネットで取引されるということと国境の無い通貨であり、円と同じように需要と供給に合わせて価値が変動するものです。

また現金やクレジットカードに代わる新たな支払い機能としても注目されているので、今興味があまりなくても、知識を入れておくといいかもしれません。