指名される技術を身に着け「あなたに頼みたい!」と言われる人になる方法!

指名される人になるには一定の技術がある

あなたも物を買う際に「この人が言うんなら安心して買える」といった感覚や、「この人に頼みたい」といった感覚を持ったことがあるかと思います。

相性や好みもありますが、指名される人になるためには一定の技術が存在します

そして今後この指名される人になるということが非常に大切になってきます。

インターネットで情報がすぐ回る今こそ信頼作りをしていき、リピーターを作ることと評判を良くしていくことが必要になっていくるんです。

また指名されることでよりよい条件で仕事ができたり満足度も上がってきます。

今回はそういったように、より良く仕事をしていくために指名される人になる方法をまとめたので、業績も満足度もアップさせてください。

 

指名される人になることがなぜ必要か

今までも大切でしたが今後より「指名される人になること」が大切になっていきます。

まずなぜ指名される人になることが大切になってくるのかを説明していきます。

今後生き残っていくため

指名される技術は今後生き残っていく、いい条件で仕事をしてくのに、非常に役に立ってくれます。

今後さらに発展をしていくと、機械化や外国人の起用によりコストを下げられるようになり仕事はどんどん奪われていきます。

生き残っていくためには、自分にしかできない付加価値の高い仕事をしていかなければなりません

現にレジ打ちは今や自動化されていたり外国人がやっていたりするところがほとんどだと思います。

高付加価値の自分にしかできない仕事を作るために指名される技術が必要になってきます。

終身雇用の崩壊にAIの台頭、これからの時代生き残る人材とは!?

人も流動的になる

優秀なトップにほとんどの仕事が集まり、トップ以外が少ないそれ以外の仕事を奪い合うようになっていきます。

例えばあなたも英会話を習う際、一番いい会社の一番いい講師に教えてもらいたいとなりますよね。インターネットが快適になり探しやすくなっていっているので、よりその傾向は激しくなっていきます。

現時点でもフリーランスが増えており、多くのことが外注が出来るようになっているので、人に関しても顧客から直接指名された人が動くようになっていきます。

優秀な人がほとんどの仕事を行ってしまう世の中でもくいっぱぐれず勝負していけるのが、指名される技術です。

やりがいにつながる

社内からも社外からも指名されてやる仕事は面白いものが多く、残った仕事は誰でも出来るものなので、つまらないものが多くなってしまいます。

自分で考えたり、結果につながるような仕事が面白く、誰にでもできる雑務などは基本的に面白くないですよね。

また指名されることはとても嬉しいもので、「これやっといて」と言われるのと「あなたにこの仕事をお願いしたい」と言われるのではモチベーションは確実に変わってきます。

そして指名されてやるとより能力が高まり、さらに指名される技術が高まっていくという好循環が起きるでしょう。



 

指名される人や技術の特徴

ここから指名される人や技術とはどういったものなのかというところを説明していきます。

指名される技術を身につけられるようにしっかり日々の業務を行っていきましょう。

専門性が高い

指名される人は専門性が高く、質の高い知識を持っています。

やはり何かを任せる際に知識があり専門性が高い、そのことについてとても詳しい人に任せたいですよね。

家電を買う際なんかもよく分からない店員に聞くより、凄く家電に詳しい友人がいればそちらの方が安心できるかと思います。

人が知らない知識を持っていると、指名される人になっていけます。

これからの時代的にも何かにめちゃくちゃ詳しいという人は指名されますし、重宝されるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いと、言外の情報もくみ取ってくれ、上手い説明でなかったとしても完成度の高いものを仕上げてくれるので「この人が良い」となり指名される人になります。

またここでいうコミュニケーション能力というのは普段のおしゃべりのコミュニケーション能力ではなく、相手の言ったことを正しく理解できる相手に伝わるように説明をしていけるということです。

コミュニケーション能力を高めていくには、やはり普段から相手の言っている意図をくみ取ろうとして、多くのコミュニケーションをしていくしかありません。

コミュニケーションの能力が高まり、相手の気持ちを汲み取って仕事を出来るようになると、他者と圧倒的に差別化でき、指名される人になっていけるので、ぜひ意識してみてください。

伝える力は仕事で最重要 人にしっかり物事を伝えることって実は非常に難しいです。 その分伝え方が上手く、相手に苦労をかけず物事を伝えられる...

評判 知名度が良い

新しく指名される場合特に評判や知名度が重要になってきます。

あなたもアマゾンで商品買うとき口コミを見ますよね。人何か未知のことをする際には評判を大切にします。

指名される数を増やすためには評判や知名度を上げていくことが効果的です。

ネット時代だからこそ口コミの重要度は増していっています。

実務遂行能力がある

しっかりやるということも指名される人になることにとって非常に大切です。

健康管理ができていてタフであるケアレスミスを無くす期限を切る期限より早く終わらせる期待値を超える、など次の章で詳しく述べますが、しっかりやるということはとても大切です。

大天才でない限り当たり前のことをコツコツやっていくしか、指名される人になっていく方法はありません。

社会人になると、期限を守ったり、時間を守ったりなどが適当になってしまう人もいますが、それでは指名される人になっていくことはできないでしょう。

仕事が早い

「巧遅は拙速に如かず」という言葉にあるように、遅くていいものよりも多少完成度が低くても早い方が良いことが仕事にはあります

何事も使うタイミングだったり期限があるので、それ以上早くやってくれたら多少完成度が低くても自分で直してやったり、「ここ直してくれる?」って頼んだりできるので、やりやすくなります。

スピードを意識するあまりミスを連発してしまうのは良くないですが、仕事はスピードが大切なので、仕事の早い人ほど指名されるようになります。

仕事を早くする方法は以下の記事でまとめているのでこちらもご覧ください。

 

充実感を持って仕事をしている

やはり仕事を任せるときに、充実感を持って生き生き働いている人に頼みたいです。

嫌々やっているのが見えてしまう人は「努力してくれなさそう」「人に気が使えなさそう」という印象を与えてしまい、指名される人にはなっていけないでしょう。

普段の仕事ぶりは見られていないから、目の前でだけしっかりしていれば大丈夫と思っていてもやはり出てしまいます。

指名される人になるには、普段から楽しさを見つけて、充実感持って働くようにしていきましょう。

もし充実感を感じて働くことが難しいようなら、転職も視野に入れた方が指名される人になっていくことができます。

「今後のキャリアのために転職すべきか、しない方がいいのか…」というように悩むことありますよね。 今のままでいいのか、不満はあるけど転職する...

自分に何が求められているかを理解している

仕事を依頼するからには何をしてほしいのか、どのレベルでやってほしいのか、どこまでやってほしいのかといったことの理解が早いと、指名される人になっていけます。

相手の求めていることが分かるということもコミュニケーションの一部になってきて、仕事で非常に必要な能力なので、指名される技術を身に着けるため、日々気をつけていくといいでしょう。

相手が何を言っているのかちゃんと理解して、理解できない場合はしっかり確認を取ることで、自分に何が求められているのかわかるようになっていくでしょう。



 

指名される人になるにはどのように仕事をするべきか

ここからどういった仕事っぷりをしていけば指名される人になっていけるかということを説明していきます。

指名される人になるには日々の積み重ねが大切なので、しっかり意識を持って働いていきましょう。

すぐ取り掛かり全体像を共有する

指名される人は仕事を依頼されたら先延ばしにせず、まず取り組んで全体像を共有します。

期限ぎりぎりまで相談せず提出してしまい、発注した人が思っていたものと全然違うなんて言うことがあることを知っているからです。

指名される人になるには、頼まれた際に完全に意図や完成品のイメージを共有するのはほぼ不可能なので、まず80%でもいいので全体像を一度確認してもらい、完成品のイメージを鮮明に共有していきましょう。

仕事の優先順位をつけることも大切ですが、すぐに取り掛かってまず「このように進めていますがいかがですか」と全体像を共有していくことで、相手に寄り添ったものができ、指名される技術が身に着いていきます。

期限より早く仕上げ+αを付け足す

指名される人はちょっとした気遣いを大切にします。

言われたことをやるだけであればそのうち機械に置き換ってしまうでしょう。

相手の意図をくみ取ったら、それを実行するだけでなく+αを付け足すことで、相手に感動を与え、指名される人になっていけます。

特別優秀な人は言われたものをそのままやり、さらに追加で「目的が○○なので××も必要だと思いこっちも作りました」と二つ案を持ってくる人です。

+αを付け足すためには、頼まれたことに関してなぜこれをしているのかというところをしっかり確認する必要があります。

作業だけを聞くのではなく、目的まで理解することで、もっとこうした方がいいかなと+αをつけていけるようになります。中身で差をつけられない場合はスピードでも+αになっていくので、指名される人になるためには、スピードも意識しましょう。

最新情報を常に仕入れておく

ビジネスの世界で知識は非常に大切です。

指名される技術を身に着けるためにも、知識を常に磨いていく必要があるでしょう。

家電を買うときにそのメーカーの商品しか知らない人か、家電全般について詳しい人かだと後者から購入するかと思います。

全体的な知識と常に最新の情報を持っておくことが、指名される人には必要です。

今の時代多くの情報を持っているだけで価値のある、指名される人になっていくことができます。

毎日何時間もしなくていいので、一日少しでも自分の専門分野について学ぶ時間を設けることで指名される人になっていきます。

簡単にできて差が付くのに社会人の誰もがやらない情報収集 情報収集は大事と分かっていても、本を買ったりセミナーに行ったりを多くしていると、結果生...

ロジックで考える

論理がなぜ大切かというと、論理は誰から見ても同じ客観的事実だからです。

感情に任せてしまうと人によって変わってきてしまうので、感性が合う人ならいいのですが、感性が合わない大多数の人にはやりづらく感じさせてしまいます。

論理的思考を使い数字で考えていくことで根拠のあるものを作れ、成果も測定しやすくなり結果も出やすくなり、指名される人になっていきます。

感覚論はできるだけ抑え、論理で考えられるようにしていくことで指名される人になっていけるでしょう。

ロジカルシンキング(論理的思考)ができると仕事の質が上がる 社会人に必要な能力の一つとして、ロジカルシンキング(論理的思考)が挙げられます。 ...

希少スキルを身に着ける

仕事はみんなができないことをできる人に集まりやすいです。

指名される技術を身に着けるには、あまり周りで持っている人がいないけど、使えるスキルを身に着けていきましょう。

他業種や他職種の知識などは役に立つことが多いので、興味のあることはどんどん挑戦していきましょう。

興味があることを突き詰めていくのが良いですが、今でいうとエンジニアは人で不足なので、年収1000万で迎え入れられるということも少なくありません。

複合的な知識で戦っていくと希少な存在になり指名される人になりやすいです。

「気が利く」人になる

機械が人間の仕事を奪っていっても、この相手のことを思いやって「気を利かせる」ということはまだまだ機械にはとって変わりません。

「指示はこうだったけど目的がこうであればこれもやった方がよさそう」「ちょっとしたお菓子などのお土産を持っていく」など心のこもった仕事をすると指名に繋がります

一説では美容師もカットの技術より会話の技術で指名率が決まると言われていたりもします。

カットのみならず、会話でもお客さんを楽しませたり、リラックスさせる意識を持っている「気が利く」人は機械が髪を切れるようになっても選んでくれる人はいます。

指名される人になるには、迷惑になったらどうしようなど考えず、ちょっとした「気遣い」をしてみましょう。

迷惑そうにされたら次からしなければいいだけです。

このちょっとの心遣いでも人はうれしくて心に残り、「あの人がいい」と指名されるようになっていきます。



 

「指名される人」になって自分の価値を10倍に!

今回は、指名されることの大切さと、どうしたら指名される人になれるかということを紹介しました。

専門性を高めていき能力を上げていくことと、「気が利く」人になり心に残ってもらうことで、指名される人になっていくことができます。

人の心に残って指名をしてもらうことはなかなか難しいですが、自分を選んでもらおうと相手主体で考えて対策をしていくことで、指名される人になっていくことができるでしょう。

また行動に移さないと意味がないので、今後生き残っていくためにもこの記事で見たことを一つでも実践して指名される技術を身に着けていきましょう。